Header home
 > 
 > 
 > 
円満調停の流れと必要書類 | 夫婦関係を修復するための知識まとめ

円満調停の流れと必要書類 | 夫婦関係を修復するための知識まとめ

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

2018.6.6
円満調停の流れと必要書類 | 夫婦関係を修復するための知識まとめ
Pixta 23030688 s

円満調停(えんまんちょうてい)とは正しくは夫婦関係調整調停(円満)と言い、悪くなってしまった夫婦関係を回復するための手段の1つです。

家庭裁判所にて調停委員が夫婦の間に入って双方の話を聞きながら、原因が何であるか、どのように関係を修復するか考え、また解決案を調停委員が提示することで、よりよい夫婦生活を送ることを目指します。

今回の記事では夫婦のよりを戻したいと思っているあなたに、この円満調停が具体的にどのようにして行われるのかをお伝えします。

【関連記事】仮面夫婦の特徴と原因|仮面夫婦を改善する為にできる事とは
 

旦那や妻の浮気でお悩みの方/無料相談受付中

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

11時32分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

 

円満調停をする前に知っておきたいよくある夫婦関係トラブル

あなたはどんな理由でお悩みですか?円満調停の概要説明の前に、まずは世の中の夫婦はどのようなトラブルを抱えているのか?という点について、事前知識として見ておきましょう。

ブライダル総研|離婚に関する調査2016」によると、パートナーとの離婚理由で最も多い上位の5つは以下のとおりです。

・価値観の違い
・人生観の違い
・性格の不一致
・金銭感覚の違い
・夫婦の会話がない

 

引用:「離婚に関する調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」

 
離婚原因の関連記事
セックスレスは浮気の前兆|セックスレス夫婦の危機と解消法
5つの浮気診断|パートナーの浮気度と浮気傾向を徹底診断
妻が浮気する原因と妻が浮気した後の5つの選択肢まとめ
結婚前に浮気される原因と浮気防止に役立つ5つのポイント

価値観などが原因であれば改めて話し合うことが解決のきっかけとなるかもしれません。今一度冷静に話し合える場を設け、夫婦関係の修復を図ることをおすすめします。

夫婦のみでの話し合いもいいですが、それが難しいときに利用できるのが、今回の記事で取り上げる円満調停(夫婦関係調整調停)です。

それではいよいよ、次項では円満調停はどのような流れで進むのか・何が必要になるのかなどお伝えしていきます。

円満調停の概要

こちらの項目では実際に円満調停の流れや必要書類、必要費用などをご説明いたします。

円満調停の進み方

円満調停は、以下のような流れで進行します。

 

申立書を家庭裁判所に提出する

まずは家庭裁判所へ調停申立書を提出します。円満調停において必要な書類および費用は下記のとおりです。
 
  1. ①夫婦の戸籍謄本1通
  2. 連絡先の届出書 1通
  3. 非開示の申出書
  4. 申立書  3通
  5. ⑤事情説明書 1通
  6. ⑥子についての事情説明書 1通
  7. ⑦進行に関する照会回答書 1通
  8. 連絡先等の届出書  1通

下のリンクから戸籍謄本以外の書類をダウンロードすることができます。この他にも場合によっては裁判所から求められる書類があります。
参考:裁判所 家事調停の申立て

③の非開示の申出書は相手に知られたくない情報がある場合に提出する書類です。家庭裁判所が見る必要のない部分であれば黒塗りでいいのですが、黒塗りをしてはいけない文面に関してはこの非開示の申出書を対象の書類の上になるようにしてホチキスで止めるようにして提出しましょう。

④の申立書が3通である理由は、裁判所に提出するものと本人控えだけでなくパートナーである相手用です。

また費用に関しては収入印紙1,200円と連絡用の郵便切手が必要です。郵便切手の値段は裁判所によって異なります。
 

期日の連絡と調停開始

申立てをしたから約二週間で一回目の調停の期日について連絡が来ます。一回目の調停の期日は申立てをしてから約一ヶ月後です。

調停の当日は待合室があり、夫婦別々で待機することになりますので顔を合わせる必要はありません。

調停に参加する人は「夫婦」と「調停委員が男女1人ずつ」、そして「書記が1人」です。調停の時間は2時間ほどです。
 

調停期日

夫婦別々に調停室に呼ばれるのが通常です。それぞれ、円満調停がどのようなものであるかの説明を受けた後、調停を受ける経緯などの質問を受けるので答えます。

その後は双方の主張を調停委員が聞き、お互いの主張を調停委員から伝え聞きます。

このようなことを2回、3回と繰り返しながら調停成立を目指すのですが、ケースによっては1回目と2回目の調停の間などの期間に調査官が調停に必要な調査をすることもあります。

調停では調査員を通し、「すぐに同居するのは難しいからしばらくは別居しましょう」とか「○○について約束を守ることができるなら同居できる」など同居へ移行する時期や同居するためのルールを作ったり、あるいは別居中の子育て、お金のことなどの決め事を考えます。

このような取り決めについて双方が合意できるところまでもっていければ、調停成立です。

成立した場合は調停のときに決めた決め事を調停調書というものに記載されます。

円満調停での取り決めは金銭的なモノ以外には強制力がない

もしもこのルールがその後の生活で守られない場合ですが、金銭的な取り決めにしか強制力は働きません。

生活態度などで気になる点に関しては、円満調停によってお互いが「気づく」ことはできてもそこから自身で改善する努力をしなければならないのです。

こういった話し合いによって最終的には夫婦双方の合意を目指してきますが、留意すべき点は、相手を強制的に調停には呼べないということです。

 円満調停の申立て先

円満調停の申立て先は、基本的には相手の住所を管轄する家庭裁判所です。

ですが合意管轄といってパートナーと特定の家庭裁判所を使うことに関して合意しており、管轄合意書を提出すれば相手の管轄家庭裁判所でなくとも大丈夫です。

例えば相手の住所が神奈川だけれども、共に東京で働いているから神奈川より東京のほうが都合いい、というときに使うといいでしょう。

円満調停で合意ができなかった場合にすること

円満調停で合意できず調停不成立になってしまったときは、離婚したい側はそのまま離婚訴訟を起こすことがあります

調停前置といって、裁判の前に一度調停をしなければいけないのですが、円満調停をした時点で調停前置はクリアしていますから、再度離婚調停をする必要はありません。

円満調停以外で離婚を回避する方法

この記事をご覧になっている方は、すでにパートナーとの関係修復についてかなり悩んできた人ではないかと思われます。

しかしもし他の手段を考える前に円満調停をお調べになったのであれば、その前に下記のようなことも考えてみてはどうでしょうか。

二人で話し合う

円満調停に携わっていただける調停委員は夫婦の関係についてとても詳しい人たちです。

あらゆる状況でも親身になって最善策を提示してくれるでしょう。

しかしまだパートナーと向き合えるチャンスがあるにもかかわらず、向き合っていない場合であるならば、今一度二人で話しをするだけで変えられることもあるかもしれません。

民間のカウンセリングを使う

円満調停は家庭裁判所によっておこなうものですが、民間でも夫婦関係の修復のためのカウンセリングを受けることができます。

営利団体ですのでお金をかかってしまいますが選択肢の1つとして考えてみてはどうでしょうか。
 
【関連】
夫婦カウンセリングのメリットと活用すべき人|お悩み例と解決例まとめ
浮気にカウンセリングは有効か|浮気発覚後のベストな対処法
浮気(不倫)の相談・カウンセリング|あなたに必要なケース別の相談先

パートナー側の不満を聞きこちらも改善するよう心がける

夫婦間のトラブルは様々です。あなただけではなく向こうもあなたに大きな不満を抱えているかもしれません。

与えてしまった不満は反省し、改善へとつなげていったり、あなたが今までそうしていた理由があるのならば冷静な状態で説明するなどしましょう。

パートナーへの理解を深めることも関係を修復するために必要なことです。

夫婦関係悪化の原因が浮気と思われる場合は探偵へ相談する

離婚するつもりがないのだから探偵に相談する必要なんてあるの?と考える方もいるかと思いますが、夫婦関係が悪化した理由が相手の浮気だった場合、その意義は大いにあります。
 
浮気が原因のときに探偵に相談する理由は、「相手が浮気を認め、反省すること」です。
 
いくら怪しくても明確な浮気の証拠がなければしらばっくれることもできるわけですから、浮気しているとわかる決定的な証拠が必要となってくるわけです。

また浮気の証拠があれば、浮気相手にもプレッシャーを与えることができます。再度繰り返した際に慰謝料請求をするなどという誓約書を書かせておけば、再発への抑止力となります。

まとめ

円満調停により夫婦仲を取り戻し、お互いを尊重できる生活を送れるようになれれば幸いですが、あくまで生身の人間同士の関係です。

改善したとしてもそれが今後20年、30年と続くようにすることが理想です。調停が二人の気づきの機会になることを願います。
 
【関連記事】
離婚したくない!妻や夫のNG行為|離婚を回避したい人の完全マニュアル
離婚回避マニュアル|離婚したくない方必見の回避法13選
離婚したくない夫が離婚回避のためにやるべき3つのこと
妻が離婚したいと感じる原因と離婚せずに夫婦関係を修復する方法
夫婦関係を修復したい人が読むべき関係修復の為の心得と7つのポイント
旦那や妻の浮気でお悩みの方/無料相談受付中

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

11時32分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております