Header_home
 > 
 > 
 > 
浮気が本気になるパターン8選と自分への本気の取り戻し方

浮気が本気になるパターン8選と自分への本気の取り戻し方

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

浮気が本気になるパターン8選と自分への本気の取り戻し方

18e779f66e8562d166fa6967c542af8a_s
浮気が本気になる前に、早急な対策が必須です。
 
夫や妻の浮気対策は浮気調査で確実な浮気の証拠を手に入れることをおすすめします。

【浮気の証拠を用いた浮気対策について無料相談する】 【証拠入手の効果や証拠の活用方法について詳しく知る】

浮気のつもりが、本気になってしまうことはあるのでしょうか?「男性の浮気は体目当てだから、浮気相手に本気になって離婚を切りだす事はあまりない」…これは間違ってはいません。色々思いつめた結果、浮気に走る女性と比べて、男性は比較的、軽い気持ちで浮気するものです。(関連:自分で浮気調査する方法
 
そして、もちろんこれは男性だけではなく女性にも言えることですが、浮気相手によっては、離婚を考えやすくなる確率が高まります。全体として離婚に繋がる浮気は多くないとはいえ、本気になってしまう前兆が浮気であるのなら、浮気の段階でストップをかけたほうが得策と言えるでしょう。初動は早いに越したことはありません。今回の記事では、そんな浮気が本気になってしまうパターンについて詳しく解説していきます。




夫の浮気にお悩みの方/無料相談受付中

・夫の浮気の相談がしたい
・浮気調査をしたいが高額だと思いこんでいる
・良い探偵の選び方がわからない
・信頼できる探偵にお願いしたい
・浮気調査の料金が高すぎないか不安…
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料診断をご利用ください。

13時03分、現在お電話が繋がりやすくなっております

 

【目次】​

そもそも浮気と本気の境界線とは
どういうときに本気になるのか?浮気相手に心を奪われる8つの瞬間
浮気の本気度を見る|浮気している人の6つの特徴
男性が浮気から本気になってしまう女性の特徴5選
浮気相手が男性を本気にさせるテクニック
浮気をやめさせて自分への本気を取り戻す方法
本気の浮気に目をつぶっていることのリスク
本気の浮気に愛想をつかしたあなたが取るべき行動
まとめ
 

 
 

そもそも浮気と本気の境界線とは


人によって個人差はあるかもしれませんが、ここでは浮気と本気の境界線、また法的な見解についてまとめました。
 

浮気と本気の違い

異性にパートナー以上に心を奪われてしまうことは、それが例え一時的なものだとしても浮気とみなすのが大半の人の意見のようです。辞書を引いても、浮気は「愛情や興味の対象が変わること」と記載されています。性的な行為の有無に限らず、個人差はありますがちょっとしたことでも「浮気」と認識されるケースも多いです。
 
「本気」は、浮気が継続されることによって"その人の順位が一番"になってしまうことであるとよく定義されています。その人のことを考える時間が一番多くなる、その人に対して一番お金を使うようになる、このように、何かしらで浮気相手の優先順位が一番になってくると、それは本気になってきている証であると言えます。
 

浮気であっても法的には肉体関係を持ったらアウト

手をつなごうが、キスをしようが、法律的には特に問題はないことになります。法律が浮気、不倫と認めるのは不貞行為があった場合のみで、この不貞行為とはセックスのことを示します。もし夫婦のどちらか一方が配偶者以外の異性と性交渉をすれば、離婚原因を定める民法第770条第1項第1号の「配偶者に不貞な行為があったとき」に該当することになり、離婚の方向に円滑に進むことになります。
 

民法第770条
1、夫婦の一方は次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することが出来る
2、配偶者に不貞な行為があったとき
3、配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
4、配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
5、その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

 
尚、以下の「性交類似行為」に該当する場合も不貞行為とみなされます。
 

・オーラルセックス(唇や舌を駆使して性器を愛撫する行為)
・射精を伴う行為
・同性愛行為

 

浮気が本気になりやすいのは男性よりも女性

一般的には、浮気が本気になってしまいやすいのは男性よりも女性であると言われています。その理由は、男性と女性の脳の構造の違いにありました。
 

男性の場合

男性は「より多くの種を残したい」という本能があるために、より多くの性交渉を望みます。思春期を迎えるあたりから40代までは高い性欲が維持されるため、例え本命のパートナーがいた場合であっても、魅力的な女性が現れると「いいな」と思い、体も反応してしまうのです。
 
そこでブレーキがきくかきかないかの個人差はあるものの、基本的にはどの男性も”浮気をしたい”と思っているのです。とは言っても、結局浮気は浮気であり、よほどのことがない限りは本命と別れたいとは思ってはいません。
 
▶浮気をする男性の心理についてもっと知りたい方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。
浮気する男の心理と浮気させない4つのテクニック
 

女性の場合

女性の場合は、生まれながらの母性本能として、男性とは異なり種の質にこだわりがあります。「より優秀な種を残したい」という本能があるために、現在付き合っている男性よりも「優秀だ」と判断した時に、体だけではなく心が持っていかれてしまうのです。
 
具体的には、強さが感じられ、自分のことを大切にしてくれる男性に惹かれる傾向にあります。一般的に「背が高い=かっこいい」と感じられるのも、体格が大きいことによるたくましさや生存能力の高さを感じられるからでしょう。
 
▶浮気をする女性の心理についてもっと知りたい方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。
浮気する女性の特徴と行動パターン|女の浮気の予防策と対処法
 
 

どういうときに本気になるのか?浮気相手に心を奪われる8つの瞬間

一般的に男性の浮気は”体だけの関係”と言われていますが、【マイナビ ウーマン】によると、浮気が本気になってしまう男性は約60%もいるそうです。ではどのようなタイミングで、浮気は本気へと変化するのでしょうか?以下に詳細をまとめてみました。
 

日常生活に安らぎがないとき

二人の生活に対して不満を抱いているとき、浮気が本気になってしまうことがあります。特に結婚している場合は同居していて共に過ごす時間が長いからこそ要注意で、パートナーに対して、またそのパートナーと同じ空間にいることに対して不満があるからこそ、今まで遊びとして終わっていた浮気が本気の恋になってしまうのです。
 

2人で話す時間がとれない

世の中では働く女性が尊重される傾向にあり、既婚者独身者問わずに仕事に精を出すという女性が増えてきました。働く女性に原因があるわけではありませんが、「忙しい」を理由に会話をする時間をないがしろにしてしまうと、ゆくゆくは「そっけない」「話を聞いてくれない」といった不満につながってしまいます。
 

どうしても面と向かって話すのが難しいときは電話を使うなりして、少なくとも話したいという気持ちだけは伝えておくことが有効です。
 

価値観が合わない

趣味や考え方が全く同じ、そんな恋人もカップルもめったにいないでしょう。ではなぜ結婚生活が続くかというと、お互いを尊重していたり、女性が夫をうまく扱っていたりするからです。同じ趣味を見つけようとするよりも、まずはお互いについて分析してみましょう。
 

夜の営みについて悩んでいる

出会い系サイトや出会いアプリ、SNSが充実している今日では、夜の関係で悩んでいる既婚者が平気で浮気するようになってきています。尚、浮気する男は新しい刺激を望んでいるので、今までとは違う行いができないか調べたり、試したりしてみる必要性があります。作り笑顔などせずに、心からパートナーを“誘う”ことができると思います。
 
夜の営みと浮気の関係についての記事はこちら「セックスレスが招く浮気のリスクと5つのセックスレス解消法」をご参考下さい。
 

浮気の関係が長期に渡っている

何度も会っている相手には、自然と好感を持ってしまうものです。浮気でも当てはまり、普段身近な間柄であったり、浮気以外のことでも相談するような仲であったりすると、浮気は”恋愛”へと変わってしまうことがあります。夫の浮気ぐせがひどくて治すのを諦めているという場合でも、早急に浮気をやめさせるべきです。事態が悪化して、離婚や蒸発になりかねません。
 

パートナーが単身赴任している

主に結婚している男性にとって単身赴任は、またとない浮気のチャンスです。寂しさを紛らわせるために自然と女性を欲してしまいますし、気兼ねなく飲み会やお誘いに応じることが出来ます。また、遠方であれば特に絶対にばれないと自信を持ってしまうので、1人の浮気相手を何度も部屋に招いたりします。浮気相手の女性も多くの時間を確保できるので、夫をあなたから引き剥がそうと必死になります。
 
(参考:「単身赴任先で浮気しやすい理由と浮気対策法4つ」)
 

社内に浮気相手がいる

職場で浮気相手を作ってしまっている場合、その浮気相手とは一緒に過ごす時間が多いために関係がどんどん強いものになってしまいます。パートナーが、会社に来られることを極度に嫌がる、忘れ物を届けた際に社員がヒソヒソ話をしていた、などあれば社内恋愛をしている可能性があります。
 

パートナーの浮気相手が既婚者である(既婚者同士である)

既婚者の女性が浮気する場合、夫に不満があり、別の男性に乗り換えたいと考えているケースが多く、時間をかけて誘惑し、結果的に"移行する"可能性も高くありません。既婚者同士の恋愛は、子育てや夫婦の関係について相談することから始まります。浮気が発覚したときには、強い信頼関係ができていて、修復困難な状況になっていることが多いです。
 

 

浮気の本気度を見る|浮気している人の6つの特徴


比較的、女性よりも男性の方が浮気をしている率が高い傾向にあります。したがって、浮気に悩まされている割合は男性よりも女性の方が多いと言えますが、男性の場合は"ただ単に気がついていないだけ"というケースもあります。以下に浮気の本気度が高い人の特徴をまとめましたので、自身のパートナーと照らし合わせながらチェックしてみましょう。
 

①明らかに口数が少なくなっている

パートナーに対して発言数が少なくなってきた場合は、浮気が本気になっている可能性が高いです。浮気相手の事ばかり考えていて、今の生活なんてどうでもいいと思っているかもしれません。
 

②浮気を疑う・指摘すると、逆ギレされた

人間がキレる時は精神的に追い込まれています。本気度は高いでしょう。もし結婚しているパートナーの場合、逆ギレした勢いで離婚を切りだされるケースも多いので、精神的に追い込む際は様々な状況へ対処できる準備をしておきましょう。
 

③急に優しくなった

少なからず罪悪感があるので、浮気の本気度は低いでしょう。しかし、浮気自体が長期化する人に傾向でもあります。早い段階でやめさせるべきでしょう。
 

④一緒にいると不機嫌である

ため息をついたり、怒りっぽくなっていたりしたら要注意です。浮気に対する罪悪感よりも、あなたに対する不満の方が勝っているかもしれません。
 

⑤一緒にいても不機嫌そうではない

浮気を見つけたけれど、特に今の生活に不満を抱いていなさそうな場合、浮気は単なる遊びと考えているでしょう。ただし、関係が続けば状況は悪化するかもしれないので、すぐにやめさせましょう。
 

⑥記念日なのに帰ってこない

誕生日や結婚記念日、付き合い記念日など、夫婦・家族にとって大事な日にも関わらずパートナーの状況が分からない場合、その心は浮気相手に移っています。やめさせるのは難しいかもしれませんが、解決策が全くないわけではありません。この解決策についても本記事で解説していきます。
 

⑦もともと浮気性

常に様々な異性への気持ちが抑えられないという人間もいます。異性をハントしたいという欲求に耐えられなくなり周りのことが見えなくなる為に、例え自分に旦那がいようが子供がいようが足枷にはならず、好みの男性を射止めるための行動を取ってしまうのです。結果、その行動が浮気につながり、歯止めがきかなくなってしまうケースも非常に多いのです。
 
 

男性が浮気から本気になってしまう女性の特徴5選

永遠の愛を誓っても、他の女性に心が持っていかれてしまうというケースはよくあります。そこで気になるのは、一体どんな女性が、パートナーのいる男性の心を奪っていったのかという点です。
 

会話していて笑える女性

長く付き合っていると、変顔をしたり冗談を言い合ったりも出来るようになるので、自然と心の底から笑い合えることも多くなります。「一緒にいて楽しい」と思えるようなユーモラスな女性に、男性は癒されてしまうのです。
 

大雑把な女性

常日頃、妻からあれもダメ、これもダメと注意ばかりされていると、男性はストレスがたまってしまうものです。大雑把で細かいことは気にしない女性は、男性のことを否定することがないので、自分が肯定されていると感じ男性は気分を良くします。そうしてゆくゆくは、そんな"肯定される場所"を本当の居場所にしたがります。
 

共通の趣味がある女性

同じ話題で盛り上がれるか、同じことをしながら楽しいという価値観を共有できるかという点は、男性にとって非常に重要なポイントです。野球観戦や登山など、アクティブな趣味があれば、デートの回数も頻繁になってしまい、結果的に心が完全に持っていかれてしまいます。
 

ポジティブな女性

誰しもマイナス思考な人間よりもプラス思考な人間と一緒にいたいと思うのが当然の心理です。しかし結婚していると、浮気相手よりも"マイナスな面を見る機会が多い" ために、浮気相手のポジティブな面とどうしても比較されてしまいます。
 

応援してくれる女性

男性は夢を追いたい生き物です。その夢や理想に近づく姿を応援してくれる女性は、それだけで男性にとって価値が上がるものです。仕事だって、応援してもらえたら、人一倍頑張れるのです。

「いい加減なことばかりやらないでよ」などと言われてしまった日には、人生観を否定されているような気分に陥ってしまい、自分のやりたいことを認めて応援してくれる女性をそばに置きたいという希望が生まれ、その女性になびいていってしまいます。
 
 

浮気相手が男性を本気にさせるテクニック


「例えその男性が結婚していても関係ない、私が落としてやるのだ」と略奪欲の強い女性は多くいます。男性の場合は「割り切って付き合えればそれでいいや」と考える人が多い傾向にありますが、女性の場合は前述のとおり本能的に優秀な種を好むので、この種が欲しいと思えば、どんな手を使ってでも手に入れたいと思ってしまうのです。
 
ここではそんな『男性を落とすテクニック』についてまとめていきたいと思います。
 

プレゼントで落とす

事あるごとに、ちょっとしたプレゼントであったり、手料理をふるまうなどのサプライズをしたり、男性側が「重い」と思わない程度のものを少しずつ少しずつ与えていきます。相手に何かされたら、自分も同じようにしなくてはいけないという心理現象のことを返報性の原理と言いますが、これにより男性側は何かをもらうたびに「お返ししたい」と思うようになり、どんどん心を奪われていきます。
 

下心を揺さぶって落とす

略奪に燃える女性は、あえて不倫相手とも"毎回セックスをしない"ようです。これは「次ならさせてくれるかも?」という期待を抱かせて、次回のデートを積極的にセッティングしてもらうためです。
 
会った時に毎回セックスをしていると、言い方は悪いですが、「都合の良い関係」となってしまうこともあります。なので、浮気相手はあった時に毎回セックスをする日、しない日を作り、主導権を握ってきます。このようなことをされると、男性も次回へのデートの期待を抱いてしまい、不倫関係がより進行していきます。
 

カラダで落とす

セックスをする時はする時で、かなり情熱的なプレイをすることで男性の心も体も我が物にしようとします。略奪に燃える女性はたいてい、男性が気持ちよくなるポイントや視覚的に嬉しいもの(色っぽい下着や体位など)を貪欲に研究しているようです。
 

涙で落とす

最終的に涙を武器に出来るのは、女性の特権と言えるかもしれません。女性に泣かれるのは、男性としてはそれが誰であったとしても弱いものなのです。理不尽な理由であるならまだしも、不倫という理不尽な行為を自分がしている以上、不倫相手の涙の原因が例え理不尽なものであったとしても責めることは出来ず、下手に出てしまうようになります。
 
 

浮気をやめさせて自分への本気を取り戻す方法


世の中には、パートナーの浮気や不倫を乗り越えたからこそ、浮気が発覚する前よりもさらに深い愛を築くことが出来たというケースも多々あります。以下で紹介していきましょう。
 

叱りながら「浮気を許す」ことを相手に伝える

浮気を乗り越えるには、まずは浮気を許すことからです。
 

上手な叱り方と許し方

叱るにしても、「前にも○○したくせに!」と、過去の話を持ち出すようなことは控えましょう。その過去は一度清算されているにも関わらずぶり返されると、人間誰しも不信感を持ってしまうものです。あくまでも”現在起きている問題”に照準を絞り、冷静に話すようにしましょう。
 
パートナーに一方的に非があり、その浮気によって自分自身が傷つけられたなら「あなたのアクションでこれだけ傷ついたのだ」「もうしてほしくない」という想いをまずは冷静にぶつけ、その後で許すようにしましょう。
 
もしも笑って許してしまうと、「浮気しても悪いことではないのだ」という意識が生まれてしまいます。また、本当に自分のことを好きだからこそ言ってくれているのだと感じた相手側は、それにより冷静な判断をすることが出来、改めて思いやりを持つことが出来、きちんと反省出来るようにもなります。
 

自分磨きをする

視覚から得られる興奮は、浮気防止にとても効果があります。男性、女性共に肌質の改善やアンチエイジング、シェイプアップを行ったり、髪型を変えたりしてみましょう。当然の人間心理として、自身のパートナーにはいつまでも若々しく清潔的にいてもらいたいものです。
 

家庭を守るための協力体制を取る

夫は妻が出来ないことを行い、妻は夫が出来ないことを行う、この「運命共同体」という認識がお互いにあることで、ちょっとやそっとのことでは壊れない関係性を築きあげることが出来ます。各々の役割分担をしっかりとして、どのような困難にも立ち向かえる万全な体制を作るようにしましょう。
 

次の浮気を疑わずに信じる

された浮気は水に流して、いままでどおり仲良く付き合っていく、と話しが落ち着いたら、次の浮気は疑わないようにしましょう。 疑えば疑うほど、パートナーにとって面倒くさい存在になってしまいます。もう浮気はしないと信じ、浮気をさせないような努力を自身が行うことも重要です。
 

二度と浮気しないための予防を行う

お金を何に使っているか把握する

パートナーのお小遣い事情をしっかり把握するようにしましょう。いつ、何を買うのにどれくらい使ったか、しつこく聞き出す必要はありませんが、見慣れないものを所持していた場合は「それ、いくらしたの?」とさりげなく質問してみましょう。
 
また、飲み会があると言って夜遅くに帰宅するような時には、誰とどこでどのくらいの時間飲んでいたのかを質問してみましょう。相手側も、自分の収支をチェックされている(管理してくれている)と感じると、なかなか自分の好きなように大金を使えなくなります。
 

性感染症の予防を徹底する

二人の間で性感染症の予防を徹底していきましょう。現在子供を作る気がないのであればコンドームの着用は勿論、定期的に検査を受けるようにしましょう。お互いに、パートナーがそれだけ性感染症に対して敏感であれば、自分も気をつけて慎重になろうという気持ちが生まれます。これが結果的に”人とセックスをしない”ことに繋がっていきます。
 

男性を風俗に行かせないことにも効果あり

日本の風俗では本番行為が禁止されているため、本番ではないオーラルセックスが主流となりました。しかし喉を経由してのクラミジアや淋菌に感染する場合があります。風俗店では性感染症予防を徹底しているところがほとんどではありますが、「行かない」ことが一番の性感染症予防になるということを男性自身も強く認識してくれるようになるでしょう。
 
(参考:「風俗通いは浮気なのか?男が風俗に行く理由と3つの予防策」)
 

浮気の発覚に役立つアプリを使用する

時代は進化し、スマートフォンのアプリケーションで浮気調査が出来てしまうようになりました。パートナーの位置情報や交通履歴、メールのやりとり履歴などを探れるというものですが、くれぐれも事前にアプリの導入への了承を得てから使用するようにしましょう。
 
パートナー側も、悪さが全て伝達されてしまうと予め知っていれば、リスクを冒してまで浮気する可能性はぐんと低くなります。
 
(参考:「浮気調査が捗る|バレずに出来るおすすめ浮気調査アプリ5選」)
 

こまめに連絡を取る

やはりこまめに連絡を取り合うに越したことはありません。電話でもメールでも、「あなたのことを待っている人間がいるよ」ということをアピールしましょう。ただし「今何しているの?」「浮気してないよね?」という旨を何度も何度も連絡してしまうと逆効果になることもあり得るので、効果的なタイミングや頻度は見計らうようにして下さい。
 

共通の知人に監視してもらう

監視という表現は悪いかもしれませんが、共通の知人がパートナーのそばにいることで、浮つきがちな気持ちをある程度抑制することが出来ます。「浮気をしたら知人経由でばれるかもしれないな」という気持ちが芽生える為です。
 
