Header home
 > 
 > 
 > 
離婚トラブルを探偵に相談すべきケース・相談するメリット・費用まとめ

離婚トラブルを探偵に相談すべきケース・相談するメリット・費用まとめ

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

離婚トラブルを探偵に相談すべきケース・相談するメリット・費用まとめ
Img 1543374650
浮気でお悩みの方

浮気・不倫に関する無料相談窓口

  • パートナーの浮気に耐えられなくなって離婚を検討している
  • 離婚することにしたけど、夫or妻が浮気していた疑惑がある


このような場合、誰に相談すればいいのでしょうか。離婚を決意しているのであれば、最初から弁護士に相談した方がいいのでしょうか。

それとも “浮気しているから”探偵に相談した方がいいのでしょうか。

今回は、浮気が原因で離婚する場合に、最初にどこに相談するべきなのかや、探偵に相談する場合、どんなメリットがあるのか、探偵の相談費用はいくらになるのかといったことについて解説します。
 

離婚トラブルはどこに相談したらいい…?/無料相談受付中

・離婚原因はパートナーの浮気の可能性が高い
・浮気調査に興味はあるが料金が気になる
・探偵がどんな風に離婚を後押ししてくれるのか知りたい

もしそんな悩みがあるのなら、無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーがあなたの悩みや疑問、不安にお答えします。

11時08分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

適切な離婚の相談先


離婚問題を探偵に相談するべきか、それとも弁護士に相談するべきか迷っている人もいると思います。ケースごとに、どちらに相談するべきかご説明します。
 

浮気の証拠を持っている場合は弁護士へ

離婚する相手が浮気をしている場合、浮気の証拠が必要になりますが、その証拠を持っている場合は最初から弁護士に相談する流れでOKです。

注意すべきなのは、一般的に浮気の証拠と考えられるものが、必ずしも裁判で使える浮気の証拠とはならない場合が多いということです。

裁判で浮気の証拠と認められるものにはいろいろな制約があり、自分では立派な浮気の証拠だと思っていても裁判で認められない場合も多いのです。

もし、ご自身で持っている証拠が裁判で使えるかどうか不安な場合は、一度探偵に相談した方が安心ですね。

【関連記事】
不倫の証拠はこう掴む!裁判で使える証拠と掴んだ証拠の活用方法
調停や裁判などでも使える浮気の証拠とその集め方

 

浮気の証拠を持っていない場合は探偵へ

パートナーの浮気の証拠を持っていない場合は、まず探偵に相談するといいでしょう。もちろん、自力で浮気の証拠を掴むという方法もありますが、スキルも経験もない素人が自力で証拠を掴むことは想像以上に困難です。

また、相手にバレてしまい、余計に警戒されて証拠を隠滅されてしまうリスクもありますので、探偵に相談した上で証拠を掴む方が効果的で、結果的に費用を抑えることにもつながると言えます。

【関連記事】
浮気の証拠は自力で入手可能|浮気調査の方法と素人調査のリスクまとめ
【リスクなし|誰でもできる】LINEで浮気を見破る裏ワザ10選

 

裁判で使える証拠と使えない証拠


先ほども少し触れましたが、裁判で使える証拠にはいろいろな条件があります。あなた自身が浮気の証拠と思っていても、いざ裁判で慰謝料を請求するときに証拠として認められなければ意味がありませんよね。

裁判で使える証拠はどのようなものなのか、事前に確認しておく必要があります。
 

裁判で使える証拠

ずばり、肉体関係があったことを証明する証拠です。そして、肉体関係が1回しかなかった場合、法的に不貞行為として見なされないのも注意すべき点です。肉体関係が複数回あったことを証明するためには、次のような証拠が必要になります。
 

3回以上のラブホテルへの出入りする写真

法的には3回以上の肉体関係があった場合、不貞行為とみなしてもらえます。1度だけの「ちょっと魔が差して…」というケースは不貞行為とは見なされないのです。
 

最低40分以上ラブホテルに滞在したことを証明する写真

素人的にはラブホテルに入ったところを写真に収めればそれで充分浮気の証拠!と思ってしまいがちですが、裁判では不十分とされることがあります。

なぜなら、「ラブホテルに入って10分くらい休憩しただけで、すぐに出たから性行為はしていない」と言い逃れされてしまうこともありえるからです。

最低でも40分くらいないと、行為を始めて終えることは難しいですよね。そのため、法的には40分以上滞在していたことを証明するためのラブホテルに「入る写真」と「出てくる写真」が必要になるのです。
 

5回以上の相手宅へ出入りする写真

ラブホテルは性行為をする場所という共通認識がありますが、不倫相手の家の場合、肉体関係を必ずしも持つ場所とは言い切れません。

そのため、より親密な関係性を証明するために、5回以上相手宅へ出入りした写真が必要になります。
 

裁判で使えない証拠

裁判で使えない証拠についても見ていきましょう。
 

浮気相手とのメールやLINEのやりとり

たとえ、「愛しているよ」「今日は楽しかったね」などのやりとりがあったとしても、それは肉体関係の証明にはなりません。よって、法的効力がないと見なされてしまうのです。
 

浮気相手との親密そうなツーショット写真

浮気を疑うには十分なものですが、こちらも肉体関係があったことの証明にはなりません。たとえキスしている写真であっても法的効力はありませんので、注意してください。
 

ビジネスホテルやシティーホテルなどのダブルルームのレシート

ホテルはホテルでもラブホテルでなければ、裁判で使える証拠にはなりません。なぜなら、「ダブルの部屋しか取れなかったから、ダブルに一人で泊まった」と言ってしまえばそれまでだからです。

【関連記事】
不倫の証拠はこう掴む!裁判で使える証拠と掴んだ証拠の活用方法
 

離婚の相談を探偵にする場合の大まかな流れ


裁判で認められるような浮気の証拠を集めるのは案外大変であることは、おわかりいただけたかと思います。ここでは、離婚の相談を探偵にする場合の大まかな流れをご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 

パートナーが浮気しているかどうかをチェックする

まずは、パートナーが浮気しているかどうか、見極めてください。確実な証拠がなくても、カンで「浮気しているような気がする…」という場合は実際に浮気されていることも多いですので、いきなり弁護士に相談するよりは探偵に相談してみたほうがいいかもしれません。

【関連記事】
単身赴任先で夫が浮気する原因と浮気の確認・防止対策まとめ
男性の浮気がばれる原因と男性が行うありがちな隠し方・嘘のつき方
浮気を疑った時、怪しまれずに携帯をチェックする3つの方法
 

1分でわかる!『浮気度チェック』もぜひご活用ください

 

浮気調査を探偵にしてもらう

浮気が疑わしい、浮気している気がするという場合は、探偵に相談し、浮気調査をしてもらいましょう。

どういう探偵を選べばいいのか、費用はどのくらいかかるのか、安く抑える方法はあるのかについては、参考記事をお読みください。

【関連記事】
探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト
探偵の調査料金相場|探偵社の料金比較と費用安く抑える方法
探偵への依頼料金を抑えて賢く浮気調査するたった3つの超実践的方法
悪徳探偵の実態|実際に起きた悪徳探偵による被害と対処法

離婚トラブルはどこに相談したらいい…?/無料相談受付中

・離婚原因はパートナーの浮気の可能性が高い
・浮気調査に興味はあるが料金が気になる
・探偵がどんな風に離婚を後押ししてくれるのか知りたい

もしそんな悩みがあるのなら、無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーがあなたの悩みや疑問、不安にお答えします。

11時08分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

浮気の証拠を手に入れる

探偵に調査してもらい、裁判で使える証拠を入手してもらいましょう。その証拠をもって弁護士のもとを訪れれば、スムーズに慰謝料請求や財産分与などの手続きができるはずです。
 

離婚手続きや慰謝料請求を弁護士に依頼する

財産分与の交渉や離婚の手続きなど法律が絡む部分は、探偵だけでは対処できないため、弁護士に相談する必要があります。

探偵事務所と離婚弁護士が連携している場合もかなり多いので、調査を依頼した探偵事務所に紹介してもらう手段もあります。

より自分にあった弁護士を探したいという場合は、こちらの離婚問題に実績のある弁護士に無料相談できるサイトで見つけてみてもいいかもしれません。
 

離婚の相談を探偵にするメリット


「弁護士に相談する前に探偵にも相談するなんて面倒!!」と感じている人のために、離婚の相談を探偵にするメリットについてご紹介します。
 

慰謝料請求が可能になる

相手の浮気が原因で離婚する場合、慰謝料請求が可能です。ただし、この慰謝料請求が認められるのは、不倫していたことが法的に証明されたときだけです。

そのため、慰謝料請求には不倫の証拠がなにより重要であり、その証拠を掴むためには腕のいい探偵に調査を依頼することが必要になってくるのです。

もちろん、探偵への調査費用はかかってしまいますが、不倫の慰謝料を受け取れるという金銭的メリットを考えれば、探偵に依頼する意味は大いにあると言えるでしょう。
 

浮気でお悩みの方

浮気・不倫に関する無料相談窓口

離婚したくない場合は復縁サポートが可能になる

ここまで、離婚する場合の話ばかりしてきましたが、あなたが本当は離婚したくないと考えている場合にも浮気の証拠は役に立つのです。

相手が離婚を請求してきても、浮気していることを法律的に証明できれば、離婚を阻止することができます。浮気の証拠がお守り代わりになるのです。

そして、探偵は浮気調査のプロであることはもちろん、男女間トラブルのプロでもあるので、夫婦の復縁サポートも行ってくれるところが多いのです。

【関連記事】
夫と離婚したくない!今すぐにあなたができる具体的な離婚回避法
離婚したくない人のための相談先一覧|離婚を回避するポイントまとめ
離婚したくないとき絶対に避ける5つの行動と夫婦関係改善への手順7選

 

離婚の相談を探偵にするときの費用


探偵に離婚の相談をしたいと考えている人が最も気になっているのは、その費用でしょう。浮気の証拠を掴むための調査についていえば、その費用は30万~50万円が最も多いラインです。

ただし、10万円で済ませる人も、100万円かける人も中にはいるのでピンキリと考えていただいた方がいいかもしれません。

【関連記事】
探偵が行う浮気調査の料金・費用相場|費用を安く抑える唯一の方法
探偵の調査料金相場|探偵社の料金比較と費用安く抑える方法

弁護士費用についても気になるところだと思いますので、こちらの関連記事も参考にしていただければ幸いです。

【関連記事】
離婚裁判を開く費用と弁護士費用|弁護士に相談して有利に進めるには
 

良心的な探偵を選ぶコツ

探偵に離婚の相談をするメリットは大きいですが、探偵選びは注意して行う必要があります。中には、調査能力が低い探偵や、料金を水増しして請求するような悪徳な探偵もいるからです。

以下のチェックポイントを確認しつつ、自分に合っていると思われる探偵を選ぶとよいでしょう。

①「成功率99.9%!!」など、誇大表現はないか
②料金体系が他社と比較して高すぎたり低すぎたりしていないか
③自宅から近すぎず遠すぎずの場所に事務所があるか
④探偵業届出番号がホームページに記載されているか
⑤行政処分を受けたことはないか
⑥電話をかけた際に料金についての質問にきちんと答えてくれるか
⑦面談は探偵社の事務所で行なわれるか
⑧探偵業届出証明書が事務所の見えやすい場所に置いてあるか
⑨提出される調査書は裁判で使える証拠か
⑩あなたと探偵との相性は良いか


【関連記事】
探偵の比較ポイント|調査力・料金などを見極める方法の解説
探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト
悪徳探偵の実態|実際に起きた悪徳探偵による被害と対処法

 

まとめ

離婚を検討する場合、パートナーに浮気されていなかったかどうか、今一度確認する必要があります。浮気が真実であれば、慰謝料を請求できるからです。

もし、少しでも浮気の可能性がある場合は、いち早く証拠を掴んでおくことが重要です。そのためにも、離婚を決意したら必要に応じて探偵に相談してみるといいでしょう。

離婚トラブルはどこに相談したらいい…?/無料相談受付中

・離婚原因はパートナーの浮気の可能性が高い
・浮気調査に興味はあるが料金が気になる
・探偵がどんな風に離婚を後押ししてくれるのか知りたい

もしそんな悩みがあるのなら、無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーがあなたの悩みや疑問、不安にお答えします。

11時08分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

探偵事務所・興信所に関する新着コラム

探偵事務所・興信所に関する人気のコラム


探偵事務所・興信所 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております