Header home
 > 
 > 
 > 
不貞行為の証拠がない…慰謝料請求は?有効な証拠とない場合の対処法

不貞行為の証拠がない…慰謝料請求は?有効な証拠とない場合の対処法

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

不貞行為の証拠がない…慰謝料請求は?有効な証拠とない場合の対処法
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
%e4%b8%8d%e8%b2%9e%e8%a1%8c%e7%82%ba%e8%a8%bc%e6%8b%a0%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%92

・パートナーの不貞行為を証明して、浮気をやめさせたい。

・慰謝料請求をして離婚したい…でも不貞行為の決定的な証拠がない

こんなとき、あなたはどうしますか?

体の関係を結んだとする不貞行為を証明する証拠がなければ、パートナーも不貞行為があったことを認めたりはしないでしょう。

悔しいことですが、朝帰りをしても、「終電を逃した」「相談にのっていた」など言い逃れが通ってしまいます。

不貞行為で浮気相手に慰謝料を請求して、浮気をやめさせたり、裁判で離婚を認めてもらったりするには、不貞行為の立証が不可欠です。

そこでこの記事では、不貞行為の証拠として認められるもの・認められないもの、不貞行為の証拠がない場合の対処法を解説します。

今あなたが持っている証拠が有効なのか、そうでないのか、不貞行為の証拠を集める方法や交渉の方法も解説しますので、確実な証拠を押さえるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

浮気調査の無料相談窓口

不貞行為の証拠はご自身で押さえることもできます。
ただし、相手にバレてその後の証拠が集められなくなるリスクがつきまといます。
証拠がなければ、慰謝料の請求はおろか、相手に認めさせることもできません。

浮気調査のプロである探偵なら、裁判でも通用する証拠を押さえてくれます。
相談や見積もりは無料です。
泣き寝入りすることなく、今を変えるために、まずは相談だけでもしてみませんか?

不貞行為の証拠がなければ慰謝料を支払ってもらうことはできない

パートナーに不貞行為があり、かつ、それを立証できれば、パートナーや浮気相手に不貞行為に対して慰謝料を請求することができます。

ただし、不貞行為の証拠がなければ、慰謝料を支払ってもらうことはできません。その理由は、相手が認めないだけでなく、調停や訴訟に発展した際に、裁判所に認めてもらえないからです。

単に相手に認めさせるだけなら、裁判でも有効となるほどのしっかりとした証拠は必要ないかもしれません。浮気相手とのLINEなどを突き付けて、パートナーが認めればそれでことは足ります。

しかし、パートナーや浮気相手が認めないことがほとんどでしょうし、話がこじれて裁判沙汰になる恐れもあります。

裁判になっても不貞行為が認めてもらえるように、もっと言えば、裁判沙汰になる前に認めさせるために、しっかりとした証拠が必要となるのです。

次項では、不貞行為の証拠として有効なものを解説します。

【関連記事】

不貞行為はどこから?具体例・有効な証拠・慰謝料の相場を徹底解説

不貞行為の慰謝料請求|相場は50~300万円・増額ポイント・請求方法は?

不貞行為の証拠として認められるもの・認められないもの一覧

不貞行為の証拠として裁判でも認められる有効なものと、認められない証拠は以下の通りです。
 

証拠として認められやすいか

写真・動画・音声

複数回ラブホテルに出入りしている写真

性行為の様子を収めた写真・動画

性行為の様子を収めた音声

不貞行為を自白した音声

ビジネスホテルに出入りしている様子・相手の自宅に出入りしている写真

×

LINE・通話のやり取り

肉体関係がうかがえるLINEなどのやり取り

肉体関係があったかどうかわからないLINEなどのやり取り

×

頻繁に通話していることがわかる記録

×

領収書や利用明細

デートやホテルに行っていることがわかる領収書や利用明細

GPS記録

GPSなどの記録

証人

友人・知人の証言

探偵

探偵が集めた証拠

その他

浮気相手からの手紙・プレゼント

×

見覚えのないアダルトグッズやコンドーム

×

 

ざっくりとご紹介しましたが、不貞行為の証拠として認められるのは、ズバリ「肉体関係であることがわかるもの」です。

例えば、デートをしたり、キスをしている写真があったりすれば、「十分浮気だ!」と感じる人がほとんどではないでしょうか。しかし、裁判でも認められる証拠は、肉体関係であることがわかる証拠でなければなりません。

「浮気相手とのLINEのやり取りは証拠としてつかんでいるけど、肉体関係がわかるものではない」「どうすればいいのだろう」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

次項では、不貞行為の証拠がない場合の対処法について解説します。

不貞行為の証拠がない場合の対処法4つ

不貞行為の証拠で有効といえるものについては解説した通りですが、肉体関係が立証できる証拠がないといった場合もあるでしょう。

もし、不貞行為の証拠がないのであれば、証拠を集めるか、上手く交渉するかです。ここでは、不貞行為の証拠を集める方法と、交渉する方法について解説します。
 

1:不貞行為の証拠を押さえる!

不貞行為の証拠がなければ、やはり証拠を集めるのが確実です。不貞行為の証拠があれば、相手に不貞行為を認めさせることも、慰謝料の請求をすることもできます。

不貞行為の証拠を押さえる方法は、2つ。自分で押さえるか、プロに依頼して確実な証拠を押さえてもらうかでしょう。

自分で追跡して決定的な証拠を集める

可能であれば、自分で追跡して、ラブホテルを出入りする写真を収める方法もあります。

例えば、パートナーの行動を把握しておけば、あやしい日に後をつけて、決定的な証拠を押さえることができるでしょう。

この方法は、確かにコストもかけずに、有効な証拠をつかむことができますが、デメリットもあります。

例えば、相手に気づかれずに、尾行をして、正面から顔もはっきりわかる写真を撮る技術が求められます。

万が一、失敗してしまった場合、有効な証拠を押さえることができないばかりでなく、相手も今後わからないように浮気をしたり、浮気の証拠を処分してしまったりする恐れがあります。

【関連記事】

不貞行為の証拠になるものは?自白・Line・写真は証拠になるのか

浮気の証拠は自力で入手可能|浮気調査の方法と素人調査のリスクまとめ

 

2:浮気調査のプロである探偵に依頼して少ないリスクで確実な証拠を押さえる

リスクが少なく、かつ確実な不貞行為の証拠をつかむのに、最も有効な方法が、探偵に依頼することです。もちろん、コストがかかるデメリットはあります。

しかし、自分で証拠を集めたものの、裁判でも認められなかった場合、慰謝料を支払ってもらうこともできません。

一方で、探偵に依頼する場合は当然調査料金がかかりますが、相手に慰謝料を支払ってもらえれば、むしろプラスになります。なお、不貞行為の慰謝料の相場は50~300万円です。

そうはいっても、探偵の調査料金っていくら?どんな調査をしてくれるの?など不安や疑問もあるでしょう。

探偵に浮気調査を依頼した場合、探偵社や調査日数、稼働時間、調査員の数などによっても、調査料金は左右されます。おおよその相場は、1日で約5~12万円、3日で約13~30万円です。

探偵がどれだけ精度の高い調査を行ってくれるのか、詳細な調査料金の相場については、関連記事をご覧ください。

【関連記事】
【原一探偵事務所の無料相談窓口】浮気に悩む人が探偵に浮気調査を依頼するワケ

1週間、3日間、1日あたりの浮気調査の料金相場【探偵社の比較有】

探偵の調査料金相場|探偵社の料金比較と費用安く抑える方法

 

3:相手と交渉して慰謝料を請求する

相手との交渉次第では、はっきりとした不貞行為の証拠は必ずしも必要ではありません。

相手が認めて、慰謝料を支払うなり、浮気相手と会わないなり、こちらの条件を飲んでくれればよいのです。ここでは、相手と交渉する方法をご紹介します。

状況証拠を集めておき、カマをかけ、自白させる

相手に自白をさせ、録音・書面化しておけば、ラブホテルを出入りする写真ほどではないにしろ、不貞行為の証拠の一つにはなります。

例えば、ラブホテルを利用した明細や、カーナビの履歴、パートナーの行動記録など、細かい証拠を集めておきましょう。

そして、カマをかけ、相手に自白をさせます。嘘を吐き続ければ必ず、辻褄が合わない部分が出てきますので、そういった所から突き崩します。

相手が自白した場合、録音・書面化して記録として残しましょう。

ただし、この方法は手軽な反面、相手を選びますし、浮気相手とこのようなやりとりは難しいでしょう。

パートナーとの会話でも、相手から上手く情報を引き出すことが求められますし、素直に応じる相手でなければ通用しないでしょう。

失敗すれば、関係悪化も考えられます。

 

浮気調査の無料相談窓口

不貞行為の証拠はご自身で押さえることもできます。
ただし、相手にバレてその後の証拠が集められなくなるリスクがつきまといます。
証拠がなければ、慰謝料の請求はおろか、相手に認めさせることもできません。

浮気調査のプロである探偵なら、裁判でも通用する証拠を押さえてくれます。
相談や見積もりは無料です。
泣き寝入りすることなく、今を変えるために、まずは相談だけでもしてみませんか?

4:離婚前提で相手と交渉するなら弁護士に依頼する方法もある

決定的な証拠に欠けていたとしても、状況証拠を積み重ねて、相手に認めさせる方法があります。それは、弁護士に依頼して交渉をしてもらうことです。

ご自身で相手と交渉するとなると、お伝えしたようなリスクがあります。

しかし、弁護士に依頼すれば、小さな証拠の積み重ねでも、法的措置を取られることを恐れた相手が、交渉に応じる可能性があります。

ひとつひとつは小さい証拠であっても、それを合算させて弁護士がパートナーと話し合いをし、慰謝料を手にしたという例があるのです。

また、離婚で調停や訴訟に発展してしまう前に弁護士に依頼すれば、コストや時間がかからずに、有利な条件で離婚できる確率も高まります。

離婚でもめる可能性のある財産分与や親権でも、早い段階で対策しておくことで、スムーズに解決できるでしょう。しかし、やはり弁護士費用の負担が必要になります。
 

協議離婚の弁護士費用

着手金・報酬金:獲得金額に対して10~30%が相場


不貞行為の慰謝料の相場は50~300万円ですので、例えば100万円獲得に対して着手金・報酬金がそれぞれ10%であれば、着手金・報酬金で20万円の弁護士費用になります。

ただし、これはあくまでも目安ですので、これより高額であったり、安価である弁護士事務所などさまざまです。

まずは今ある証拠で慰謝料の請求ができるのかなど、無料相談などを活用して相談してみてもよいでしょう。

【相談はこちら】

離婚慰謝料の無料相談先と慰謝料についてよくある相談

 

まとめ

不貞行為の証拠を集める際に注意したいのが、相手に気づかれないようにすることです。

相手に気づかれれば、わからないように浮気をするようになり、浮気の痕跡が残らないようなるなど、証拠がつかみにくくなります。

あるいは、本当に浮気をしていなかった場合、パートナーとの関係が悪化してしまう恐れもあります。

こういったリスクを回避するためにも、浮気調査はプロの探偵にお任せすることをおすすめします。

もし、パートナーが他の相手とデートをしていても、肉体関係でないのなら、しっかりと釘を刺しておきましょう。
浮気調査の無料相談窓口

不貞行為の証拠はご自身で押さえることもできます。
ただし、相手にバレてその後の証拠が集められなくなるリスクがつきまといます。
証拠がなければ、慰謝料の請求はおろか、相手に認めさせることもできません。

浮気調査のプロである探偵なら、裁判でも通用する証拠を押さえてくれます。
相談や見積もりは無料です。
泣き寝入りすることなく、今を変えるために、まずは相談だけでもしてみませんか?


この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気/不倫問題に関する新着コラム

浮気/不倫問題に関する人気のコラム


浮気/不倫問題 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております