Header home

離婚の相談先一覧とよくある離婚に関する相談まとめ

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

公開日:2018.6.5 更新日:2021.4.7
離婚の相談先一覧とよくある離婚に関する相談まとめ
New pixta 25935367 s

「もう離婚してやる!」
「絶対に離婚したくない!」
「慰謝料がほしい!」
「養育費はいらないから親権がほしい!」
 
夫婦が抱える離婚トラブルは様々です。 
この記事をお読みのあなたも、現在抱える離婚トラブルをどのように解決したらいいか分からない、誰か信頼できる人や機関に相談をしたいなどとお考えなのではないでしょうか?
 
今回は、この『離婚の相談』をテーマに相談先や相談事例について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてもらい、夫婦問題解決にお役立ていただきたいと思います。

 

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所では来店不要で無料面談・依頼まで行えるビデオトークもご好評いただいております。遠方の方、多忙な方、感染リスクを考慮し外出を控えたい方も、お気軽にお問い合わせください。

浮気調査を検討中の方におすすめのサービス・探偵社4選
※全国・24時間対応/相談無料

調査料金を抑えたい方へ

街角相談所|探偵社の無料紹介/オンライン見積もりサービス

30秒で完了する7つの質問に答えるだけで簡単に見積もりを依頼できます。
他社の見積もり書ご提示でさらに安く調査可能な探偵社を紹介。
※パートナーの浮気に関するご依頼の場合、クリック後に”浮気調査”をご選択下さい。

>>調査料金を抑えたい方はこちら


複数の探偵社を比較したい方へ

探偵さがしのタントくん|お近くのおすすめ探偵社の無料紹介サービス
探偵さがしのプロが、優良探偵事務所(※1)の中から最適な探偵をご提案
※1:①探偵業の届出がある ②年間解決実績500件以上 ③調査員数15名以上

>>複数の探偵社を比較したい方はこちら


実績が多い、信頼ある探偵社に依頼したい方へ

原一探偵事務所|調査実績46年の老舗探偵事務所

年間相談実績5万人以上/調査実績46年の実績。
浮気調査後も前向きな人生を送っていただけるよう全力でサポート

>>信頼ある探偵社に依頼したい方はこちら


浮気されて辛い...誰かに話しを聞いてほしい方へ

探偵さがしのタントくん|不倫・浮気のお悩み電話相談窓口

利用料・通話料無料/お電話でパートナーの浮気に関するお悩みやご相談を受付中

この記事に記載の情報は2021年04月07日時点のものです
目次

離婚トラブルの相談先


「誰でもいいから相談しよう」ではなく、自分の悩みの解決が得意な専門家を選ぶことが得策です。以下にはその相談先をいくつか記載します。
 

離婚問題解決のプロに悩みを聞いてほしい方|カウンセラー・NPO法人に相談

離婚カウンセラーは、離婚問題のアドバイスを行いつつ専門家との橋渡し的な役割を担い、法律の知識も持ちながら、法律以外の部分でもその人に合わせてこれからの戦略を立ててプロデュースしていくことができます。
 

主な離婚カウンセラー

岡野あつこの離婚相談救急隊

ライフアップカウンセラーのパイオニア的存在である岡野あつこさんによる離婚カウンセリングルームです。自身も離婚経験を持ち、「失敗しない結婚論」をテレビ番組やラジオなど様々なメディアを通して語っています。

夫婦修復専門・離婚相談室 オフィスベル

離婚よりも夫婦関係の修復に特化しているカウンセリングルームです。離婚の危機と、やり直しを見据えながらしっかり向き合っていきたいという方は相談予約からご利用下さい。男性の相談も可能です。

離婚相談 夫婦・家庭問題 解決相談「高橋知子」の横浜離婚相談室

TBS「私の何がイケないの」、フジテレビ「ノンストップ」など様々なメディアにトータルカウンセラーとして出演経験のある、高橋知子さんによるカウンセリングルームです。離婚以外にも夫婦問題全般における相談が可能です。

NPO法人 結婚生活カウンセリング協会

25年間の相談実績があり、モラハラや浮気問題も含め、結婚に関する総合的な相談とメンタルケアが可能です。初回のみ最大15分間の無料電話相談を受け付けてくれています。

【参考:離婚カウンセラーができる事と離婚カウンセラーへの相談事例
 

誰に相談したらいいのか分からない方|離婚相談センターに相談

多くの市区町村では、離婚関連の総合的な相談を無料で受け付けてくれています。
 
「離婚は視野に入れているけれど、夫婦関係も修復したいし一体何からどう手を付けていいのか、誰に相談したらいいのかも分からない」という人は、このような民間の離婚相談所を活用してみるのがオススメです。
 
離婚の専門家が必ずいると言うものではなく、対応も事務的だと感じるかもしれませんが、必要な情報の提供をしてくれて、今後夫婦関係をどのように解決していくべきか、その足掛かりを作るという意味では最も手軽です。
 
各地方自治体の相談窓口に問い合わせてみたり、「女性相談センター」「婦人相談所」などのワードで検索してみると良いでしょう。場合によっては弁護士を紹介してくれることもあります。
 

離婚相談センターの費用

相談のみに限定されているので、原則として費用はかかりません。場所によっては、電話のみの相談も受け付けてくれており、この場合は通話料がかかるケースもあります。
 

離婚問題と精神的な問題も解決したい方|診療機関に相談

離婚トラブルを抱えていると、どうしても傷ついたり、心が疲れたりしてしまうものです。そんな時に頼りになるのが精神科や心療内科です。
 
個別の離婚の相談ができるわけではありませんが、医学的な見地からのカウンセリングにより、精神の回復をはかることができます。
 

診療機関の費用

保険扱いとなる場合は1回の治療で2,000~3,000円程度、保険外扱いの場合は1回10,000円程度かかることもあります。
 

離婚をする際の専門的な話を聞きたい方|弁護士に相談

法律の専門家である弁護士へは、
 

  • 離婚慰謝料問題
  • 親権問題
  • 財産分与問題
  • 養育費問題

 
など、法律に関する全ての相談を行うことができます。
 
法的手続や書類の作成、調停や裁判の場合には代理人を任せることも可能で、勝訴を得るための専門的な知識や法廷闘争の交渉術も持ち合わせています。
 

弁護士への相談料

正式な依頼前に弁護士に相談を行なった時点で費用が発生する場合があります。
 
多くの弁護士事務所が初回無料で受け付けてくれたり、相談から正式な依頼に移行した時点で相談料が無料になったりするケースもありますが、5,000円~10,000円程度のところもございます。

 

弁護士に依頼した際の費用

代理人を弁護士に依頼した時の費用は、以下の3つに分けられます。
 

依頼した時に支払う着手金

相場は200,000円~300,000円

解決後に支払う報酬金

相場は200,000円~800,000円

弁護士の交通費・通信費・訴訟手続費用などの実費

変動あり

 
報酬金は全面勝訴の場合と部分的な勝訴の場合とで額が異なります。全面的な敗訴の場合は、原則として支払う必要はありません。
 
【参考:離婚問題解決を弁護士に依頼した際の費用と安く抑える方法
 

離婚トラブルを解決したい方

最短で解決するために、離婚トラブルの解決が得意なお近くの弁護士にまずは無料相談してみませんか?

 

不倫問題で離婚を考えているが証拠がない方|探偵に相談

浮気や不倫の証拠を獲得していると裁判ではかなり有利な立場になることができ、その分、自分の主張も通りやすくなります。
 
そのため、正式な離婚の前にまずは証拠の獲得のために探偵に依頼する人が多くいます。
 
探偵事務所によっては弁護士やカウンセラーと提携していることもあり、離婚する上での法律相談や夫婦関係修復コンサルティングなど、様々なアフターサービスを受けられます。
 

探偵への相談料

相談料とは、探偵に正式な依頼ではなく相談を行なった時点で発生する費用のことです。
 
探偵事務所によって1時間5,000円に設定されているところもあれば、初回無料で相談を受け付けてくれているところもあります。
 

探偵による浮気調査の費用

浮気調査費用に決まった相場はなく、どのような調査を何人体制で何時間依頼するかによって費用は大きく変動しますが、下記が探偵事務所の調査料金の平均的な金額になります。
 
調査員1人に1時間の浮気調査を依頼した場合:10,000円~15,000円
調査員2人に1日7時間×3日間の浮気調査を依頼した場合:420,000円~525,000円
 
「○時間パック」というような形態で、基本費用、調査報告書作成費用、機材費用などが込みのパック料金を設定している探偵事務所もあります。
 
【参考:探偵が行う浮気調査の料金・費用相場|まずは無料相談を活用しよう】 

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所では来店不要で無料面談・依頼まで行えるビデオトークもご好評いただいております。遠方の方、多忙な方、感染リスクを考慮し外出を控えたい方も、お気軽にお問い合わせください。

 

離婚相談の主な内容|夫婦が抱える悩み別の相談先


前でお伝えした離婚トラブルの相談先には、離婚に関するありとあらゆる相談が寄せられていますが、ここではその主なお悩みをまとめました。 

浮気・不倫に関する悩み

「旦那の帰りが毎日遅い」「妻が会社の上司と不倫していた」など、浮気・不倫に関する相談は離婚問題でも非常に多いです。
 
離婚する時に不倫の証拠があるとかなり優位に立てますので、証拠を掴んだり、浮気の事実を知るためにも一度「探偵」に相談してみるといいでしょう。
 

親権・養育費に関する悩み

離婚をするのならば、子供はどちらと暮らしていくのか、子供を育てる費用はどちらが出すのかなども考えなければなりません。
 
ただ、夫婦だけで解決しようとしても、双方ともに不公平と思ってしまうなど、なかなかスムーズには話が進まないでしょう。
 
親権・養育費問題は法律が深く関係してきますから、揉めそうな場合には、法のプロフェッショナルである弁護士に相談しましょう。
 

結婚・恋愛詐欺に関する悩み

実は「パートナーに騙されているかもしれない…」というお悩みも少なくありません。何が合法か、違法かをしっかり調べる必要がある場合には、弁護士に相談するのが良いでしょう。
 
相手の素行調査をするために探偵に相談してもらうのも有効です。金銭的な被害が出ている場合は、最終的に警察に相談することになるかもしれません。
 

セックスレスに関する悩み

夜の営みがない、したいのに体の相性が合わないといったお悩みを抱えていらっしゃる方もいます。こちらは性生活のトラブル解決に特化したカウンセリングルームの活用をオススメします。
 
【参考:【慰謝料請求可能】セックスレス原因での浮気は違法なのか産後の夫婦生活の再開時期|セックスに対する夫婦の本音
 

夫婦喧嘩に関する悩み

一時的な夫婦喧嘩ならば離婚の心配までする必要はないかもしれません。しかし、滅多に喧嘩をしない夫婦が喧嘩をしてしまった時は、どうしても気持ちは沈んでしまうものです。
 
この場合は、まずは友達など身近な人に相談してみて、それでも改善がされないようなら、メンタルケアに特化したカウンセリングを活用するのが良いでしょう。
 
【参考:夫婦喧嘩の原因ランキング|仲直りの方法と喧嘩からの離婚を防ぐコツ
 

借金に関する悩み

パートナーが借金をしていて別れたい・別れたくないけど別れなければいけないという方もいます。
 
カウンセリングルームでアドバイスをもらい、必要に応じてさらに適切な機関を紹介してもらいましょう。
 

同居・別居に関する悩み

  • 同居している姑が嫌で離婚したい
  • 離婚はしたくないけれど別居している

 
など、様々なケースがあるかと思いますが、別居期間によっては法的に「婚姻関係が破たんしている」とみなされ、自分に都合よく物事を進めていけない可能性もあります。
 
まずは自治体の相談機関に相談をして、その後必要であれば弁護士への相談も検討しましょう。
 
【参考:離婚前に別居する5つのメリット|別居を検討すべきケースと注意点
 

DV・モラハラに関する悩み

今現在、パートナーから暴力を受けているという人は、相談の前にまず家を出た方がいいかもしれません。
 
モラハラで精神的な苦痛を感じている場合も、ひどい場合は離婚を検討する必要があります。
 
一度カウンセラーに話をして、弁護士に相談すべきかどうかアドバイスをもらいましょう。怪我やうつ病などの実害があるようでしたら、警察への相談も考えてください。
 

価値観の違いに関する悩み

これと言った理由はなくても、
 

  • 長年一緒にいてイライラがつのった
  • パートナーの習慣が受け付けられない

 
といったことが原因で悩んでしまう方もいます。少し譲歩し合えば夫婦関係の改善は難しくなさそうですが、そのための一歩として、夫婦ふたりでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

離婚トラブルを解決したい方

最短で解決するために、離婚トラブルの解決が得意なお近くの弁護士にまずは無料相談してみませんか?

 

離婚トラブルの相談事例


ここでは実際に「離婚弁護士ナビ」に寄せられた離婚トラブル事例を抜粋して掲載しました。
 
※「この質問への詳しい回答」をクリックすると回答をご覧になれます。
 

【相談】夫のことが生理的に受け付けられません。

結婚した当初から旦那に生理的に受け付けない部分があり、今まで我慢していましたが、限界を感じて離婚を切り出しました。
お互いに浮気や暴力などなく、法定離婚事由にあたるものはないので慰謝料、財産分与は請求しないつもりです。しかし、旦那が離婚を認めず、非がないのに離婚を切り出された慰謝料として100万円、親権は旦那で、子供が中学にあがるまでは私が監護権を持ち、それ以降は旦那が親権、監護権ともに持つという条件であれば離婚してもよいと言い出してきています。
旦那いわく離婚を切り出した方が不利になり、裁判をしたとしてもほぼ確実に負けるから現在の条件で妥協したほうがよいと言ってきています。私は今後、どのように対処するのがよいのでしょうか。

【引用:あなたの弁護士

この質問への詳しい回答を読む
 

【相談】夫が借金をしていることがわかりました。この場合、離婚をしたとして、慰謝料はもらえるのでしょうか。

夫が借金をしているのがわかりました。結婚前に確認したときは、一切ないと言っていましたが結婚する前から数百万円の借金があったようです。
この場合、離婚したとして慰謝料を貰う権利はあるのでしょうか。また、借金をしている相手から慰謝料を取る方法はあるのでしょうか。

【引用元:あなたの弁護士

【相談】モラハラとDV(ドメスティックバイオレンス)の違いがよくわかりません。

モラハラとDVは厳密には何が違いがあるのでしょうか?もしあるならどちらの罪が重いのでしょうか。
【引用:あなたの弁護士

【相談】夫が痴漢行為で離婚して2年半が経ちますが、いまさら慰謝料の請求は可能なのでしょうか?

離婚後2年半が経ちます。今でも色々と悔しくて、今更ながら慰謝料の請求をしたいなと思っています。
離婚に踏み切った理由は相手が痴漢行為で捕まったためです。結婚前にも一度捕まっているので2度目です。
それ以前に、結婚してもずっと離婚のことを考えており痴漢で捕まったのはきっかけにすぎません。一度目に捕まった時に許したつもりが結婚してからもずっと頭の片隅にその事があり、テレビで痴漢の番組があったりするとつらくなります。2度目に捕まった時には家をすぐ出たので、本当にやったのかはわかりません。
相手に会いたくなくて即離婚届けを出しました。両親と同居をしていたので別れる時に相手の両親に挨拶をした際に『ずっと別れたかったんだってね』と言われて『はい』と返事をし『すいません』と言って出てきました。
その際に『今度結婚する時はもう少し愛想をよくした方が良い』とも言われました。相手の両親は謝ることもせずでした。今更ながら慰謝料の請求はできるのでしょうか。よろしくお願いします。

【引用:あなたの弁護士

 
【参考:不倫による慰謝料請求の時効|知っておくべき時効の中断方法

【相談】妻の浮気が原因で離婚する際、親権の獲得は父親が有利になりますか?どうしても子供と離れたくありません。

離婚する際に子供がいる場合、親権は母親に有利だと聞きましたが、妻の浮気が原因で離婚する場合、親権獲得は父親に有利になりますか?
5歳の息子がいますが、どうしても子供と離れたくなく、5歳ながらに私と離れたくないと言ってくれています。ただ妻も親権を譲る気はなく、揉めています。

【引用:あなたの弁護士

 実際に寄せられている
離婚相談Q&Aをもっと見る

 

離婚の相談方法による違いと特徴


離婚の相談にも様々な方法があります。主に「電話」「メール」「直接の対面」の3つになりますが、各メリットとデメリットをここでは挙げていきます。
 

電話で相談する場合

メリット

顏や個人情報などが知られないこそ恥ずかしがることなく何でも正直に話せて、わざわざ相談場所に出向く必要がありません。相談料が無料、または比較的安い傾向にあります。

デメリット

あくまでも電話でアドバイスをするサポートになるので、短期間で直接的な解決にはつながりにくく、分単位・秒単位での通話料が発生するケースもあります。

 

メールで相談する場合

メリット

顔を見なくて済み、複数回の質疑応答を短時間で行う必要もないので一番手軽な方法かもしれません。場合によっては1回のやりとりのみで問題が解決してしまうこともあります。あえて文字にすることで冷静さを取り戻せるというメリットもあります。

デメリット

アドバイスが書かれた返信メールが届くまで長時間を要する場合もあるので、すぐに問題を解決したい場合には不向きでしょう。また、文字のやりとりはどうしても伝わりにくい部分があり、1回の返信だけでは納得のいくアドバイスを得られなかったというケースも多くあります。

 

直接相談に行く場合

メリット

面と向かって話すことで細かなニュアンスが伝わりやすく、その場で専門家への依頼ができたり、法的な手続に進むことができたりと、問題が解決するスピードが比較的早いです。また、浮気や不倫などの証拠がある場合は、それを持参して実際に専門家に見てもらうことで、より具体的なアドバイスを受けることができます。

デメリット

相談場所まで出向かねばならないため、移動の時間を要します。また、到着してからも待ち時間が発生してしまう可能性があるので、時間がない人は事前に予約を入れておくと良いでしょう。1回の相談で解決に至らない時には、定期的に足を運ぶ必要も出てきます。

 

離婚の相談をスムーズに行うために準備しておくと良い事


限られた時間で納得のいく相談を行うには、事前準備も必要になります。その4つのポイントを見ていきましょう。
 

①相談したい内容の詳細を書き出しておく

なぜこうなってしまったのか、だから今こういう現状であるといったことをスムーズに伝えられるように、予めメモに書き記しておきましょう。この時、時系列式にするとさらに的確なアドバイスをしてもらえます。
 

②どう解決すれば最も良いのかある程度明確にしておく

相談をして意見をもらえても、最終的に決断をするのは自分になります。「自分は本当はどうしたいのか?」と質問されても答えられるように、自分の気持ちや希望を予めまとめておき、それに沿ったアドバイスをもらうようにしましょう。
 

③相談先の情報を事前に仕入れておく

相談機関の公式ホームページを見るなどして、どんな離婚問題の解決が得意なのかを事前に調べておきましょう。お伝えしたように、離婚したい場合は離婚したい人向けの相談機関、離婚したくない場合は離婚したくない人向けの相談機関を活用するのがベストです。
 

④実際に依頼した場合の費用を確認する

相談した後になって料金面での後悔をしないように、予め相談にはどれくらいの費用がかかるのかを把握しておきましょう。高額請求トラブルも未然に防ぐことができます。
 

離婚問題の解決が得意な専門家の特徴


離婚問題の解決を生業とする様々な専門家がいることはお伝えしたとおりですが、そんな中でも特に腕利きの専門家に相談したいものですよね。
 
ここではそんな腕利きの専門家の特徴について見ていきましょう。
 

離婚問題解決の実績がある

過去にどのくらいの問題解決の実績があるかチェックしてみましょう。専門家としての経験が長くて多くの案件を解決したことのあるベテランほど、アドバイスの質は高いです。
 
それを調べるための術として、無料相談の前にまずじっくりと専門家のホームページを見てみることをおすすめします。
 

問題解決にかかる費用を明確に説明してくれる

これをこうするのにいくらかかる、と費用を明確にしてくれる専門家を選びましょう。
 
相談のみで数万円の料金がかかったり、ホームページに掲載されている料金とは全く異なる高額な料金が発生したりする場合は、専門家を名乗る悪質な業者の可能性もあるので注意が必要です。
 

過去に問題を起こしたことがない

どのような専門家であっても、顧客とトラブルを起こしたり、悪い行いをしている専門家は論外と考えましょう。
 

問題を起こした探偵はサイトで確認できる

公安委員会は、探偵業法違反等により営業停止命令・廃止命令等を行った探偵業者を公表しています。
 
お住まいの地域の公安委員会が掲載している情報をチェックし、過去にこういったトラブルが発生していない探偵事務所を選択するようにしましょう。
 
また、弁護士が過去に懲戒処分になっているかどうかについては、以下のホームページで確認することができます。
 
弁護士懲戒処分検索センター
 

親身になって話を聞いてくれる

“それが仕事だから”行う専門家もいれば、きちんと二人三脚でトラブル解決に動いてくれる専門家もいます。
 
専門家と相談者の相性の良し悪しもありますし、まずはどの専門家に相談を行うにしても、無料相談を活用してみるのが良いでしょう。
 
その時の第一印象、あいづちの仕方、どれだけ質問をしてくれたかなどを考慮し、自分自身が「この人になら何を話しても信頼できる」と思えるような専門家に正式な依頼を行うことをおすすめします。
 

まとめ

専門家は離婚の知識もあり、離婚する以外の解決法を教えてくれることもあります。
 
一人で悩みを抱え込んだままでいるのは精神衛生上よくありませんし、それで良い解決法が必ず見つかるとも限りません。
 
結果的に離婚をするにせよしないにせよ、早期解決に向けて今すぐにでも、まずは誰かに相談するというアクションから起こしてみるようにしましょう。
 
【関連記事】
夫婦関係を相談できる窓口一覧!夫婦関係でよくある問題と専門家の回答事例
浮気が本気になるパターン8選【無料相談窓口】

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所では来店不要で無料面談・依頼まで行えるビデオトークもご好評いただいております。遠方の方、多忙な方、感染リスクを考慮し外出を控えたい方も、お気軽にお問い合わせください。


編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

離婚に関する新着コラム

離婚に関する人気のコラム


離婚 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
お急ぎの方はお電話が便利です