Header_home
 > 
 > 
 > 
夫の不倫|原因は妻にあった?夫の不倫を防ぐ6つの予防策

夫の不倫|原因は妻にあった?夫の不倫を防ぐ6つの予防策

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

夫の不倫|原因は妻にあった?夫の不倫を防ぐ6つの予防策

256_1
「夫や旦那の浮気をやめさせたい」「有利な条件で離婚を進めたい」
 
夫・旦那の浮気対策は浮気調査で確実な浮気の証拠を手に入れることをおすすめします。

【浮気の証拠を用いた浮気対策について無料相談する】 【証拠入手の効果や証拠の活用方法について詳しく知る】


皆さんは日本の不倫の確率がどのくらいか知っていますか?男女1000人を対象にした調査によると、夫の26.9%、妻の16.3%が不倫しているという結果になりました。(参照:「相模ゴム工業株式会社」)

つまり男性の3.7人に1人が不倫しているのです。女性の不倫も増えてきてはいるものの、やはりまだ男性の方が不倫する確率は高そうですね。

 

今回は、夫の不倫に悩んでいる、もしくは不倫を心配している女性のために、「夫に不倫されないためにはどうすればいいのか」「もし不倫されていたらどう対処するべきなのか」をまとめました。

 

夫の不倫を黙って見ているだけではなく、しっかりと対策していきましょう。


夫の不倫にお悩みの方/無料診断&受付対応中

・夫の不倫、浮気が治らないで困っている
・夫の不倫、浮気の相談がしたい
・大手の探偵会社に調査を依頼したら法外な金額を請求されてしまった
・良い探偵の選び方がわからない
・信頼できる探偵にお願いしたい
・浮気調査の料金が高すぎないか不安…
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料診断をご利用ください。

13時04分、現在お電話が繋がりやすくなっております

【目次】
夫を不倫に向かわせる9つの理由
夫に不倫されやすい妻の特徴5つ
夫が不倫相手と出会う7つのきっかけ
不倫が発覚した後の結末としてよくあるもの
夫の不倫はこう防ぐ!不倫の6つの予防策
パターン別|夫の不倫が判明したときの対処法
まとめ


 

夫を不倫に向かわせる9つの理由

一生の愛を誓って結婚したのに、なぜ男性は不倫に走ってしまうのでしょうか。不倫が始まるきっかけを理解することで、今、あなたの夫が不倫する危険があるかどうかが分かってくるはずです。

 

妻がセックスに応じてくれない

男性が不倫してしまう原因のほとんどに「性欲」が関係しています。女性には理解しがたいかもしれませんが、男性にとっては、性欲を満たすことは食事や睡眠と同じくらい大切なことです。

 

もし妻によって性欲が満たされない場合、それを外に求めてしまうのはある種仕方のないことなのです。

 

妻に魅力を感じなくなった

結婚前は恥じらいもあり、服装やメイクだけでなく体型にも気を使っていた妻が、時を重ねるごとに外見に気を使わなくなってしまった・・・という場合、夫は妻を女性として見られなくなっている可能性があります。

 

そうなると、当然妻にたいして性欲も湧かなくなってしまいます。

妻がかまってくれない

奥さまは外で働いていない場合でも、毎日家事に追われています。もしお子さんがいれば家事に加えて育児もしなければならず、ついつい夫をほったらかしにしてしまいますが、これが夫が不倫してしまう原因になるんですね。

 

かまってくれない妻よりも、甘えさせてくれる女性を大切にしてしまうのです。

 

妻が妊娠or育児中である

女性は妊娠したり、実際に子供が生まれたりすると優先順位が(子供>>>>夫)のようにガラっと変わってしまいます。

 

また、妊娠中は安全面も考慮し夫とのセックスを拒むことが多いです。こうなると夫の愛されたいという欲求とセックスしたいという欲求の2つが満たされなくなるので不倫する確率も高くなってしまいます。

 

仕事でうまくいっていない

男性にとって仕事は自分の自己表現であり、仕事で評価される=男として評価されていると認識します。そんな男性にとって、仕事でうまくいっていないときは人格を否定されているような錯覚に陥ってしまいます。

 

仕事でうまくいていないのに女性、しかも不倫にウツツを抜かすなんて・・・と思うかもしれませんが、「仕事」で得られない満足感をかわりに「女」に求めてしまうのです。こういうときに妻である女性がそばで支えてくれれば問題ないのですが、そうでない場合は不倫に走ってしまいます。

 

妻が出世した

男性は極めてプライドが高い生き物です。妻が自分より出世して社会的に認められることは男のプライドが許さないのです。

 

つまり、仕事がうまくいっていないときと同じような心理状態になってしまいます。たちが悪いのは、こういう場合、妻が寄り添ってそばで支えてあげると余計にプライドを傷つけてしまうということです。
 

不倫相手から積極的に言い寄られた

どちらが先かなど、不倫をされた妻にしてみれば大した問題ではありませんが、フラフラされたという意味では同じです。しかし、最初は不倫なんてするつもりはなかったのに、相手から言い寄られているうちにその気になってしまうということもあるようです。
 

配偶者の不倫に対する仕返し

あまりないパターンではありますが、先に配偶者に不倫をされた経験があり、自分と同じ苦しみを味わわせとうという気持ちから、仕返しのつもりで不倫に走る人もいます。
 

恋におちてしまった

男性の場合でも女性の場合でも、結婚してるからといって恋をしないというわけではありません。もしそれが本気の恋ならやめさせるのは止めることは難しいでしょう。この場合、割り切るのが難しいため泥沼化していくケースが非常に高くなる傾向にあります。


 

夫に不倫されやすい妻の特徴5つ

「自分という妻がいながら不倫するなんて本当に男って最低!」と不倫問題をすべて夫のせいにしたい気持ちはわかります。

 

しかし、不倫の原因は奥様であるあなたにもあるかもしれないのです。夫に不倫されやすい妻にはどんな特徴があるのか、見ていきましょう。


傲慢で感謝、尊敬の気持ちがない妻

長年連れ添っていると、いるのが当たり前になってしまって感謝の気持ちや尊敬の気持ちを忘れてしまうことが多くなります。

 

しかし、先ほどから述べているように男性はプライドが高い生き物なので尊敬されたりありがたがられたりしないと満足できないのです。

 

極端なまでの子供優先

夫婦2人きりのときは夫が一番だったのに、子供が生まれた瞬間に子供最優先!という女性がほどんどでしょう。

 

これは生物学的に考えても仕方のないことです。ですが、これも行き過ぎてしまうと夫の不倫を誘発しかねません。

 

外見に一切気を使わなくなった妻

家事に育児にパートでもしかしたら夫以上に仕事が多い妻。若いころはメイクもファッションもダイエットもとっても頑張っていたのに最近は「すっぴん×常にジャージ×三段腹」になっていませんか?

 

こういう女性を、男性は女性として見ることはできないのです。よって性欲は満たされません。

 

母親的になってしまった妻

男性の多くが実はマザコンと言われていますが、結婚すると母親の愛を妻に求めるケースが多発しています。

 

妻を母親のように思ってしまうと、安心感は与えてあげられるのですが、女性としては見てもらえなくなります。結果、「女」を外に求めてしまうのです。

 

仕事がデキすぎる妻

仕事をバリバリやっていて、成果も上げている女性だと、男性から見たら「守ってあげたい」とは思いにくいものです。この人は一人でも生きていけるのではないか、と感じてしまいます。

 

そうなると夫婦における自分の存在価値を実感できなくなりさみしくなって不倫に走ってしまいます。


不倫されやすい妻の5つの特徴に心当たりがある奥様方!手遅れになる前に浮気カウンセリングをしてくれる探偵などに相談してみるのもいいかもしれません。当サイトの相談窓口は原一探偵事務所が運営しており、ベテラン相談員がご相談にのります。まずは一度お気軽にご相談下さい。

浮気調査 無料診断・相談窓口
 

夫が不倫相手と出会う7つのきっかけ

夫は不倫相手と一体どこで出会うのか不思議に思う方も多いと思いますが、不倫相手との出会いの場なんて腐るほどあります。下記では一部ではありますが、多いものをご紹介していきます。
 
 

1:同じ職場や同じ部署

最も多いのが職場や同じ部署だと言っても良いでしょう。1日中仕事をしている以上、必然的に一緒にいる時間は多くなりますので、共同作業や遅くまで残業などをしている場合は、お互いを意識する事が多いようです。
 

残業を一緒にやっている時

夫が上司で、部下が年下の女性の場合は要注意です。
 

春の新入社員が入ってきた時

4月や5月は若い女性社員が入ってきやすい時期ですので、部下に手を出すという場合も考えられます。また、歓迎会なども多いため、飲み会の席で同期の女性などに酔った勢いでというパターンも容易に予想できます。
 

出張先での可能性もある

オフィスラブの典型はやはり同じ会社ないですが、出張先で不倫関係になるというケースも決して少ない事ではありません。妻の監視が届かない出張先で、出張先の同僚、同行した社員、現地の風俗など、考えられる可能性は無数にありますね。
 

2:キャバクラ

年齢が上がればある程度の付き合いとしてキャバクラに行く機会もあるかと思いますが、いつの間にかキャバクラにはまってしまい、行きつけになる、キャバ嬢と良い関係になるというケース。キャバクラの女性は大抵仕事で行っていますので、本気になるケースというのは少ないものの、ゼロではない事に注意です。
 

3:共通の趣味や習い事

もし夫が趣味や習い事をやっているのであればここでも注意が必要です。世の中には様々な趣味や習い事がありますが、女の影はどこにでも潜んでいます。特に習い事は危険ですね。生徒と先生の関係がいつの間にか不倫関係になる事もありますし、習い事先で知り合いになるケースもあります。
 

4:出会い系サイト

どういった目的で利用しているかにもよりますが、すでに妻がいるのに、新たに出会い系サイトで女性を探す時点で限りなく黒に近い確信犯である事が伺えます。
 

5:元恋人

家庭で何かしらの居心地の悪さを感じると、男性は過去の恋人に相談を持ちかける事があります。一度は良い関係にあった女性を、男性は簡単に切ったりはしません。自分の話を優しく聞いてくれるような女性なら、家庭で嫌な事があればなおさら連絡をとるきっかけにしてしまうケースは非常に多いと言わざるをえません。
 

6:昔の同級生

高校や大学時代の友人が一般的には多くなっていますが、小学校や中学学校の元同級生という可能性もあります。いずれにしても、同窓会などで再開した場合や、結婚式に呼ばれた際などに再開し、なまじ羞恥心がない分「あのころは好きだった」など、言い寄っている姿は容易に想像がつきます。
 

7:子供がいれば保育園もある

もしあなたの家庭に小さなお子さんがいた場合で、夫が保育園に送り迎えをしているなら、保育園の若い先生や、違う子供の奥様と不倫関係になるケースもあります。
 
 

不倫が発覚した後の結末としてよくあるもの

夫の不倫がわかったら、あなたなら何をするでしょうか?離婚、報復、慰謝料の請求など、いろいろあると思いますが、過去、不倫があった家庭が経験した不倫の結末には、以下のようなものがあります。
 

1:慰謝料請求をする(される)

不倫の末路としてよくあるのが慰謝料を請求されるというものです。夫は大抵「大丈夫、バレない」という感覚で遊んでしまっているケースが多いですが、実際に慰謝料をされてから、あまりの高額請求にびっくりして、5年以上支払いを毎月続けている人も実は多くいます。
参考:離婚の慰謝料相場一覧と慰謝料を引き上げる重要な証拠
 

2:不倫を許して元の生活に戻ろうとする

夫の不倫を寛容な心で許して、不倫前の普通の生活に戻ろうとするパターンです。ただ、どんな方でも一度不倫を目の前でされると、またやるのではないかという不安がやはり芽生えますし、夫は一度許されたなら大丈夫だと、もう一度同じことをする生き物です。
 

3:お互い離婚して新しい人生を歩む

ある意味一番綺麗な終わりかたかもしれません。その際、ただ離婚するだけではなく、慰謝料は取れるだけとっておきたいですし、できれば親権も欲しいというのであればきちんと主張すべきだと思います。
 

できるだけ多くの慰謝料が欲しいなら証拠を抑える

相手が言い逃れできないほどの「不倫の事実がある証拠」を持っておけば、請求できる慰謝料は高額となります。ただ、有効な証拠となるものと、ならないものがありますので、「自分で浮気調査する9つの方法と失敗しない浮気調査のやり方」を参考に、どういったものが証拠となるのかを知っておくのが良いでしょう。
 

 

夫の不倫はこう防ぐ!不倫の6つの予防策

ここまでの記事で、夫がなぜ不倫してしまうのかの理由や、夫が不倫しやすい妻の特徴を見てきました。

 

では、具体的にどういう対策をとれば夫の不倫を回避できるのでしょう。夫の不倫に泣かないために、簡単なものからでもいいので実践してみてください。

褒める

一緒にいる時間が長いと、感謝の言葉と同様に、褒めることが照れくさくなってしまいます。しかし、夫も人間です。褒められることは大好きなのです。

 

特に、会社では上司に怒られることも多いでしょうから、褒めてくれて自信を持たせてくれる妻の存在は大切にしようとしてくれるはずです。

 

女を忘れない

女性が中年太りの加齢臭ムンムンのオジサンに抱かれたくないように、男性もいつもすっぴんで三段腹のオバサンは抱きたくないのです。

 

いつも小奇麗にしていることは、夫の心を掴むのに必要不可欠です。ムリをする必要はないですが、たまに夫が好きな服装を着てみるとか、夫好みの香水を付けるとか女性であることを忘れないでください。

 

無駄にセックスを拒まない

仕事で疲れていたり、家事育児でへとへとになっているところに「セックスしよう!」と言われても拒みたくなるのはわかります。

 

しかし、いつもいつもセックスを拒んでいると、男性は性欲を他のところ(不倫)で満たそうとしてしまいます。たまには夜の営みに付き合ってあげましょう。

 

2人だけの時間を作る

子供ができた夫婦に言えることですが、子供第一になってしまい、二人だけの時間がほとんどなくなってしまう時期があります。

 

子供のことを一番に考えることは決して悪いことではないですが、「男と女」としてではなく、「パパとママ」としか見れなくなってしまう可能性があります。たまには2人だけで出かけて、結婚前のラブラブだったときを思い出してデートしてみましょう。きっと、お互い大切さを再認識できるようになりますよ。

 

浮気=離婚を夫の脳内に植え付ける

男性の中には、「不倫がばれてもどうせ許してくれるし」と甘く考えている人が意外に多くいます。こういう考えは今すぐに改めさせるべきです。『浮気=離婚』ということを日々刷り込んでいきましょう。

 

不倫して、もし万が一バレたら離婚しなければいけない、という恐怖が不倫の誘惑から夫を守ってくれます。

 

同じ目標 or目趣味を持つ

これは、2人の間に信頼関係を生むために大切なことなのです。小さなことでもいいので2人の間に共通の目標もしくは趣味を持ってください。

 

「子供の受験を一緒に乗り越える」

「運動不足解消のために2人でテニスを始める」

「老後のために2人で○○万円貯める」

 

・・・・などなど。

 

2人がムリなく、楽しくできる目標や趣味にして、協力し合うことで信頼関係が生まれやすくなり、愛情に加えて友情のような感情も生まれます。

 

つまり、妻が唯一無二の存在であることを夫が無意識に感じられるようになり、不倫なんてする価値がないと自ら思いとどまってくれるようになります。

 

パターン別|夫の不倫が判明したときの対処法

どれだけ予防しようとしても、夫の不倫を避けられないことはあります。そんなとき、妻はどう行動すればいいのでしょう。夫の不倫がわかった瞬間、頭に血が上り、つい怒鳴り散らしてしまいたくなるかもれませんが、まずは冷静になって、

 

・離婚したくないのか

・離婚してもいいと思っているのか

 

これから自分がどうしていきたいのか考えることが重要です。

 
「浮気をやめさせたい・離婚を有利に進めたい」と思っている方へ
 
浮気をやめさせて旦那との関係を修復するにせよ、離婚する道を選ぶにせよ浮気調査で確実な浮気の証拠を入手しておくことがおすすめです。

確実な証拠があれば「法律的にも夫・旦那の浮気が認められる」ので『浮気相手への慰謝料請求や法的な対処が可能』になったり、『あなたに有利な条件で離婚が成立』する可能性が高まります。

当サイトの【浮気調査 相談窓口】では浮気調査に関するご相談を無料で受付けています。 あなたの今の状況で『浮気調査をして確実な証拠が手に入りそうか』『浮気調査にどのぐらい費用がかかるか』について、実績豊富な原一探偵事務所の専門相談員がご相談にのります。

【浮気/浮気調査 無料相談窓口】へ進む

離婚したくない場合の対処法

まずは離婚したくない場合の対処法です。

 

STEP1:冷静に話し合いができるよう、自分の心の整理をする

離婚したくないと思っている場合の多くが、夫のことを強く愛しているケースなので、不倫がわかったときパニックに陥ってしまう女性が多いです。

 

そのパニック状態のまま話し合おうとすると、ただのヒステリックの面倒くさい妻になってしまい、夫の心は不倫相手に向くばかり・・・。

 

まずは、冷静に話し合いができるよう、心の整理をしてください。ポイントは「夫の不倫で一番傷ついたのはなぜなのか」「これからどうしていきたいのか」ということを客観的に考えてみてください。

 

STEP2:夫と話し合い、不倫した原因を突き止める

次に、いよいよ話し合いです。勘違いだと逃げられないよう、ある程度の証拠は用意していきましょう。

 

ただ、離婚せずその後も関係を続けていきたいと思っているならあまり本格的な調査をしてしまうと関係修復が困難になってしまうので、メールを見てしまった、くらいにとどめるのが無難です。話し合いのゴールは、なぜ不倫をしてしまったのかを突き止めること、そしてお互いこれからどうしていきたいのかを確認し合うことです。

 

STEP3:誓約書を書かせる

夫が不倫した原因を突き止め、今後の2人の方向性が決まったら、誓約書を書かせましょう。例えば

 

「夫、○○は今後、妻以外の女性と肉体関係を持つことは二度とありません。女性と2人きりでお酒を飲みにいくこともしません。もし破った場合、妻である○○へ慰謝料として500万円支払います。」

 

このような形で、守るべき項目と、もし破った場合どうするのかを含め、誓約させます。

 

離婚を視野に入れている場合の対処法

離婚を視野に入れる場合は以下のように行動してください。

 

STEP1:証拠を集める

離婚する場合、有利に離婚することが重要になるのでそのための証拠を集めましょう。基本的に裁判で使える証拠でないと意味がないのでそのあたりの知識も含め、ある程度準備してから行動に移してください。

自分で浮気調査する8つの方法と賢い証拠の使い方
 

もちろん、自分で浮気の証拠を集めることも可能ではありますが、リスクが大きすぎるため、可能であれば専門家に相談するほうが無難でしょう。専門家に相談したい場合はこちらの窓口から問い合わせてくださいね。また、離婚を有利に進める際に必要になる浮気の証拠獲得を、実際に探偵に依頼する場合の料金についてはこちらを参照してください。
 

STEP2:弁護士に相談する

次に、弁護士に相談してみましょう。どうすれば離婚は可能なのか、慰謝料はどれくらいとれるのか、離婚するために必要なことは何なのか、しっかりと準備することが大切です。相談のみであれば無料の場合もあるので、まずは相談してみることが大切です。
参考:自分で浮気調査をする方法

 

離婚に強い弁護士を探すなら厳選離婚弁護士ナビ



 

まとめ

この世から、夫の不倫という悩みが消えることはないのかもしれません。ですが、夫がなぜ不倫してしまうのかという根本的な原因を突き止めることで防げる確率は上がっていきます。まずはできることから始め、不倫に悩まない夫婦生活を目指しましょう。

夫の不倫にお悩みの方/無料診断&受付対応中

・夫の不倫、浮気が治らないで困っている
・夫の不倫、浮気の相談がしたい
・大手の探偵会社に調査を依頼したら法外な金額を請求されてしまった
・良い探偵の選び方がわからない
・信頼できる探偵にお願いしたい
・浮気調査の料金が高すぎないか不安…
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料診断をご利用ください。

13時04分、現在お電話が繋がりやすくなっております

夫の浮気・不倫に関する新着コラム

夫の浮気・不倫に関する人気のコラム


夫の浮気・不倫コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております