Header_home
 > 
 > 
 > 
自分で浮気調査する方法とよくある失敗|探偵に依頼すべき理由

自分で浮気調査する方法とよくある失敗|探偵に依頼すべき理由

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

自分で浮気調査する方法とよくある失敗|探偵に依頼すべき理由

Uwaki18_photo
浮気の証拠を入手する場合は、探偵事務所での浮気調査が確実です。
 
浮気をやめさせ関係を修復する場合も、浮気を追求して別れる場合も、浮気対策には確実な証拠が必須です。確実な証拠を入手するにはプロである探偵に依頼するのが間違いないです。

【浮気の証拠入手について無料相談する】

パートナーが浮気しているかを調べるには自分で浮気調査をする方法と探偵に依頼する方法がありますよね。
 
「浮気調査の見積もりをしたらものすごく高かった」
「わざわざお金をかけてまで探偵を雇うほどのことではないかな・・・」 
 
こんな思いから、浮気調査を自分でやってみよう!と思われる方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。最近では浮気を発見するための携帯アプリが開発されたり、気軽に浮気調査グッズが手に入ったりして、自分で浮気調査することが身近になってきているようです。

しかし、みなさんに知っておいてほしいことがあります。
それは、自分で行う浮気調査はバレやすく労力がかかるということと、自分で行う浮気調査はかえって高くつく場合があるということです。
 
私たちは浮気調査のプロではないので、より慎重に浮気調査をする必要があります。今回の記事では、自分で浮気調査する具体的な方法を説明するとともに、事前に知っておいてほしいリスクと、よくある失敗例も一緒にご説明しますので、ご自身の調査に活かしてみてください。
参考:探偵の調査力の高さの秘密|調査方法一覧と調査料金の解説

また、もし探偵にすでに見積もりを出してもらって、「すごく高い!」と感じて調査を諦めた方も中にはいるかもしれません。もしかしたら、一般的な相場よりも高額な見積もりだったという場合もありますので一度料金相場について確認してみましょう。

▶浮気調査の料金・費用相場|費用を安く抑える唯一の方法

探偵に浮気調査を依頼することに何か不安や疑問を持っている場合は当サイトの浮気調査 相談窓口から一度ご相談してみてください。「浮気調査の料金がいくらかかるのか不安・・・」「私の場合浮気調査をした方が良いのかな・・・」といったご相談を多くの方からいただいてきました。もちろん無理に『浮気調査を探偵に依頼した方が良い』とおすすめするようなことはありませんので、一度お気軽にご相談下さい。

▶浮気調査 無料相談窓口

自分で浮気調査をする場合、決定的な証拠を獲得するのはとても難しいです。

自分で調査をした結果
・夫、妻に動きがバレてしまった
・結局証拠が取れなかった
・レンタカーや機材の用意等で費用が高くついた
等のケースは、後を絶ちません。

「探偵に依頼した場合の費用が高額になりそうで心配」
「どの探偵に頼めば良いかわからなくて不安」
というお悩みで自分で調査をしようとお考えの方はぜひご相談下さい。

できる限り費用を抑えられる方法、信頼できる探偵の選び方について
経験豊富な相談員がアドバイスさせていただきます。

13時03分、現在お電話が繋がりやすくなっております

【目次】
自分で浮気調査をする場合どのようなリスクがあるのか?
自分で浮気調査を行う前に知っておくべき準備内容
・浮気の兆候を見抜く16のチェックリストの確認
・浮気調査をして集めるべき証拠
・浮気相手とどこで会うのかアタリをつけておく
実際に浮気調査を行う上での諸注意
難易度別|自分で浮気調査できる11の方法
・ポケットや財布の中身をチェック:難易度☆
・クレジットカードの明細を記録:難易度☆
ネットの履歴:難易度☆
・車内をチェック:難易度☆
・日記をつける:難易度☆☆
・メールの履歴や通話記録のチェック:難易度☆☆
・LINEなどのやりとりをチェック:難易度☆☆☆
・GPS:難易度☆☆☆
・尾行:難易度☆☆☆☆
・盗聴器の設置:難易度☆☆☆☆☆
・撮影:難易度☆☆☆☆☆
イベントごとの浮気の発生率と内容を把握しておく
自分で浮気調査を行う事で判明すること
自分で浮気調査をして集めた証拠の5つの利用方法
・気付いていることに気付かせる
・冷静に話し合いに持ち込み、今後改心してほしい
・証拠を残して離婚の拒否に使う
・夫婦関係のやり直しに使う
・離婚に持ち込む
自分で浮気調査をした場合のよくある失敗
・浮気調査で失敗しがちな場面1:尾行している時
浮気調査で失敗しがちな場面2:浮気を確信した時
浮気調査で失敗しがちな場面3:浮気相手といる現場を撮影した時
浮気調査で失敗しがちな場面4:パートナーを車で尾行する際
​■素人には困難|プロの探偵による浮気調査の特徴
​・ターゲットの行動の一部始終を動画で撮影
特殊カメラの使用
​・尾行追跡、張り込みの為にカスタムされた特殊車両の使用
​・裁判で有効な調査報告書の作成
確実に浮気調査を成功させたいならプロの探偵に依頼
・浮気調査の利用件数って多いの?
・浮気調査を行う方の特徴
・プロのに探偵が行う浮気調査はここが違う
・浮気調査を探偵に頼んだ場合の費用
・浮気調査に強い探偵の選び方
探偵事務所・興信所ランキング系サイトには要注意
探偵を選ぶ際は調査力で判断するのをおすすめ!
浮気調査を依頼された方の体験談
ベテラン相談員が浮気調査に関するお悩みをお伺いします

 

 

自分で浮気調査をする場合どのようなリスクがあるのか?

冒頭でもお話ししましたが、自分で浮気調査をする場合は数々のデメリットがあります。
 

バレる可能性がある

​決定的なデメリットとして、尾行にせよ張り込みにせよ本人にバレてしまうリスクが相当高いということです。そして、バレたことにより、
 
・その後の関係性が悪くなってしまう
・次に本格的に探偵を雇って浮気調査をしようと思っても警戒されるため証拠が掴みにくく、時間とお金が余計にかかってしまう
・問い詰める前に証拠を消されてしまったり、言い訳を用意されたりしてこちらの勘違いで押し切られてしまう
 
などの事態に陥ってしまいます。特に、浮気調査をするということは、パートナーの浮気を疑っている極めて気持ちが高ぶっている状態なので、いつもは落ち着いてミスも少ないという人でもいざという場面で大きなミスをする可能性があります。
 
「自分はミスなんかしないからぜったい大丈夫」と思わず、自分で浮気調査を行う前に、しっかりとこういったリスクを理解して、慎重に、かつ冷静に行いましょう。
 

手に入る証拠が少なく時間とお金がかかる

例えば、「愛しているよ」などのメッセージを見つけてしまった場合、確実に浮気を疑うきっかけには十分なりえますが、決定的な証拠とはならないので注意が必要です。
 
自分で証拠を集める事は、細心の注意を払って行なわなくてはいけませんし、手に入る証拠も少なくなってしまします。
 

  • ・不倫相手とのメールのやり取り

  • ・ポケットや財布の中身からの推測

  • ・クレジットカードの明細

  • ・メールの履歴や通話記録

  • ・ネットの検索履歴

  • ・自分で日記をつける

  • ・LINEでのやりとり

  • ・浮気バレ防止用のアプリ など

 
これらの証拠から、普段どこで浮気相手と会うのか、どの頻度で、次回会うのはいつで、具体的にはどこで会うのかの、ヒントにはなるかもしれませんが、残念ながら浮気、不貞行為を客観的に証明できるほどの決定的な証拠にはなりません。

このように、いわば証拠入手の素人がどれだけ全力で浮気調査を行っても、証拠を掴むまでに長時間を要したり、または一向に掴めないということもあり、場合によっては自分で浮気調査をしたことでかえってお金がかかってしまうケースもあります。

​例えば、ターゲットが200㎞離れた出張先で行為に及んだ場合は、200㎞の移動が必要になるわけです。例えバレずに尾行が成功したとしても、そこで決定的瞬間を写真や映像に納めることが出来なければ、移動費も時間も当然ながら無駄になってしまいます。
 

自分で浮気調査をするリスクが心配な場合
探偵への依頼がおすすめです。
 
探偵に調査を依頼するメリットは「バレないこと」「しっかり証拠を入手してくれること」の他にも「証拠入手後の動き方に関するアドバイス」や「弁護士との連携」等が挙げられます。自分1人の場合よりも確実に浮気問題への解決へと近づくことができます。

当サイトの相談窓口は創業42年、解決実績80,000件以上の原一探偵事務所が運営しています。 あなたのパートナーの場合も探偵に依頼するメリットがあるのかどうか費用がどのぐらいかかるのか浮気問題解決の実績が豊富な原一探偵事務所にまずはご相談下さい。

【浮気/浮気調査 無料相談窓口】へ進む

自分で浮気調査を行う前に知っておくべき準備内容

自分で浮気調査を始める前に、まずは以下の事を確認しておきましょう。

 

浮気の兆候を見抜く16のチェックリストの確認

そもそも本当に浮気調査をする必要があるのかどうかを、一度冷静に判断して頂ければと思います。勘違いという可能性もありますので、下記のチェックリストを参考にしてみましょう。
 

  • 急に携帯にロックがかかりだした

  • 残業だ、会議だ、呑みづきあいだと言って、遅くに帰宅することが増えた

  • 以前はあまりなかった出張や泊りがけの研修などがいきなり増えた

  • 休日を伝えなくなった

  • スポーツクラブやテニス・ゴルフなど、習い事に凝りだした

  • 風呂やトイレにまで携帯を持って行く

  • 携帯の履歴をほとんど消している

  • 携帯に不審な通話履歴やメールがある

  • 通話料・パケット通信料が増えた

  • 金遣いが荒くなり、使途不明金がある

  • 趣味や食事の好みが変わってきた

  • なぜか目を合わせなくなった

  • 家族との食事や会話が減った

  • 車内やスーツから香水の香りがする

  • 性交渉の回数が減った・拒否されるようになった

 

もし3つ以上の項目に該当するようであれば、浮気調査を行う十分な理由になるでしょう。
 

浮気に関する参考コラム

男性・夫の不倫と浮気

女性・妻の不倫と浮気

男性心理に基づく浮気された後の正しい対応とやめさせる方法

嫁の不倫|愛する嫁に不倫された時のための知識と対処法

夫の不倫|原因は妻にあった?夫の不倫を防ぐ6つの予防策

女性が不倫にはまる4つの理由と夫ができる3つの予防法

浮気する男の心理と浮気させない4つのテクニック

不倫妻が取る4つの態度と不倫調査を依頼する時のコツ

妊娠中に夫の浮気が多いって本当?4つの理由と対処法

浮気する女性と妻の浮気を予防する方法

男性の浮気がばれる4つの原因と浮気発覚の防止法

妻の浮気が原因で離婚する時の手引き|不貞証拠と慰謝料相場

彼の気持ちがわからない時に使える彼の真意の探り方と対処法

浮気されたら許す?考えるべき4つの選択肢

単身赴任先で夫が浮気する原因と浮気の確認・防止対策まとめ

結婚前に浮気される原因と浮気防止に役立つ5つのポイント

男性・女性別!浮気しているか簡単に見抜く5つの方法

今から使える浮気の兆候を確かめるための3つのチェックリスト

浮気癖は本当に治らない?その原因と治し方

セックスレスは浮気の前兆|セックスレス夫婦の危機と解消法

風俗通いは浮気なのか?男が風俗に行く理由と3つの予防策

浮気が本気になるパターン8選と自分への本気の取り戻し方

浮気しない男の13の特徴と浮気しない男の見つけ方

 

浮気調査をして集めるべき証拠

自分で浮気調査を始める際に、ただ闇雲に調査を行っても無駄足になってしまいますので、浮気調査を行う事で、集めるべき証拠の内容を確認しておきましょう。
 

  • 浮気相手とラブホテルに入る瞬間を撮影した写真

  • 浮気相手と自宅に入るところを撮影した写真

  • 浮気相手とセックスをしているところを撮影した写真

  • プリクラなどの2ショット写真

  • 浮気相手との手紙やメール・ラインのやり取り

  • ラブホテルへ行った事を示すレシート

  • コンビニや薬局のレシート(2人分のお酒やコンドームなど

  • 普段行かないような場所の駐車場の領収書

  • クレジットカードの明細

  • ネット検索の履歴:観光地やデートスポットの検索履歴など

  • カーナビの履歴

  • GPSの行動履歴 など

参考:浮気の証拠|やり直しでも離婚でも使える3つの証拠と集め方
 

裁判で使える証拠と使えない証拠の違い

浮気調査をして得た証拠のなかでも、裁判・慰謝料請求で使えるものと使えないものが有ります。その中でも、浮気があったことを証明する最も強い証拠は、浮気相手との間に肉体関係があったという事実です。
 
婚姻関係にある人が浮気や不倫をしたと立証するには、「配偶者以外の人物との肉体関係を持った事実」を証明しなければなりません。
 
つまり、キスやデート、親密なメールのやり取りだけでは、残念ながら「法的」には浮気とみなされませんので、注意が必要です。
参考:不倫の慰謝料を確実に請求するなら裁判でも使える証拠を集める
 

全ての証拠が無駄になるわけではない

ただし!浮気調査をする事で得た裁判で使えない証拠が全て無駄になるかというと、そんな事はありません。クレジットカードの明細やメールのやり取りなどは、裁判では有効ではないものの、配偶者に対して強気の姿勢に出れますので、どんな小さな証拠でも集めておいて損はないでしょう。
 

浮気相手とどこで会うのかアタリをつけておく

次に、浮気調査をする上で大事なのが、妻や夫の行動範囲を洗い出す事です。闇雲に後をつけたりしていても効率が悪いので、妻や夫が浮気相手に会うであろう機会や、いきそうな場所を全てリストアップしておくことで、自分で浮気調査を行う際の効率化が図れます。
参考:不倫のきっかけ11パターン|不倫に至るまでの過程と対処法
 

浮気相手と合いそうな場所の例

  • ・職場

  • ・パート先

  • ・出張先

  • ・子供の学校

  • ・趣味・習い事の教室

  • ・よく行くカフェやバー など

 
普段の行動範囲から外れた場所も検討材料に加えることが必要ですね。例えば、普段利用する車にカーナビがあれば、走行履歴などを見て、普段と違う記録がないか調査しましょう。
 

実際に浮気調査を行う上での諸注意

自分でなんでもしようとしない

自分で浮気調査できる11の方法」でご紹介していますが、浮気調査はある程度自分で行うことが可能です。しかし、なんでもかんでも自分でやろうとして無理をしないでください。理由としては3つです。
 

調査していることがバレて警戒される

まず何よりも、自分で浮気調査を行う場合は相手に浮気調査をしているということが発覚してしまう危険性が高いです。「浮気調査されているみたいだから浮気は止めよう」という判断にはならず、より慎重に巧妙に浮気を続けることがほとんどです。
 

行き過ぎた浮気調査は犯罪にもなりかねる

浮気をされて許せない気持ちはわかりますが、行き過ぎた浮気調査は犯罪にもなりかねません。「証拠を掴もうとして相手の不正にアクセスした」「浮気相手と思われる人物の自宅に勝手に侵入した」「脅迫まがいのことをしてしまった」
 
浮気をされて精神的にも安定していない時だからこそ、一旦冷静になってみる必要があります。
 

あなたの大切な時間を費やしてしまう

そして、自分での浮気調査は思っている以上に労力がかかります。ただでさえ浮気をされて辛いのに、あなたの大切な休日などに浮気をしていると、心も体も休まる暇がありません。
 

やるからには徹底する

もしも、浮気調査を自分でするのであれれば、徹底するようにして下さい。ここで言う徹底する項目は、「浮気調査をしている痕跡を残さないこと」です。上記ではお伝えのように、浮気調査をしてことを察知されると、浮気を警戒されてしまい、浮気調査が失敗に終わることが起こり得ます。
 

証拠を掴んでもすぐに問い詰めない

自分で浮気調査を行ない、証拠を掴んだら相手に真っ先に問いただしたい気持ちが出てくるでしょう。しかし、証拠を掴んでも真っ先に問いただすことは止めましょう。理由としては証拠としての質が低いことが考えられるからです。
 
証拠によっては、相手からうまく切り返されることもあり得ますし、さらに言えば、慰謝料請求や離婚をしようと思っていても、法的に役立たない事態も起こり得ます。自分で行う浮気調査は、せっかく集めた証拠が台無しになってしまうこともあり得るのです。
 

難易度別|自分で浮気調査できる11の方法

では、リスクも理解したところで、早速実際の浮気調査の方法の説明に移りましょう。誰でもできる簡単な調査項目から、プロ並みの調査までご紹介していきます。

ただし、簡単な項目だからと言って油断してはいけませんよ。また、バレないようにするためのちょっとしたコツもご紹介していきます。調査項目の横に、難易度を☆マークでつけていきますので、自信のない方は、まず☆1つの項目からチャレンジしてください。
 
慣れてきたら☆3つ~5つにも挑戦してみましょう。


 

ポケットや財布の中身をチェック:難易度☆

ポケットや財布の中身をチェックするのは、よくドラマなどでやっているので想像しやすいかと思います。見つけてほしいものは
 
【ホテルのレシート】
【コンビニや薬局のレシート(2人分のお酒やコンドームを買っているなど)】
【普段行かないような場所の駐車場の領収書】
 
などです。
 

ポイント

見つけたら、写真を撮っておきましょう。原本は、相手がレシートなどをきちんと管理するような几帳面な性格の人の場合はもとあった場所に戻してください。そうでない場合は、証拠として自分で保管するのがいいでしょう。
 

クレジットカードの明細を記録:難易度☆

クレジットカードの明細は、携帯電話料金などをチェックしてください。どのくらいの時期から携帯料金が著しく増え始めたのかを見ることでどのくらいの時期から浮気が始まったのかわかります。
 

チェックポイント

何かブランド品を買っている場合も要チェックです。買っているブランド品が女性物(もしくは男性物)の場合で、かつあなたが受け取っていない場合、浮気相手にプレゼントしている可能性が高いです。これも写真を撮っておきましょう。
 

ネットの履歴:難易度☆

インターネットの履歴のチェックは、まだ浮気を探るテクニックとしてあまり広まっていないためにガードが甘くなっています。つまり、履歴を消し忘れていることが多いのです。ネット検索の履歴で確認するべきなのは、観光地やデートスポットの検索履歴や、女性物(or男性物)のプレゼント検索の履歴です。
 
また、次に行くであろう場所が予想できますし、プレゼントで何をあげようとしているかによって、浮気相手の年齢層やタイプが想定できます。
 

ポイント1:予測変換の活用

インターネットで検索しようとして、数文字入力すると、パソコン・スマホが普段よく観覧するサイトやキーワードを予測して変換してくれます。これによって、相手が「普段どのようなサイトを観覧しているのか?」「どのような言葉を使っているのか」を探ることができます。
 

ポイント2:お気に入りや検索履歴の確認

また、インターネットで浮気をチェックする方法として検索履歴(もしくはお気に入り登録)の確認が簡単にできます。相手が普段見ないようなサイト(例えば、異性向けの情報サイトや旅行に行かない人がカップル向けの情報サイト)などを見ていたら、浮気相手にプレゼントや旅行を計画している可能性も考えられます。
 
慎重な人は、これら痕跡も全て消している可能性もありますが、ほとんどの人が履歴は残ったままでしょう。ただ、「実はあなたに対してサプライズを考えていた」「会社の人への結婚祝いに」なんてこともありますので、これだけでは一概に浮気がクロとは言い切れません。
 

ポイント3:検索履歴は自分の携帯へ送信!

何度も履歴を確認するのは面倒な上にバレるリスクも高くなってしまいますので、検索履歴を確認したら、そのページのURLを自分のメールアドレスに送っておきましょう。そうすれば、いつでも自分でそのページを確認でき、調査が可能になります。
 

車内をチェック:難易度

車内はかなりの高確率で浮気の証拠が眠っています。レシートや会員カードなども、財布からは出てこなくても車からなら出てくるケースは高くなりがち!
 
彼が車を持っていない場合もあるかとは思いますが、もし持っているならぜひチェックしてみてください。
参考:浮気をチェックする時に見るべき9のチェックポイント
 

ダッシュボードのまわり

ダッシュボードの周りは多くのものがしまいこまれています。見つかるものとしては、高速道路や給油のレシート、食事や買い物の際のレシートなどです。
 
自分と行ったわけではないサービスエリアのレシートが見つかれば、それはもしかしたら浮気相手と遠出をするためにドライブした際の証拠かもしれません。
 

カーナビの履歴

もしかしたら浮気相手と出かけた履歴が残っている可能性があります。彼が普段絶対に行かないような場所や、「今度出張で行く」と言っていた場所とは別の場所の履歴が残っていれば怪しいですよね。

「名古屋へ出張」と言っていたのにカーナビ履歴がディズニーランド近くであれば、ほぼ間違いなくディズニーデートを楽しんでいたと言えます。
 

ゴミ箱の中身

もしレシートを発見したら必ずチェックしましょう。コンビニのレシートでも、普段購入にしないようなものが購入されていたら、助手席の人間の為に購入した可能性があります。
 
「家の中には浮気の証拠は持ち込まない」と考えている人は多く、その反面、車の中で浮気の証拠を捨てるということが意外にも多くあります。

 

グローブボックスなどの小物いれ

同じく、グローブボックスなどの小物入れにも証拠が隠されている(というより放置されている)ことが多いです。
 

チェックするタイミングは夜中が良い

夫が寝静まった夜がバレにくいと言えます。ただし、ドアの開閉にリモコンを使っている場合、ロック解除の電子音は結構響き渡りますので、物音には細心の注意を払う必要があります。
 

日記をつける:難易度☆☆

日記をつけるときはまず、パートナーの態度や帰宅時間、休日出勤の日にちなどを記録しておきましょう。直接、「今日はどこに行ったのか」「休日出勤の理由はなんなのか」など相手に聞くのも有効です。
 
その際、できるだけ深堀りして聞いていきましょう。注意するべきなのは、尋問のようにしないこと。浮気を疑った状態で相手の行動について聞こうとするとついつい挑発的な尋問のようになってしまいがちですが、できるだけ自然な会話の流れで聞き、相手に見られないよう日記に書き込みます。
 

ポイント

後日、その記録に書いてあること(例えば先々週、友達と釣りに行ったなど)をもとに、会話をしてみましょう。もしそれが嘘だった場合、ほころびが見えてきたり、挙動不審になったりします。
 

携帯電話のメール履歴や通話記録をチェック:難易度☆☆

これは、浮気を疑ったら多くの人が行う行動ですよね。当然、メールのやりとりの内容やその頻度を見ると思いますが、チェックしておきたいのは、浮気相手とパートナーとの関係性です。
 
浮気相手が敬語でメールのやりとりをしていれば、会社の部下である可能性がありますし、逆にパートナーが敬語だったら上司などの上の立場の人である可能性があります。

また、名前の呼び方でキラキラネームのような「りりかちゃん」とか「リュウガくん」とかで呼んでいたら、キャバクラやホストクラブの人間と浮気している可能性も出てきます。
 

夫がやっているであろう浮気発覚を防ぐ対策

浮気をしている夫にとって、最も見られて困るのが携帯電話です。携帯電話やスマートフォンから浮気がバレる事が多いのは、もはや周知の事実と言っていいでしょう。
参考:浮気を疑った時、怪しまれずに携帯をチェックする3つの方法
 
ここで、浮気夫が携帯電話やスマートフォンに施しているであろう、浮気バレ対策としてやっている事は以下のものがあります。
 

  • ・浮気相手の番号を男の名前で登録している

  • ・浮気相手とのやり取りはPCのメールで行う

  • ・LINEなどのポップアップは表示させないようにしている

  • ・Facebookには人の写真に写りこまないようにしている

 
この4つを徹底して行っている可能性がありますので、ここを重点的につついていくと良いかもしれません。
参考:浮気調査が捗る|バレずに出来るおすすめ浮気調査アプリ6選
 

携帯のパスワードを解除する方法とコツ

携帯を見たくても、当然パスワードをかけている事が予想されます。そこで、女性ならではのパスコードGET方法をご紹介します。
 
その魔法の一言は、「あ!!携帯の充電切れちゃった!」です。そして、「急用で連絡取らなきゃいけないから携帯貸して」と言うことです。
 
ポイントはあくまで無邪気に、申し訳なさそうに、加えて笑顔を心がけます。頼まれたら大抵の人は断れません。そして、ナチュラルに「ロック、何番だっけ?」と聞きましょう。
 
そして、相手がパスコードを変えないうちに(できればその日のうちに)スキを見てLINEや通話の履歴をチェックしてください。また、お子さんがいる場合は「スマホでゲームしたい」と言わせるのも一つの手です。
 
ただ、携帯チェックは相手にバレやすい調査方法の1つです。相手にバレないようにチェックするテクニックを紹介した記事もあるのでそちらも参考にしてください。
浮気を疑ったとき、怪しまれずに携帯をチェックする3つの方法
 

浮気調査アプリを使うのも有効な手段

みなさんは、スマートフォンアプリが浮気の味方になる可能性があることをご存知ですか?最近、浮気を隠ぺいするアプリが開発されてしまっているのです!!

浮気を隠されてしまったら何もわからない・・・と思いがちですが、逆に考えればこの浮気隠ぺいアプリがパートナーの携帯に入っていれば相手は黒の可能性がかなり高くなりますよね。
 
詳しくは「浮気調査が捗る|バレずに出来るおすすめ浮気調査アプリ5選」をご参照ください。
 

LINEなどのやりとりをチェック:難易度☆☆

「メールの履歴や通話記録のチェック」でも言いましたが、スマートフォンや携帯電話は持ち主の全てが詰まっていると言っても過言ではありません。
 

  • ・最近やたらロックを掛けるようになった

  • ・トイレや風呂場まで持って歩く

  • ・メールやLINEが鳴ってもその場で見ない

  • ・電話がかかってきてもその場で取らない など

 
スマホは浮気の証拠の宝の山です。通話履歴にメール、LINE、Facebook、mixi、リンクトイン、インスタグラム、ツイッター、ピンタレスト、などチェックできるものならSNSのすべて見る事も、決して無駄ではありません。
 
しかし、LINEにはロックをかけることも多く、中身までは見ることができない場合も多かったりします。そのような場合は、ロックを解除する指の動きを見て覚えるという方法があります。
 

LINEの表示名を変えている可能性を探る

これは浮気をする人にとってはかなり便利な機能です。LINEのトークルームから、ちょっと名前の編集をするだけで好きな表示名に変える事ができます。男性の名前や会社の同僚の名前に変えて、怪しまれるリスクを回避している可能性があります。
 

チャット内容の一括削除をしている

LINEを開けた場合はトークルームの履歴をくまなくチェックです。また、LINEのトークルームの機能には、一括削除できる機能があり、ボタンひとつで履歴を削除する事ができます。もしトークルームの履歴が全部なくなっているようであれば、浮気相手とのやりとりがある可能性が高いでしょう。
 

トークルームの履歴確認の際の注意点

注意して頂きたいのは、新規メッセージを絶対に見ないという事です。もしここで見てしまうと、LINEを見たことがパートナーにばれてしまいます。
 
・どういう名前が並んでいるか
・それぞれどのような会話をしているか

 
この程度の内容を把握するだけにとどめておきましょう。怪しい内容を見つけたら、必ずあなたのスマホで写真を撮って証拠として残しておいてくださいね。
 

購入スタンプの系統をチェック

スタンプは本来その人の好みが現れやすいものですが、浮気をすると浮気相手の趣味に合わせてスタンプを購入するようになります。
 
・最近スタンプをやたら購入している
・もともと持っているものとは系統が違うものを購入し始めた など

 
こういった変化があれば、要注意かもしれません。
参考:意外と知らない|LINE(ライン)で浮気の証拠をつかむ方法
 

GPSの設置:難易度☆☆☆

最近はGPSのレンタルをする業者が出てきたり、Amazonなどでも気軽に手に入るようになったりと、だいぶGPSが身近になってきました。GPSのいいところは、後をつけたりしないので顔がばれている恋人や配偶者の追跡が気軽にでき、リアルタイムに居場所がわかるところです。
 
「今日は仕事」と言って出かけたのに海や山にいるようであれば明らかにおかしいですよね。浮気が疑わしい状況であれば、疑惑を確信に変えることができますし、浮気が確実の場合は、密会の場所がわかるのでその後の調査をより効率的にしてくれます。

ただし、過去に設置のカモフラージュが甘く見つかってしまったという事例もあるので設置には十分注意してください。
 

ポイント

GPSは雨や強風などの天候やビルや立体駐車場などの建物によって影響を受け、精度が下がる可能性があります。

また、GPSの捜査では当然ですが、GPSを相手が常に持っていないと居場所がわからなくなってしまうため、例えば車に設置していたけど相手が車から降りてしまってはどこにいるのかわからなくなります。

そういった欠点を理解し、「証拠を取るための手がかりをくれるもの」という認識で利用してみるといいでしょう。

 

尾行:難易度☆☆☆☆

尾行はまさに“浮気調査”という感じで、これが証拠を掴むためには手っ取り早い方法ではあります。成功すれば浮気相手がどんな人物なのかも一発でわかります。
 
ただ、やみくもに尾行をしても時間が無駄にかかってしまうだけなので、GPSやネットの履歴、メールのやりとりの調査で得た手がかりをもとにヤマを張って「土曜日の夕方が怪しい!」という感じで調査するといいでしょう。
 

ポイント

調査する対象が見慣れたパートナーであるため、尾行されていることに気づかれたらすぐに正体がばれてしまいます。サングラスやマスクなどの簡単な変装に加え、普段着ないようなファッションにしましょう。

また、特に女性に気を付けてほしいのですが、足音は意外に目立ちます!!カツカツ音がするようなものは絶対にやめてください。スニーカーのような音が出ない靴で尾行してください。
 

盗聴器の設置:難易度☆☆☆☆☆

夫の寝室などに盗聴器を仕掛けるという手もあります。もし自室にこもっている時間が多い場合、盗聴器を仕掛ける事で「何を話しているのか」「誰と話しているのか」を知る事ができるでしょう。
 

盗聴器の設置は犯罪にはならないのか?

そう疑問に思っていらっしゃる方もいるでしょう。
 

盗聴器という字面からも、明らかに違法性の強い印象を受けますが、日本国内の法律では「販売・購入・設置」「盗聴波の傍受」だけで罪に問うことはできないとされています。
参考:盗聴器の設置は犯罪ではないのか?

 

盗聴器の設置が有効な場所

一般家庭に取り付けられやすい場所をご紹介しますので、参考にしてみてください。
 

・室内灯

・ぬいぐるみ

・置時計の裏

・掛け時計

・コンセント

・机

・テレビの裏側

・換気扇

・保安器

・エアコン

・花瓶

・新聞受け

・絵画

・車内

 

参考:盗聴器|発見する方法と取り除くために知っておくべき手順
 

どんな盗聴器を仕掛ければ良いのか?

大きく分けますと、盗聴器には下記の4種類があります。
 

無線式盗聴器

電話回線式盗聴器

・コンセント型盗聴器
・クリップ型盗聴器
・マウス型盗聴器

・携帯・PHP式無線(無線型)

録音式盗聴器

特殊型盗聴器

・ボールペン
・電卓
・置き時計
・キーホルダー
・消しゴム
・コピー機
・机の裏 など

・コンクリートマイク
・レーザー盗聴器
・アプリ型盗聴器

 
扱いが難しいのもありますので、もし盗聴器を仕掛けたいという方がいれば、素直に専門家に相談してみるのが良いかと思います。
▶︎盗聴器に関する無料相談とご質問はこちら
 
 

撮影:難易度☆☆☆☆☆

決定的な瞬間を掴むために必要となる撮影は、相当に難易度が高いものになっています。難易度が高い理由としては、
 
①ホテルに入るなどの決定的瞬間に巡り合えない
②写真は撮ったものの自分のカメラでは解像度が荒く証拠として使えない
 
ことが挙げられます。コツとしては下記の3つを抑えておきましょう。
 
・ホテルに入ってから45~60分くらいに出てくる可能性が高いので、そのときに集中してカメラを構える
・連写機能を使う
・シャッター音で相手にバレてしまう恐れがあるため車の中や建物の中から写真を撮る
 

ポイント

携帯チェックやGPSなどはまだバレる可能性は低いのですが、尾行や撮影となると相手に気づかれてしまう可能性が高くなってしまいます。

もし、裁判で使える証拠が確実に欲しいという場合は、この時点でプロに依頼するのも手かもしれません。浮気調査を探偵に頼む場合の料金については下記の記事を参考にしてみてください。

▶浮気調査の料金・費用相場|費用を安く抑える唯一の方法


また具体的な料金を見積もってもらいたい場合は、下記の相談窓口からご相談下さい。

 

ただし、ちゃんと信用できる浮気調査会社を選ぶ必要がありますし、依頼するからには納得できる探偵さんにお任せする必要があります。

浮気調査会社を選ぶうえで気を付けなければいけないことを10個にまとめたコラムがありますので、以下の記事も参考にしてみてください。

なお、以下の記事を読んでも「どの探偵に依頼していいかわからない」「良さそうな探偵が見つからない」という場合は当サイトの相談窓口を運営する原一探偵事務所にまずはご相談してみてください。ベテラン相談員がご相談に対応させていただきます。

【関連記事】
本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト
こういう旦那は浮気する|浮気旦那のチェック法とその対処法
浮気が本気になるパターン8選と自分への本気の取り戻し方


 

イベントごとの浮気の発生率と内容を把握しておく

例えば12月のクリスマスの前の週であったり、2月にはバレンタインデーがありますし、3月のホワイトデー、4月の新入社員が入る段階での飲み会の増加も浮気が起きやすい時期です。

こういったイベントが重なる時期はとくに浮気は発生しやすい時期ですので、浮気調査で証拠を掴むなら、的が絞りやすいチャンスと言えます。
 
逆に、長期連休中は(正月休み、GWなど)は浮気がしにくい時期になりますので、その前後の休み前や休み明けは、一気に浮気が増える傾向があります。
 

1月

正月休み明けは浮気が増加傾向にあります

2月

バレンタインデーの直前や終わってから浮気が急増

3月

ホワイトデーの後に浮気が急増

4月

会社歓迎会などで飲み会が増える事で浮気になるきっかけが生まれやすい時期です。

5月

GWの前後で浮気が増える

6月

結婚式の参加が増えて知り合う可能性が増加

7月

開放感で浮気が増加、夏祭りや花火大会などのイベントが目白押しです

8月

長期連休が始まる前に浮気が集中

9月

子供が学校に行き始め、仕事も本格的になると浮気も増えます

10月

特になし

11月

クリスマスも近くなり、徐々に一肌恋しさに浮気が増え始めます

12月

特にクリスマス直前に浮気はピークになります


 

自分で浮気調査を行う事で判明すること

自分で浮気調査を行うことで判明する事は、探偵が行う調査に比べればすくなくはなりますが、下記のような事がわかります。
 

浮気相手の概要

どこの誰かまで特定できる可能性は低いですが、会社なのか、それ以外なのかを判断する程度にはなると思われます。
 

最近知り合ったであろう人物か

新しい出会いやというのは、浮気相手には最適なシチュエーションと言えますので、人物の特定まではいかなくても、まず疑うべきは最近知り合った人です。新入社員や付き合いで飲みに行った先の人、SNSや出会い系などを利用していないかチェックしましょう。
 

旧友やよく名前の出る人物か

異性が気になり出すと、頻繁にその名前を口にしている可能性があります。同窓会で久しぶりに会った旧友、職場の同僚や上司など、W不倫に発展しているケースもゼロではないため、こういった人物に心当たりがあれば、限りなくクロに近いと思われます。

 

パートナーが隠していたSNS事情

意図的なのか、無意識なのか分かりませんが、異性との写真にタグ付けされていたり、意味深なコメントがされていたり、思わぬタイミングでばれてしまうのがSNSです。最も身近に使える浮気調査の方法ですが、案外強力なツールになっているといっていいでしょう。
 

特定の2人のツーショットを探せるフェイスブックの裏技

やり方はいたってシンプルで、URLに「”https://www.facebook.com/ユーザー名1?and=ユーザー名2”」と入力するだけです。このURLを反映させると、「友達になった時期」「共通の友達」「二人がいいね!しているページ」「二人のタグ付けされている写真」を知ることができます。
 

意味深なお金の使い方

車のシートや財布のレシート、クレジットカードの明細などを探っていくと、高額な買い物をしていたり、ミンパンにお金を引き出した形跡を見つけるケースがあります。

もしラブホテルに泊まってた場合、クレジットカードで支払ってしまうと明細が残ってしまうケースがあり、そう言った対策のために現金で支払う可能性が考えられます。

その際に1万円〜2万円程度の額を頻繁に引き出していたら、ホテル利用を疑ってもいいかもしれません。
 

 

自分で浮気調査をして集めた証拠の5つの利用方法

執念と根性でバレずに必死で集めた浮気の証拠の数々・・・。せっかく集めた証拠だけど、やみくもに相手に突きつけてもいい結果になるとは限りません。

証拠は出す証拠とタイミングも重要なのです。どうやって証拠を出せばいいのか、どのタイミングならいいのか、5つのパターンで説明していきます。


 

浮気に気付いていることに気付かせる

提示する証拠・・・レシートや領収書、クレジットの明細

私はあなたの浮気に気づいているんですよ」ということを暗に示すだけなので大それた証拠は提示する必要はありません。タイミングとしては、パートナーがお風呂から出てきた直後や、家で晩酌をしているような完全にリラックスしているようなときに提示しましょう。出し方の例としては
 
あなたの上着洗おうとしたらこんな領収書が出てきたんだけど、重要なものかと思って一応取っといたよ。
・・・・ちなみにここの駐車場、家からも会社からもずいぶん遠いけど、いつ行ったの?
 
というように、証拠を出しつつ、純粋にこれは何なのか気になっている(疑っているわけではない)という雰囲気で聞きましょう。
 
クレジットの明細もこのように目の前に出して「これは何なのかな?」といった感じで単純に聞いてみましょう。相手は完全にリラックスしているタイミングなので不意を突かれて何かを口走ることもありますし、気付かれていることがわかると浮気初心者であればここで自白する可能性もあります。
 

冷静に話し合いに持ち込み、今後会心させる

提示する証拠:メールの履歴、携帯に入っていた浮気相手との写真、GPSの記録
 
冷静に話し合うためには、誰がどう見ても疑わしいという状況証拠を提示する必要がありますので、メールの履歴や携帯に入っていた浮気相手との写真などを使いましょう。GPS捜査を行った場合はその履歴も提示しましょう。

これらを提示するベストなタイミングは、浮気をして帰ってきたと思われる当日です。浮気をしたその日はいくら常習犯でも多少の罪悪感をもっているからです。
 
パートナーが帰ってきたら「おかえり。話があるからちょっと座ってくれる?」とシンプルに話を始めてください。ここで重要なのは、話し合いにおいてこちら側が絶対取り乱さない事。相手が逆切れしても冷静に対処しましょう。

話し合う手順としては
 
①証拠を提示する
②浮気していることを相手に認めさせる(念のため録音)
③浮気相手と今後どうなりたいのか、自分とは別れる気なのかをはっきりさせる
④やり直すという方向になった場合は今後のルールを決める
 
この順で進めてください。提示する証拠の注意点としてはGPSの記録はメールや写真を見せても認めなかった場合にのみ提示するということです。

今後やり直すとなった場合にGPSまで用意したのか・・・と思われてしまうとその後の関係性に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
 

証拠を残して離婚の拒否に使う

例えば突然離婚したいと言われた場合、浮気調査で得た証拠がある事で、離婚にストップをかける事ができます。

浮気の証拠があれば、パートナーから離婚要求をされても、慰謝料を請求するという脅し(言い方は悪いですが)に使えますので、関係の継続を望む場合には、かなり有効なものになります。
 

夫婦関係のやり直しに使う

某大手調査会社さんの調査によれば、浮気調査で得た証拠は、夫婦関係のやり直しに使う方が77.4%もいらっしゃるそうです。

一旦は疑った浮気で証拠まで出てきてしまっても、離婚したくないという場合、タイミングさえ間違えなければやり直しを選択する事は可能です。
 

浮気調査後の関係修復率

浮気調査で結果が「クロ」と出た場合でも、離婚ではなく「修復」を選択される依頼者が8割もいます。主な理由としては下記の2点があります。
・子供のことを第一に考えて:約62%
・悔しくてもまだ愛が残っている:約31%

 

離婚に持ち込む

提示する証拠:GPSの記録、ホテルからの出入りの写真など
 
離婚の話をするのは極めて重苦しい空気になります。空気だけではなく、その後の2人の関係性にも大きく影を落とすことになるので、本当にもう無理!やり直せない!!と思った限界のタイミングまで我慢してください。その時が来た場合は、決定的な証拠を出しましょう。

なお、その際は弁護士に立ち会ってもらうのが得策です。離婚においては法律的な決まり事が関係してくるため、素人では説得も難しく、肝心の慰謝料を取れなくなってしまってはもったいないからです。弁護士に依頼したら、そこからは弁護士のアドバイスに従ってください。
 

浮気調査後の離婚率

離婚される場合、離婚を選ぶ理由としては下記のようなものがあります。
・新たな人生を歩みたい:約56%
・愛情が無くなってしまった:約27%


浮気調査で得た証拠の使い方の詳細については、下記の記事が参考になるかもしれません。
参考:浮気の証拠|やり直しでも離婚でも使える3つの証拠と集め方

 

自分で浮気調査をした場合のよくある失敗

自分で浮気調査をする場合、どのような行動を取っていけばよいかをご説明しましたが、実際に自分で浮気調査をやるとなると、やはり様々な困難があります。そこで、自分で浮気調査をした時に失敗しがちな4つの場面をご紹介させていただきます。
 

浮気調査で失敗しがちな場面1:尾行している時

パートナーの浮気現場を記録するために、自分で尾行をする方は少くなくありませんが、それはあまり賢明とはいえません。例え、歩き方や癖などを変装して変えたとしても、そもそも顔をよく知る相手ですので、全く気付かれずに後をつけるのは難しく、さらに見失ってしまう可能性も高くなります。
 
少しでも怪しいと感づかれれば、パートナーは警戒してしまいその後の浮気調査自体も難航する原因となります。
 

浮気調査で失敗しがちな場面2:浮気を確信した時

誰しも人間ですので、頭では分かっていても、浮気が確信に変わった時から感情が抑えられなり、どうしても些細な行動に現れてしまいます。うちの旦那(嫁)は鈍感だから大丈夫と思っていても、なぜかそういう時だけよく気づいたりするから不思議なものです。
 
そこでよくとる行動が「別居」ですが、別居をすると今後の動向が分かりずらくなる上に、慰謝料請求の際に不利になる可能性が高くなります。
 
せっかくパソコンや家に残っている浮気の証拠を、削除する可能性だってありますので、自分で浮気調査をしてつかんだ証拠を隠滅されないためにも、軽はずみな行動は避けてください。
 

浮気調査で失敗しがちな場面3:浮気相手といる現場を撮影した時

例えば、パートナーが浮気相手とデートをしていたり、密会の現場を写真で撮影できれば、かなり強い証拠にはなります。(十分とは言えませんが)
 
しかし、この瞬間に素人さんの技術不足による失敗が起きやすくなります。例えばですが、携帯のシャッター音やフラッシュで浮気調査をしていることを気づかれる可能性です。また、隠れつつ移動しながら動画などを撮る場合でも、パートナーや浮気相手を綺麗に映せない可能性も高くなるといった危険も無視できません。
 

浮気調査で失敗しがちな場面4:パートナーを車で尾行する際

車でパートナーと浮気相手を尾行しようと思った場合、車間距離が通常よりも狭くなったり、頻繁な進路変更や割り込みが多くなる傾向があります。
 
浮気相手たちを車で追跡すると無理な運転をして交通事故に合う危険性が高くなるという話もあります。
 

バックミラーでバレるケース

前の車のバックミラーでこちらを見られてしまい、浮気調査がバレるというケースもあります。
 

GPSに気を取られて事故につながるケース

車での浮気調査は探偵などのプロでないと難しいので、パートナーの車にGPSを設置して、それを見ながら追跡するとしても事故を起こす可能性も高く、やはり難易度は高いと言っていいでしょう。
 
このように、証拠を集めるには高度な技術と、長い時間をかける必要が出てくるため、自分でやる浮気調査は失敗に終わりやすいと言われています。

 

素人には困難|プロの探偵による浮気調査の特徴

創業42年を誇る大手探偵事務所『原一探偵事務所』への実際の取材をもとに、探偵の行う浮気調査とはどのようなものなのかを詳しく解説していきます。自分で浮気調査をした場合と探偵が浮気調査をした場合とではどのような差があるのかも解説していきましょう。
 

ターゲットの行動の一部始終を動画で撮影

原一探偵事務所では数多くの高性能、高画質のカメラを所持しており、ターゲットの行動を終始撮影します。この際、常に動画で撮影することにより、ターゲットの怪しい行動の一挙手一投足を逃さずに納めることが出来ます。

例えば会社とは異なる方向に車を走らせた瞬間や、浮気相手と落ち合った瞬間や、ラブホテルへの出入りの瞬間や、浮気相手とキスをしている写真などは、その瞬間が来てからカメラを構えていたのでは決定的な瞬間の撮影は困難となります。

たった1秒撮影のタイミングが遅れただけで、浮気の証拠とは言えない写真が撮影されてしまいますから、原一探偵事務所の場合は全てを動画に納め、後になり決定的な瞬間のみを切り出して100%浮気をしていると認められる証拠を調査報告書に添付します。

《ラブホテルに入店する際の写真》





《ラブホテルに入店中の写真》





《ラブホテルから出てきた写真》





ご覧のとおり、ターゲットと浮気相手の顔がしっかりと確認できる写真でなければなりません。また、必然的に2人がラブホテルに入店中はずっとラブホテルの外で張り込みを行わなければなりませんから、素人がここまでの調査を敢行するのは非常に困難だと言えます。ターゲットと同時にホテルへ入店するという荒業に至っては100%遂行できないでしょう。
 

特殊カメラの使用

ターゲットに対して堂々とカメラを構えることは「今あなたの浮気行為を撮影しています」と言っているようなものです。したがって、ターゲットに気がつかれないように撮影するためには、一見カメラとは思えない、以下のような特殊なカメラの使用が鍵になります。









時計やペン、タバコとカメラが一体化しており、かなりの至近距離でレンズをターゲットに向けて撮影しても一切疑われることがありません。また、光の具合やターゲットとの距離間に応じてレンズの調整を行い、どのような状況であっても鮮明な撮影が可能になっています。原一探偵事務所ではこのような最新鋭の機材の開発にも余念がありません。
 

尾行追跡、張り込みの為にカスタムされた特殊車両の使用

原一探偵事務所では、ありとあらゆる車両を徹底的に尾行調査用にカスタムしています。









車両本体にカメラを仕込んだり、車両内部は外部カメラで記録した映像の確認が出来るようになっていたり、この中で変装のための着替えが行えるようにもなっています。

尾行は、バレたら調査続行不可能を意味します。したがって、自分で尾行をする場合は自家用車を使用するとターゲットにすぐに気づかれてしまいますから、レンタカーを使用し、且つ見失わないためのドライビングテクニックがなければ最後まで調査を行うことは出来ません。レンタカーを一日借りた場合はおよそ1万円と考えると、自分で浮気調査する場合は労力と成果が見合わないことがあります。

自分で徒歩で尾行する場合も、ターゲットが絶対に気づかないための変装が必須です。それも、周囲の一般人や環境に溶け込んだ、不自然さを徹底的に排除したものでなければなりません。

また、バレなくても見失ったら調査は不可能です。原一探偵事務所では絶対に見失わないようにするためにチーム制を導入しており、撮影専用車両、追跡用小型車両、追跡用バイクといった形での分担調査を可能にしながら、ターゲットを見失い調査が不可能になるリスクを限りなく0%まで軽減しています。

裁判で有効な調査報告書の作成

ターゲットの浮気の証拠は、調査報告書に添付される形で作成されます。



この調査報告書には、ターゲットの浮気の有無を含めた、調査期間中の素行の全てが時系列と共に記載されるため、これを依頼者が裁判所に提出した際には裁判官は浮気の事実を認めざるを得ません。

こうして浮気の事実を裁判官にまず認めてもらうことで、慰謝料や離婚における親権など、浮気の被害者側の主張が通りやすい環境が整います。もちろん、「絶対に離婚したくないから浮気相手とはきっちり別れて欲しい」という主張も裁判官に聞き入れてもらうことが出来ます。

言い換えると、浮気の事実が不明確な証拠をいくら提出したところで、自分の主張は聞き入れてもらえないことになりますので、裁判で自分の主張を通したい、でも自分で浮気調査を行いたいという場合は100%裁判で有利になれる明確な浮気の証拠をターゲットにバレずに入手することが絶対条件となります。
 
原一探偵事務所に関する以下の記事も参考にしてみて下さい。
原一探偵事務所の特徴|浮気調査の口コミと評判まとめ

 

自分で浮気調査をする場合、決定的な証拠を獲得するのはとても難しいです。

自分で調査をした結果
・夫、妻に動きがバレてしまった
・結局証拠が取れなかった
・レンタカーや機材の用意等で費用が高くついた
等のケースは、後を絶ちません。

「探偵に依頼した場合の費用が高額になりそうで心配」
「どの探偵に頼めば良いかわからなくて不安」
というお悩みで自分で調査をしようとお考えの方はぜひご相談下さい。

できる限り費用を抑えられる方法、信頼できる探偵の選び方について
経験豊富な相談員がアドバイスさせていただきます。

13時03分、現在お電話が繋がりやすくなっております

確実に浮気調査を成功させたいならプロの探偵に依頼

上記のような理由から、浮気調査はプロに依頼する事が確実だと言えますが、探偵などの専門家に浮気調査を頼む場合と、自分で行う浮気調査にはどのような違いがあり、調査料金はどの程度なのかを把握しておきましょう。
参考:浮気調査の料金・費用相場|費用を安く抑える唯一の方法
 

浮気調査の利用件数って多いの?

プロに頼むのが良いとは言っても、一体どれくらいの方が探偵の浮気調査を利用しているのか気になると思います。当サイト「浮気調査ナビ」でも毎日浮気調査のお電話を頂いておりますが、この業界の平均をとると下記のような数字になっています。
 

浮気調査を実際に行った男女比

女性からの調査依頼:61.6%
男性からの調査依頼:38.4%


多くの場合で女性からのご相談をいただき、夫の浮気調査を行いたいという要望が多くなっています。
 

浮気調査を行う年齢層

正確な数字ではありませんが、最も浮気調査を行う年代が多いのは40代〜50代の方になっています。内訳の相場としては下記のような感じになるでしょう。

20代〜30代:約35%
40代〜50代:約60%
60代〜70代:約5%

 

 

浮気調査を行う方の特徴

女性から配偶者の浮気調査

「この日に浮気調査をしてください。」という、調査する日付を指定される方が多いです。女の勘はよく当たるという言葉の通り、浮気調査も早めに終了し、早期に証拠が取れる事も多くなっています。
 

男性から配偶者の浮気調査

男性の場合は、浮気調査の期間が長期にわたるケースが多いです。なんとなく浮気していると思っているだけであったり、妻がいつ動くか判ららない、浮気相手の車などで移動されるケースが多く、調査も簡単ではありません。
 

高齢者から配偶者の浮気調査

ご高齢の方からの浮気調査は、浮気というよりも素行調査に近い形になります。主に嫁や婿、孫が対象になるケースが多くなりますね。

 
 

プロの探偵が行う浮気調査はここが違う

尾行や張り込みは原則2~3人のチームで行うこと

探偵の行う浮気調査で、特に尾行を行う調査では、基本的に調査員は2〜3名のチームで行うのが一般的です。
 
もしあなたのような素人が自分1人で尾行調査をすると、高確率で途中で気づかれて巻かれるか、見失うことが予想されますが、複数の調査員が無線などで連絡を取りながら、自然な形で行うため、調査対象者に途中で気づかれる心配が少なく、浮気の現場を突き止められる可能性が高くなります。
 
自分で浮気調査を行う場合、「パートナーの浮気現場を抑えたいから1日か2日ほど協力して」と頼めるでしょうか? 
 

探偵ならではの本格的な機材が使える

浮気調査に使う機材(盗聴器など)は、市販されている物も多くありますが、値段によって機能にかなりの差がでますし、扱いもかんたんな物ばかりではありません。
 
探偵が扱う機材はバラエティに富んだ物が多く用意されており、調査員もその取扱いに慣れています。名探偵コナンに登場するような、蝶ネクタイ型変声機や発信機付きメガネなどの類も、決して珍しい部類ではないようです。
 
特に撮影機材の性能は一般家庭にあるような高画質デジタルカメラの比ではありませんし、姿を確実にとらえる為の撮影技術もかなり高いものです。
 

裁判でも使える浮気の証拠を手に入れる

今回ご紹介してきたような「自分で浮気調査をして手に入る証拠」は、パートナーを精神的に追い詰めて自白を促す為のものとしては有効ですが、実際に浮気を認めず、裁判などに発展した場合ではあまり有用とは言いがたいものです。
 
探偵は何が証拠として有用になるものなのかをしっかり把握していますので、たとえ裁判になったとしても、確実に慰謝料を請求できるだけの証拠を取ることが仕事です。
 

  • ・裁判でも使えるほどの証拠の例

  • ・3回以上のラブホテルへの出入り写真

  • ・最低でも40分以上のラブホテルでの滞在時間を証明するもの

  • ・自宅の場合、5回以上の相手宅への出入りの写真

  • ・証言を録音した音声データ など

 

慰謝料請求や離婚でも使える調査報告書の作成

探偵は浮気調査をしたあと、調査報告書にまとめます。細かいな内容は探偵社によって様々ですが、浮気の事実があったか無かったかを含めて、あらゆる角度から立証し、だれが見ても納得できる報告書としての価値を持たせられるのがプロの探偵ならではの仕事といったところでしょうか。
 
もしも自分で浮気調査をしようとした場合、一向に結果が出ない状況が何日も続くことは覚悟しておいたほうが良いでしょう。
 
・自費での機材調達
・レンタカー代などの交通費
・とられるばかりの無駄な時間
 
出て行くものばかりで、結果的に費用面においても探偵に依頼するより損をする可能性が非常に高くなるのは覚悟しておきましょう。
 

創業42年、解決実績80,000件以上の
原一探偵事務所に一度ご相談下さい。
 
あなたの今の状況で『浮気調査をして確実な証拠が手に入りそうか』『浮気調査をすることで浮気をやめさせられるのか』『有利な条件で離婚できる可能性があるのか』『浮気調査にどのぐらい費用がかかるか』などのお悩みについて、ベテラン相談員がアドバイスさせていただきます。

【浮気/浮気調査 無料相談窓口】へ進む

浮気調査を探偵に頼んだ場合の費用

調査費用の相場は1時間1.5万円〜2万円

浮気の度合いや頻度を知るために、どのような証拠をどれくらい得たいのかにもよりますが、一般社団法人東京都調査業協会が東京都内の業者を対象に行ったアンケート(2005年実施)によると調査費用の平均は1.5万~2万(1時間、調査員2名)となっています。
 


参考:1時間あたりの調査費用は平均1.5万~2万(調査員2名)
 

調査費用の内訳

  • ・調査料金:着手金、人件費、深夜早朝割増、危険手当など

  • ・成功報酬:調査が成功した場合に支払う報酬

  • ・経費  :交通費、通信費、機材費、車両費、宿泊費など

  • ・手数料 :報告書の作成費など

 

浮気調査の料金体系

1.時間料金型

調査員が実際に稼働した時間を元に料金を決定する料金体系です。1時間あたりいくらという表記で記載されるものです。他の2つの料金体系に比べて分かりやすく、この料金体系を掲載する会社は非常に多いです。
 

2.パック料金型

調査員の稼働時間や経費、書類作成費などを全て含めて一律の料金を設定するものです。料金が一目でわかる上に、1時間あたりの調査費用も時間料金型と比べて低く設定されています。
 

3.成功報酬型

成功報酬制は依頼時に着手金を支払い、調査が成功した場合に報酬金を支払う料金体系です。結果がでなければ成功報酬分を支払う必要がないため、お得な料金体系です。詳しい探偵の料金は「浮気調査の料金・費用相場|費用を安く抑える唯一の方法」をご覧ください。
 

付加料金

探偵の料金で特に気をつけたいのが、最低調査時間と繰上げ時間に関してです。これは全ての調査で恒常的にかかる料金であり、しかも劇的に、料金の差が出る部分でもあります。
 

・最低調査時間

例えば、Aさんが、A社とB社に調査をお願いた場合・・

A社:最低調査時間:4時間 2名1時間単価:20000円
B社:最低調査時間:8時間 2名1時間単価:20000円

 
Aさんが1日4時間の調査を依頼した場合、一回の調査料金はA社、B社で時簡単価は同じにも関わらず、調査料金に2倍の違いが出ました。
 

A社総額: 80000円
B社総額:160000円

 

・繰上げ単位時間 

また、探偵社によっては延長による調査時間の繰上げを30分単位~3時間単位までさまざまです。
 

A社:繰上げ単位:30分。 2名1時間単価:20000円
B社:繰上げ単位:3時間。 2名1時間単価:20000円

 
AさんがA社とB社に5時間の調査を依頼し、25分延長した場合の例を考えてみます。
 

A社総額:110000円
B社総額:160000円

 
A社もB社も、時間単価は同じにも関わらず、料金に5万円の差が出てしまう事になります。 このように、単に時間単価だけではなく、探偵料金の細かい決まりごとを確認しておく事が重要です。

 

「ご自身の場合、具体的にいくら費用がかかるのか」知りたい方へ
 
当サイトの【浮気調査 無料相談窓口】では浮気調査の料金に関するご相談やお見積りのご依頼を無料で受付けています。

あなたの今の状況で『浮気調査にどのぐらいの費用がかかるか』などのお悩みについて、創業42年・解決実績80,000件以上の原一探偵事務所の専門相談員がご相談にのります。

【浮気調査 無料相談窓口】へ進む

浮気調査に強い探偵の選び方

探偵届出番号はあるか

探偵には「探偵業法」という法律があり、探偵業を営むためには内閣府が定める項目を提出しなければいけません。届出番号については最低限チェックしましょう。
 

誇大広告になっていないか

『業界ナンバーワン!』『成功率99.9%』など、根拠もない記載があるチラシやネット広告を出している事務所は注意しましょう。
 

営業所の住所が存在するかどうか

まれに実在しない住所や「検索結果が見当たりません」などの表示があり、事務所がないのにまるであるかのように記載がるのは避けましょう。
 

探偵事務所・興信所ランキング系サイトには要注意

最近急激に増加しているのが、探偵事務所や興信所のランキング系サイトによるトラブルです特に、ランキング系サイトはアフィリエイトと言って、そのサイト経由で探偵に相談などが入ると報酬が発生する仕組みになっていることが多いです。
 
アフィリエイト自体が悪い事ではありませんが、探偵業法などの知識が無い人でも行うことができる点が問題で、それ故にユーザーに間違った情報を与えてしまい、後々のトラブルになっていることも多いようです。

表:国民生活センターに寄せられた相談件数

年度

2011

2012

2013

2014

2015

2016

相談件数

1,658

2,010

1,734

3,199

4,293

1,148

※相談件数は2016年6月30日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

参照:国民生活センター
 

トラブル原因1:見掛け倒しの料金

トラブル内容としては、料金ランキングでは安いと紹介されていた興信所に訪問したところ、相場よりも高額な料金を提示され、加えて契約するまで帰らせてくれないなど、強引な営業をされたといった報告も複数件ありました。
 

  • ・HPには1日10万円と記載があったのに、訪問時に6時間30万円以上と見積もられた

  • ・1名1時間単価は6000円程と言われたいのに、見積もり総額が150万円を突破

  • ・成功報酬はないと言われたのに、調査終了後に多額の成功報酬金を請求された など

 
対策としては・・・

興信所の価格帯を把握しておく
複数の興信所に目星をつけ比較を行う
悪徳探偵のやり方を知っておく
 
という対策が取れます。興信所の比較については、複数のサイトを見てみましょう。料金相場は、「浮気調査の料金・費用相場|費用を安く抑える唯一の方法」などを参考に、悪徳な手口については「悪徳探偵の実態|実際に起きた悪徳探偵による被害と対処法」を一度参考にしてみてください。
 

トラブル原因2:調査人数の水増し請求

調査人数の水増し請求とは、実際に調査した調査員よりも多くの人数で料金換算されていたり、必要もない調査員が導入され、結果的に費用が高額になってしまうトラブルです。反対に、請求は調査員3名分だったのに実際は1名稼働だったりすることもあります。
 
興信所は、調査人数が増えれば増えるほど利益が出せますし、依頼者側は、実際にどのような調査をされているかをきちんと把握することも難しいです。しかし、一般的な浮気調査であれば調査員2~3名が妥当なラインです。
 

・2~3名の1時間あたりの料金単価が重要な理由

稼働人数を多くすればするほど利益も出しやすいので、悪質な興信所は調査員の数を増やそうとしてきます。もちろん、人数が多い程成功率も上がるケースは多いです。探偵調査員が3名になれば調査力は向上します、現場によっては3名いないと調査にならないケースもあります。
 
しかし、調査員が4名になってくると3名との違いが出にくくなります。もし、さらに人数を増やして10人体制にすると、ほとんどの現場で調査員が過剰になり、現場が混乱することで調査力は落ちていくことになります。
 
図:調査人数と調査力の推移

 
金銭に余裕があるなら人数を増やして調査を行うのも良いですが、調査料金の事も現実的に考えると、探偵調査員2~3名の経済合理性を選択するのが良いでしょう。

・最悪なのは人員3名のところ実質1名で調査していた場合

興信所トラブルに報告される事がまれにあるケースですが、調査現場に抜き打ちで見に行ったら、契約人員よりも少ない人数で調査していたというケースです。これはほぼ詐欺にあたる行為と言っていいでしょう。もし、不審に思ったのなら、直接現場に抜き打ちで、確認しに行くという事もありかもしれません。
 

トラブル原因3:完全成果報酬の罠

こちらも非常に増加しているトラブルです。興信所以外でも完全成果報酬を謳っている企業は多いのですが、要は、依頼者の成果の定義と興信所の成果の定義がずれてトラブルになってしまうケースが非常に多いのです。
 
「失敗だったら費用はかからない」と、依頼者も安心してしまいがちですが、後々、料金を支払う羽目になってしまうことが多いです。例えば
 

  • ・「成果報酬以外の名目で料金が発生していた」
  • ・「きちんと調査もしていないのに「浮気はなかったことが分かった」ということで成果報酬になった」
  • ・「興信所の成果の定義が非常にハードルが低いものだった」

 
などがあります。「完全成果報酬=悪い」ということではありませんが、依頼へのハードルが下がりがちな完全成果報酬だからこそ、依頼前にキチンと「どのような場合にいくらの料金が発生するのか」を興信所に確認しておくことが一番の対策になります。

参考:探偵の依頼料金を無駄にしない為の悪徳探偵の見極め方

探偵を選ぶ際は調査力で判断するのをおすすめ!

安さだけに目を向けてしまうのは要注意です。サイト上には5万円〜12万円と極端に安い金額がある探偵に相談しに行くと、失敗しやすい傾向が高くなります。
 
次に覚えてほしい事は、探偵の調査力はみな同じではないと言う事です。もし調査力がみん同じであれば、安いところに頼むのが当然の考えですよね。
 
しかし、探偵は一般的な商品と違い、人の力量で決まりますので、安さを基準にせず、信頼性はもちろんですが、「調査力=実績」といして見ると失敗を減らす事が出来ます。

そして実績がある探偵が見つかったら、次に「いくら掛かるのか?」という料金に目を向けていただくのが良いでしょう。
参考:探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト
 

原一探偵事務所は調査力に圧倒的な自信を持つ探偵事務所です。
 
当サイトの【浮気調査 無料相談窓口】を運営する原一探偵事務所は42年以上におよぶ80,000件以上の調査解決実績を誇る探偵事務所です。これまでの実績から得たノウハウをつぎこんだ業界最高クラスの調査を、できる限り低価格(税抜12万円~)にてご提供しています。

まずは専門のベテラン相談員があなたのご相談をお伺いします。もちろん相談やお見積りは無料なので、お気軽にご相談下さい。

【浮気調査/浮気 無料相談窓口】へ進む

浮気調査を依頼された方の体験談

最後に、原一探偵事務所に浮気調査を依頼された方の、体験談・お客様の声をいくつかご紹介させていただきます。
 

相談事例1:別の探偵社からのご依頼

 この度はお世話になりました。
実は以前全く別の会社に調査をお願いした事がありました。
その会社は報告書は出さないし、散々文句を言ったら渋々ひんそな報告書を出してきたり、
探偵と言う職種が信用できなくなっていました。
原一さんはそんな事は無かったのですが、私が疑心暗鬼になっていたので、
大変失礼な発言が多かったと思います。
どうかお許し下さい。
 
 頂いた報告書をもとに夫と話し合いました。
かなりの修羅場を想像していましたが、よほど驚いたのか?
勝てないと思ったのか?
わりと素直に応じて女性と別れる方向になりました。
まだまだ油断できない状況ですが、これ以上は悪くはならなそうです。
 
色々とありがとうございました。
引用:夫の行動調査のご依頼(女性)|原一探偵事務所 

 

相談事例2:複数社からの見積もりからのご依頼

先日は、大変お世話になりありがとうございました。
主人のことでは何年、何日間、何時間も悩み続け、お電話して見ようか、どうすればよいか等あれこれ悩んだ挙句、直接お話しするよりメールで相談してからと思いメールいたしました。何社かお見積りをさせていただきましたが、原一様からとても誠意のあるお返事をいただきお会いしてみることに致しました。
 
 その後、打ち合わせの約束をとっていただき、お会いさせていただきましたが、ご担当の○○様のお人柄と調査にかける情熱、又会社の実績などから伺いまして安心してお願することに致しました。
 
 主人のことでは、ずいぶん悩まされてきましたが、お蔭をもちまして全ての事柄が判りました。
これから先のことは○○様からのアドバイスをふまえ、結論を出していきます。
 又、原一様では有能な弁護士さんもご紹介してくださり安心しております。引き続きお世話になりますが宜しくお願い致します。本当にありがとうございました。勝手で申し訳ありませんが、ご担当の○○様は、私の秘かな「心のドクター」だと思って感謝しております。
まずはお礼まで
 
社員の皆様のご活躍とご健康を心よりお祈り申し上げます。
引用:40代(女性)夫の行動調査のご依頼|原一探偵事務所

 

ベテラン相談員が浮気調査に関するお悩みをお伺いします

「自分で浮気調査する11の方法と失敗しない浮気調査のやり方」、いかがでしたでしょうか。浮気調査を考えている方は、どのような状況であれ現状を変えたいと思っていらっしゃることでしょう。
 
冒頭でお伝えした通り自分で浮気調査するのにはリスクが伴います。もし、自分で浮気調査をするのに不安があるのならプロである探偵に依頼することも選択肢の一つとして考えておきましょう。
 
当サイト 浮気調査ナビでは、パートナーの浮気に関するお悩みのご相談を受け付けており、浮気調査の圧倒的な実績を持つ原一探偵事務所のベテラン相談員がご相談をお伺いします。
 

  • ・あなたのご状況やお悩みをお聞きして

  • ・今後どうなっていきたいのかをお伺いし

  • ・そもそも浮気調査をすべきなのか

  • ・調査料金はだいたいどのくらいになるのか?

 
この4点をもとに、ベテラン相談員がご相談をお伺いして、アドバイスさせていただきます。
はじめての探偵探しだからこそ失敗したくない、そんな時こそおき気軽にご相談してみてください。

浮気調査 無料相談窓口

自分で浮気調査をする場合、決定的な証拠を獲得するのはとても難しいです。

自分で調査をした結果
・夫、妻に動きがバレてしまった
・結局証拠が取れなかった
・レンタカーや機材の用意等で費用が高くついた
等のケースは、後を絶ちません。

「探偵に依頼した場合の費用が高額になりそうで心配」
「どの探偵に頼めば良いかわからなくて不安」
というお悩みで自分で調査をしようとお考えの方はぜひご相談下さい。

できる限り費用を抑えられる方法、信頼できる探偵の選び方について
経験豊富な相談員がアドバイスさせていただきます。

13時03分、現在お電話が繋がりやすくなっております

浮気・不倫調査に関する新着コラム

浮気・不倫調査に関する人気のコラム


浮気・不倫調査コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております