Header_home
 > 
 > 
 > 
離婚したい人必見!離婚したいけどできない時の3つの対処法と離婚方法

離婚したい人必見!離婚したいけどできない時の3つの対処法と離婚方法

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

2017.9.29
離婚したい人必見!離婚したいけどできない時の3つの対処法と離婚方法
Pixta_28djo%ef%bd%8a%e3%81%ae1_s

「離婚したい!」と思う瞬間は様々なところにあると思います。我慢するべきと言われるようなものでも、積もり積もれば「もう限界!」となってしまうのは仕方ないことなのではないのでしょうか。
 
下の表をご覧ください。


(参考:人口動態総覧平成28年平成26年)
 
これは厚生労働省が公開している人口動態総覧の離婚と婚姻件数を表で表したものです。このように離婚する夫婦は一定数おり、婚姻した夫婦の内3組に1組は離婚していることになります。この表から見てわかる通り今では離婚がそう珍しいものではなくなりました。
 
確かに子供や周囲からすれば夫婦仲良く生活するのが1番ですが、家庭内別居やうつ病になるまで我慢して一緒にいて欲しくないというのが本音なではないのでしょうか。
 
とはいえ、離婚後のことを考えたら明日いきなり離婚できるわけではありません。離婚には多くの不安があると思いますが、ここでは解消法や離婚の方法を紹介します。損をしない離婚の参考にしてください。

 



 

夫や妻が離婚したいと思う理由

離婚をしたいという理由はさまざまです。ここではよくある離婚したい理由を男女別で紹介します。
 

夫が離婚したいと思う理由

全く家事・育児を行ってくれないから

 

家にいる時は昼まで寝ていて、ほとんど何もしない。まだまだありますが・・・もうコレ以上は我慢できない。(引用:あなたの弁護士 無料法律相談Q&A一覧)

 自分は仕事をしているのに専業主婦の妻が全く何もしてくれないと不満が溜まりますよね。また、このような妻の態度は家で休めない、一緒にいたくないという気持ちを後押しします。
 

性格がきつくなりDV・モラハラをされているから

喧嘩もしばしばで、最近は暴力も出るようになり挙句には殴られ、給料、ボーナスは取られ、無一文で家を出され、会社に泊まったり、ネットカフェに泊まったり(引用:あなたの弁護士 無料法律相談Q&A一覧)

 結婚してから性格がきつくなるという話をよく聞きます。妻からのモラハラやDVも増加しており、夫は「男」という理由から周囲に相談しにくいという傾向があり、我慢を強いられるケースが多いのです。
 

セックスレスだから

私が求めても全く応じようとはしませんでした。離婚を切り出したのですが、子供が小さいとのことで一蹴され、今日に至っております。(引用:あなたの弁護士 無料法律相談Q&A一覧)

 結婚や出産後からセックスレスになるケースが多く、特に男性にとっては死活問題なのではないのでしょうか。
 

財産を全て握られ妻だけ自由なお金が多いから

私が離婚したい理由は、妻の携帯ゲームへの課金が止まらないことです。(引用:あなたの弁護士 無料法律相談Q&A一覧)

 貯金しようと言いつつ自分だけ散財や浪費をしてしまう妻も多く居ます。また、夫にはお小遣いをぎりぎりの金額しかくれないケースもあり、自分が働いて稼いでいるのにそのようなことになってしまうと離婚したいとおもうのは妥当ではないのでしょうか。
 

実家や親離れできていないから

専業主婦の妻ですが、毎日2時頃まで起きており、朝も起きない、3分の1程度は実家に泊まって家にいません。(引用:あなたの弁護士 無料法律相談Q&A一覧)

 実家や親から離れられないという妻もいます。また、親に対し異常にものをねだっていたりする妻もいるのです。
 

妻が離婚したいと思う5つの理由

 

DVやモラハラをされているから

学歴の高い夫はもともと私のことを見下しており、人として扱われていないように感じておりました。もう家は出たい。(引用:あなたの弁護士 無料法律相談Q&A一覧)

 夫から妻へのDVやモラハラは代表的な離婚したい理由の1つですね。
 

不倫をしていたから

休日や仕事帰り、仕事を休んでデートを重ねています。問い詰めると逆上し、モラハラ夫となるので、一切話しません。いち早く別居か離婚したいです。(引用:あなたの弁護士 無料法律相談Q&A一覧)

 仕事などと嘘をついて不倫をしている夫を見てしまったら大きく傷つくとともに、全く信用できなくなり、その後の夫婦生活に多くの影響が出てしまいます。
 

夫の給料が少ないから

夫は数年前に会社を解雇され、それから無職です。働かない夫と毎日一緒にいると私までうつ病になりそうに思い、数ヶ月前に別居しました。(引用:あなたの弁護士 無料法律相談Q&A一覧)

 専業主夫ならいいのですが、家事・育児もしない、仕事もしないでは離婚したいと思うのは当然です。また、夫が就職・退職を繰り返していると家計が安定しないため不安になり、離婚したほうがましなのではないかと思ってしまいます。
 

家庭を顧みず仕事ばっかりしているから

家庭を顧みず、仕事ばかりを優先する夫と離婚したいと考えています。(引用:あなたの弁護士 無料法律相談Q&A一覧)

働かない夫も嫌ですが、働き過ぎて家庭に対して無関心な夫も嫌ですね。妻が愛想をつかしてしまうのも仕方ないことなのではないのでしょうか。
 

マザコンで母親のいうことが全て正しいと信じているから

しっかり家事をしているにも関わらず、義母に文句を言われ、夫は全くこちらをかばおうとせず、寧ろ母親を信じているため、こちらに対して文句を言ってくることも離婚したい理由です。
 

離婚をしたい人が出すサイン

離婚したいという気持ちは、行動に出るのです。男女別でどのような行動が出てきたら離婚したと考えているのか紹介します。あなたが離婚したいと思っているのであれば、知らず知らずのうちにそのサインが出ているかもしれません。
 

夫が出すサイン

  • 家に帰ってくる時間が遅くなった
  • 家にいても部屋に引きこもってしまう
  • 話すことを避けるようになった
  • 不倫や浮気の証拠を隠さない
  • 「忙しい」・「疲れた」が口癖になった
  • 妻の実家を避けるようになった

 
男性はとにかく関係を避けようとします。そのためとても分かりやすいので、もしそのような態度が出た場合、家庭内別居や完全に無視される前に対処することが大切です。
 

妻が出すサイン

  • 夫から触れられるのを拒むようになる
  • 実家に帰る頻度が増える
  • 不満を口にすることが多くなる
  • メイクや服装が変わる
  • 前まで文句を言っていたことに対し無関心になってくる
  • 家事をしなくなる
  • 調べ物が多くなった

 
妻の場合、実家に帰るなど、離婚の準備をし始めるのが特徴です。また、髪の毛をバッサリ切ってしまったり、離婚後の生活に向けて見た目からの準備を始めます。
 

離婚したいけどできない理由と対処法

離婚したい!と思ってもいきなり離婚することなんてできませんよね。特に子供がいる場合色々な面で難しいと思います。ここでは離婚したいけど、離婚できない理由とその対処法をまとめました。
 

相手が離婚届にサインしてくれない

離婚するには離婚届にサインが必要になります。しかし、合意が得られないとサインがもらえず、離婚が成立しません。相手が1歩も引かない場合、早々に離婚調停を起こし、認められない場合は離婚裁判を起こす必要があります。
 
うなずかない相手に対し話し続けても時間の無駄に終わるという可能性もあります。そのため、早めに離婚を成立させたい場合は、離婚問題の経験が豊富な弁護士を味方に調停・裁判を行うことがおすすめです。
 

子供がまだ小さいから離婚ができない

子供がまだ小さいから離婚できないという悩みは多くの人が持つと思います。どうしようもない親だとしても、いた方が安心するという場合は多いのです。
 
しかし、両親の関係が悪い、親からの虐待を受けている、夫婦間の虐待を見ているなど成長の妨げになると判断できる場合は離婚をしてしまった方が、将来的にプラスになることも考えられます。

子供が小さい頃の離婚は、子供のことを最優先にして慎重に行う必要があります。
 
【関連サイト】
離婚が子供に与える15の影響と悪影響をケアするための方法
 

離婚したら経済的に苦しくなる

離婚したら経済的に苦しくなってしまう可能性があります。特に女性は結婚時に仕事を辞めていたりパートに切り替えている場合が多く、余裕のある生活が望めない可能性が高いのです。
 
対処法として、夫から離婚の際に慰謝料・養育費・財産分与をしっかりもらうということです。また、母子・父子家庭のための支援制度を活用しましょう。

この制度は意外と多くあるので詳しくはこちら「ひとり親家庭の支援について」をご一読ください。

離婚前に夫婦関係の修復は本当に不可能か考える

まだ離婚しなくても夫婦として一緒に入れる可能性があったしても、離婚届を出してしまうともう後戻りができません。本当に修復不可能か考える際の参考にしてください。
 

2人で話し合う

堅苦しく話し合うのではなく、2人のどこがいけなかったのか、直しても関係が修復できないのかなどを話し合います。また、昔の思い出話をするのでも構いません。とにかく楽しかったことをたくさん思い出すようにしましょう。
 

カウンセリングに行く

心療内科や市区町村の役場で行っているカウンセリングに2人で行きましょう。カウンセリングでは専門の先生が、夫婦生活が悪化した原因の解明や解決策の提示などを望むことができます。
 

円満調停を行う

円満調停」とは調停委員が双方から事情を聴き、夫婦生活が円満でなくなった原因の解明や元の夫婦に戻れるような解決策を提示してもらうことができるのです。
 

円満調停ができる裁判所一覧
 

【関連サイト】

夫婦に関する家庭裁判所での調停について | 円満・離婚調停の概要まとめ

 

 離婚前にしておくべきした準備

話し合っても離婚しかないと思った場合、離婚した後のことを考え準備しておいた方がいいことがいくつかあります。離婚後生活に困らないようにしっかり準備を整えて離婚をしましょう。

 

親権をどちらがもつのか?

親権はどちらが持つのかは、子供自身の気持ちや環境の準備のためにも先に決めておくようにしましょう。親権は自分の一時の気持ちではなく「子供の幸せ」を第一に考えなくてはいけません。

 

また親権争いは母親の方が有利で、裁判で争った内の90%は母親に親権を認められるものになりました。


(参考:司法統計)
 

しかし、夫が絶対にとれないわけではありません。妻から親権を取りたい人は1度こちら「妻の不倫を理由に離婚したとき夫が親権を取りやすくする方法まとめ」をご覧ください。

 

相手に請求できるお金の確認

相手にいくらくらい請求できるのか確認する必要があります。基本的に離婚時に請求できる金銭は財産分与・年金分割・養育費(親権がある場合)・慰謝料(請求する理由がある場)です。
 

財産分与・年金分割は基本的に折半になります。養育費は「養育費・婚姻費用算定表」を参考に求めることが可能です。また金銭の問題は円満に解決する問題ではありません。

全く話がまとまらない場合は、離婚問題に注力している弁護士に相談しましましょう。

 

【関連サイト】
離婚時の財産分与とは|財産分与で損しないための知識
 

離婚後の住居の確保

離婚した後、今の家からどちらかが出ていくことになります。実家に帰るという場合は心配ありませんが、賃貸を借りる場合は、部屋の確保・引っ越し費用の用意・最低限の家具の確保をしなければいけません。
 
シーズンによっては全く部屋が開いてない可能性もあります。ぎりぎりに住居を選ぶと焦って、選択肢が狭まってきてしまう可能性があるのです。
 

離婚後に働くなら就職先の確保

離婚後に働くことを考えている場合、職場の確保が必要です。子供が小さい場合は融通が利く職場を選ばなくてはいけません。

職場も早めに決めておくことが大切です。離婚が成立してから決めるのは精神的に多くの力が必要になるので、離婚後から新しい生活をスタートできるようにしましょう。
 
 

離婚するにはどのような方法がある?

離婚は、
1:協議離婚
2:離婚調停
3:離婚裁判(離婚訴訟)
 
の順に進んでいきます。離婚は個人間の問題になりますので、必ず最初に2人で話し合わなければいけません。裁判で離婚する夫婦が多いような気がしますが、実際協議離婚で離婚する夫婦が9割を占めています。もう少し詳しく離婚の方法についてみていきましょう。
 

初めにする協議離婚


協議離婚の流れは上のようになっています。離婚を切り出す前に離婚後の生活について話し合い、夫婦で離婚条件を離婚協議書にします。
 
離婚協議書とは、離婚時に決めた条件(慰謝料・養育費・親権・面会交流に関すること・財産分与など)を記載しておく書類になります。離婚協議書があると、この条件が守られなかった場合に証拠として裁判を行うことができます。
 
また、公証役場で公正証書にすることで更に証拠としての信憑性が増すとともに、裁判を行わなくても強制執行ができるのです。
 

公証役場一覧

 
【関連サイト】
離婚届の書き方解説|書く前の注意点と相手がサインしない場合の対処法
離婚協議書を公正証書にする手順と作成前に必ずおさえるべきポイント
 

2人で話し合っても決まらない場合は離婚調停


2人で話し合っても決まらない場合、上の図のような流れで離婚調停が行われます。裁判所で行いますが、裁判とは違い話し合いと合意によって成立・不成立が決まるのです。
 
話し合いで離婚を決めるため、離婚に至る理由が裁判のように具体的でなくても構わないのが特徴です。調停では、弁護士に代理をしてもらうことが可能なため、協議離婚より有利に進められます。
 
【関連サイト】
離婚調停が不成立した後の流れと対策 | 調停までに解決したい離婚問題
離婚調停の期間と最短で終わらせるために知っておくべき事
 

離婚調停が決まらない場合は離婚裁判

調停でも離婚が決まらない場合は離婚裁判を行います。調停が不成立のため必ず裁判に移行するわけではありませんが、もう1度調停を行うより手数料が抑えられるのです。
 
離婚を裁判で決めるには裁判官が離婚を認めるのに妥当と思うような理由がひつようになります。これは民法で定められており以下のような理由の場合のみ離婚が認められます。

・配偶者に不貞な行為があったとき。
・配偶者から悪意で遺棄されたとき。
・配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
・その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
(引用:民法第770条)

 
また裁判で離婚を行う際は上記のことが事実であると証明するための証拠が必要になります。証拠は集めづらいものが多いので、専門である探偵に依頼するのも1つの手段です。
 
【関連サイト】
離婚裁判を開く費用と弁護士費用|弁護士に相談して有利に進めるには
離婚裁判の期間を短くして有利に離婚する為の10の手順
  

離婚した後によくある問題と対処法

「離婚は結婚の3倍の労力がかかる」という言葉を聞いたことはありませんか?下の表をご覧ください。」

この表はリサーチサイト「ティムスドライブ」が行った離婚の際にそのような苦労があったかを調査するアンケート結果です。

表を見るとお金・子供・手続きで苦労したのが分かります。ここではこの3つを取り上げ、どのように対処すればいいのか見ていきましょう。
 

お金のこと

とくに女性は、結婚や出産を期に仕事を辞める方が多いため、この問題に直面するのではないのでしょうか。総務省統計局が調査した2人以上の世帯の1ヶ月の平均生活費は282,188円となっており、1年で約300万円になります。1人で300万円を稼ぐとなるとフルタイムで働かなければいけません。
 
お金の問題を解消するには、まず母子家庭の手当制度をしっかり確認することと、養育費や慰謝料をしっかり払いきってもらうために、協議離婚書を書き公正証書にすることです。また、弁護士に相談することでお金を多くもらえる可能性が高まります。
 
【関連サイト】
離婚慰謝料の原因別で見た相場と高額請求を成功させる為だけの全知識
養育費の請求に公正証書があるメリットと強制執行をする際の注意点
財産分与請求調停の手順|財産分与の獲得を有利に進める8つのコツ
 

手続きなど

離婚時に必要な手続きは意外と多く面倒くさいものばかりで、以下のようなものが挙げられます。

  • 苗字の変更届
  • 健康保険・年金の変更
  • 不動産・賃貸の名義変更
  • 住民票
  • 生命保険の受取人などの変更
  • 郵便局・銀行などの名義変更
  • 母子家庭制度の申請

 
これらの手続きは放置しておいていいものではありません。また期限が決められているものがほとんどです。優先順位をつけて2日間くらいに詰め込み一気に終わらせることで、何度も役場に行くという手間を省くことができます。
 
【関連サイト】
離婚届の必要書類と提出する際の注意点まとめ
 

子供のこと

子供にとっても両親の離婚は大きなストレスになります。また、もう1人との交流面会を子供が本当に望んでいるのかどうかもしっかり観察しなければいけません。

またそのような細かい約束事も、協議離婚書に記載し、トラブルの際にこちらが正しいことを証明できるような用意が必要です。
 

離婚したいと思った場合の相談先一覧

離婚したいと思った時どこに相談しますか。1人で悩んでしまうと視野が狭くなり最善の方法を選ぶことができません。また、精神的に疲れてうつ病などになってしまう可能性があります。
 
ここでは、離婚時に心強い味方になってくれる相談先を紹介します。
 

友人に相談する

まず、周囲の友人に相談しましょう。友人に相談することで、自分がこれからどうしたいのか頭の整理をすることができます。また、自分の現状を伝えることによって、話し合いで揉めたりした場合の避難先として助けてくれる可能性が高いのです。
 
離婚経験がある場合は、経験者の意見もよく聞くようにしましょう。生の苦労話や失敗談を聞くことで失敗を防ぐことが可能です。
 

カウンセラーを利用する

離婚の話し合いなどでストレスが溜まり、どうしたらいいのかわからない時は心療内科や市区町村の役場で行っているカウンセリングを利用しましょう。

自分のことを全く知らない第3者からの意見を聞くことで、悩みが解消する場合があります。また、ストレス解消・精神安定の効果が期待できます。
 
【関連サイト】
夫婦カウンセリングのメリットと活用すべき人|お悩み例と解決例まとめ
離婚カウンセラーができる事と離婚カウンセラーへの相談事例
 

探偵

相手の不倫や自分で証拠を集めづらい場合は探偵に証拠の収集を依頼しましょう。証拠がしっかりあることで慰謝料が高額になったり、裁判で離婚を認めてもらうことができる可能性が上がります。
 
【関連サイト】
浮気調査を探偵に依頼する際の料金相場と優良探偵の見分け方
 

弁護士に相談する

離婚を決意した場合は弁護士に相談してみましょう。弁護士というと大げさと思ってしまうかもしれないのですが、早めに弁護士に依頼することで、早期に離婚が成立する可能性が高くなります。

また書類の作成も依頼することができるので、離婚時の負担を少なくすることができるのです。無料相談をおこなっている事務所も増えていますので、まずは無料相談をしてみることをおすすめします。
 
【関連サイト】
離婚慰謝料の無料相談先と慰謝料についてよくある相談
 

まとめ

実際のところ離婚はただ離婚届を書くだけでは終わりません。ですが、大変な作業を終えたら、今までしてきた我慢をしなくていい生活があります。周囲の制度をしっかり活用すれば離婚後も生活が可能です。母子家庭の支援制度については住居地の市区町村に1度相談してみることをおすすめします。
 
【関連サイト】
離活とは|正しい準備で絶対に後悔しない離婚を実現させるための知識

旦那や妻の浮気でお悩みの方/無料相談受付中

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

【プロの浮気カウンセラー無料紹介】

男女トラブル、浮気トラブルのお悩みを抱えている方は、お一人で悩まず、プロのカウンセラーによる無料相談をご利用ください!

信頼できる探偵のみを厳選
全国対応 匿名OK 通話無料

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他 コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title