浮気調査の全てが分かる『厳選 浮気調査ナビ』

15時41分、現在お電話が繋がりやすくなっております。しつこい営業電話や過剰な連絡はいたしませんのでご安心下さい。
Uwakido
Glass

こんな場合に浮気調査は役立ちます

夫、パートナーにこんな変化はありませんか?


最近急に帰りが遅くなる 隠れてメールのやりとりが増えている
携帯電話を持ち歩くようになった 些細なことでイライラしている

大切な人だからこそ、パートナーの行動は気になるものです。自分で調査しようとしても、いつも一緒にいる人の些細な変化には敏感に気がつくものですので、そんな時にこそ、失敗のないプロへ浮気調査を依頼するのがオススメです。離婚する・しないに関わらず、有力な証拠を保持しているというだけで心持ちも違ってくるはずです。


Glass

浮気調査をプロに依頼するメリット

Finger

ばれることなく、ほぼ確実な真実がわかる

探偵は浮気調査のプロです。調査をしていることが調査対象に発覚してしまうというリスクを誰よりも熟知しています。さらに、裁判で使える証拠にはどのようなものが有効かも当然知っています。

Finger

離婚するしないの選択肢が増える

得られた証拠をもとに、「離婚したい場合」と「離婚したくない場合」でどのように交渉を進めていけば良いかのアドバイスを貰うこともできます。


Glass

浮気調査で手に入る可能性のある証拠

Check 浮気相手の素性や住所
Check ホテルに出入りしている場面の写真・映像
Check メールや手紙などで肉体関係があったと思われるようなやり取り
Check 浮気相手との会話を録音したテープ
Check 友人や関係者など、第三者の証言
Check 不貞行為を認める手紙やメモ、日記
Check 愛人からの手紙や贈り物
Check 宿泊した時のホテルの領収書 など

この他にも、浮気を確定させるような、あなたが有利な立場となる証拠が手に入る可能性が自分でやるよりも確実に高まり、裁判でも有効な証拠としても利用できます。


Glass

浮気調査であなたは主導権を得られる

浮気は女の勘だけでは立証できません。もしかしたら勘違いという可能性もあります。「何かおかしい」とは思っていても、どう対応すればいいかわからないという事もあるでしょう。

 浮気調査をする事で、パートナーへの牽制だけではなく、「パートナーの浮気相手へ慰謝料を請求」することもできます。つまり、あなたがすべての主導権を握った最高の状態が得られます。


Glass

良い探偵を見分ける8つの条件

「浮気調査はどこに頼めば良いのか?」「そもそもどこにあるのか?」「初めてだから少し不安・・・」こうお考えの方も多いと思います。どうせ頼むなら信頼出来る探偵事務所に浮気調査をしたいとお考えのはずです。

広告で誇大表現をしていない 料金が他社と比べて安すぎない 探偵業届出番号がHPに記載されている 行政処分を受けたことがない
料金についての質問にきちんと答えてくれる 面談場所は探偵の事務所 探偵業届出証明書が事務所に存在する 調査報告書が裁判で使えるクオリティである

疑いや不安に苦しめられて生活するのは精神的に辛いことです。「浮気調査」「不倫の有無」「素行調査」など、どんな小さなことでも対応できます。ひとりで悩まず、経験豊富なプロにご相談ください。

15時41分、現在お電話が繋がりやすくなっております。しつこい営業電話や過剰な連絡はいたしませんのでご安心下さい。
Mame 浮気調査に関する
まめ知識
信頼できる調査会社の特徴
    Feature
  • Check ちゃんとした届け出が出て
    おり、業界団体に属している
  • Check 調査成功率100%などの
    誇大広告を行っていない
  • Check 契約前に必ず見積りをし、
    細かい料金説明をしてくれる
  • Check 実際に調査を行うのはアル
    バイトなどの素人ではない
  • Check ちゃんと事務所を構えており、
    住所がはっきりしている
  • Check 依頼者の秘密個人情報の
    管理が徹底している

どのような目的で浮気調査をするのか?

浮気調査はどのような時に行うのでしょうか。大きく分けると「離婚するための証拠集め」「夫婦関係をやり直すため」の2つに分かれるでしょう。

離婚をするための証拠集め

浮気を理由に離婚をする場合は、パートナーに不貞行為があったということが分かる客観的な証拠が必要です。それも「継続的に不貞行為が行われていた」ということがわかる証拠です。お互いに離婚することで合意していれば証拠を用意する必要はありませんが、相手に離婚の意思がなければ裁判でも使える証拠が必要になります。

Purpose_1

裁判でも使える証拠

Purpose_photo Purpose_mail
Purpose_photo_btn Purpose_mail_btn

1つの証拠で有効とみなされることは少なく、複数の状況証拠を用意する必要があります。


夫婦関係をやり直すため

結婚相手が浮気をしているというのは夫婦にとって良い状態ではありませんよね。浮気をする人というのはどこかで「バレなければ良い」「バレても問題ない」と思っている節があるのでしょう。そんな相手に改心させるためにも浮気調査は有効です。浮気によってパートナーがどれだけ傷ついているのか、パートナーがかけがえの無い存在であるというのを認識させることで夫婦関係の修復が見込めるのです。

Purpose_2
    自分で浮気調査をするメリットデメリット
  • Maru 費用がかからない 自分で行うため、探偵への費用がかかりません。

  • Batsu ばれる可能性がある ばれた事により、その後の夫婦間が悪化したり、警戒
    され決定的な証拠を掴みにくくなるということがあり
    ます。

    ※自分で浮気調査をする方法は「自分で浮気調査する8つ
    の方法と賢い証拠の使い方
    」で詳しく解説しています。

    探偵に浮気調査を依頼するメリットデメリット
  • Maru ばれることなくほぼ確実な真実がわかる 探偵は調査のプロです。調査をしていることが調査
    対象に発覚してしまうというリスクを誰よりも熟知
    しています。また、裁判で使える証拠はどのような
    ものか熟知しています。また、得られた証拠をもと
    に、「離婚したい場合」と「離婚したくない場合」
    でどのように交渉を進めていけば良いかのアドバイ
    スを貰うこともできます。

  • Batsu 費用がかかる プロに依頼することになりますので、当然費用がか
    かります。

どのような目的で浮気調査をするのか?

平均の相場は50万円~100万円程度

探偵の料金体系は調査にかかった時間に応じて金額が変わるので一律ではありませんが、だいたいの平均相場50万円~100万円の範囲になることが多いようです。

※浮気調査の費用については「浮気調査の料金・費用の相場まとめ 」で詳しく解説しています。

費用を安く抑えるには事前情報を多く持つこと

探偵は稼働した時間に応じて費用が加算されます。ですから、調査対象が「いつ」「どこで」「誰と」会う可能性が高いかを知っておけば、探偵の稼働時間を短くできます。相手にばれない程度に、事前情報を調べておくことは費用の節約につながるのです。

近年の探偵業事情

Recent_photo

警察庁の調べによると平成25年度の探偵業を届け出ている業者のうち約74%が個人事業主となっています。例え個人事業主であっても誠実に業務を行っている業者は存在します。方や法人であっても信頼できるかどうかはわかりません。当サイトでは浮気調査に強く、かつ信頼できる事務所を厳選して掲載しております。「誇大広告を行っている」、「料金が安すぎる」、「支払いを必要以上に急かす」、「説明の義務がある重要事項に触れない」などの業者には注意が必要です。毎年数十件ではありますが、行政処分を受ける事務所があります。当サイトでは信頼できる浮気調査会社の見分け方についても解説しておりますので、浮気調査を検討されている方は当サイトをご活用ください。

浮気調査の依頼前に考えておくべきこと

Before_photo

「パートナーが浮気しているかもしれない…!」「真実をハッキリさせたい」そんな時に浮気調査を依頼することになると思います。しかし、浮気調査を依頼する前に考えて欲しいことがあります。それは「浮気調査の結果、浮気していることが発覚した時に、あなたはどうしたいのか」ということです。パートナーと別れるのか、やり直すのか、事実を知っておきたいだけなのか、自分がどのような行動を取るのかを明確にしておきましょう。パートナーが浮気していたという事実を知ることは、とても辛いもので精神的にも相当な負担となります。生半可な気持ちで浮気調査を依頼し、浮気が発覚したとしましょう。あなたの精神状態が最悪の状態になることが考えられます。

1日中塞ぎこんでしまい、何もやる気が起きない。うつ病に近い状態になることも考えられるでしょう。ですから、浮気の事実を知った時あなたはどのような行動を選択するのか。それを明確にしておきましょう。「浮気しているかもしれない」という中でそのような事を考えるのは辛いことだと思います。しかし、「どのように行動するか」を明確にしておくことで、あなたの貴重な時間を無駄にしないことに繋がります。さぞ辛い心中のこととは思いますが、今後の人生が幸せになるように、一度冷静に考えてみてください。

Column_more