 

本気の浮気に目をつぶっていることのリスク

「浮気かな?」と感じたら、初動は早いに越したことはありません。時間の経過と共に、リスクが増すからです。
 

浮気が本気になることで人を巻き込む

本気の浮気を継続していると以下のような様々なリスクがあります。
 
・離婚
・別居
・家庭崩壊
・子供へ愛情を注ぐ時間の減少
・場合によっては仕事や趣味などへの意欲低下
・浮気相手が既婚者の場合は訴えられることがある
 
いずれにせよ、もはやパートナーと浮気相手の関係にとどまらず、家庭や子供、お互いの両親など様々な人間を巻き込むことになってしまいます。
 

本気の浮気でない場合にもリスクがある

都合がよすぎる話ですが、性的欲求を満たすためだけの浮気は、パートナーとの関係そのものや家庭を壊してまでの浮気ではない場合が多く、自分がしていることが浮気だと思っていない男性もいるのは確かです。しかし、そう器用に事を運べる人間は少なく、気づいた時にはとっくに関係が壊れていた…というケースが大半です。
 
浮気にせよ本気にせよ、パートナーがいるにも関わらず別の異性へと気持ちを向けるのは、何よりパートナーの心を一番傷つける行為であるということをしっかりと頭に入れておかなければなりません。
 
 

本気の浮気に愛想をつかしたあなたが取るべき行動

浮気の疑惑段階で別れる・別れないを判断しなくても結構ですが、パートナーが本気で浮気をしていると断言できた場合は、いよいよ自分がどうしたいのかを決めましょう。まずは浮気を「許す」か「許せない」か、自分の気持ちと徹底的に向き合い、「別れる」か「別れない」かを決め、その後に「どのようにして今後の未来を歩むか」を決めていくとスムーズです。
 
好きな人に浮気されたわけですから、当然ショックでしょうし、自分は悪くないのに別れるのは理不尽だと思うこともあるでしょうが、この時のアドバイスとして言えることは、パートナーの浮気が本気なのであれば別れたほうが最終的に自分のためになるということです。
 
また、冒頭でも解説したとおり、夫婦同士であれば体の関係を伴った浮気は法律上の離婚事由として認められており、証拠が手元にあれば慰謝料の請求をすることも可能になります。
 
 

「浮気相手に気持ちが傾いているのでは…?」と疑い出すころには、浮気相手との関係がかなり進行してしまっていることが多いです。
 
「浮気があった」と認められるには、浮気相手やパートナーの顔が鮮明に写っている証拠が必要です。解決実績8万件以上・原一探偵事務所にはその技術があります。

・帰宅が遅い時は何をしているのだろう?
・浮気相手に慰謝料を請求して別れさせることはできる?
・本気で浮気しているのなら裁判で慰謝料請求して別れたい
・絶対に浮気していないという確信が欲しい

などなど、まずは原一探偵事務所の相談員までお尋ねください。

【浮気/浮気調査 無料相談窓口】へ進む

 
 より良い選択をするためにも、以下の記事も参考にお読みいただければと思います。
 
▶「浮気されたら許す?浮気されたら考える4つの選択肢
▶「浮気を許せない理由と浮気を許せない人が知るべき制裁の知識
 
 

まとめ

浮気もケースによっては二人の関係が思わぬ方向に進んでしまうことを今回の記事でご理解いただけたのではないかと思います。今までパートナーの浮気を大目に見てきた方は、特に注意して下さい。パートナーが継続的に誰かと会っているならば、すぐ行動することをおすすめします。記事中に記述しましたが、すぐに証拠を掴んで事実確認するくらいの初動の早さが肝心です。

 
 

 

夫の浮気にお悩みの方/無料相談受付中

・夫の浮気の相談がしたい
・浮気調査をしたいが高額だと思いこんでいる
・良い探偵の選び方がわからない
・信頼できる探偵にお願いしたい
・浮気調査の料金が高すぎないか不安…
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料診断をご利用ください。

13時03分、現在お電話が繋がりやすくなっております

妻の浮気・不倫に関する新着コラム

妻の浮気・不倫に関する人気のコラム


妻の浮気・不倫コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております