Header home
 > 
 > 
 > 
【離婚したくない人必見】離婚危機の解決法とやってはいけないNG行為

【離婚したくない人必見】離婚危機の解決法とやってはいけないNG行為

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

【離婚したくない人必見】離婚危機の解決法とやってはいけないNG行為
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博
監修記事
%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84

離婚したくない…絶対に。

 

配偶者から「離婚したい」と切り出されたら、焦ってしまうことでしょう。でもご安心ください。

 

離婚の危機はあなたの行動次第で回避が可能です。ただし、いくつか注意点があります。

 

また、離婚には夫婦の合意が必要です。そのため、あなたが離婚届に記入しないかぎり、原則、離婚に至ることはありません。それ以外の場合では、調停など裁判所での手続が必要となります。

 

パートナーが離婚を望んだだけで、離婚を認められるような制度はないのです。勝手に離婚届を出せば、離婚無効の調停裁判に至り、慰謝料が発生します。

 

なお、ケースによってはあなただけで問題解決ができないこともあるでしょう。そういったときには、専門家の手を借りることも重要です。

 

この記事では、離婚の危機を回避する方法、パートナーとの関係を修復する方法、離婚の法的な制度などについて解説します。

 

浮気調査の無料相談窓口

・突然離婚したいと言われた
・絶対に離婚したくない
・浮気相手に彼を取られたくない

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの夫婦問題を解決します。

 

離婚したくない人が離婚危機を回避する方法

早速、離婚したくない方ができる離婚危機の回避方法をお伝えします。現在の夫婦関係の状況によっては、効果が薄かったり離婚までの時間が足りなかったりすることがありますので、夫婦の状況に応じて最適な方法から取っていくようにしましょう。

 

配偶者に考え直してもらう|まだ具体的な離婚話にはなっていない場合

配偶者が離婚したいと言いだしたとき、夫婦関係を一気に修復するような魔法の方法はありません。小さなことを積み重ねていくしかないのです。

 

まだ、具体的な離婚話にまで発展していなければ、現状をコツコツと改善することで離婚を回避できるかもしれません。

ここでは、本当に効果のある『離婚寸前の夫婦関係を修復する方法』についてくわしく見ていきましょう。

 

ステップ1:パートナーが離婚したいと思った原因を考える

パートナーが「離婚したい」と思ったのには、必ずなにかしらの原因があります。まずはそれを発見しましょう。

 

自分では気付いていないだけで、実はパートナーをがっかりさせるようなことをしていなかったでしょうか?今一度自分にも原因が無かったかどうかを考えてみましょう。

 

ただし注意点として、パートナーに直接離婚したいと思った原因を聞くことはやめましょう。夫婦関係の悪化のプロセスは以下のような流れで進むことがほとんどです。

パートナーはすでにあなたと良好な関係を築くことを諦めているかもしれないので、本人に直接聞いたとしてもさらに嫌悪感が増すだけでしょう。

 

参考として、パートナーが離婚を考える原因となるものをいくつか記載します。

 

ステップ2:修復したい原点を思い出す

当初は、あなた達夫婦は『互いに愛し合い、互いに満たしあう関係』だったはずです。

 

かつての良好だった関係を思い出し、そのとき夫はあなたのどういったことに『満たされていた』のか、あなたが戻るべき修復の原点を思い出しましょう。

 

原点を思い出すためには、以下の質問について、よくよく考えるようにしてください。

この3つの質問に答えられれば、あなた達夫婦が戻るべき場所について少しずつわかってくるはずです。

 

ステップ3:できることから少しずつ行動する

最後は、その戻るべき原点=夫が満たされていた状態になるために、あなたができることを考え、少しずつ行動しましょう。

 

夫婦関係を修復するには、現状と戻るべき原点のギャップを埋める以外に方法はありません。ギャップを少しずつ埋めていくためにあなたが行動することが必要不可欠なのです。

先ほどの、婚したいと思われた原因となった行為と反対のことを徐々にやっていくことで、パートナーの嫌悪感や諦めの感情も徐々に解消されていくことでしょう。

 

ここで大事なことは、徐々にコツコツとやっていくことです。最初の数日~数週間だけ気合十分で頑張っても長続きしません。

 

ダイエットの3日坊主やリバウンドのように、結局途中で元に戻ってしまいますし、すでに嫌悪感があるパートナーからはかえって警戒されてしまうかもしれません。無理ない範囲で、できることから少しずつ意識してみましょう。

 

離婚不受理届を提出する|離婚届を出されそうな場合

後でもご説明しますが、夫婦の同意があるか、法定離婚事由に該当するようなケースでもない限り一方的に離婚できません

 

相手が「離婚したい」と思っていても、こちらが「離婚したくない」のであれば、そもそも離婚届にサインをしなければ良いはなしですが、中には強硬手段で離婚届を偽造して勝手に提出する人も稀にいます

 

一方的に提出された側に離婚の意思はありませんので本来は無効のはずですが、記載内容などに問題がなければ受理されてしまうのが現状です。

 

一度離婚届が受理されると、戸籍を戻すには調停や訴訟などを行なわなければならず、多大な労力が発生します

 

そのような事態を防ぐために離婚届不受理届を前もって提出しておく方法があります。離婚届不受理届とは、役所に離婚届を受け付けないようにしてもらう書類のことです。

 

書類1枚を書いて役所に提出しておくだけですから、そこまで手間はかからないでしょう。もし、名前が書かれていて提出する気がある離婚届を発見したような場合は、あらかじめ離婚届不受理届を提出しておくことをおすすめします。

 

【関連記事】離婚届不受理申出の知識|勝手に出された離婚届は取り消せる?

 

夫婦関係改善の専門家に相談する|1人で改善できそうにない場合

離婚したくないと一人で悩んでもなかなか画期的解決策は出てこないものです。離婚しないために、プロに相談することも有効な手段です。

 

ただし注意点として、相談することは夫に伝えない方がよいでしょう。離婚を検討している夫は、第三者に介入されるのを嫌がる傾向にあるからです。

 

こちらでは、離婚したくない人におすすめの相談先を3つご紹介します。

 

【関連記事】

離婚したくない人のための相談先|平穏な夫婦生活を取り戻すための方法

夫婦関係を相談できる窓口一覧!夫婦関係でよくある問題と専門家の回答事例

 

離婚(夫婦)カウンセラー

夫婦関係を改善させるためには、個別の状況を鑑みたり、夫の本心を知る必要があります。それには、専門的なノウハウが必要不可欠な場合もあるでしょう。

 

離婚カウンセラーは夫婦関係を改善させるプロフェッショナルです。当事者同士では離婚が避けられなかったとしても、離婚カウンセラーに相談することで夫婦関係が改善する可能性は十分にあります。

 

また、根本的な解決にはならなくても、いくらか精神的な負担が軽減されることもあるでしょう。あなた自身の行動で離婚が避けられそうにない場合には、1度離婚カウンセラーに相談してみましょう。

 

【関連記事】

夫婦カウンセリングで夫婦が円満になる理由と過程

離婚カウンセラーができる事と離婚カウンセラーへの相談事例 

 

探偵

残念なことに、離婚を切り出す配偶者が実は浮気をしていたということは少なくありません。

 

夫婦関係は悪くなかったけれど、浮気した相手に心が移りあなたと別れたいと思い立ったケースや、夫婦関係が悪化してあなたに興味がなくなり、別の女性と浮気するというケースがあるのです。

 

望んでいないことかもしれませんが、もし離婚することになった場合、夫が浮気( 不貞行為 )をしていれば慰謝料を請求できるケースがあります

 

また、協議や調停で折り合いがつかなかった場合でも、浮気しているなどの有責配偶者(後でお伝えする、『法定離婚事由』に該当する離婚原因を作った人)からの離婚請求は、原則認められていません。

 

そのため、探偵に調査し、浮気の証拠を押さえておくことで、将来的にあなたに有利な状況が生まれるでしょう。なお、専門のカウンセラーが夫婦関係改善のためにカウンセリングをしてくれる探偵事務所もあります。

 

夫の様子がおかしい、浮気の兆候があるといった場合には、一度相談してみるとよいでしょう。

 

【関連記事】浮気調査の依頼から報告の流れ|あなたが真実を知るまでのスケジュール 

 

探偵がどんな調査をいくらで行ってくれるのか、そもそも調査は本当に必要なのかなど、気になる点があればお気軽に 無料相談窓口 からお問い合わせください。

 

浮気調査の無料相談窓口

・突然離婚したいと言われた
・絶対に離婚したくない
・浮気相手に彼を取られたくない

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの夫婦問題を解決します。

 

弁護士

もしも離婚を避けられない状況になった場合には、弁護士にまずは相談することをおすすめします。

 

離婚の条件などを話し合う場合、当事者どうしてあれば感情的になってしまうこともあります。弁護士があなたの代理人となることで、スムーズに交渉を行えるでしょう。

 

また、弁護士が法的に有効な書面を作成しておくことで、慰謝料が支払われない・養育費がもらえないといった問題を未然に防ぐこともできます。

 

離婚後のトラブルは大きなストレスになったり生活が困窮したりすることになりかませんので、弁護士に相談し、必要であれば依頼をするようにしましょう。

離婚トラブルを解決したい方

最短で解決するために、離婚トラブルの解決が得意なお近くの弁護士にまずは無料相談してみませんか?

夫婦関係円満調停を行う|当事者同士だけでは解決できない場合

あなたが上に記載のあることを実践しても夫婦関係が改善しない場合には、『夫婦関係円満調停(以下、円満調停)』を利用することも、離婚回避の手段の1つです。

 

こちらでも円満調停の簡単な概要をお伝えしますが、具体的に円満調停をお考えの方は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

【関連記事】円満調停の流れと必要書類 | 夫婦関係を修復するための知識まとめ

 

円満調停では離婚を回避するためのサポートをしてもらえる

円満調停は、家庭裁判所の調停室(小さな会議室のような場所)で、中立的立場である60代前後の男女1名ずつで構成された調停委員が、夫婦の間に入って話を聞きながら、円満に夫婦生活を送れるように今後の方向性についてのアドバイスをしてくれます。

 

ただし、円満調停の成功事例は実際の事例より少ないことは事実です。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ricon-prod/system/body_image1s/285/original/%E5%86%86%E6%BA%80%E8%AA%BF%E5%81%9C.jpg?1535007372

 (参考:平成28年司法統計)

 

2016年には、3,012件の円満調停が申し立てられ、そのうち約21%の643件が調停成立の上、夫婦関係の継続や円満同居という結果になっています。

 

円満調停の流れ

円満調停は以下のような流れで行われます。

調停が始まると、調停委員は申立人を調停室に入れ、離婚をしたくない理由や夫婦の仲が悪くなった経緯などを聞きます。

 

ひととおり聞き終わると、申立人は調停室から退出し、その後もう一方を調停室に呼び、離婚したい理由や夫婦仲が悪くなった理由を聞きます。

 

2人の言い分を聞き取りした後、離婚回避や、夫婦関係を修復するにはどうすればいいかについて話し合いをします。

 

円満調停の申立てに必要な書類

円満調停を申し立てるには、以下の書類が必要です。

 

※ 基本的には弁護士にご相談ください

 

円満調停の申立て場所

申立て場所は原則、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所となります。また、夫婦が合意で定める家庭裁判所でも申立ては可能です。

 

円満調停の申立て費用

申立て費用は以下の通りです。

 

  • 収入印紙…1,200円
  • 予納郵便切手…約820円分


調停は調停委員という中立的立場の第三者を挟んでの話し合いに過ぎませんので、わざわざ弁護士に依頼せずとも自分自身の力だけですることは十分可能です。

 

離婚は一方的にできない

上記でも簡単に触れましたが、本来、夫婦どちらかが一方的に離婚を決めてしまうことは簡単にできません。夫婦の同意をもって離婚届を提出するか、法的に離婚が認められる離婚事由に該当している場合に離婚が認められます

 

離婚は原則として夫婦の合意が必要

繰り返しますが、夫婦が離婚に合意していない限り、原則、離婚が成立することはありません。

 

離婚には大きく分けて以下の3つの種類があります。

 

 

  • 協議離婚…話し合いでお互いに同意した上で離婚届に記入して提出する方法
  • 調停離婚…調停委員に仲裁してもらいながら離婚する方法
  • 離婚裁判…家庭裁判所に離婚の訴えを起こして判決をもとに離婚する方法

 

協議離婚では夫婦の同意がなければ離婚できませんし、離婚調停も実質的には話し合いです。あなたが強く「離婚したくない」という気持ちを持っているのであれば、強制的に離婚されるようなことはありません

 

つまり、どうしても離婚したくないのであれば、明確に離婚したくないことを主張し続けることで、パートナーが裁判を起こす以外の方法で離婚できなくなるのです。

 

協議離婚でも離婚調停でも離婚が成立しない場合、最終的に離婚裁判になることが考えられますが、法定離婚事由に該当するようなことがなければ離婚も認められないでしょう。

 

法的に離婚が認められる法定離婚事由5つ

法的に離婚が認められる法定離婚事由には5つの項目があります。

万が一裁判を起こされたとしても、あなたに以下の項目に該当していないのであれば、離婚を認められる可能性は低いでしょう。

 

つまり、上記5つの離婚事由にも該当しておらず、あなたが離婚を拒否し続けた場合は原則として離婚に至ることはないのです。

 

【関連記事】

法定離婚事由とは|裁判離婚で必要な5つの条件
不貞行為と離婚・慰謝料の全知識|慰謝料の相場・離婚する前にすべきこと
悪意の遺棄に当てはまる事柄と証明するために必要なことについて

 

法定離婚事由にあなたが該当したときには

もしあなたが法定離婚事由に該当した場合には、原則として、裁判で離婚が認められてしまいます。

 

ただし、夫婦のあらゆる事情を考慮して、婚姻を続けた方がよいと裁判所が判断した場合には、離婚という判決が出ないこともあります。

 

どういったケースで離婚がみとめられないかは、個別事情によりケースバイケースといえますので、1度弁護士に相談すべきでしょう。

離婚トラブルを解決したい方

最短で解決するために、離婚トラブルの解決が得意なお近くの弁護士にまずは無料相談してみませんか?

離婚したくない人がやってはいけないNG行為

このように、簡単に一方的に離婚することはできないのですが、「離婚したい」と切り出されたことで冷静さを失って間違った行為をしてしまうと、上記の法定離婚事由に該当してしまうことにもなります。

 

こちらでは、離婚したくない人がやってはいけないNG行為をお伝えします。

 

離婚届へのサイン

お伝えの通り、夫婦の合意が無ければ簡単に離婚はできません。ですので、まずは離婚したくないなら離婚届にサインをしないことを肝に銘じておきましょう(離婚したくないのであれば、まず署名することは無いでしょうが…)。

 

離婚届が役所に提出され、それが受理されてしまえばお互い合意の上での離婚という形で離婚が成立してしまいます。また、すでにお伝えした通り、偽造して結婚届を出されないよう離婚届不受理届を事前に提出しておきましょう。

 

別居

お互いに距離を置くのが目的であっても、別居をしてしまうと離婚の可能性が大きく上がります。

 

一人で暮らすことで、「あなたと別れた方が快適に生活できるかも?」と実感し、離婚への意思をより強くさせてしまうケースが少なくないのです。

 

また、別居が長期間(5年~8年程度)に及んだ場合、法定離婚事由の『その他婚姻を継続しがたい重大な事由』に該当する可能性があります。

 

ケースによっては別居が有効な手段となることもありますが、基本的には避けた方がよいでしょう。

 

自分1人で悩む

離婚という危機的状況に一人で悩んでいても、画期的な解決方法は簡単に思い浮かびませんし、余計不安が募るばかりです。

 

一人で悩まず周囲の人に相談することも忘れずに。ご両親や友人でも良いでしょう。ただ、明確な解決方法をアドバイスもらうには、やはり上記でもお伝えした専門家の方が良いでしょう。

 

暴言・暴力

確かに一方的に離婚を切り出されたら、「今までこれだけ尽くしてきたのに」と自分が情けなくなったり、裏切られた気持ちで頭に血がのぼったりします。

 

しかしそこで暴言や暴力行為をしたりしてしまうと、パートナーの「離婚したい」という気持ちをさらに加速させてしまいます。辛くても、冷静さを失ってはいけません。

 

また、暴力や暴言は、法定離婚事由の『その他婚姻を継続し難い重大な事由』に該当してしまうケースもあります。裁判によって離婚が認められてしまうことも考えられますので、避けるようにましょう。

 

相手の否定

パートナーの考えを全否定するようなことは避けましょう。それでは夫婦間の溝が深まる一方です。夫婦関係を改善するためには、相手の意見を受け入れる姿勢も重要な要素の1つです。

 

浮気調査の無料相談窓口

・突然離婚したいと言われた
・絶対に離婚したくない
・浮気相手に彼を取られたくない

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの夫婦問題を解決します。

 

夫婦関係を円満にする方法

夫婦関係を改善でき、離婚の危機が去った後には、もっと夫婦関係を改善させたいと思う人も少なくないでしょう。そういった人向けに、ここでは夫婦関係を円満にする方法を紹介します。

 

そもそも、世の中には夫婦関係がすごく円満な夫婦もいれば、冷めきった夫婦もいますね。その差は一体何なのでしょうか。

 

一概にはいえませんが、これには、夫婦のスキンシップが関係しています。具体的には、円満な関係を築いている夫婦には、次のような行動がよく見られるのではないでしょうか。

 

  • 触れ合う
  • 親切にする/される
  • 一緒に食事をとる
  • 見つめ合う
  • キス
  • 性交渉


なぜこういった行動が円満な夫婦関係に繋がるというと、それには『オキシトシン』というホルモンが関係しています。オキシトシンは、人間関係に大きく関わるホルモンで、脳内で分泌されることで次のような効果があります。

 

  • 親密な人間関係を築きたいと思う
  • 他者への信頼が増す
  • 幸せな気分になる
  • 癒しを感じる
  • ストレスが緩和される
  • 不安や恐怖心が減少する
  • 社交的になり人と関わりたいと思うようになる
  • 心臓の機能を上げる
  • 感染症を予防する


つまり、『オキシトシン』が分泌されることで、夫婦関係円満につながるといえるのです。

 

夫婦関係が円満だからスキンシップやイチャイチャするのではなく、そういった行動をとるから夫婦関係が円満になるのだと理解していただき、夫と積極的にスキンシップを取るようにしてみましょう。

 

【参考】 遺伝子からみた心の健康

 

まとめ

離婚の原因を作った側が離婚を希望しても、もう一方が拒否すれば離婚できないのが現在の法律です。しかし関係修復は簡単にはできません。長い時間がかかることを覚悟してください。

 

またすでにお伝えしましたが、離婚を望んでいる夫が浮気をしていたということも少なくありません

 

有責配偶者からの離婚は原則認められませんので、夫に疑わしい行動があった場合には探偵に依頼して浮気の証拠を入手しておくとよいでしょう。

 

「浮気調査ナビ」では万全のサポートが出来る体制が整っていますので、お気軽に 無料相談窓口 からお問い合わせ下さい。

浮気調査の無料相談窓口

・突然離婚したいと言われた
・絶対に離婚したくない
・浮気相手に彼を取られたくない

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの夫婦問題を解決します。


この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

離婚に関する新着コラム

離婚に関する人気のコラム


離婚 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております