Header home
 > 
 > 
不貞行為の証拠がないと法的手段が取りにくい!証拠がない場合の対処法

不貞行為の証拠がないと法的手段が取りにくい!証拠がない場合の対処法

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

不貞行為の証拠がないと法的手段が取りにくい!証拠がない場合の対処法
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
%e8%a8%bc%e6%8b%a0%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

・パートナーの不貞行為を証明して、浮気をやめさせたい。

・慰謝料請求をして離婚したい…でも不貞行為の決定的な証拠がない

こんなとき、あなたはどうしますか?

 

旦那さん、あるいは奥さんの行動が不自然で不貞行為をしていることが覗われるけれども、決定的な証拠がないという場合、相手は浮気や不倫を認めないこともしばしばです。

 

また、このような場合に法的措置をとっても不貞行為の立証ができず、請求が認められないことが多いでしょう

 

しっかりとした証拠がなければ、たとえ相手が疑わしかったとしても、何とでも言い逃れできてしまいますし、結局は泣き寝入りということになりかねません。

 

そこでこの記事では、

 

  • 不貞行為の証拠がないと選択肢がどのように制限されてしまうのか
  • 不貞行為の証拠として認められるもの・認められないもの一覧
  • 不貞行為の証拠がない場合の対処法
  • 探偵や弁護士に依頼する判断基準

 

について解説します。

 

今あなたが持っている証拠が有効なのか、そうでないのか、不貞行為の証拠を集める方法や交渉の方法も解説しますので、確実な証拠を押さえるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

不貞行為の証拠の集め方や、ご自身で証拠を集める方法については、下記の関連記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

 

【関連記事】
自分で浮気調査する方法10選!自分で行うリスクと探偵に依頼する基準
リスクなし!LINEで浮気を見破る裏ワザ10選【無料相談窓口】
役にたった浮気調査グッズ7選!浮気調査グッズ利用の注意点とは?

 

浮気調査の無料相談窓口

・証拠を集めて浮気をやめさせたい
・証拠を使って有利に離婚したい
・浮気に対する慰謝料を請求したい
 

浮気の証拠が欲しい方、離婚や慰謝料請求を考えている方は一度探偵に相談しましょう。
24時間無料、経験豊富なカウンセラーが誠意をもってお答えします。

不貞行為の証拠がないと法的手段はとりにくい

旦那さんが他の人と肉体関係を持った場合、浮気相手に慰謝料の請求や、旦那さんに離婚を求めることができます。

 

あなたが単に浮気や不倫の有無を確認したいというだけなのであれば、今ある状況証拠だけで特に証拠は必要ありません。疑わしいことを伝えて質問すれば足ります。詰め寄ることもできます。

しかし、それを超えて相手に何らかの法的請求を手段を行いたいのであれば、検討しているのであれば、法的に有効だと認められる不貞行為があったことを立証するだけの証拠が必須です。

ここでは、不貞行為の証拠がないとどんな不利益が生じるのか、解説します。

 

証拠がないと何もできない上に相手は不貞行為を認めない

もしも相手配偶者が浮気や不倫が発覚したをしていたという場合、人によって選択はさまざまでしょう。あなたの選択肢としては、

 

  • 相手と離婚する
  • 相手に慰謝料を請求する
  • 離婚・慰謝料請求はしないが浮気相手とは関係を絶ってもらう
  • 特に何もしない

 

などさまざまです。

 

何もしないのであればともかく、何かしらのアクションを採るのであれば、まずは相手配偶者に不貞行為を認めてもらいたいところです。相手が不貞行為を認めれば、認めない場合よりも話がスムーズだからです。

 

しかし、実際に旦那さんや浮気相手に不貞行為を認めるよう迫っても、そう簡単に認めないことが多いのではないでしょうか。こちらに何かしら決定的な証拠がなければ、相手はシラを切り続けるかもしれません。

 

なお、相手に対して法的な措置を講ずる場合、調停や訴訟手続といった公的な場で不貞行為があると主張して、請求をすることになります。

 

しかし、不貞行為を立証できるだけの証拠がなければ、結局、主張が認められず手続を踏んでも無意味ということになりかねません。

 

このように、法的な措置を講じる、講じないに拘らず、不貞行為があったことを理由に何らかアクションを講じるのであれば重要となるのは証拠です。

証拠がなければ、いくら疑わしいとしても、具体的な行動を起こすことは難しいのです。

不貞行為の証拠がない場合離婚の手段が限られる

離婚する場合、相手配偶者が離婚に同意すれば理由の当否は問われません。そのため、相手配偶者が不貞行為をしていようがいまいが、離婚に同意してさえくれれば、離婚は可能です。

 

しかし、相手が離婚に応じない場合、離婚を求める側は法定離婚事由(法律で離婚が認められる事由)があることを理由に、一方的に離婚することを認めるよう訴訟を提起する必要があります。そして、不貞行為は法定離婚事由の一つです。

 

したがって、旦那さんの不貞行為が疑われる場合に相手と離婚について話合い、相手が離婚に同意するようであれば、そのまま離婚できます。

 

反面、相手が離婚を拒否した場合、法的手続で一方的な離婚を実現するしかありません(離婚事件の場合、訴訟手続の前に家事調停を行うことになりますが、調停でも結局相手が離婚に同意しなければ離婚は成立しません。)。

 

そして、法的手続で一方的な離婚を求めるのであれば、当然、請求を基礎づける証拠が必要となります。

離婚届さえ書いてもらえれば離婚することはできます(協議離婚)。しかし、パートナーが同意してくれなければ調停を介して協議するしかありません。

 

そして、調停となると離婚を申し立てる根拠を示さなければなりません

このように、証拠がないと、離婚をしたくても方法は協議離婚に限定されてしまいます。

 

肉体関係がない限り慰謝料の請求はできない

なお、離婚原因となったり、慰謝料請求を可能とする不貞行為とは、一般的には配偶者以外との性行為またはこれに類する行為と考えられています。

 

どこからが「浮気」「不倫」なのかというボーダーラインは人それぞれかもしれませんが、相手に対して法的な請求をするのであれば、相手が配偶者以外と性行為またはこれに類する行為をしていた事実についての証拠が必要なのです。

 

したがって、相手配偶者が配偶者以外と食事に行ったり、デートしたりと怪しい行動を繰り返していたとしても、両者の間に肉体関係があることを立証できない限り、離婚を求めたり、慰謝料を請求したりというのは難しいのです。


【こちらの記事も読まれています】
不貞行為はどこから?具体例・有効な証拠・慰謝料の相場を徹底解説
不貞行為の慰謝料請求|相場は50~300万円・増額ポイント・請求方法は?

 

不貞行為の証拠として認められるもの・認められないもの一覧

不貞行為があったことを立証するためのの証拠として想定されるものは下表のとおりです。

 

証拠として強いものは○、強くはないが有益なものは△、弱いものは✕と区分しています。
 

証拠として認められやすいか

写真・動画・音声

複数回ラブホテルに出入りしている写真

性行為の様子を収めた写真・動画

性行為の様子を収めた音声

不貞行為を自白した音声

ビジネスホテルに出入りしている様子・相手の自宅に出入りしている写真

×

LINE・通話のやり取り

肉体関係がうかがえるLINEなどのやり取り

肉体関係があったかどうかわからないLINEなどのやり取り

×

頻繁に通話していることがわかる記録

×

領収書や利用明細

デートやホテルに行っていることがわかる領収書や利用明細

GPS記録

GPSなどの記録

証人

友人・知人の証言

探偵

探偵が集めた証拠

その他

浮気相手からの手紙・プレゼント

×

見覚えのないアダルトグッズやコンドーム

×

 

不貞行為の証拠は肉体関係を推認させるもの

ざっくりとご紹介しましたが、不貞行為の証拠として認められるのは、ズバリ「肉体関係があること推認できるもの」です。

例えば、デートをしたり、キスをしている写真は「浮気をしている十分な証拠だ」と感じる人がほとんどではないでしょうか。

 

しかし、裁判では交際関係や親密な関係にあることではなく、肉体関係があることが重要です。

 

そのため、交際していることや親密な関係にあることが立証されても、肉体関係まで立証されなければ、裁判では十分でないということです。

浮気相手とのLINEのやり取りは証拠としてつかんでいるけど、肉体関係がわかるものではない…どうすればいいのだろう

と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。不貞行為の証拠がない場合の対処法については、次項で解説します。

 

自白は不貞行為の証拠になり得る

不貞行為の証拠として相手配偶者の自白があれば十分と考えている人は多いです。

 

もちろん、

 

  • 相手配偶者が不貞行為について自白した音声
  • 相手配偶者が不貞行為を認める旨記した書面

 

は、不貞行為があったことを裏付ける証拠にはなり得ます

しかし、このような自白証拠があれば絶対に大丈夫というものではありません

例えば、「その場しのぎのために自白しただけ」とか「強要されて仕方なく自白した」などの反論はあり得ます。

 

このような反論がされた場合、自白証拠が作成された前後の状況が明確でなければ自白証拠の信用性が否定されてしまう可能性もあります。

 

したがって、自白証拠の信用性を担保したいのであれば、音声データであれば自白前後の状況についても記録しておくべきですし、文書であれば不貞行為の具体的な内容についても明記しておくべきです。

 

また、自白証拠を裏付けるような他の証拠(上記で紹介したような証拠)を「あわせ技」として使うことも検討するべきでしょう。

 

【関連記事】
不貞行為の証拠になるものは?自白・Line・写真は証拠になるのか

 

不貞行為の証拠がない場合の対処法4つ

不貞行為の証拠で有効といえるものについては解説した通りですが、肉体関係が立証できる証拠がないといった場合もあるでしょう。

 

ここでは、不貞行為の証拠を集める方法と、交渉する方法について解説します。

 

1:自分で不貞行為の証拠を押さえる

不貞行為の証拠がなければ、やはり集めるしかありません。証拠がなければ取れるアクションが限られることは上記のとおりです。

 

不貞行為の証拠を押さえる方法は、2つ。自分で押さえるか、プロに依頼して確実な証拠を押さえてもらうかでしょう。

 

自分で追跡して決定的な証拠を集める

例えば、相手配偶者を自ら追跡し、相手が配偶者以外の人間とラブホテルを出入りするような写真を撮影するということが考えられます。

 

相手配偶者の行動をある程度把握しておけば、あやしい日に尾行して、決定的な証拠を押さえることができかもしれません。

 

この方法は、確かにコストもかけずに、有効な証拠をつかむことができますが、デメリットもあります。

 

  • 面識のあるあなたが尾行をすれば見つかる可能性が高い
  • 見つかってしまえば夫婦関係が悪化する可能性がある
  • 見つかってしまえば証拠を押さえる前に言い逃れされてしまう可能性がある
  • その後有効な証拠をつかむのが困難になる可能性がある
  • 今ある浮気の証拠を処分される恐れがある
  • 独自の浮気調査では、尾行や相手の顔がわかるように撮影する技術が必要になる
  • そもそも四六時中備考を続けることが難しい。

 

など、かなりリスキーです。

 

【関連記事】
尾行の全知識|対象にバレない尾行テクと尾行を見抜く全手順
浮気はGPSでわかる!リスクを最小限に抑えて浮気調査をする方法

 

2:細かい状況証拠を集めて自白をうながす

相手配偶者が不貞の事実を認めた音声や文書が不貞行為の証拠となり得ることは上記のとおりです。

 

この場合、後々、自白が強要されたものとかその場しのぎの嘘であるなどと言い逃れをされてしまわないよう、工夫が必要です。

 

例えば、相手との話合いの全ての過程を録音しておくことは当然ですし、相手に自白を促すにしてもただ単に問い詰めるのではなく不貞行為の事実について手持ちの証拠を提示して自白を促すなどが必要でしょう。

 

3:浮気調査のプロである探偵に依頼して証拠を押さえる

お伝えした通り、ご自身で不貞行為の証拠を押さえるのは不可能ではないものの、かなりリスキーです。そこで依頼したいのが、浮気調査のプロである探偵です。

 

探偵に依頼することで、旦那さんに見つかるリスクを冒すことなく、法的に有効な不貞行為の証拠を押さえることができ、その上、浮気相手の素性を把握することもできます

 

探偵の調査報告書のサンプル
 
参考:原一探偵事務所

 

また、探偵事務所によっては、必要に応じて弁護士を紹介してくれたり、メンタルケアやカウンセリングを行っている所もあります。

 

探偵に依頼する場合は当然調査料金がかかりますが、相手に慰謝料を支払ってもらえれば、むしろプラスになります。なお、不貞行為の慰謝料の相場は50~300万円です。

そうはいっても、探偵の調査料金っていくら?どんな調査をしてくれるの?など不安や疑問もあるでしょう。

探偵に浮気調査を依頼した場合、探偵社や調査日数、稼働時間、調査員の数などによっても、調査料金は左右されます。おおよその相場は、1日で約5~12万円、3日で約13~30万円です。

 

探偵がどれだけ精度の高い調査を行ってくれるのか、詳細な調査料金の相場については、関連記事をご覧ください。

 

【関連記事】
探偵が行う浮気調査の料金・費用相場|まずは無料相談を活用しよう
1週間、3日間、1日あたりの浮気調査の料金相場【探偵社の比較有】
探偵の調査料金相場|探偵社の料金比較と費用安く抑える方法
浮気の証拠になるもの10選|裁判でも使える証拠集めのポイント

 

4:集めた証拠で弁護士に交渉してもらう

弁護士と聞くと、裁判を起こすのではないかと思う方もいるかもしれませんが、弁護士の仕事は裁判だけではありません。

 

紛争解決のために、あなたの代理人として直接交渉してもらうこともできるのです。

 

相手からしても、弁護士が交渉で出てきたら何かしらの法的措置を取られるかもしれないと考え、交渉に応じることが考えられます。

また、訴訟や離婚調停に発展すればそれだけ弁護士費用もかかりますが、交渉の段階で依頼して解決できればコストや時間も抑えることができます

 

離婚でもめる可能性のある財産分与や親権でも、早い段階で対策しておくことで、スムーズに解決できるでしょう。 

弁護士費用の相場

協議離婚の弁護士費用

着手金・報酬金:獲得金額に対して10~30%が相場

 

不貞行為の慰謝料の相場は50~300万円ですので、例えば100万円獲得に対して着手金・報酬金がそれぞれ10%であれば、着手金・報酬金で20万円の弁護士費用になります。

 

ただし、これはあくまでも目安です。弁護士事務所の料金体系によって左右されますので、まずは今ある証拠で慰謝料の請求ができるのか、弁護士費用はいくらになるのかなど、無料相談を活用して相談してみてもよいでしょう。


【相談はこちら】

離婚慰謝料の無料相談先と慰謝料についてよくある相談

 

5:今持っている証拠が有効かどうか判断してもらう

今持っている証拠が不貞行為の立証に役立つかどうかは、弁護士に相談して確認するのが最も適切です。

 

また、今何も証拠がないというのであれば、探偵に証拠収集を相談してみてはいかがでしょうか?

当サイトからでも原一探偵事務所の無料相談を利用することができます

 

もちろんむりやり契約を迫るといったこともありませんし、無料ですのでまずは相談してみてはいかがでしょうか?

浮気調査の無料相談窓口

・証拠を集めて浮気をやめさせたい
・証拠を使って有利に離婚したい
・浮気に対する慰謝料を請求したい
 

浮気の証拠が欲しい方、離婚や慰謝料請求を考えている方は一度探偵に相談しましょう。
24時間無料、経験豊富なカウンセラーが誠意をもってお答えします。

 

探偵や弁護士に依頼するかどうかの判断基準

不貞行為の証拠がない場合の対処法をご紹介しましたが、探偵や弁護士に依頼するかどうかの判断基準を簡単にご紹介します。

 

慰謝料請求をしたい

もしあなたが不貞行為の当事者に対して慰謝料の請求を検討しているのであれば、探偵に証拠収集について無料相談をしてみることをおすすめします。

 

なお、不貞行為の慰謝料を請求する権利は、不貞行為の事実を知った日から3年ですので、早めに対処しましょう。

 

離婚したい

離婚したい場合も、証拠が重要であることは上記のとおりです。原一探偵事務所なら、必要に応じて弁護士を紹介してもらえますので、有利な条件で離婚できる可能性があります

 

旦那さんと浮気相手を別れさせたい

不貞行為の証拠があれば、慰謝料請求や離婚請求などまで求めない場合でも、相手配偶者と証拠を踏まえて話し合い、不倫関係の精算を求めるということも考えられます。

 

このような場合も証拠収集について探偵に相談することは有益かもしれません

 

不貞行為の事実を押さえておきたい

特に現時点で何もアクションを検討していないという場合も、後々のことを考えて証拠を押さえておくことに損はありません

 

まずは不貞行為の事実を押さえておきたい、今後離婚において有利な立場で交渉したいとお考えの方も、まずは探偵に相談してしっかりとした証拠を押さえておきましょう

浮気調査の無料相談窓口

・証拠を集めて浮気をやめさせたい
・証拠を使って有利に離婚したい
・浮気に対する慰謝料を請求したい
 

浮気の証拠が欲しい方、離婚や慰謝料請求を考えている方は一度探偵に相談しましょう。
24時間無料、経験豊富なカウンセラーが誠意をもってお答えします。

まとめ

不貞行為の証拠を集める際に注意したいのが、相手に気づかれないようにすることです。

 

相手に気づかれれば、わからないように浮気をするようになり、浮気の痕跡が残らないようなるなど、証拠がつかみにくくなります

 

あるいは、本当に浮気をしていなかった場合、パートナーとの関係が悪化してしまう恐れもあります。

こういったリスクを回避するためにも、浮気調査はプロの探偵にお任せしたほうが確実です。

もし、パートナーが他の相手とデートをしていても、肉体関係でないのなら、しっかりと釘を刺しておきましょう。

浮気調査の無料相談窓口

・証拠を集めて浮気をやめさせたい
・証拠を使って有利に離婚したい
・浮気に対する慰謝料を請求したい
 

浮気の証拠が欲しい方、離婚や慰謝料請求を考えている方は一度探偵に相談しましょう。
24時間無料、経験豊富なカウンセラーが誠意をもってお答えします。


この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気/不倫問題に関する新着コラム

浮気/不倫問題に関する人気のコラム


浮気/不倫問題 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております