Header home
 > 
 > 
探偵の浮気調査の具体的な内容3つと報告書のサンプル・料金相場を公開

探偵の浮気調査の具体的な内容3つと報告書のサンプル・料金相場を公開

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

探偵の浮気調査の具体的な内容3つと報告書のサンプル・料金相場を公開
浮気調査ナビ編集部
監修記事
%e6%b5%ae%e6%b0%97%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e5%86%85%e5%ae%b9

探偵が行う浮気調査の具体的な内容には、どんなものがあるのでしょうか?

 

浮気調査では、浮気の証拠だけでなく、浮気相手の特定まで行いますが、浮気調査の詳細はどこの探偵事務所も公表していません。

 

この記事では、浮気調査がどのような方法で行われているのかを詳しくお伝えしますので、これから浮気調査を検討している方は特に参考にしてもらいたいと思います。

浮気調査の無料相談窓口

・どんな調査をするか教えてほしい
・どれくらいの期間調査するか知りたい
・調査内容を話しあいながら見積もりしたい
・調査内容と料金の関係について説明してほしい

もしそんな悩みがあるのなら、無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが無料で見積もりをいたします。

探偵の浮気調査の内容3つと探偵の調査機材

探偵の浮気調査は、主に尾行・張り込み・聞き込みの3つの方法で、時には専用機材などを使用して行われます。

ここでは、探偵の浮気調査の内容と、どんな証拠を押さえられるのか、詳しくご紹介します。

探偵の浮気調査の内容1:尾行

対象者が、いつ・どこで・誰と・何をしたか、把握するために行うのが、尾行です。

 

一見素人にもできるのではないかと感じる方もいるかもしれませんが、尾行には対象者に気づかれないこと、そして見失わないための特別なテクニックが求められます。

 

当然人気の多い場所や交通量の多い道路では見失う可能性がありますし、逆に人気がない場所では見つかるリスクがあり、調査の難易度も高くなります。

 

同じ人物が近づきすぎても、同じ車両がずっと尾行をしていても怪しまれてしまうため、絶妙なチームワークと、複数の調査車両を使用して、距離を保ち、その場にいても自然な服装で、時には調査車両を変更して追跡します。

 

例えば、原一探偵事務所では、小型カメラを搭載した調査車両なども用意しています。

 

探偵事務所が所持する調査車両

 

 

参考:原一探偵事務所

 

原一探偵事務所の調査の様子

何の変哲もないような車の内部では、浮気調査用の機材が載せられているなんて、夢にも思いませんよね。

個人での調査では、複数台の調査車両による調査や、対象者が想定外の行動をした際に対応するのは難しいでしょう。探偵ならではの調査方法なのです。

【関連記事】
尾行の全知識|対象にバレない尾行テクと尾行を見抜く全手順

 

探偵の浮気調査の内容2:張り込み

浮気調査の場合は、ラブホテルに出入りする瞬間などを押さえる必要があるため、出入りする瞬間が押さえられるまで張り込まなければなりません。

 

対象者が一定の場所(職場やラブホテル施設内など)からずっと動かないような場合は、その場に近い場所で張り込みを開始し、対象者が8時間施設内から出てこないような場合でもその場に居続けます。

 

どれだけ天候が荒れていても屋外で待機し続けなければならないこともあるため、尾行とセットで行われる張り込みは、体力と注意力が求められるのです。

 

場合によってはその施設内や、対象者の職場の内部に潜入することも。もちろんこれは、調査を許可されている探偵にしかできないことです。

一般人がラブホテルや浮気相手の自宅近くに待機していては、不審者や盗撮、のぞきなどに間違われ、警察に通報されてしまうこともあるので、ご自身で行うことはおすすめできません。

探偵が浮気調査に利用する機材についてはこちらをご覧ください。

探偵の浮気調査の内容3:聞き込み

まれですが、尾行や張り込みに加えて対象者の周囲の人物に聞き込み調査を行うこともあります。

 

これは探偵用語で「直聴」(ちょくちょう)とも呼ばれる調査ですが、対象者本人にバレてしまっては元も子もないため、聞き込み調査と感づかれないよう自然に周囲の人物に接触しなければなりません。

 

例えば、セールスマンや営業になりきり、偽の名刺まで持って、周辺で直聴を行うということもあるそうです。個人でここまで調査を行うのはやはり簡単ではないでしょう。

 

探偵の浮気調査:探偵のマル秘調査機材

全ての調査業務に共通して言えることですが、尾行中や張り込み中に調査対象者が見せた不審な動きは、必ず写真や動画に収めなくてはなりません。

そのため、調査員には高度な撮影テクニックが要求されます。

 

基本的には一部始終の行動を動画に収め、その中から決定的な瞬間をキャプチャするという方法をとっていますが、その場の明るさや対象者との距離などに応じて適切な撮影機材を選び、瞬時に撮影をすることで動画よりも鮮明な写真を残すことができます。

 

探偵の調査機材の一部はこちらです。

 


参考:原一探偵事務所

あなたはこれが小型カメラだと気づきますか?

対象者と接近したときは、このような超小型カメラを使用しますし、遠目から撮影する際には、望遠レンズを使用するなど、状況に応じて使い分けるのです。

こうした張り込みの結果、得られる調査報告書は次項でご紹介します。

 

【関連記事】
張り込みとは|探偵が使うテクニックと自分ではしない方がよい理由

 

探偵の浮気調査で得た証拠は調査報告書にまとめられる

探偵の浮気調査で判明した浮気の事実は、いつ・どこで・誰と会い、何時間ほど、何をしていたのか、どこにいたのか、それを裏付ける証拠なども合せて調査報告書としてまとめてくれます。

 

ここでは、探偵の浮気調査でまとめてもらえる調査報告書のサンプルと、証拠はどのように活用できるのかについてご紹介します。

調査報告書のサンプル

以下は調査報告書の一例になります。実際には調査開始時から終了時までの写真や時系列が全て記載されるので、かなり分厚くなるものと思ってください。

 

調査報告書のサンプル

参考:原一探偵事務所

 

細かく記述されればされるほど浮気の事実を強く裏付けることができるので、ラブホテルに出入りしている瞬間などは特に念入りに、対象者の一挙手一投足が記載されます。 

 

探偵事務所によってはこの調査報告書のサンプルを取り寄せたり、事務所内で見せてもらったりすることができますから、何社か比較し、その中でも特に丁寧に作り込まれている探偵事務所を選ぶのが失敗しない浮気調査のコツになります。

パートナーはまさかここまで詳細に、その日の動きを記録されているとは夢にも思わないでしょう。

こういった証拠があれば、裁判官が納得するのはもちろん、パートナーや浮気相手は、言い訳することもできません

この精度の調査結果をパートナーにバレることなく押さえることができるのです。

また、素人の調査ではなく、浮気調査のプロである探偵が押さえた証拠であることも、信ぴょう性が高まるでしょう。

調査報告書は法廷に提出可能

優良な探偵事務所はこの調査報告書を、上記のように法廷にも提出可能なレベルでしっかりと作り込みます。

 

なぜなら、浮気調査の結果をもとに依頼者が

 

  • 離婚したい
  • 離婚したくない
  • 慰謝料を請求したい
  • 浮気相手を近づけさせたくない

 

などの主張を通すには、浮気行為があったのは真実だと認められることが大前提になるからです。

調査報告書はその事実を裏付けるとても重要なもので、依頼者の武器でありお守りでもあると言っても過言ではありません。

顔が写っていない、ラブホテルかどうかもわかない写真を添付した調査報告書では、証拠力がないために、訴訟に発展しても、慰謝料や離婚が認められない確率が高いです。

 

夫婦関係を修復するにも、まずはパートナーと浮気相手に縁を切らせなければなりませんが、中途半端な証拠では浮気相手も浮気の事実を認めないでしょう。

 

仮に訴訟を起こしても、慰謝料が認められませんし、訴訟を切り札とした交渉に、浮気相手が応じてくれない可能性もあります。いい加減な調査報告書では、全くメリットがありません。

 

料金を支払って浮気調査をした意味もなくなってしまいます。

探偵の浮気調査のスケジュール例

ここでは簡単に、調査員(探偵)の1日のスケジュールをご紹介します。

 

【例】平日、朝8時に家を出た旦那の浮気調査の場合

上記のスケジュールを見てもわかるとおり、基本的には尾行と張り込みが繰り返されます。

 

浮気相手が職場の同僚である可能性も含め、パートナーの就業中も張り込みを行ったり、対象者だけでなく、浮気相手の尾行を行ったりすることもあります。

 

今回ご覧いただいたのはあくまでも1日で浮気調査を敢行するケースです。探偵は依頼者の希望に沿って、24時間でも48時間でも交代で調査を行い、浮気の証拠を確実に押さえてくれるのです。

 

自分でもできる浮気調査の内容

ここまでは、探偵の浮気調査の内容をご紹介しましたが、ここでは自分でもできる浮気調査の内容をご紹介します。

 

ただし、ご自身での浮気調査は、パートナーにバレるリスクがあることも肝に銘じておいてください

 

浮気調査がバレてしまった場合、パートナーが警戒し、今後証拠を押さえにくくなったり、それどころか関係が悪化して、夫婦関係を修復するどころか、離婚届を突きつけられる事態になりかねません。

1:GPSでの行動調査

パートナーの立ち寄った場所など、行動の把握をできるのが、GPSをカバンや車に仕込む方法です。最近では、浮気調査に使えるGPSもたくさんあります。

 

ただし、設置の仕方が甘ければ、パートナーにバレてしまい夫婦関係が悪化するリスクがありますし、プライバシーの侵害に該当する可能性が高いです。

 

スマホにインストールするだけで使えるGPSアプリなどもありますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
浮気はGPSでわかる!リスクを最小限に抑えて浮気調査をする方法

2:パソコン、スマホの履歴を調べる

パソコン、スマホからネット閲覧履歴を調べることも調査の一つです。 特にスマホなどは、連絡を取っている相手、何を調べているのか把握することができ、多くの情報を得られます。 

 

しかし、これもGPS同様にプライバシーの問題、行為によっては不正アクセス禁止法に該当する可能性が高いので注意が必要です。

 

【関連記事】
【19年最新版!】使える浮気調査アプリ9選とアプリで調査するリスク
リスクなし!LINEで浮気を見破る裏ワザ10選【無料相談窓口】

 

3:財布のレシート、ポイントカードを調べる

上記の2つより得られる情報が少ないかもしれませんが、レシートやポイントカードから浮気が発覚した!というパターンもあります。

 

例えば、ラブホテルのポイントカードや映画などのデートスポットの半券が入っていたら浮気している可能性は高いですよね。

 

もしそういったカードやレシートを見つけたら、写真などにも証拠を残しておきましょう

 

ここまではご自身でできる浮気調査を軽くご紹介しましたが、関連記事では、探偵顔負けの浮気調査方法とそのリスクも解説していますので、あわせてご覧ください。

 

【関連記事】
使える!?浮気調査グッズ|自力で追跡・証拠を確保する方法と注意点

 

探偵に依頼した場合の調査料金・費用の相場は10~100万円

 

気になるのは、探偵の浮気調査の内容だけでなく、浮気調査の調査費用や料金ですよね。

探偵に浮気調査を依頼した場合の調査料金・費用の相場はおおよそ10~100万円といわれており、各探偵事務所の料金体系や調査日数、調査員の数によっても左右されます。ここで詳しく解説します。 

 

探偵の浮気調査の料金・費用1時間の平均は1.5~2万円/調査員1名

東京都調査業協会の調査の結果では、浮気調査料金の水準は調査員1名に対し1.5万~2万円となっています。

 

(参考:一般社団法人東京都調査業界

 

複数人チームで調査を行うとしたら料金も相応分が上乗せされますし、そもそもどのような料金体系をとっているのかは各探偵事務所によって異なりますので、あくまでも参考程度にとどめておいてください。

浮気調査料金が高くなるケース

次のようなケースだと、調査の難易度が高まり、浮気調査料金が高額になってしまうケースがあります。

 

  • 対象者の普段の行動範囲がまったくわからない
  • 浮気をするような怪しい日にちの検討がつかない
  • 対象者の行方がわからないためまずは足どりそのものを調査する必要がある
  • 対象者が精神病をわずらっている

 

探偵の浮気調査の料金・費用では、お伝えしたように、調査期間が長引き、調査人員が増えるほどに、高額となります。

 

パートナーがどこへ行くのか、どんな手段で移動しているのかわからなければ、浮気で落ち合う場所の調査から開始し、浮気をするまで張り込み続けなければなりません。

 

予期しない移動手段で移動されれば見失うリスクも高まるため、調査がスムーズに進まず、コストがかかってしまうことが予想されるでしょう。

 

一方で、パートナーが特定の周期で浮気をしており、次にどこで浮気をする、いつもどんな場所を利用している、どんな手段で移動しているかわかれば、特定の場所を張り込んだり、対象者を見失わずに、調査もスムーズに進んだりするため、短期間で結果が出せるケースもあります。

 

浮気調査料金を安く抑える方法

少しでも浮気調査料金を安く抑えたいのであれば、浮気に関するある程度の情報を集めておき、しっかりと伝えられる状態にしてから調査力のある探偵に依頼するのがベターです。

 

自分でできる浮気調査

難易度

ポケットや財布の中身をチェック

クレジットカードの明細を記録

ネットの履歴をチェック

車内をチェック

日記をつける

☆☆

メールの履歴や通話記録のチェック

☆☆

LINEなどのやりとりをチェック

☆☆☆

GPSの設置

☆☆☆

尾行

☆☆☆☆

盗聴器の設置

☆☆☆☆☆

撮影

☆☆☆☆☆

 

自分で上記の浮気調査を行う場合は以下の記事を参考にしてみてください。

ただし、素人が浮気調査を行うことで、本人にバレてしまったり、それが原因で関係がさらに悪化したりと数々のリスクがあるということも頭に入れておきましょう。

【関連記事】
自分で浮気調査する方法10選!自分で行うリスクと探偵に依頼する基準
探偵が行う浮気調査の料金・費用相場|まずは無料相談を活用しよう
探偵へ安い費用で浮気調査を依頼する為の知識と裏技

 

浮気調査に強い探偵の選び方

最後に浮気調査に強い探偵の選び方をご紹介します。

 

1:前提として公安委員会に認められた正規の探偵事務所

探偵は、各都道府県の公安委員会に探偵業の届出を提出し、認められた正規の職業ですので、あやしい存在ではありません。

 

【参考】
警視庁|探偵業の届出要領

 

探偵業界も、以前のようなあやしい業者を排除してクリーンで信頼性を高めるよう努めていますが、違法業者がいることも事実です。

 

こういった探偵に依頼してしまうと、調査の実態がないのに金銭を請求されるなどの金銭的なトラブルに発展したり、パートナーに浮気調査がバレて、関係が悪化したりするなどの恐れがあるため注意が必要です。

 

探偵を選ぶ際には、公安委員会に届出をしている正規の業者に依頼しましょう。

引用元:原一探偵事務所

※赤枠協調は編集部による

2:よい探偵を見極める10のポイント

正規の探偵社を選ぶことは大前提として、次の本当に良い探偵を見極める10のチェックポイントを比較しながら、浮気調査に強く信頼できる探偵事務所を探してみましょう。

 

  • 調査実績が20年以上ある
  • 広告のキャッチコピーに誇大表現はないか
  • 料金体系が他社と比較して低すぎないか
  • 自宅から近すぎず遠すぎずの場所に事務所があるか
  • 探偵業届出番号がHPに記載されているか・探偵業届出証明書が事務所に存在するか
  • 行政処分を受けたことはないか
  • 電話をかけた時に料金についての質問にきちんと答えてくれるか
  • 面談は探偵の事務所で行われるか
  • 探偵との相性は良いか
  • アフターケアはあるかどうか

 

【関連記事】
探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト

3:いくつかの探偵事務所に無料相談して比較する

そして、3~5社ほどの無料相談を受け付けている探偵事務所に、実際に相談をしてみて、比較することが重要です。

 

今では見積もりが無料という探偵事務所もありますので、そういった所を活用して、見積もりを比較してみてもよいでしょう。

 

また、原一探偵事務所では、セカンドオピニオンとして、見積もりの調査料金が妥当かどうかの相談にも乗ってもらえます。

 

無料相談を賢く活用して、探偵事務所の対応なども確認して、納得のいく探偵に依頼しましょう。

 

浮気調査に強い探偵事務所を
お探しの方

「必ず浮気の証拠を掴んで欲しい」
「調査後のサポートもお願いしたい」

浮気対策の相談経験が豊富な相談員に
無料相談してみませんか?

 

まとめ

探偵の浮気調査のテクニックについてご紹介しましたが、ここでは書ききれないテクニックも存在します。

 

また、探偵の調査方法は企業秘密とも言えますので、その手腕を拝むには実際に依頼してみないとわかりません。

 

創業年数が長く実績があり、多数のメディアへ取材協力をしているような探偵事務所であれば、安心できますね。

 

まずは各探偵事務所の無料相談を活用して質問をしてみるのがよいでしょう。本記事が浮気調査を検討する上で少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

浮気調査の無料相談窓口

・どんな調査をするか教えてほしい
・どれくらいの期間調査するか知りたい
・調査内容を話しあいながら見積もりしたい
・調査内容と料金の関係について説明してほしい

もしそんな悩みがあるのなら、無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが無料で見積もりをいたします。


この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
調査実績44年、解決実績11万件以上を誇る「原一探偵事務所」公式パートナーの「浮気調査ナビ編集部」です。
浮気に悩むあなたをサポート。確かな情報をお届けします。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

探偵事務所に関する新着コラム

探偵事務所に関する人気のコラム


探偵事務所 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております