Header_home
 > 
 > 
 > 
探偵に依頼できる内容と調査内容別にみる料金相場まとめ

探偵に依頼できる内容と調査内容別にみる料金相場まとめ

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

探偵に依頼できる内容と調査内容別にみる料金相場まとめ
Pixta_13596704_s
「​探偵事務所での調査をご検討中の方」
 
「調査費用がいくらぐらいかかるのか?プロへ依頼した方が良いのか?」、相談経験が豊富な探偵事務所の相談員に無料相談してみませんか?

【探偵事務所での調査について無料相談する】

夫が浮気しているかも…。」「ストーカー被害にあっているが警察が対応してくれない。」と悩んでいる方は、探偵に依頼してみるとよいかもしれません。
 
探偵から的確なアドバイスを受けたことで問題が解決できることもあります。調査のプロである探偵ならば、一般の方が手に入れるのが難しい証拠も集めることができるでしょう。
 
しかし、探偵事務所であればどこに依頼してもいいわけではありません。なかには悪徳な業者も存在するため注意が必要です。
 
この記事では、探偵に依頼する際に失敗しないために、料金相場や料金を安くする方法、探偵に依頼するときにチェックしておきたいことをご紹介します。また、後半からは浮気調査を例に、探偵に依頼してから調査が終わるまでの具体的な流れについても解説します。

もしかして浮気されてる!?
パートナーの浮気度チェック!

簡単1分!無料!
浮気確率を診断できます。

【浮気度チェッカー】

 

目次

探偵に依頼できる内容

探偵に依頼できる内容は以下の表のとおりです。それぞれの調査について、詳しく知りたい方は表に添付されている当サイトの【関連記事】をご覧ください。
 
浮気調査 浮気調査は、探偵に依頼される仕事の中で最も多い案件で、「浮気をやめない夫と離婚をして慰謝料を請求したい」「妻の浮気を疑っていてはっきりさせたい」など依頼目的はさまざまです。
浮気調査とは|探偵が行う浮気調査の全貌(写真付)と料金・メリット
素行調査 素行調査はターゲットの行動を確認し、日ごろどういう生活をしているのかを調べるものです。
素行調査とは|探偵の行う素行調査の費用と実態まとめ
詐欺調査 詐欺調査は、自分は詐欺に遭っているのではないか、という疑問を解決すべく調査を行います。
ストーカー調査 ストーカー調査は、ストーカーの被害を調査し、行為をやめさせるための手段に出るための証拠を入手するものです。
盗聴・盗撮調査 盗聴・盗撮調査は、室内に盗聴器やカメラが仕掛けられていないかを調べるための調査です。
【自分の身は自分で守る】盗聴器を発見する方法と取り外し方まとめ
行方・所在調査 行方・所在調査は、『人探し調査』とも呼ばれ、事故や病気等の突発的な家出から夜逃げ、逃亡などさまざまな事情により大きく調査方法が異なります。
家出調査とは|自分で行う捜索方法と見つかりやすい方法
結婚調査 結婚調査は、離婚を防ぐために事前にしっかり相手を調べておこうという目的で行われるパートナーの調査です。
結婚調査のススメ|20代夫婦の半分が離婚する実態とは?
覆面調査 覆面調査は、飲食店や接客を要する店舗などの雰囲気や価格帯、陳列状況並びに店員の接客態度等の自社動向を調査します。主に企業や個人事業主が依頼者となります。
企業信用調査 企業信用調査は、企業がある会社と新しく取引をするかどうかを判断するときに役立つ調査をするものです。
個人信用調査 身元調査ともいわれ、ターゲットの借金の有無や職歴・経歴などを相手方に知られずに極秘調査を行い、その人の信用をうかがうことを個人信用調査と言います。
探偵の行う信用調査とは|個人信用調査の実態と具体的な調査方法
身辺調査の実態|身辺の調査で浮気も素性も明確になる理由
人事・雇用調査 人事・雇用調査は、社員の勤務態度を把握するための調査です。
その他の調査 いじめ調査やパワハラ、セクハラ調査、不動産調査など最近はいろいろな調査内容で対応してくれる事務所が増えているようです。
探偵の調査力の高さの秘密|調査方法一覧と調査料金の解説
 
調査期間は内容や手に入れたい証拠などによって異なります。調査対象や場所がはっきりしている『盗聴・盗撮調査』、『企業・個人信用調査』は比較的早く終わるでしょう。
 
反対に、人探しなどの調査は対象や場所がはっきりしていないため、時間がかかる傾向にあります。

 

「​探偵事務所での調査をご検討中の方」
 
「調査費用がいくらぐらいかかるのか?プロへ依頼した方が良いのか?」、相談経験が豊富な探偵事務所の相談員に無料相談してみませんか?

【探偵事務所での調査について無料相談する】
 

探偵に依頼した時の料金相場

この項目では、探偵に依頼したときの料金相場をご紹介します。具体的な金額を知りたい方は、無料で見積りを行っている事務所に相談してみるとよいでしょう。
 

1時間あたりの調査料金の平均水準

調査員2名で担当した場合の料金の平均水準(1時間あたり)
2.0万円以上
~2.5万円未満
36%
1.5万円以上
~2.0万円未満
28%
1.0万円以上
~1.5万円未満
24%
※諸経費(交通費や機材費)は別となっています。
参考:「東京調査業協会
 
上記の図は調査員2名で担当した場合に、1時間あたりでかかる料金の平均水準です。調査料金を見積りしてもらった際に、料金が高いか低いかわからないときに、図の平均水準を参考にしてみてください。
 

探偵事務所の料金プラン

探偵事務所の多くは、時給料金型”、“パック料金型”、成功報酬型という3つの料金プランで支払います。
 

時間料金型

時間料金型は、調査時間に対応した料金体系です。調査時間を短くすれば、その分の料金を安くすることができますが、取得できる情報が少なくなります。
 
調査時間を短くして料金を安くしたい場合は、自身で証拠などを集めておきましょう。

時間料金型の具体例
浮気調査を5時間依頼した場合、1時間の料金が7,000円で、調査員が2名とすると

→ 2人(調査員5時間(調査時間7,000円(1時間の料金)=7万円 となります。
 

パック料金型

パック料金型は、はじめから払う料金が決まっているため、依頼者としては安心できます。しかし、あらかじめ金額が決まっているため、調査料金を抑えたい方には向かないこともあります。

パック料金型の具体例】 
料金プラン 料金 調査時間
パック料金A 10万円 5時間
パック料金B 15万円 10時間
 

成功報酬型

成功報酬型は、まず着手金を支払い、調査終了後に成功報酬金を支払う料金体系です。探偵事務所側が何をもって成功とするか、依頼者側が何をもって成功とするかに感覚的なズレが生じやすいため、実は最もトラブルになりやすい料金体系です。
 
成功報酬型の具体例
調査依頼が成功した場合
 
10万円(着手金)+ 30万円(成功報酬)の合計40万円の支払いになる
 
調査依頼が失敗した場合
 
着手金10万円の支払いが必要。成功報酬の支払いは必要なし
 
【関連記事】:「探偵の調査料金|探偵への調査依頼で失敗しない為の全知識
  

依頼内容別の料金相場

依頼内容別の1件あたりの料金相場を表でまとめたのでご参考ください。
 
浮気調査の料金相場 30万~50万円
素行調査の料金相場 50万~70万円
詐欺調査の料金相場 15万~40万円
ストーカー調査の料金相場 50万~70万円
盗聴・盗撮調査の料金相場 5万~20万円
行方・所在調査の料金相場 50万~70万円
結婚調査の料金相場 30万~100万円
覆面調査の料金相場 2万~40万円
企業信用調査の料金相場 10万~40万円
個人信用調査の料金相場 10万~40万円
人事・雇用調査の料金相場 5万~10万円
※その他の調査については別途依頼する探偵事務所にご確認ください。
 
上記の表を見ると、調査内容によって料金に差があるのがわかると思います。調査の範囲や対象がある程度特定しやすいものは、比較的料金が安いです。
 
反対に調査範囲や対象が広くなれば、料金も高額になります。
 
依頼が最も多い浮気調査を例に挙げると、相場は30万~50万円。簡単に支払える金額ではありませんよね。次の項目では探偵の依頼料金を安く抑える方法をご紹介します。
 

探偵の依頼料金を安く抑える5つの方法


先ほどご説明したとおり、探偵の依頼料金は決して安いものではありません。
 
しかし、この項目でご紹介する5つの方法で、依頼料金を抑えられる可能性があります。1つずつ説明していきましょう。
 

無料相談のある探偵事務所を活用する

探偵事務所によっては無料相談を行っています。
 
相談だけでなく見積りまで無料で行っている事務所もあるので、いろいろと調べてみるとよいでしょう。見積りまでしてもらえると、他の事務所との比較がしやすくなるためおすすめです。
 

諸経費の請求方法を確認する

探偵が調査をする際に諸経費が発生することがあります。例えば、交通費や宿泊費、機材代などです。
 
諸経費の扱いは事務所ごとで異なります。総額に経費を含む場合と、別途請求してくる場合があるため注意してください。
 
また、事務所により深夜(早朝)割増手当てが発生することがあります。こちらも契約時に確認しておきましょう。
 

調査日時を特定して依頼する

調査にかかる時間を短くすると、依頼料金を抑えられます
 
例えば、調査対象と浮気相手が密会する日時が特定できていれば、その日を指定して依頼するだけで済みます。
 
反対に日時を特定できていないと、調査した日に何の証拠も得ることができない可能性があります。そうなれば再度依頼することになり、余計に料金を支払わなくてはなりません。
 
日時を特定するには、調査対象の飲み会で帰りが遅い日、休日に出かける時間帯などの行動パターンを記録しておくと、確認できる可能性があります。
 

調査場所をある程度特定して依頼する

調査日時と同様に、調査する場所の特定ができていれば、料金を安く抑えることも可能でしょう。
 
場所の特定ができていなければ、その調査から始めなくてはなりません。調査候補が複数あるような場合、必要な人員が増えるため、料金が高くなってしまいます。
 
場所を特定する方法は、調査対象の財布に入っているレシートや、カーナビに行ったことがない地点の登録がされているなどのことから確認できるかもしれません。
 

自分で調査をする

自分自身で浮気調査などを行うことも可能です。
 
調査に関する経費しかかからないので、探偵に依頼したときよりは安くできるでしょう。しかし、探偵には専門家ならではの調査方法や技術、経験があり、簡単に真似できるものではありません
 
自分で調べていることが相手に知られると、警戒して証拠を残さなくなる、離婚につながってしまうなどのリスクが高く、あまりおすすめではありません。
 
次の項目で、探偵に依頼すべき理由を説明するのでそちらもご参考ください。
 
【関連記事】浮気の証拠は自力で入手可能|浮気調査の方法と素人調査のリスクまとめ
 

探偵に依頼すべき理由

探偵に依頼した場合でも、調査が相手に知られるリスクをゼロにすることはできません。しかし、自身で調査をするよりもリスクを抑えることはできるでしょう。他にも探偵に依頼したほうがよい理由がいくつかあります
 

専門的な技術・経験を持っているから

数々の依頼をこなしてきた探偵の技術や経験は、依頼者にはとても心強いでしょう。簡単そうに見える尾行や張り込みであっても、プロならではのテクニックやチームワークを駆使して、調査対象に発覚しないよう細心の注意が払われています。
 
また、カメラや車などの機材も高性能なものを使用しているため、質の高い調査が期待できます。
 
【関連記事】探偵のカメラの秘密|最新鋭の調査機材による浮気激写テクまとめ
 

有効な証拠が手に入るから

証拠を集めても、裁判で利用できないものであったり、違法に収集されたりしたものであっては意味がありません。有効な証拠であることが重要です。
 
例えば、結婚相手の浮気が問題で離婚訴訟に発展した場合、裁判で浮気の事実を証明するためには具体的な証拠が必要になります。浮気相手と並んで歩いているような写真だけでなく、ラブホテルから一緒に出てきた写真など浮気を確定づけるものです。
 
探偵であれば裁判で有効な証拠を集めてくれるでしょう。
 

不安・悩みの解消につながるから

探偵へ依頼することではっきりとした結果を得ることができます。不安や悩みを抱えたまま日々を過ごすよりも、辛い結果であろうと事実を知ることで、気持ちが楽になることもあるでしょう。
 
パートナーが浮気しているかもしれないが、とりあえず結果だけが知りたいというときに調査だけしてみるのもいいかもしれません。結果を知ることで、今後どうしたいかがおのずと判断できるでしょう。
 
アフターサポートまで行う探偵事務所もあるため、今後の対応で悩んだときも安心できます。

 

「​探偵事務所での調査をご検討中の方」
 
「調査費用がいくらぐらいかかるのか?プロへ依頼した方が良いのか?」、相談経験が豊富な探偵事務所の相談員に無料相談してみませんか?

【探偵事務所での調査について無料相談する】

探偵に調査を依頼してからの流れ


探偵に浮気調査を依頼した場合を例に、調査を依頼してから完了するまでの大まかな流れを見ていきましょう。
 

①依頼内容の相談

最近では匿名で無料相談をできる探偵事務所もあります。事前にいろいろ調べても、実際に相談してみないことには事務所の雰囲気などはわかりませんよね。気軽に相談してみましょう。
 

②見積もり

調査時間や諸費用などの調査に関する話をよく行い(予算があればその希望も提示してみましょう)、その上で見積もりを出してもらいましょう。無料相談に見積りまで含まれている探偵事務所もあるので、事前に調べておくとよいかもしれません。
 

③契約

見積もりの金額に納得できて、キャンセル料や追加料金などの説明もしっかり受けた上で依頼を決めたならば、契約に進みます。相談のときと異なり、契約の際は匿名というわけにはいきません。探偵事務所側はしっかりとした契約書を作成することが探偵業法で義務付けられているからです。
 

④調査前の準備

探偵による調査が開始される前に、自身で集められるだけの情報は集めておきましょう。例えば、調査対象者の情報(顔写真や本人のスケジュールがわかるもの、所有している車やナンバー、勤務先、終業時間、よく出没している場所など)をわかる範囲で提出しておくと、調査がスムーズに進行します。
 

⑤調査開始

依頼者から提供された情報をもとに綿密なプランを立てた上で、いざ調査を開始します。基本的には張り込みと尾行で調査が行われます。調査が長期間におよぶときは中間報告がされることもあるでしょう。
 

⑥調査完了

調査が完了したら、調査結果が記載された“調査報告書”をもらえます。もしかしたら見たくはない事実が記載されている可能性もあり得ますが、真実と向き合うようにしましょう。そして、調査結果をもとに、今後どうするか最終的な決断をしましょう。
 

⑦調査後のアドバイスやサポート

大半の探偵事務所が調査後のサポートをしてくれます。浮気調査であれば、弁護士を通してパートナーに「今後絶対に浮気はしない」という誓約書にサインさせたり、離婚を前提とした話し合いをしたりすることも可能です(裁判の際には浮気された証拠を握っている側の主張がほぼ通るはずです)。

 

「​探偵事務所での調査をご検討中の方」
 
「調査費用がいくらぐらいかかるのか?プロへ依頼した方が良いのか?」、相談経験が豊富な探偵事務所の相談員に無料相談してみませんか?

【探偵事務所での調査について無料相談する】

調査で浮気が確定したときの対応

調査結果でパートナーの浮気が確定した後は、今後の対応を決める必要があります。離婚して新しい生活を始めるか離婚せずにパートナーとの関係を再構築するかの2通りになるでしょう。
 
この項目では、離婚を前提とする場合としない場合に分けて、今後の対応の仕方をご説明します。
 

離婚を前提に検討している場合

夫と離婚についての話し合いを進めていきましょう。お互いが離婚に合意できれば問題ありませんが、合意できない場合には離婚調停”、“離婚裁判”をすることになります。
 
夫婦のみの話し合いではまとまらないことも多いため、弁護士を通して話し合いをするのも一つの手です。依頼する弁護士にあてがない場合、浮気調査を依頼した探偵事務所に紹介してもらったり、自身で離婚に強い弁護士を探すこともできます。
 
また、パートナーや浮気相手に慰謝料請求をすることもできます。不倫が原因の離婚慰謝料の相場は200万~300万円です。状況によって慰謝料の金額は異なるので注意してください。
 
【関連記事】
離婚問題解決を弁護士に依頼した際の費用と安く抑える方法
不倫慰謝料相場は200~300万|相場以上に請求するための証拠とは
 

離婚しないことを前提に検討している場合

今後も夫婦関係を続けていく上でも、しっかり話し合うことが重要です。パートナーが浮気に走ってしまった原因を解消し、信頼関係を再構築することは簡単なことではありません。
 
場合によっては、専門家のカウンセリングを受けるのもよいでしょう。
 
すぐに関係を修復することはできないので、時間をかけてお互いの信頼を取り戻しましょう。
 
なお、離婚しない場合でも浮気相手に慰謝料請求することは可能です。
 
【関連記事】夫婦カウンセリングのメリットと料金相場|お悩み例・解決例まとめ
 

探偵に依頼した際に起こりうるトラブル

「調査の質が低い探偵に依頼してしまった。」「依頼した探偵が詐欺目的だった。」という場合にはトラブルに発展する可能性が高くなります。
 
国民生活センターに探偵に関するトラブルの相談が寄せられています。一体どんなトラブルが起こりうるのか確認しておきましょう。
 

探偵に浮気調査を依頼したことが相手に発覚してしまった

どんな優秀な探偵でもミスは起こりうるものですが、技術や経験が不足しているために、相手に浮気調査が発覚してしまうことがあります。調査していることが相手に知られてしまうと、証拠を集めることが難しくなるかもしれません
 
発覚してしまう場合に備え、返金対応などについても確認しておくとよいでしょう。
 
参考:原一探偵事務所
 

高額な依頼料・解約金を請求された

「料金が安いと思ったら、経費やオプション料で高額な請求をされた。」「依頼を解約しようとしたら、解約料が高額だった。」というトラブルもあります。
 
契約の際に“契約書の内容を確認する”のは当たり前のことですが、契約後にも確認しましょう。詐欺目的の探偵事務所の場合、契約書の内容を勝手に変更している可能性もあるからです。
 
契約内容に疑問を感じたら、お近くの消費生活センターや弁護士に相談することをおすすめします。
 
参考:原一探偵事務所
 

アダルトサイトでのトラブルを解決する際に騙された

悪質な探偵業者のなかには『消費生活センター』に似た『消費者○○センター』などの名前を名乗っているところがあります。
 
公的機関と偽って、アダルトサイトに関するトラブルを解決するために費用がかかると伝え、料金を支払わせようとしてきます。
 
消費生活センターが費用を請求することはありません。何か変だなと感じたら再度確認するようにしましょう。
 
参考:「アダルトサイトとのトラブル解決」をうたう探偵業者にご注意! 国民生活センター
 

探偵に隠していたことを知られ恐喝された

なかには調査で手に入れた証拠を使い、恐喝してくる悪質な業者もいます。
 
浮気していることをばらされたくなければ○○万円払え。」などといわれ、お金を支払ってしまうケースも。しかし、恐喝はれっきとした犯罪です。警察に相談しましょう。
 
警察に相談した結果、隠しておきたい秘密が発覚してしまうかもしれませんが、いつまでも恐喝され続けるよりはよいでしょう。
 
参考:原一探偵事務所
 

探偵に依頼する前にチェックしておきたい7つのポイント


探偵事務所には優良なところもあれば、悪質なところもあるため注意が必要です。悪質な事務所はお金を騙しとることが目的で、調査の質が低かったり、高額なキャンセル料を請求してきたりします。
 
この項目では『探偵に依頼する前にチェックしたい7つのポイント』を解説するので参考にしてください。
 

探偵業届出証明書の提示をしているか

探偵業を営む業者は公安委員会に届出を行う必要があります。届出をしている業者には“探偵業届出証明書”が交付されており、事務所の見やすい場所に提示しなくてはなりません。
 
また、多くの探偵事務所のホームページには探偵業届出証明書の“探偵業届出証明書番号”をホームページに記載しています。この番号が記載されていなければ、探偵業の届出していないかもしれません。
 
『探偵業届出証明書が事務所に掲示されていない』『探偵業届出証明書番号の記載がホームページにない』場合には違法な業者かもしれませんので注意が必要です。
 
参考:探偵業者に調査を依頼する方へ 警視庁
 

誇大広告を掲載していないか

集客のための誇大広告としてホームページの料金設定を格安表記している業者もいます。後になって多額の調査料金を請求されるリスクを回避するためにも、“調査成功率100%”や“必ず成功させます”という文言には注意しましょう。
 

料金体系がわかりやすいか

浮気調査といっても「案件次第で具体的な料金は示せない」などと説明されることがあるようです。依頼人の懐事情を見て、料金を高額にしようとしている可能性もあるため注意してください。
 
『100万円~300万円位』というように、200万円も開きのある提案をしてくる事務所もあります。
 
また、あまりにも安すぎる調査料金を提示してくる事務所にも注意が必要です。人件費にお金をかけていない、調査能力が低いという理由で安いのかもしれません。
 
安さの理由に納得ができなければ、依頼は控えたほうが無難でしょう。
 

ホームページに事務所の住所を記載しているか

ホームページに事務所の住所を記載していないのは、やましい理由があるからかもしれません。依頼料をだまし取るのが目的で、意図的に住所を隠している可能性があります。
 
自宅兼事務所のために住所を記載していない場合もあるため、他のポイントとあわせてチェックするといいかもしれません。
 

過去に行政処分を受けていないか

お住まいの地域の公安委員会では、探偵業法違反等により営業停止命令・廃止命令等を行った探偵業者をチェックすることができます。過去にトラブルを起こした探偵事務所への依頼を避けるためにも、こちらをよくチェックしておきましょう。

調査書類を裁判で証拠となる形式で作成しているか

証拠として役に立たない調査報告書を作成する探偵事務所もあります。有効な証拠でなければ、慰謝料や離婚の請求ができず、また、浮気調査にかかった費用や時間が無駄になってしまうでしょう。
 
  • 同じことを繰り返しているだけの報告書になっていないか?
  • 調査員が現場に行ったかどうかが明確か?
  • ページ数を必要以上に増やしていないか?
  • きちんと製本がされているか?
  • 誤字脱字はないか?
  • 写真の写り・撮り方がよいか?
  • 十分な情報が記載されているか?
  • 報告書の作成者は明確か?

上記に挙げた8つのポイントを参考にしてください。
 

相談に対して親身であるか

調査の全体像を構成する具体的なアドバイスがなく、ただ闇雲に調査を進めてくることがあります。本来、探偵の役割は証拠を掴むことではなく依頼者が望むゴールに到達することです。
 
依頼者が望むゴールに達することではなく、日数を稼ぎ、費用をかけさせることが目的の探偵も存在するため注意が必要です。

いつ動くか分からない対象者の行動調査をお願いしたい。とにかく、証拠を撮って、慰謝料請求をしたい。」と意向を伝えてみましょう、調査日数や調査人員、事前情報収集などの具体的な提案・ヒアリングがない場合、その探偵社は避けたほうが無難です。
 

探偵に浮気調査を依頼した方の体験談

最後に実際に探偵に浮気調査を依頼した方の体験談をご紹介します。同じような悩みを持っていた方が浮気調査を行った感想は参考になるのではないでしょうか。
 

浮気調査を依頼した女性Aさん

●●さん、こんばんは。
昨年●月に旦那への調査依頼をしました△△です。
 
その後の報告です。
△月に届きました報告書を拝見し、旦那が女の人が待つホテルで入り、一緒に朝出てくる写真を見て、ドラマの様な世界だと手が震えると同時に、よくぞこの瞬間を捉えてくださったと探偵の方への感謝の気持ちが湧きました。
本当にありがとうございました。
 
 因みにその後、旦那は開き直り、暴言等々により離婚を決意し、先週調停が終わりました。あとは相手女性へ責任を追求したいと思っております。
宜しくお願い致します。
 
引用元:原一探偵事務所

 

浮気調査を依頼した30Bさん

原一探偵事務所
 ○○○○様
 
 その節は、大変お世話になりましてありがとうございました。
○○様にアドバイスを頂き行動を起こして正解でした。
ある程度、目星をつけていた女だったのでそれほどの驚きはありませんでしたが、夫が私に隠して貢いだ代償には言葉を失いました。
このまま知らずに生活していたらと考えただけでも恐ろしいことでした。
 弁護士のお力のお蔭で全て有利に運びましたし、不安が無いと言ったら嘘になりますが、背中を押してくれる友人、かわいい子供達、私の宝物です。
 
 頑張って前を向いて歩いていきます。本当に有難うございました。
 
引用元:原一探偵事務所

まとめ

いかがでしょうか。
 
探偵への依頼は料金などを考慮すると簡単にできることではありません。しかし、探偵事務所によっては無料で相談から見積りまで行っているところがあります。無料相談だけの利用でしたら、探偵に依頼することのハードルも下がるのではないでしょうか。
 
また、浮気に関しての相談は身内や友人で会っても、気軽にできるものではありません。「もしかしたらパートナーが裏切っているかも…。」と疑いながら日々を過ごすのはつらいと思います。
 
探偵に相談だけでもしてみるのは有効です。誰かに話せるだけでも気分が軽くなると思いますので、早目のご相談をおすすめします。
 
この記事が参考になれば幸いです。
 
浮気の証拠を確実に入手したい方へ

・浮気調査の料金が高そうで不安
信頼できる探偵に依頼したい
・浮気調査を失敗したくない

そんなお悩みを抱えているなら、
プロの探偵による無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーがあなたの不安にすべてお答えします。

10時35分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

探偵事務所・興信所に関する新着コラム

探偵事務所・興信所に関する人気のコラム


探偵事務所・興信所 コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております