Header_home
 > 
 > 
 > 
妻が浮気をしていたら|離婚に悩む夫が知っておきたい対処法

妻が浮気をしていたら|離婚に悩む夫が知っておきたい対処法

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

妻が浮気をしていたら|離婚に悩む夫が知っておきたい対処法
New_%e5%a5%b3%e3%81%8c%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a4

「最近、妻が出かけることが増えた」「化粧やおしゃれに気を遣うようになった」と感じたら注意が必要です。もしかすると、あなたの妻は浮気をしているかもしれません。
 
自分の妻に限ってそんなことはないと思っていると、最悪離婚に至ってしまうことも…。
 
浮気をする妻の多くは、夫側にも責任があるといいます。妻が浮気をしてしまう原因を知ることで彼女たちが求めているものがわかるかもしれません。
 
また、浮気の兆候や浮気をされたときの対処法を知っていれば、いざというときに焦らずに済むでしょう。実際に妻に浮気された場合、悲しみや悔しさ、やり切れなさなど様々な思いでお悩みになる方がたくさんいます。
 
この記事では、離婚をするかしないかは別にして、妻が浮気をした際に夫が知っておきたい知識をご紹介します。妻の浮気に悩んでいる方の力になれれば幸いです。

妻の浮気が怪しい・・・/無料相談受付中

・本当に浮気しているか確かめたい
・妻の浮気をやめさせたい
・浮気の動かぬ証拠を手に入れたい

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

21時23分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

 【目次】
妻が浮気をする7つの原因
今の生活に刺激がないから
セックスレスのから
お酒に酔って自制心が効かなくなるから
浮気性だから
シチュエーションに興奮するから
本能でより優秀な種を見つけてしまったから
男性側に原因があるから
妻が浮気していても夫が気づきにくい理由
自分の妻は大丈夫という過信をしているから
妻が金銭の管理を行っているから
妻が浮気の証拠隠滅を徹底しているから
単身赴任など遠距離にいるから
妻の浮気を疑う前に注意すべきこと
浮気の定義を勝手に決めない
確信を得ずに先走った行動を取らない
一人で抱え込まない
妻が浮気している際にみられる兆候
浮気危険度20%|ファッションに気を使うようになった
浮気危険度40%|やたらとスケジュールを聞いてくるようになった
浮気危険度60%|セックスを拒まれた
浮気危険度80%|新しい下着が増えた
妻が浮気していると確信したときの対処法
見て見ぬふりをする
話し合いで円満解決する
離婚はしないが慰謝料を請求する
慰謝料を請求して離婚する
浮気相手に慰謝料を請求する
妻の浮気が原因でも父親が親権を得るのは難しい
父親が親権を得るケースは少数
父親が親権を得ることができるケース
父親が親権を得るためにすべきこと
浮気や不倫を実証する証拠
浮気をしているとみなされる有力な証拠
確実性には欠けるがあると良い証拠
浮気や不倫の証拠を集める方法
探偵などのプロに依頼する方法
自力で証拠を集める方法
浮気を乗り越えて愛を深めるには
浮気の許し方がカギ
自分磨きを怠らない
家庭を守るパートナーとして協力体制を取る
まとめ|妻の浮気への対処は初動が肝心

妻が浮気をする7つの原因


どうして、妻が浮気をするに至ってしまったのか?問題解決の為には、まずその原因となったものを探ることが先決です。
 

今の生活に刺激がないから

仕事をしていない女性は特に日々の生活パターンに不満を持つ事があります。毎日同じことを繰り返されることへのマンネリ感が爆発し、刺激を求めだした時の一種の形が不倫なのです。
 

セックスレスのから

女性の場合は年齢の増加と共に性欲が強くなる傾向にありますから、夜の夫婦生活がないと物足りない、刺激がないのはイヤと考える女性も多くいます。

セックスレスに関しては、こちらの記事「セックスレスは浮気の前兆|セックスレス夫婦の危機と解消法」も参考にしてみて下さい。
 

お酒に酔って自制心が効かなくなるから

アルコールは人の持つ自制心を緩和させる働きがある為、お酒の席でつい出来心から浮気をしてしまうということは男女を問わずよくある話です。

日ごろストレスをため込んでいる人ほど平常時とのギャップ度合いが大きく、アルコールが入ってからのブレーキが効きにくくなります。
 

浮気性だから

常に様々な異性への気持ちが抑えられないという女性もいます。

自分に旦那がいようが子供がいようが足枷にはならず、好みの男性を射止めるための行動を取ってしまうのです。結果、その行動が浮気につながります。
 
【関連】「浮気癖は本当に治らない?その原因と治し方
 

シチュエーションに興奮するから

男性に押し倒された瞬間、女性は自分が女であることを再確認するのだそうです。したがって相手の異性に好意があろうとなかろうと、そのようなシチュエーションになってしまったら断れない、またはそのシチュエーションを楽しみたいと感じる女性は多いようです。
 

本能でより優秀な種を見つけてしまったから

女性の場合は、より優秀な種を見つけようとする本能があります。これが「女性の浮気は本気」と言われるゆえんでもありますが、こうなると厄介で、気持ちが別の男性に奪われてしまっている以上は、関係を修復するには相当の時間がかかることが見込まれます。
 

男性側に原因があるから

女性の浮気の原因のほとんどは、パートナーである男性側にあると言われています。「妻が浮気しているかも…?」と感じているのであれば、以下に当てはまっていないかチェックをしてみましょう。
 
・もとは自分のした浮気の腹いせではないか?
・妻が嫌がる行動を取っていなかったか?
・暴力を振るっていなかったか?
・共有する時間を作らずにさみしくさせていないか?
・浪費癖はないか?
・激しい束縛していなかったか?
 
一つでも当てはまるものがあれば、まずは自分自身の行動や言動を改めることからです。

【関連】「女性が不倫にはまる4つの理由と特徴|不倫にはまる代償とは
 

妻が浮気していても夫が気づきにくい理由

脳の構造上、女性のほうが男性よりも比較的勘が鋭いとも言われていますが、それにしてもなぜ、夫の浮気はすぐにバレるのに、妻の浮気はなかなかバレないのでしょうか?
 

自分の妻は大丈夫という過信をしているから

「妻に限って浮気なんかするわけない」「日頃から仲良くやれているし、まさか浮気なんてするわけない」こんな風に安心しきっている夫が非常に多いですが、夫婦関係が良好であっても、男女問わず浮気をする人間は浮気をするものです。

一般的には女性の性欲は年齢を増すごとに強くなっていくと言われており、夫との関係だけでは物足りないと感じている女性も多くいます。
 
好意があるかないかは別にして、性的欲求を満たすためだけに”割り切りの関係”で浮気に走る女性は、男性が思う以上にたくさんいるのです。
 

妻が金銭の管理を行っているから

結婚して、家計の管理は妻が行うようになったという家庭は多くあります。しかし、そのせいで夫は、実は家族のお金に”秘密の浮気経費”が計上されていることに気がつきません。
 
例えば、妻が週に1回浮気をするのに都度1万円を夫の稼ぎから着服していたとしても、何も疑問に思うことなく夫は外で仕事をしては、また家にお金を入れ続けるでしょう。
 
妻が夫の稼ぎを流用していなかったとしても、妻のパート代やへそくりまで把握している夫は非常に少ないのではないでしょうか。
 

妻が浮気の証拠隠滅を徹底しているから

女性は男性が鈍感な「香り」や「ちょっとした汚れ」に敏感なので、浮気の証拠隠滅はしっかりと行う人が多い傾向にあります。また、浮気相手とのやりとりにおいても、バレやすいメールやSNSを使わずに、無料でやりとりできるゲーム型のアプリを使うという人もいます。
 
仮に夫が妻の携帯電話をこっそり開いて見てもメールやSNSに怪しい文言はなく、楽しそうなゲームしかインストールされていないといった具合に、限りなく浮気を気づかれないようにするための行動に余念がないのです。
 
浮気している妻が浮気がバレないようにつくための『嘘』や、『嘘の見破り方』に関しては以下の記事を参考にしてみて下さい。

【関連】「浮気中の嘘のつき方|よく用いられる嘘と見破る方法まとめ
 

単身赴任など遠距離にいるから

単身赴任で遠方にいる夫は浮気に走りやすいと一般的に言われていますが、パートナーと離れて暮らすことで「さみしい」と感じるのは妻も同様です。夫だけでなく妻が浮気に走ってしまう可能性も当然あり得ます。
 
寝起きや生活を別にしているため、浮気しやすい環境が妻には与えられており、さらには妻が浮気した場合に素行の怪しさなどに気づく機会もぐっと少なくなります。
 
【関連】「単身赴任先で夫が浮気する原因と浮気の確認・防止対策まとめ
 

妻の浮気を疑う前に注意すべきこと

何かを目撃したにせよ、何かを直感的に感じたにせよ、まずは事実確認を徹底的に行うことをおすすめします。
 

浮気の定義を勝手に決めない

そもそも、法的な意味合いでは浮気=配偶者以外の異性と肉体関係を結ぶことと定義されています。気持ちの面では「2人で出掛けたら浮気だ」「キスをしたら浮気だ」と捉える人もいるかもしれません。

しかし、離婚をするには、法的な定義に沿った浮気の証拠を所持しているかいないかが、物事を円滑に進める上で重要になってきます。
 
卑猥な内容のやりとりをメールしていたくらいでは決定的な証拠とは言えず、それを突き出して裁判に持ち込んだとしても、圧倒的有利な立場であるとはお世辞にも言えないのです。
 

確信を得ずに先走った行動を取らない

まだ事実確認が出来ていない状態で、怒鳴り散らしたり離婚届を突き付けたりすることは、事態の悪化を招きかねないので控えましょう。

ありがちなパターンですが、妻が会っていた男は浮気相手ではなく弟だったというケースもあります。確証がないうちはいかに冷静でいられるかが勝負です。
 

一人で抱え込まない

法的な定義に沿った浮気が、事実であるのかそうでないのかを調べるためには一人では限界があります。費用はかかりますが、浮気調査を探偵に依頼すれば白か黒かをはっきりさせることが出来ます。  
妻の浮気が怪しい・・・/無料相談受付中

・本当に浮気しているか確かめたい
・妻の浮気をやめさせたい
・浮気の動かぬ証拠を手に入れたい

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

21時23分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

妻が浮気している際にみられる兆候


女性の浮気は本気になりやすいという特徴があります。したがって、夫が「あれ?浮気かな?」と感じた時点で既に心を奪われていて、問い詰めたら最後、離婚を切り出されるという最悪のケースも多くあります。
 
そうならないためにはとにかく初動が肝心であり、ちょっとした異変でもすぐに気づけるようにしておきましょう。
 

浮気危険度20%|ファッションに気を使うようになった

急に流行のファッションを真似てみたり、バーゲンセールの安物ではなく品質の良い洋服などを頻繁に購入し出したりした時は浮気を疑ったほうがいいかもしれません。

”お母さん”ではなく”女”であることを意識し出しているということは、好意の対象が”お父さん”ではない場合があります。
 

浮気危険度40%|やたらとスケジュールを聞いてくるようになった

「今日は何時に帰ってくるの?」「日曜日、ゴルフって言ってたけど終わったらごはん食べて帰ってくる?」など、夫のスケジュールを入念に把握しようとしている場合は、”夫がいない時間に何かをしようとしている”可能性が高いです。
 
もちろん夫婦ですから帰宅の時間を気にするのは当たり前ですが、念入りに尋ねてくる場合は裏があると見て良いでしょう。夫がいない時間=浮気タイムとして妻側のスケジュールが組まれているかもしれません。
 

浮気危険度60%|セックスを拒まれた

夫婦にとって夜の生活は、コミュニケーションと一種としても大切なものです。

一般的には年齢を重ねるごとに徐々に夜の夫婦生活は少なくなってくると言われますが、ある日を境に誘っても全く応じてくれなくなったという場合は、妻が性的欲求を夫以外の誰かで解消している可能性があります。
 
また、そうではないにせよ、夫のことが生理的に受け付けなくなってきているかもしれませんから、それが起因となって妻を浮気に走らせてしまう可能性もあるので注意が必要です。
 
【関連】「セックスレスは浮気の前兆|セックスレス夫婦の危機と解消法
 

浮気危険度80%|新しい下着が増えた

浮気をしている女性は下着に気を使うものです。セクシーなデザインのものや派手なレースなど、明らかに勝負下着といえるような下着が増えてきたら、妻が浮気相手との性交渉に胸を躍らせている証拠に他なりません。
 
その下着の着用姿を夫が見ていないのであればなおさらです。 かなりの確率で浮気を疑ったほうが良いかもしれません。

妻の浮気の兆候を調べたい方は
以下の記事もご参考下さい

LINEで(ライン)で浮気は加速する|LINEから浮気を見破る裏技

今から使える浮気の兆候を確かめるための3つのチェックリスト

5つの浮気診断|パートナーの浮気度と浮気傾向を徹底診断

男女別チェック|浮気性の人間の特徴と浮気性の治し方

男性・女性別!浮気しているか簡単に見抜く5つの方法

浮気を疑った時、怪しまれずに携帯をチェックする3つの方法

妻の不倫を見破る5つのチェックリストと夫が取るべき対処法

浮気をチェックする時に見るべき9つのポイント

 
妻の浮気が怪しい・・・/無料相談受付中

・本当に浮気しているか確かめたい
・妻の浮気をやめさせたい
・浮気の動かぬ証拠を手に入れたい

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

21時23分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

妻が浮気していると確信したときの対処法

妻の浮気がもしも黒(浮気確定)だった場合の対処法をご説明します。
 

見て見ぬふりをする

浮気が本気でなければいずれ鎮火するかもしれません。問い詰めることで妻を失いたくないという思いから、黒であっても知らないフリをして取り繕うこともできるでしょう。

しかし、何もしなければ、浮気相手に妻を取られてしまう可能性があるため注意してください。
 

話し合いで円満解決する

穏便に解決するに越したことはありません。ちょっとした出来心であれば反省して「もう二度とやらない」と誓ってくれることもあるでしょう。
 
話し合いをする際には感情的にならないように気をつけてください。クールに話し合いを進めることがポイントです。
 
【関連】「円満調停の流れと必要書類 | 夫婦関係を修復するための知識まとめ
 

離婚はしないが慰謝料を請求する

離婚も別居もせず、夫婦関係を継続する場合でも、不貞行為を知ってから3年以内であれば慰謝料を請求することは出来ます。なお、この場合の慰謝料の相場は50100万円となります。

 

慰謝料を請求して離婚する

浮気の確たる証拠を入手できた際には、妻に慰謝料請求をして離婚することが可能です。離婚裁判での過去の事例を見ると、不貞行為や暴力行為などの有責行為が明確になっている場合で、300500離婚を継続し難い重大な事由の場合で50200万円が相場と言えます。

【関連】「不倫慰謝料相場は200~300万|相場以上に請求するための証拠とは
 
これらを安いと取るか高いと取るかは個人差がありますが、当事者同士の話し合いによって出される金額は、これよりも低くなる傾向があります。

【関連】「妻の浮気を許せない!有利に離婚するために知っておきたい5つの知識
  

慰謝料を請求できるケース

慰謝料を請求できないケース

浮気相手と性行為があった

性格の不一致

性行為はないが、性交類似行為(オーラルセックス)があった

相手の親族との不和

性行為の拒否、異常な性行為の強要、不能

強度の精神疾患

身体的、精神的な暴力行為

有責行為が双方にある

生活費の不払い

有責行為が全くない

一方的な離婚申し入れ

すでに夫婦関係が破たんしている

同居の拒否

信仰上の対立

 
また、妻から慰謝料を手に入れても、慰謝料以外に離婚時に支払い義務が生じるものを夫側が支払うことになった場合、結果的に損をするケースもあるので注意してください。
 
《妻から慰謝料をもらって離婚しても夫が損をしてしまうケース例》
・妻が子供の親権者になった場合
・夫名義の財産が多かった場合
・夫が年金を多く納付していた場合
 
【関連】「妻の浮気相手と妻に対しての合法的な制裁まとめ
 

浮気相手に慰謝料を請求する

以下に該当する場合は、妻の浮気相手にも慰謝料を請求することが出来ます。
 

不貞行為の故意・過失があった場合

「悪いことと知っておきながら悪いことをすること」「きちんと注意を払わなかったために悪いことをしてしまったこと」がこれにあたります。
 
不貞行為に関して言うと、「結婚していることを知りながら肉体関係を持ってしまった」及び「ふつうなら結婚していることに気付くはずなのに、きちんと注意を払わなかったために結婚している人と肉体関係を持ってしまった」というような場合です。
 
故意・過失の判断基準として、浮気相手が婚姻関係を知っていたかがポイントになります。お互いの素性を知らずに肉体関係を持った場合には故意・過失がないという判断がなされる可能性もあるでしょう。
 

不貞行為による権利の侵害があった場合

夫婦には「平穏・円満な共同生活を送るという権利」があります。浮気相手の不貞行為によりこの権利が侵害された場合は、浮気相手に慰謝料を請求することが可能です。
 
仮に肉体関係を持っていないという場合であっても、性交類似行為や行き過ぎた親密な交際をしていた場合には慰謝料の支払いをしなければならない場合があります。
 
ただし、もともと夫婦の仲が悪く共同生活が破綻していた場合、守られるべき「権利」自体がありません。そのため権利の侵害はなく、慰謝料請求が認められないことがあります。また、先に離婚をして、離婚から3年を過ぎた場合は時効とみなされ慰謝料の請求が出来ないので注意してください。。
 

妻が浮気相手の子供を妊娠した場合

単に不貞行為があっただけのケースよりも、より高額な慰謝料を請求することが出来ます。妻が不貞行為に積極的であったか、不貞行為が何度あったかによって金額は上下しますが、相場は100~300万円程度と考えておいて良いでしょう。

【関連】離婚慰謝料の計算基準|慰謝料の相場と自分で計算する方法
 

妻の浮気が原因でも父親が親権を得るのは難しい


浮気した妻が許せないから離婚する、でも、子供はどうなる…?そんな疑問をお持ちの方は少なくないかもしれません。結論から言って、例え妻の浮気が原因であっても、夫側が親権を得るのは困難です。以下で詳しく解説していきましょう。
 
【関連】「妻の浮気が原因で離婚する時の手引き|不貞証拠と慰謝料相場
 

父親が親権を得るケースは少数

離婚して親権争いになった場合に勝率が高いのは母親側です。離婚後の親権を決定する上で重視されるのは、子供の福祉という観点であり、どちらが浮気したかということは全く考慮されません。
 
親権の決定は以下のような基準で判断されています。

・子供を育てていける経済力があるか?
・子供を育てていける生活環境が整うか?
・子供への愛情があるか?
・子供はどちらと暮らすのを望んでいるのか?

過去の判例では離婚後の親権を8割以上が母親側が獲得していることからも、一般的には「子供を育てるのは母親側が望ましい」という暗黙の了解があり、父親が親権を得るのは簡単ではありません。
 

父親が親権を得ることができるケース

下記のようなケースでは、父親が親権を得る可能性が高くなります。
 
・これまで家事や育児は母親ではなく父親が行っていた
・もともと、夫婦が別居状態で父親が子供と暮らしている
・暴力を振るうなど子供の成長の妨げとなる何らかの原因が母親側にある
・子供が父親と暮らしたいと望んでいる
 

父親が親権を得るためにすべきこと

妻ではなく自分のほうが子供の親権を得るにふさわしいということを、自分の主張だけでなく客観的な事実を含めながら調停委員に伝えるようにしましょう。父親が親権を獲得するためには、上記のような内容を調停委員に伝え、「子どもの面倒は父親に見てもらう方が適切だ」と思ってもらうことが大事です。
 
妻の浮気が怪しい・・・/無料相談受付中

・本当に浮気しているか確かめたい
・妻の浮気をやめさせたい
・浮気の動かぬ証拠を手に入れたい

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

21時23分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

浮気や不倫を実証する証拠

“浮気している可能性がある”程度の証拠では、裁判では浮気とみなされません。あくまでも第三者が見て”確実に浮気をしている”とわかるような証明でなければなりません。
 
【関連】「不倫の証拠はこう掴む!裁判で使える証拠と掴んだ証拠の活用方法
 

浮気をしているとみなされる有力な証拠

以下の証拠を掴めたら「黒」(浮気をしている)とみなします。探偵事務所では物的証拠を得るために高性能なカメラやビデオなどの機材を使用して浮気調査を行います。
 

①3回以上ラブホテルへ出入りしたことがわかるもの

一夜限りの関係では浮気とみなされないケースがありますが、何度もラブホテルへ出入りしている写真や映像であれば浮気とみなされる可能性が高くなるでしょう。
 

②ラブホテルに40分以上滞在したことがわかるもの

ラブホテルにはある程度の滞在時間がないと、性的な関係になったとはみなされにくいです。
 

③5回以上の浮気相手宅へ出入りしたことがわかるもの

ラブホテルとは異なり、自宅への出入りは肉体関係があるとはみなされにくいです。しかし、浮気相手宅への出入りが5回以上あると証明出来れば、より親密な関係=浮気と認めてもらえる可能性が上がります。
 

確実性には欠けるがあると良い証拠

以下に挙げるものは浮気行為を証明する証拠としての確実性は低いです。しかし、複数の証拠と併せて提出することで浮気行為を証明できる可能性があります。
 
・宿泊旅行でのツーショット写真
・メールや手紙などの「好き」「愛しているよ」という甘い言葉のやりとり
・メールや手紙などの肉体関係があったと思われるようなやり取り
・ラブホテル利用等の疑わしいレシート

 

浮気や不倫の証拠を集める方法

浮気の証拠を集めるにあたり、大まかな方法として2つあります。1つ目は「探偵などのプロに依頼する方法」、2つ目は「自力で証拠を集める方法」です。
 

探偵などのプロに依頼する方法

調査費用はかかりますが、調査のプロである探偵の力を借りれば、自分が調査に時間をかけずに済み、また、本人に調査をしていることがバレる可能性もほとんどありません。ターゲットが浮気をしていた場合は、調査後に裁判でも通用する調査報告書を作成してくれます。
 
【関連】「探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト
 

自力で証拠を集める方法

お金をかけずに自分で行える範囲で、以下のような方法で証拠を集めることも出来ます。
 
・ポケットや財布の中身チェック
・クレジットカードの明細をチェック
・メールの履歴や通話記録のチェック
・ネットの検索履歴をチェック
・自分で日記をつける(怪しい動きなどを時系列で書き留めておく)

 
素人の行う調査ではやはりチェックできるポイントに限界があるのと、本人にバレてしまうリスクが非常に高いのがデメリットと言えるでしょう。また、チェックするだけでなく、証拠を掴んだらそれを写真に撮ったり、保存しておいたりしないと、本人を問い詰めた時に簡単に言い逃れされてしまいます。
 
【関連】「浮気の証拠は自力で入手可能|浮気調査の方法と素人調査のリスクまとめ
妻の浮気が怪しい・・・/無料相談受付中

・本当に浮気しているか確かめたい
・妻の浮気をやめさせたい
・浮気の動かぬ証拠を手に入れたい

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

21時23分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

浮気を乗り越えて愛を深めるには


浮気があったから全てがゼロになるというわけではありません。世の中には、パートナーの浮気を乗り越えたからこそ、浮気が発覚する前よりもさらに深い愛を築くことが出来たというケースも多々あります。以下で紹介していきましょう。

浮気の許し方がカギ

浮気を乗り越えるには、まずは浮気を許すことからです。
 

言うべきことは言う

妻に一方的に非があり、その浮気によって自分自身が傷つけられたなら「あなたのアクションでこれだけ傷ついたのだ」「もうしてほしくない」このような想いをまずは冷静にぶつけ、その後で許すようにしましょう。
 
もしも笑って許してしまうと、「浮気しても悪いことではない」という意識が生まれてしまいます。また、はっきりとあなたの思いを伝えることで、女性側が自分のことを好きだからこそ言ってくれているのだと感じられるでしょう。それにより改めて思いやりを持ち、きちんと反省出来るようにもなります。
 

過去のことは持ち出さない

「前にも○○したくせに!」と、過去の話を持ち出すようなことは控えましょう。その過去は一度清算されているにも関わらずぶり返されると、人間誰しも不信感を持ってしまうものです。あくまでも”現在起きている問題”に照準を絞り、冷静に話して許すようにしましょう。
 

次の浮気を疑わずに信じる

浮気は水に流して、いままでどおり仲良く付き合っていく」ことが決まったら、次の浮気は疑わないようにしましょう。 疑えば疑うほど、パートナーにとって面倒くさい存在になってしまいます。もう浮気はしないと信じ、浮気をさせないような努力を自身が行うことも重要です。
 

自分磨きを怠らない

視覚から得られる興奮は、浮気防止にとても効果があります。男性、女性共に肌質の改善やアンチエイジング、シェイプアップを行ったり、髪型を変えたりしてみましょう。当然の人間心理として、自身のパートナーにはいつまでも若々しく清潔的にいてもらいたいものです。
 

家庭を守るパートナーとして協力体制を取る

運命共同体」という認識がお互いにあることで、ちょっとやそっとのことでは壊れない関係性を築きあげることが出来ます。夫は妻が出来ないことを行い、妻は夫が出来ないことを行うという各々の役割分担をしっかりとして、どのような困難にも立ち向かえる万全な体制を作るようにしましょう。
 

まとめ|妻の浮気への対処は初動が肝心

冒頭でも文中でも何度も述べてきたとおり、妻(女性)の浮気は単なる体の関係にとどまらず、心も奪われ本気になりやすいと言われています。

妻の心がどんどん奪われていく状態に歯止めをかけることも出来ず、それどころかどんどん夫婦間の意思疎通が雑になり、家庭は崩壊し…そんな状況に陥る前に夫婦関係円満のためのアクションをとることをおすすめします。

夫婦関係の改善に限界を感じるようなら、専門家に相談してみることをおすすめします。浮気の決定的な証拠を掴まなければ、浮気をされた側は”浮気をされたことを理由に自分の主張を通すことが出来ません”
 
当サイトの無料相談窓口でも妻の浮気についてご相談できます。プロの意見を聞いてみたい方はご利用してみて下さい。

【関連】
心の浮気は危険|体の浮気との違いと心が奪われてしまう根本的な原因
浮気が本気になるパターン8選と自分への本気の取り戻し方
浮気する女性の特徴と行動パターン|女の浮気の予防策と対処法
 
夫婦関係修復が見込める専門家
夫婦カウンセリングのメリットと料金相場|お悩み例・解決例まとめ
離婚問題解決を弁護士に依頼した際の費用と安く抑える方法
離婚カウンセラーができる事と離婚カウンセラーへの相談事例

妻の浮気が怪しい・・・/無料相談受付中

・本当に浮気しているか確かめたい
・妻の浮気をやめさせたい
・浮気の動かぬ証拠を手に入れたい

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

21時23分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

妻の浮気・不倫に関する新着コラム

妻の浮気・不倫に関する人気のコラム


妻の浮気・不倫 コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております