Header home
 > 
 > 
妻の浮気について相談できる機関|悩む夫からのよくある相談例・回答例

妻の浮気について相談できる機関|悩む夫からのよくある相談例・回答例

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

妻の浮気について相談できる機関|悩む夫からのよくある相談例・回答例
浮気調査ナビ編集部
監修記事
Img 1560139242
妻の不倫にお悩みですぐにでもアドバイスが欲しい方

浮気トラブル解決のプロから不倫トラブルの解決法についてアドバイスをもらいませんか?▶不倫・浮気調査に関する無料相談窓口はこちら

愛する妻が浮気しているかもしれない…

誰かに相談したいけれど、どこにも相談できない…

 

あなたは今、このような思いでこのページにたどり着いたのではないでしょうか。

 

もしも妻の浮気が事実ならば、あなたがとる選択は大きく分けて以下の2つです。

 

  • 浮気をやめさせて夫婦関係を修復する
  • 離婚をする

 

修復、離婚、どちらにせよゴールまでは長い道のりになるかもしれませんが、いつまでも今のモヤモヤした気持ちを抱えていくわけにもいかないですよね。

 

特に女性は、浮気相手に本気になり一方的に離婚を切り出してくるといったケースも0ではありません。また、「私が浮気してしまったのもあなたのせいよ」と逆に夫を責める方もいるようです。

 

信頼できる専門家に相談をして、冷静・的確な判断をするようにしましょう。この記事では、妻の浮気について誰かに相談したい・早く解決させたいとお考えのあなたに向けて、

 

  • 妻の浮気について相談できる機関
  • 妻の浮気に関するよくある相談と回答
  • 修復すべき?離婚すべき?決断のポイント

 

についてくわしくお伝えします。

 

妻が浮気をしていたら|離婚に悩む夫が知っておきたい対処法の記事では、

  • 妻が浮気をする原因
  • 妻の浮気の兆候
  • 浮気をしている妻への対処法
  • 夫が親権を得るための方法

などについてくわしく解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

 

妻・女性の浮気に関するこちらの記事も読まれています

女性の浮気を見抜く5つの方法

嫁が朝帰りする理由と朝帰りをやめさせるための3つのポイント

浮気する女性の特徴8つ|行動パターンや浮気する心理

彼女の浮気が心配なあなたへ | 浮気の兆候がわかるチェックポイント

 

浮気調査の無料相談窓口

妻とやり直すにも、離婚するにも、慰謝料請求するにも、『決定的な浮気の証拠』が必要です。
浮気調査は高度な技術が必要になるためご自身で行ってしまうと相手にバレて警戒され、浮気を巧妙に隠されてしまいます
確実に証拠をつかみたい場合はカウンセラーへの無料相談をご活用ください。

 

妻の浮気について相談できる機関

「妻が浮気してるかも、なんて人には言いにくい…」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、専門家からのアドバイスがないと早期解決が難しいケースもあります。無料相談が可能なところも多数あるので、ぜひ以下の相談先を利用してみてください。

 

カウンセラー|話を聞いてもらって楽になりたい方向け

「とにかく今の悩みを聞いてもらいたい」「今後どうしたいのかがわからない」という方は、男女問題・夫婦問題・離婚問題の解決に注力しているカウンセラーに相談するのがいいでしょう。

 

弁護士や行政書士とのつながりが強いカウンセラーも多く、相談者の心に寄り添いながら問題解決へのサポートをしてくれます

 

定期的にカウンセリングに通う場合は料金がかかりますが、初回相談は無料に設定しているところも多くあります。まずはお近くのカウンセリングルームを探してみましょう。

 

《代表的なカウンセリングルーム》

 

カウンセラーに関する以下の記事も参考にご覧ください。

 

【関連記事】

夫婦カウンセリングのメリットと料金相場|お悩み例・解決例まとめ

離婚カウンセラーができる事と離婚カウンセラーへの相談事例

セックスカウンセラーとは?|SEXカウンセリングのメリットと料金まとめ

 

探偵|浮気の事実を確かめたい方向け

「まずは浮気が事実かどうか確かめたい」という方は、探偵に相談するのをおすすめします。

 

なぜ探偵なのかと疑問に思われる方もいるかもしれませんが、あなたが妻と離婚したい場合も、離婚したくない場合も、決定的な浮気の証拠がなければ主張を通すのは難しいかもしれないのです。

 

特に「浮気相手を遠ざけて慰謝料請求したい」という方は、誰もが認める浮気の証拠を提示しない限り、裁判でも戦いにくいのが現実です。

 

浮気の証拠は素人が掴もうと思っても難しく、本人にバレてかえって証拠を隠蔽されたり、あなたが訴えられて不利な立場になってしまったりというリスクもあります。そこで安心して任せられるのが、浮気調査の専門家である探偵というわけです。

 

なお、原一探偵事務所へ浮気調査をご依頼いただいた方の男女比は以下のとおりです。

 

(引用:原一探偵事務所

 

妻の浮気をはっきりさせて、浮気相手と別れさせた上でやり直したい」という目的の方が多くいらっしゃるのが現状です。

 

原一探偵事務所では、24時間体制・匿名OKの無料相談窓口を設けています。費用に関するご相談はもちろん、そもそも浮気調査をすべきかどうかという点も含めて、まずはお気軽にご相談ください。

 

浮気調査の無料相談窓口

妻とやり直すにも、離婚するにも、慰謝料請求するにも、『決定的な浮気の証拠』が必要です。
浮気調査は高度な技術が必要になるためご自身で行ってしまうと相手にバレて警戒され、浮気を巧妙に隠されてしまいます
確実に証拠をつかみたい場合はカウンセラーへの無料相談をご活用ください。

【関連記事】

浮気調査でよくある相談事例と無料相談可能なおすすめ相談先

はじめて探偵に無料相談する方も安心!探偵の選び方・費用・相談の流れ

不倫の証拠はこう掴む!裁判で使える証拠と掴んだ証拠の活用方法

浮気調査の内容|証拠を掴むために探偵がしている3つのこと

 

弁護士|すでに離婚を検討中の方向け

「離婚したい」とお考えの方は、法律の専門家である弁護士に相談するのが良いでしょう。また、下記に該当する方も弁護士のサポートを受けられるのをおすすめします。

 

  • 浮気をした妻から一方的に離婚を迫られていて話もしてくれない
  • 妻が弁護士を立てている
  • 妻と離婚したくはないが浮気相手に慰謝料請求したいと考えている など

 

浮気(不倫)トラブルの解決に注力している初回相談は無料の弁護士事務所も多くありますので、すばやく平和的解決をするためにも、ぜひお住まいのお近くの弁護士事務所を探してみてください。

 

離婚トラブルの解決に注力している近くの弁護士事務所が探せる!

離婚弁護士ナビ

 

また、お住まいの役場や、法テラスなどからも弁護士への相談が可能です。

 

妻の浮気に関するよくある相談例・回答例

ここでは、実際に妻の浮気に悩んでいる方の相談や、それに対する回答をご紹介します。(+をタップすると相談&回答がご覧いただけます。)

 

妻が恐ろしい

 

妻が浮気をしていることが確定しました。

しかし、この後、どのように対応すべきかが分かりません。

単純に「別れればいい」「慰謝料を請求すればいい」とも言えないです。

加えて、自分の妻のことが、とても恐ろしく感じます。

委縮してしまっている現状があります。

(引用:ヤフー知恵袋

【回答】

女性は子育てが終わると不倫に 傾向があります。
それは今まで子育てや家事のため遊べなかったというストレスをやっと発散させられるからです。
年取った旦那より、若く精力的な男とセックスを楽しみたいだけです。
相手の男も離婚させて再婚などとは考えていないでしょう。

結果としては、
あなたが見て見ぬふりをして、今までどおり奥さんに自由なことをさせてやるか。
または、法律家の力を借りて離婚して、相手の男から慰謝料を取るかです。
子供さんたちもきっと奥さんのことを知れば傷つきますが、あなたの味方になってくれるはずです。
大事なのは、あなたがどうしたいかです!

(引用:ヤフー知恵袋

もう限界かもしれない

 

妻の浮気が発覚してからもう少しで1年になります。

やり直そうと頑張ってきましたが、些細なことで妻のことが信じられなくなり、辛くなります。

妻とはセックスレスで、そういう気持ちにはならないと言います。

子供が2人いるので離婚せずに頑張ってきましたが、もう限界かなと思うときもあります。

セックスできれば気持ちとして安心できるかなと思い何度もお願いしましたが、いつも拒否されます。

皆さんなら離婚しますか?

(引用:ヤフー知恵袋

【回答】

確かに親の勝手で、子どもから母親を奪うのも、父親を奪うのも、どれも酷なことだと思います。

けれど、不仲な両親、喧嘩ばかりだったり、冷め切ってしまっている両親の元で育つお子さんの気持ちは考えられたことがありますか?

子どもはほんとうに敏感です。私も子供の頃母の浮気が原因で両親が離婚しています。それから祖父母に育ててもらい、とても大事にしてもらい、とても幸せに育ちました。母や父以外に私たちをこんなに愛してくれる人がいるのに他に何を望むことがあるんだ、と思い生きてきました。

子供の幸せを考えるなら、離婚するのもありではないでしょうか。いつまでたっても母親になれないただの色ボケ女はいりません。子供にも悪影響。質問者様の1年の心の苦労を考えるといたたまれません。

(引用:ヤフー知恵袋

妻が元同僚と浮気しているようです

 

妻が元同僚と浮気しているようです。浮気が発覚した経緯は、私も以前その職場に勤務していたことがあり、その時の同僚が教えてくれました。最初は信じがたい事実でしたが、その同僚も同じように思ったみたいです。しかし、何度が一緒にいるところを目撃したみたいで嘘をついているようには思えませんでした。それでも信じられなかった私は、妻が寝ている隙に携帯を見たらその男とラインでやり取りしているのを発見しました。これは間違いないと思い相談しました。相手に社会的制裁を加えたいですが、相手も既婚者の為、早急に対処しないといけません。

(引用:おきなわ県民探偵興信所

【回答】

W不倫の場合、お互いにリスクがあります。まずは、事実確認を行い浮気の事実がある場合は、相手が言い逃れできないような証拠を収集していく必要があります。しっかりとした証拠収集ができれば慰謝料請求等の法的な対応も可能となります。

(引用:おきなわ県民探偵興信所

浮気をしておきながらセックスレスを理由に慰謝料請求してきた妻

妻の浮気が発覚。私は離婚を決意し、慰謝料も請求しようとしたところ、妻が「2年間もセックスレス状態にした、あなたに責任がある。私を抱かなかったから浮気に走った。逆に、慰謝料を請求する」といってきたのです。事実、妻とは長年性交渉がなく、となると妻の主張のほうが正しいのでしょうか。

(引用:NEWSポストセブン

【回答】

 法律では、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と同居義務と相互扶助義務を課しています。責任としては、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」と定めています。同棲して助け合って生活し、経済的負担も稼ぎに応じて分担し合おうというのが夫婦ですが、性行為を義務とする規定はありません。

 法は必要以上に家庭に立ち入ることをしません。性的関係を持てと書いていなくても、結婚して夫婦になり、子を生して形成する夫婦と子供の家庭こそが、民法の家族の基本単位ですから、性的関係を持つことを前提としています。

 夫の異常な性行動の故に悩んだ妻の離婚請求を認めた最高裁も「夫婦の性生活が婚姻の基本となるべき重要事項である点」と説示しています。そこで性的不能者が、そのことを隠して結婚した場合には、妻からの離婚を認めるだけでなく、不法行為になるとして慰謝料を命じる事例もあれば、逆に、潔癖症の妻が婚姻以来性交を拒否し続けた事件に、夫からの離婚と慰謝料請求を認めた裁判例もあります。

 ですが、これらの事件はたいていが婚姻当初の出来事です。結婚後時期が経ってから性交渉がなくなったケースではありません。

 なので、奥さんからの要求を拒否し続けたのでなければ、不法行為にならず、慰謝料請求を受ける心配はなく、奥さんの不貞行為が正当化されることはありません。

 ただ、あなたが理由なく性交を拒否し、その結果、夫婦関係がすでに破綻してしまっていたとすれば、奥さんの浮気は不貞行為には当たらず、離婚は認められても慰謝料の請求はできないと思います。

 それこそ破綻の原因を作ったとして、奥さんの言い分通りに慰謝料を請求される可能性がないとはいえないでしょう。

(引用:NEWSポストセブン

 

妻の浮気はこうやって発覚した!?「妻の浮気」に関する実話

ここでは、原一探偵事務所のホームページに掲載中の「妻の浮気」に関するエピソードをご紹介します。(+をタップするとエピソードがご覧いただけます。)

 

知らない男と腕を組んで歩いている妻を見かけました。(20代男性)

 

先日、仕事が早く終わり、妻をびっくりさせようと思い連絡せずに帰宅している途中にある駅で、知らない男と腕を組んで歩いている妻を見かけました。

連絡していたら、こんな現場を見る事はなかったんだろうか…と思いながら、同じ電車の違う車両から観察していると、楽しそうに知らない男とうれしそうな顔で話す妻を見ていました。

そして自宅から最寄り駅から2つ離れた駅で2人が一緒におりると、すかさず私も同じ駅で降りて、しばらく跡をつけると、自宅から一駅手前の駅まで知らない男と歩いていました。

知らない男の家が近いのか、人影の無いところに行きました。

私も見つからないよう、影になった暗い場所で2人の動向を観察していました、そうすると、しばらく話しをした後に何度も何度もキスをしていました。

妻の方から求めていく様が目に飛び込んで、私は目をつむりたくなりましたが、これは見ておかなければならないと思い、息を潜めながら、しっかり目にその光景を焼き付けました。

しばらく経って「次はいつにする?明日も会いたいな~」と言わんばかりに手を振り妻はまた電車に乗り家に帰って行きました。

私はその光景を見つつ、今から帰るとメールを打ち、自宅から最寄りのマクドナルドで時間をつぶし、帰宅しました。

(引用:原一探偵事務所

嫁がネットで浮気をしてました。(20代男性)

 

嫁がネットで浮気をしてました。

専業主婦で毎日家にいる嫁は暇を持て余したのか、ネットゲームに嵌っていました。

最近では家事に支障がでるレベル…

さすがに俺もいい加減にしろ、と言ったが逆にキレられ

頭に来た俺は嫁が風呂に入っている間にこっそりとログをのぞいてみた。

そこにはなんと、浮気の数々…

辿っていくとどうやら実際にあっている様子…

どうやら体の関係もあるみたいだ。

俺はその画面を写真に収め、嫁を別れる決意をした。

(引用:原一探偵事務所

でっち上げのDV診断の真相は妻の浮気(30代男性)

 

妻が掃除の最中に荷物を持ったまま脚立から転び、腕に怪我をしました。

丁度私も一緒に掃除をしていたので、慌てて妻を近くの病院に診せたのです。

打撲だったのですが、それが後日とんでもない事になりました。

ある日、妻が不在の時に来客があり、応対してみるとなんと弁護士だというのです。

とにかく家に上げ、話を聞くことにしました。

弁護士は妻が私のDVにより、離婚をしたいと言っていると告げられ、まず身に覚えのない事に唖然としましたね。

最初は高圧的に私を非難してくる弁護士の迫力に飲まれるような感じだったのですが、

日常的にDVをしていた、と出された資料に違和感を感じたのです。

事細かに記録されていた妻の日記には、私が日常的に妻に手を挙げていたとする事が書かれていたのですが、

どう考えても、私がいない時の事がさも事実かのように書かれていたのです。

そこで、弁護士に許可をとって比較的近くに住んでいる同僚に来てもらい、同僚の証言のもと、妻が日記に書いていたDV記録の日程を確認。

どれも私が残業や、出張時の物理的に在り得ない出来事が判明されました。

その日は弁護士ももう一度妻に事実確認をするとして帰ったので、そのまま同僚と妻の帰りを待ったのですが、もちろん帰ってくる気配もありませんでした。

同僚がもしかしたら浮気じゃないのか、という言葉に調査会社を使って妻の行動を調べる事にしたのです。

結果、同僚の言葉通りでした。

妻は浮気相手と一緒にいて、私のDVをでっちあげ慰謝料をとって離婚する計画だったようです。

もちろん、その後は妻の浮気と私を冤罪DVに仕立て上げた事を徹底的に追及し、慰謝料をとって離婚しました。

(引用:原一探偵事務所

電車遅延で妻の浮気発覚(40代男性)

 

電車の遅延で朝から1時間近くホームに足止めすることになってしまった。

タクシーを使うことも考え、一度駅の外に出てみたけれど、タクシー乗り場も長蛇の列。

挙句にこの遅延で客同士のトラブルまで発生して、どうしようにもなくなってしまった。

会社に事情を話し、半休を貰う事でしばらく落ち着くまで駅近くの喫茶店で時間をつぶすことにした。

駅ビルの二階、窓辺に席を取って駅の様子を確認しつつコーヒーを飲んでいたんだが、 ある一点に急に視線が集中した。その視線の先は反対側のコーヒーチェーン店に入っていく女性。

どう考えても妻だった。着飾った服装とかしてて、何かおかしいって直観的に悟ってしまい、 俺はそのまま妻の行動を監視することにした。

しばらくして、妻は店から出てきたのだが、若い男が隣にいた。

浮気なのは一目瞭然。それでも念のため妻とその男が出向く先を尾行した。

行く先はもちろん、真昼間のホテル街。

それからは、妻の浮気にショックよりも怒りというか、目の前が真っ白になって、そのまま現実逃避するように会社に向かった。

家に帰る気が起こらなくて、その日は同僚を無理やり誘って飲みに行った。

それが3か月前の話。今は弁護士雇って相手有責の離婚審議中。

(引用:原一探偵事務所

 

修復すべき?離婚すべき?決断のポイント

妻が浮気していたら、浮気をやめさせて夫婦関係を修復すべきか、それとも離婚すべきか…悩みますよね。浮気といっても様々なケースがあり、これが正解という基準があるわけでもありません。

 

妻が浮気を認めて心から反省しているのであれば、すぐに離婚を決断せずにじっくり話し合いをしながらやり直すのも一つですし、開き直っているのであれば、離婚をして自分の人生を再スタートさせるのも一つでしょう。

 

ただ、慰謝料や財産分与はどうするのか、子供がいるのであれば親権や養育費はどうするのかなど、離婚に際して決めなければならないことがたくさん出てきます。

 

離婚は結婚の何倍も大変とはよく言われますが本当にその通りで、妻と意見が割れるような場合は弁護士からサポートを受ける必要性も出てきます。

 

「離婚したいけどできない、でも浮気をした妻とこれまで通り一緒に暮らしていられない…」というような場合は、冷静になるための別居期間を設けてみるのもいいでしょう。

 

いずれにせよ、焦って決断するのは後悔のもとです。浮気の専門家からアドバイスをもらった上で、時間をかけて自分が納得いく決断をすることをおすすめします。以下の記事も参考にご覧ください。

 

●離婚したい方向けの記事

●夫婦関係を修復したい方向けの記事

●慰謝料請求したい方向けの記事

 

有利な条件で離婚をするためには

浮気をされたあなたがなるべく有利な条件で離婚をするためには、決定的な浮気の証拠を提示して、あくまでもあなたが「浮気をされた側」であり、妻が有責配偶者であることを主張する必要があります。

 

浮気調査の無料相談窓口

妻とやり直すにも、離婚するにも、慰謝料請求するにも、『決定的な浮気の証拠』が必要です。
浮気調査は高度な技術が必要になるためご自身で行ってしまうと相手にバレて警戒され、浮気を巧妙に隠されてしまいます
確実に証拠をつかみたい場合はカウンセラーへの無料相談をご活用ください。

 

まとめ

妻に浮気されているかもしれない…あなたは今とても辛い状況にいることでしょう。これからどうすべきか、一人で考えても心が沈むだけで何も解決しないような場合は、浮気問題の解決に注力している専門家に勇気を出して相談してみてください。

 

  • 話を聞いてもらって楽になりたい方→カウンセラーに相談
  • 浮気の事実を確かめたい方→探偵に相談
  • 離婚を検討中の方→弁護士に相談

 

きっと有益なアドバイスをもらえることでしょう。この記事が、少しでも今後のアクションのきっかけになれば幸いです。

浮気調査の無料相談窓口

妻とやり直すにも、離婚するにも、慰謝料請求するにも、『決定的な浮気の証拠』が必要です。
浮気調査は高度な技術が必要になるためご自身で行ってしまうと相手にバレて警戒され、浮気を巧妙に隠されてしまいます
確実に証拠をつかみたい場合はカウンセラーへの無料相談をご活用ください。


この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
調査実績44年、解決実績11万件以上を誇る「原一探偵事務所」公式パートナーの「浮気調査ナビ編集部」です。
浮気に悩むあなたをサポート。確かな情報をお届けします。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気/不倫問題に関する新着コラム

浮気/不倫問題に関する人気のコラム


浮気/不倫問題 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております