Header home
  • ホーム
  • 離婚
  • 浮気を理由に離婚すべきか?|絶対に後悔しないために知っておくべきこと

浮気を理由に離婚すべきか?|絶対に後悔しないために知っておくべきこと

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

浮気を理由に離婚すべきか?|絶対に後悔しないために知っておくべきこと
浮気調査ナビ編集部
監修記事
Pixta 22015238 m

妻や夫に浮気をされていることを知ってしまった場合、『パートナーと離婚すべきかどうか』という悩みを抱く人も少なからずいるでしょう。
 
確かに浮気は許せないことですが、衝動的に離婚を選択すると以下のように後悔してしまうケースもあり得ます。
 
『夫と離婚してから生活費が厳しくなり、働きながらの子育てで身体を壊してしまった』
『浮気相手とすぐに再婚をした元妻は幸せそうに暮らしているのを知って悔しい』
 
浮気を理由に離婚すべきかどうか悩んでいる場合、すぐに離婚を決めずにパートナーとやり直せる気持ちについて、一度は考えてみるのが良いでしょう。
 
今回は浮気をされてしまったことで離婚すべきかどうかを判断する基準と併せて、離婚を回避する場合と離婚を希望する場合の対処法について解説していきたいと思います。
 

浮気を理由に離婚すべきか相談したい/無料相談受付中
離婚すべきか相談したい
できれば離婚は避けたい
離婚するなら慰謝料を請求したい
浮気の対策・解決方法を一緒に考えて、疑問や不安にお答えします

浮気されたことを理由に離婚すべきかについて判断する基準とは?

夫や妻の浮気を理由に『今すぐにでも離婚したい!』と思う人もいるかもしれませんが、感情的になって離婚しても決して良いことだけではありません。離婚すべきかどうかの基準について、最初に確認していきましょう。
 

離婚をすべきかどうかの境界線(判断基準)が大事になる

浮気を許すか許さないかを決めるのはあなた自身になりますが、離婚することが正しいと判断できる基準も重要になるでしょう。
 
客観的な基準とは感情的な問題とは別で、離婚後の生活が現実的であるかどうかといった部分が問われます。
 

浮気は許せないことであるけど自分の将来も考慮するべき

浮気をしたパートナーを簡単には許せない気持ちもありながら、自分の将来についても考慮すべきです。
 
パートナーとやり直せる生活は現実的であるのか、パートナーと離婚した自分が満足のゆく生活ができるのか、といった判断基準が求められるでしょう。
 

離婚をして良くなりそうなことと後悔しそうなことを想像する

離婚をした場合を想定して、損得勘定を正しく判断することも重要です。例として、以下で離婚をして良くなりそうなことと後悔しそうなことについてリストでまとめました。

《離婚して良くなりそうなこと》
 

  • 一人の生活に戻って自由に暮らせる
  • 養う妻や子供がいなくなったことで経済的に安定する
  • 同居のストレスから解放される
  • 家族内の雰囲気が良くなり、子供が明るくなる

 

《離婚することで後悔しそうなこと》

  • 時間の経過と共に再婚を望むようになる
  • 離婚によるショックを子供が受けて、性格が暗くなってしまう
  • 離婚後の生活費に困ってしまう
  • 働きながらの子育てで身体を壊す

 

難しいのは子供がいる場合での離婚であり、浮気をした親と別れられて家庭内の雰囲気が良くなる可能性もありますが、急に親がいなくなったことのショックが大きく、精神的な傷を負ってしまうリスクの方が大きくなるでしょう。
 
離婚による子供への悪影響を含め、離婚をした場合のデメリットについて次項でもう少し詳しく取り上げていきたいと思います。
 

離婚をした場合のデメリット

離婚をすべきかどうかの基準として、以下でまとめている離婚のデメリットを確認した上で、改めて離婚をする意志があるかどうかを自分に問うべきでしょう。
 

子供の将来に大きな悪影響を与えてしまう

パートナーとの離婚で自分は満足するかもしれませんが、親の浮気や不倫を知ってしまった子供は精神的なショックにより、引きこもって学校へ行かなくなる可能性もあるでしょう。
 
子供の心は繊細なものであり、親自身は新しい生活に慣れても、突然親がいなくなった子供は気持ちの整理がすぐにつかないと思われます。
 

【関連記事】家庭不和の原因は浮気や不倫?|夫婦円満な明るい家庭を築く方法
 

専業主婦の場合は一から仕事を探す必要がある

経済的な問題になりますが、専業主婦(主夫)であった場合には一から仕事を探す必要があります。今まで夫や妻に養ってもらった立場から果たして仕事へ復帰できるかどうか、思い直してみるべきです。
 

新しい住居を探す必要がある

離婚後はしばらく実家で暮らすこともありますが、子供がいる場合は新しい住居を探すべきでしょう。引っ越しや賃貸の初期費用に加えて保証人を探すといった手間がかかります。
 

パートナーが浮気相手と再婚することをどう思うか?

浮気をされた側だけでなく、浮気をした側も離婚を望んでいる場合はあるでしょう。離婚後、浮気相手と再婚をしたパートナーが幸せな生活を送っている一方で、浮気をされた自分は寂しく一人で暮らすのは不平等だとは思いませんか?
 
離婚後の生活における幸福の考え方については、『不倫離婚|不倫の果ての離婚で幸せになれる人なれない人』でも取り上げているので、ご参考いただければと思います。
 

どうしても浮気をしたパートナーが許せない場合|離婚への移行


離婚すべきかどうかの基準や離婚のデメリットを理解した上で、それでも浮気をしたパートナーとの離婚を望む場合の対応について、以下で確認していきましょう。
 
なお、離婚をする前に行うべき手順をまとめると、
 

  1. 浮気をされた原因について考える
  2. 離婚後の生活に支障がないことを確認する
  3. ローンの名義変更など別々の生活を送るための準備をする
  4. 浮気をしたパートナーと話し合うために必要な浮気の証拠をおさえる


といった流れになり、特に重要なのは浮気の証拠をおさえることになるでしょう。
 

離婚を決める前に別居という選択肢もある

離婚を決意する前に別居という選択肢もありますが、正しい対応をしないと別居中に勝手に離婚届をパートナーに出されて、互いに同意した上での離婚にされてしまったり、自分の財産を処分されてしまうなどのトラブルが考えられます。
 
離婚への準備をゆっくりと進められるメリットはありますが、別居に関する注意点を知っておくべきです。詳細は以下記事をご確認ください。


【関連記事】離婚前に別居する5つのメリット|別居を検討すべきケースと注意点
 

離婚や慰謝料を要求するために浮気の証拠をおさえる

離婚後の生活についてある程度の見通しや準備を進めることも大事ですが、パートナーとの離婚を成立させて慰謝料を請求する上では、浮気の証拠が必要不可欠になります。
 
【関連記事】
妻の浮気を許せない!有利に離婚するために知っておきたい5つの知識
不倫慰謝料相場は50~300万|相場以上に請求するための証拠とは
不倫裁判のメリットと裁判前に心得ておくべき慰謝料の知識
旦那の浮気が発覚!?離婚を決断しきれない妻がすべき7つのこと

パートナーや浮気相手との交渉で役に立つ浮気の証拠とは?

ただし、浮気相手との関係を示す証拠では有責行為を証明できるものに限られます。
 
有責行為(ゆうせきこうい)とは、離婚の原因になった配偶者の行為のことを示し、浮気の場合には浮気相手との性行為(不貞行為)を証明するものでないと十分な証拠であるとはいえません。


【関連記事】浮気(不倫)の証拠とは?慰謝料請求&離婚回避のための証拠の集め方

 

離婚したくない人が覚えておくべき注意点|探偵への依頼がオススメ

浮気をしたパートナーとやり直すことを望み、離婚を回避したい人が知っておくべきことを最後にまとめました。

【関連記事】
浮気(不倫)の証拠とは?慰謝料請求&離婚回避のための証拠の集め方
【離婚したくない人必見】離婚危機の解決法とやってはいけないNG行為
浮気されたら許す?浮気されたら考える4つの選択肢
 
浮気をしたパートナーと元の生活を送るためには浮気相手と別れさせることが必要になりますが、浮気の証拠を確実におさえる目的を含め、探偵へ依頼するのが適切な方法になります。

別れさせ屋は違法の可能性が高いため合理的な解決には向かない

パートナーと浮気相手を別れさせるために別れさせ屋を利用するケースもあります。別れさせ屋は浮気をやめさせるために別れさせ工作をしますが、その手口が違法に該当する場合があるため、あまりオススメできる依頼先ではありません。
 
また、別れさせ工作の成功率は低く長期間かかる場合もあるので、何の進展もなく依頼費用を多くとられるデメリットも考えられます。

 

【関連記事】別れさせ屋は違法?合法?|料金相場・別れさせ工作手順・問題点まとめ

 

法律を守った探偵への依頼がオススメ

別れさせ工作に頼るより、浮気調査のプロである探偵に相談するのが確実なやり方です。
 
探偵であれば離婚を目的とした浮気調査だけでなく、パートナーとやり直す案件についても多く携わっているため、法律を守った方法で離婚を回避する対応についてアドバイスをくれるでしょう。
 

パートナーとやり直す場合でも浮気の証拠が重要になる

離婚をする場合や慰謝料請求に限らず、パートナーとやり直す場合でも浮気をしている決定的な証拠は必要になります。
 
浮気の証拠を浮気相手へ突き付けることで、『自分のパートナーと二度と会わないで』と主張できるほか、浮気相手への慰謝料請求も場合によっては可能になるでしょう。
 
【関連記事】自分で浮気調査する方法10選!自分で行うリスクと探偵に依頼する基準

まとめ

浮気をしたパートナーと離婚すべきかどうか、という悩みに対しては様々なアドバイスができますが、最終的に離婚を決断するのはあなた自身です。パートナーと離婚した後の生活において自分にメリットがあるかを考え、感情的にならずに将来を見通すことが重要になります。
 

浮気を理由に離婚すべきか相談したい/無料相談受付中
離婚すべきか相談したい
できれば離婚は避けたい
離婚するなら慰謝料を請求したい
浮気の対策・解決方法を一緒に考えて、疑問や不安にお答えします

この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
調査実績44年、解決実績11万件以上を誇る「原一探偵事務所」公式パートナーの「浮気調査ナビ編集部」です。
浮気に悩むあなたをサポート。確かな情報をお届けします。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

離婚に関する新着コラム

離婚に関する人気のコラム


離婚 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております