Header_home
 > 
 > 
 > 
離婚カウンセラーができる事と離婚カウンセラーへの相談事例

離婚カウンセラーができる事と離婚カウンセラーへの相談事例

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

離婚カウンセラーができる事と離婚カウンセラーへの相談事例

New_%e5%ae%b6%e6%97%8f_(2)
夫婦間トラブルの原因が浮気の場合は
探偵への相談がオススメです
 
離婚する場合も関係を修復する場合も、夫や妻の浮気の対処には浮気調査で確実な不倫の証拠を手に入れることが非常に有効です。

【浮気の証拠を用いた浮気対策について無料相談する】【証拠の活用方法や証拠入手の効果について詳しく知る】

離婚カウンセラーとは、離婚後の手続きに関することや離婚前、離婚後の愚痴や悩み、また離婚後の金銭に関する相談など、離婚に関する様々な相談に対応してくれる相談員のことです。
 
この離婚カウンセラーという職業が近年メジャーになってきているのは、それだけ日本国内での離婚件数が増加してきているからでしょう。

 


(引用元:厚生労働省

 
今現在、「離婚に関する悩みを誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい…」そう思われている方もたくさんいらっしゃるかと思います。
 
本記事は、離婚カウンセラーが離婚で悩む方に対してどのように力になってくれるのか?という点についてまとめましたので是非参考にしてみて下さい。
 
また、離婚カウンセラー以外の専門家からのアドバイスを受けたほうがよい場合もありますので、相談先を改めて検討するきっかけになればと思います。

 

 【目次】
離婚カウンセラーに相談できる内容
浮気・不倫問題
親権・養育費問題
結婚詐欺・離婚詐欺問題
嫌がらせ・DV問題
離婚カウンセラーの分類|人によって相談できる内容が違う
法律知識特化系離婚カウンセラー
占い師系離婚カウンセラー
メンタルサポート系離婚カウンセラー
代表的な離婚カウンセラー
離婚カウンセラーの必要性|相談すべき人とそうでない人とは?
離婚カウンセラーへの相談が必要な人
離婚カウンセラーへの相談が必要でない人
離婚カウンセラーに相談した場合の料金目安
対面カウンセリングの料金例
電話カウンセリングの料金例
メールカウンセリングの料金例
離婚カウンセラーへよく寄せられる相談内容とアドバイスの例
離婚を回避したい人の相談
離婚したい人の相談
離婚を迷っている人の相談
離婚カウンセラーになりたいと思う人も増えている
離婚カウンセラーの数
離婚件数の増加で離婚カウンセラーの需要は増えている
離婚カウンセラーになるまでの流れ
優秀な離婚カウンセラーを選ぶ時のポイント
経験が豊富であるか
他業種とのネットワークがあるか
適切な料金設定であるか
広告は誇張されていないか
自分との相性は良いか
離婚の相談は内容に応じて適切な専門家のサポートを受けるのが有効
話を聞いて欲しい人は離婚カウンセラーに相談
離婚の法的手続きをしたい人は離婚弁護士に相談
真実を確かめてから動きたい人は探偵に相談
まとめ



 

離婚カウンセラーに相談できる内容


離婚カウンセラーは、離婚に関する悩みなどを相談できる相談員たちの総称ですが、一体どのような悩みを相談できるのでしょうか。離婚カウンセラーは、電話相談だけでなく対面での相談も行っており、一人でも、夫婦でもカウンセリングを受けることが出来ます。
 
どのような方向性がベストであるか、客観的に、法的見解も含めた解決の糸口をアドバイスしてくれるものになりますから、離婚問題に悩む夫婦にとって力強い味方になってくれることでしょう。
 
それでは、離婚カウンセラーにはどのような離婚問題を相談することが出来るのかを以下で見ていきましょう。
 

浮気・不倫問題

浮気とひと口に言っても、キスをしただけで体の関係はない場合や、定期的に会ってセックスをする割り切り関係の場合など、様々なパターンがあります。
 
したがって、離婚すべきかどうかや、法的に離婚が可能かどうかを自分ひとりで判断できないこともあれば、離婚のための手続き方法が全くわからないという方もいます。
 
離婚カウンセラーは離婚に関する法的な知識が豊富ですので、離婚した場合はどちらに原因があるとみなされるか、慰謝料額や裁判手続き、離婚調停の進め方についてのアドバイスも行ってくれ、また、離婚届の証人にもなってくれます。
 

親権・養育費問題

離婚しただけではゴールにならないのが今の日本の法律です。家族になると誓ったにも関わらずその約束を破棄する以上は、
 
・子供はどちらが育てるのか
・子供を育てていく上での費用はどう負担するのか
 
という子供に関する問題もしっかりと解決しなければなりません。こうした問題においても離婚カウンセラーは、どうすることがベストであるかしっかりとしたアドバイスが行えます。
 

結婚詐欺・離婚詐欺問題

結婚しようと言われたけれど、実はそのパートナーは詐欺師ではないかと疑ってしまうほど、怪しい動きが目立つといったケースがあります。また、自分に全く非がないのに高額な慰謝料とともに離婚をつきつけられるケースもあります。
 
こんな時、誰にも相談なしでパートナーに流されるまま決断してしまうと、最悪の場合その後の人生が狂ってしまいかねません。
 
パートナーを疑うことは心が痛むことかもしれませんが、もしも少しでも不審に思う点があるなら、結婚という大きな決断の前に知識が豊富な離婚カウンセラーから客観的な意見をもらうことが重要になります。
 

嫌がらせ・DV問題

DV=ドメスティック・バイオレンスとは、男女間における暴力をいい、犯罪に当たる行為です。これは、身体的な暴力に限らず、精神的、経済的、性的等、あらゆる形の暴力が含まれますが、DVを放置していくと暴力は繰り返され、だんだんエスカレートするという傾向があります。
 
DVの被害の深刻化を防ぐためには、離婚カウンセラーは勿論、誰かに相談する、別居するなど早期の対応が必要になります。
 
 

離婚カウンセラーの分類|人によって相談できる内容が違う

一言で離婚カウンセラーと言っても、様々なタイプがいます。以下で解説していきましょう。
 

法律知識特化系離婚カウンセラー

離婚に関する法律や、過去の離婚訴訟の判例などをもとに、相談者の今後の対応についてアドバイスしてくれるタイプです。離婚になった場合の慰謝料相場や、そもそも慰謝料請求が可能かどうかという点に関して詳しく把握することが出来ます。
 

こんな人に法律知識特化系離婚カウンセラーがオススメ

・離婚することは既に心に決めている
・離婚後に親権を得たい
・慰謝料を請求して離婚したい
・理性的に冷静に物事を考えたい
 

占い師系離婚カウンセラー

オーラの色や大きさ、霊視やタロット鑑定などのスピリチュアル診断をもとに、離婚にまつわるアドバイスを行います。結婚相手が運命の人であるのかどうかや、結婚相手の本音など、根本的な部分から掘り下げて話してくれます。
 
所詮占いと言ってしまえばそれまでですが、相談者の心に親身になって寄り添うというスタイルであることに変わりはありませんから、心が晴れてスッキリと問題解決に向かうことが出来るかもしれません。
 

こんな人に占い師系離婚カウンセラーがオススメ

・占いが好きで素直にアドバイスを聞ける
・大切なことは自分一人で判断できない
・スピリチュアルの力を信じている
・パートナーの気持ちがそもそもよくわからない
・夫婦で話し合う機会がほとんどない
 

メンタルサポート系離婚カウンセラー

人間の心理を熟知していて、離婚問題そのものの解決というよりも、相談者の傷ついた心を癒すことを第一に考えてカウンセリングを行ってくれます。無理なくゆっくりと、自分の心に嘘をつかずにトラブルを解消していくことが出来ます。
 

こんな人にメンタルサポート系離婚カウンセラーがオススメ

・とにかく辛い
・まずはストレスの解消から始めたい
・パートナーと方針や心境を共有したい
・第三者に悩みを聞いてもらってスッキリしたい
 

代表的な離婚カウンセラー

以下の方々は、離婚カウンセラーの中でも特に有名です。
 

岡野あつこ

過去2万件以上もの夫婦や家族の問題における相談を手掛けた実績がある、ライフアップカウンセラーのパイオニア的存在。自身も離婚経験を持ち、「失敗しない結婚論」をテレビ番組やラジオなど様々なメディアを通して語っています。
 

江原啓之

スピリチュアルという言葉を世に広めた第一人者で、テレビ朝日系「オーラの泉」で一躍有名になったのでご存知の方も多いかもしれません。現在は、スピリチュアル的な観点から人と人とのつながりや、離婚問題解決についての講演会やセミナーなどを行っています。
 

高橋知子

【離婚相談 「高橋知子」 悩みカウンセリング】代表。相談者や夫婦問題に悩む方へ知識と知恵と活力を与えることをポリシーに、トータルカウンセラーとして活動中。TBS系「私の何がイケないの」やフジテレビ系「ノンストップ」などにコメンテーターとしても出演しています。
 
 

離婚カウンセラーの必要性|相談すべき人とそうでない人とは?


離婚の手続きに関わる法律的な相談ならばともかく、わざわざ夫婦の問題をカウンセラーに相談するほどのことではないと考える方は少なくありません。インターネットから離婚に関する情報を拾い、その中から解決策を探すことも出来ます。
 
しかし、実際に自分自身が離婚問題と直面するとわかることですが、離婚問題はあまりにも複雑で、冷静な判断を欠き思わぬ結果に繋がってしまうこともあります。
 

離婚カウンセラーへの相談が必要な人

離婚カウンセラーへの相談による一番のメリットは、”その人に合わせてオーダーメイドで対策を立ててくれる”点にあります。
 
ケースは同じであっても、当事者の婚姻期間が異なるだけで、結果もまるで異なるのが離婚問題です。こういうケースの時はこうすれば大丈夫、とインターネットの知識だけをもとに行動してしまうのは危険と言えますし、周囲に信頼できる相談相手がいないのであれば、ためらわず離婚カウンセラーのアドバイスを聞いてみるべきです。
 
また、離婚は裁判上”事件”として扱われるため、最低限の法律の知識も必須になります。
 
時には弁護士ですら手を焼く問題もあるくらいですから、何の知識もないという方はやはり知識が豊富である人物を味方につけるべきであり、その際に”誰に相談したら良いのかわからない”という方も、相談窓口である離婚カウンセラーにまずは相談してみるべきだと言えます。
 
多くの離婚カウンセラーは弁護士や行政書士などとのつながりがありますから、お悩みを聞いた上で問題の解決に最適な人物を紹介してくれます。
 

浮気が原因で離婚したい場合は
まず探偵への相談がおすすめです
慰謝料を請求して別れるには浮気調査で確実な証拠を手に入れることが非常に有効です。実績43年の原一探偵事務所が問題解決のためのアドバイスをいたします。

【浮気の証拠入手について無料相談する】【証拠の活用方法や証拠入手の効果について詳しく知る】
 

 

離婚カウンセラーへの相談が必要でない人

既に弁護士に手続きを依頼している、夫婦の話し合いの末にお互いにとって最良の選択肢をとることが出来ているという場合は、離婚カウンセラーへの相談は必要ないでしょう。
 
あくまでも離婚カウンセラーは、今後に関して方針がまとまらず、何をどうしたら良いかもわからないといった方が利用すべきものになります。
 
 

離婚カウンセラーに相談した場合の料金目安

実際にカウンセリングを受ける場合、どのくらいの料金がかかるのか気になるところだと思いますが、料金はカウンセリングルームや相談時間によってまちまちです。
 
ただし占い師系離婚カウンセラーの場合は特に、人の弱みに付け込んで法外な料金設定で営業したり、中には追加料金やチップを請求してくる悪質な業者もいますので、こういった被害に遭わないためにも是非、以下の料金目安を参考にしてみて下さい。
 

対面カウンセリングの料金例

対面カウンセリング(1回/1時間)

7、000円~15000円程度

 
対面カウンセリングは、長期に渡って何度も足を運び(平均して8回程度)、その過程についても話しをしていくスタイルが主流になります。初回のカウンセリングを無料で行っている場合もあります。
 

電話カウンセリングの料金例

電話カウンセリング(1回/1時間)

5000円~15000円程度

 
電話カウンセリングは、対面カウンセリングよりも比較的料金が低い傾向にあります。ただし、60秒単位で通話料金が上乗せになっていく料金システムもあるので、つい長電話してしまいがちな人は実際に足を運んで時間内に済ませてしまうほうがトータルで考えると得かもしれません。
 

メールカウンセリングの料金例

メールカウンセリング(1回/1通)

3000円程度

 
メールカウンセリングは、やりとり1通分のカウンセリング料が発生するケースが大半です。したがって、やりとりが長くなればなるほど料金が加算されていきます。意図的にやりとりを長引かせてくるような場合は要注意と言えるでしょう。初回無料、○通まで無料のサービスを行っている場合もあります。
 
 

離婚カウンセラーへよく寄せられる相談内容とアドバイスの例

様々な相談が日々離婚カウンセラーのもとに寄せられていますが、「離婚したくない」人が大半です。浮気調査ナビにいただく浮気に関する相談も同様に、離婚よりも修復を望む方が多くいらっしゃるのが現状です。
 
以下はそんな「離婚したくない」人の相談を含めた、離婚カウンセラーのもとによく寄せられる相談例になります。
 

離婚を回避したい人の相談

もう長いこと夫婦生活をしていますが、いよいよ妻に嫌われたかもしれません…。

夫婦関係を修復したい場合に、自分がパートナーにどう思われているのかを知ることはとても大事なことです。人間はどうしても自分が正しいと思ってしまいますし、一度パートナーの嫌な部分が目につくと、なかなか頭から離れてくれなくなります。相談者様の場合、奥様にいきなりこの先どうしたいのかを訊ねるよりも、まずは自分自身に至らない点はどこだろうと考えて改善し、奥様の習慣や癖を改めて理解することが先決です。

 

注意しても、夫の不倫癖が治りません。いつかはそのまま不倫相手のところへ行ってしまうのではないかと不安な毎日を送っています。

相談者様が配偶者である以上、旦那様の不倫が一方的なものであるならば、例え離婚を突き付けられても拒否する主張が認められます。しかし結婚生活を継続したいということであれば、早急に不倫癖を治す必要性はあると言えます。旦那様へ注意をされているとのことですが、その際の注意の仕方は、旦那様は素直に聞き入れられるものになっているかどうか、また日常の生活の中で旦那様を不倫に走らせてしまう原因となるものがないかを思い返してみましょう。

 

離婚したい人の相談

価値観の違いからか、夫婦喧嘩が絶えずストレスがなくなりません。子供が物心ついたら、子供の前で喧嘩することは悪影響だと考え、離婚を視野に入れています。

お子様がいらっしゃり、離婚することに迷いがある場合には、なるべく別れずに済むことが一番良いかと思います。離婚は最終手段と考え、まずは修復を考えて進まれることをお勧めします。なぜ夫婦喧嘩が絶えないのかをしっかり分析して、夫婦間の心の問題の解決に尽力してみましょう。子は宝であり家の宝ですが、一番は家族全員が幸せに暮らしていけるようにすることです。

 

料理の味付けや、見る番組など、ちょっとしたことですぐにキレて夫が手を出してきます。離婚する方向で動きたいですが、どのようにして動けば良いでしょうか?

DVは立派な離婚原因事由となっており、一方的にDVを受けたという証拠があれば、相談者様の主張が認められる形で離婚に至ることは出来るはずです。また、慰謝料の請求も行えるはずです。既に離婚したいという気持ちが固まっているのであれば、弁護士の指示を仰ぐ形で手続きを進めていかれたほうが良いでしょう。

 

離婚を迷っている人の相談

亭主関白な夫に疲れ果てています。全ての決定権は亭主が握り、家庭の方針も何もかもが亭主のワンマンなので、私の意見は聞き入れてもらえません。何かいい方法はありませんか?

一家の大黒柱としての信念があるという点ではどこの旦那様よりも頼もしいのかもしれません。しかしそれを、意見を聞き入れてもらえず苦痛だと感じているならば、まずは旦那様がどういう時にどのような態度をとるのかを理解することから始めましょう。例え旦那様の性格がそのまま変わらないとしても、自分が傷つかずに済む方法はいくらでも考えられるはずです。また、同意が得られるのであれば旦那様も同席の上での夫婦関係修復カウンセリングを受けられることを推奨します。

 

妻は自分と初めて付き合ったと言っていたのに、結婚後に何人もの男性と交際経験があったことが発覚しました。離婚する勇気も、妻の過去を受け止められるだけの心の余裕もありません。

過去に終わっている異性問題であっても、嘘をつかれていたとなれば、裏切られたという気持ちは強いでしょう。しかしそのことを責めたところで夫婦関係が良くなるものでもありません。それをしてしまうと逆に、離婚への決心もつかぬまま離婚へと流れてしまい兼ねません。愛する人間の過去をどのように円満に処理するかを検討する必要があります。

 
 

離婚カウンセラーになりたいと思う人も増えている

現在は離婚カウンセラーになるためのスクールも多く開催されており、離婚カウンセラーになりたい人はもちろん、探偵や司法書士やコンサルタントさんなど、仕事で離婚問題にかかわる人が多く参加しています。
 

離婚カウンセラーの数

法人認定離婚カウンセラー(離婚カウンセリング資格保持者)は2012年の7月時点で500名前後と言われています。また、宅建や税理士等の国家資格とは違い、離婚カウンセラーには独占業務がありません。したがって、この資格を武器に専門で独立開業しているカウンセラーはまだ多くはありません。
 

離婚件数の増加で離婚カウンセラーの需要は増えている

冒頭でも述べたとおり、離婚カウンセラーは離婚問題におけるアドバイスを行いつつ専門家との橋渡し的な役割を担っています。例えば「離婚したほうが良いのだろうけれど、なかなか踏ん切りがつかない…」というような、離婚に至る一歩手前の状態の人は、弁護士への相談は行えません。弁護士は法的な見解を述べ、法的な手続きを取ることが仕事だからです。
 
しかし、離婚カウンセラーならば、ある程度の法律の知識も持ちながら法律以外の部分でもこれからの戦略を立ててプロデュースしていくことが出来るのです。つまり、離婚に関するりとあらゆる相談を受け付けているために、離婚カウンセラーを利用する割合もそれだけ多いということになります。
 
離婚件数は数十年前と比べて増加し、離婚問題に悩む人がたくさんいる中で、離婚カウンセラーはかなり重宝されている職業であると言って良いでしょう。
 

離婚の主な原因

ブライダル総研が全国2万人を対象に行ったアンケートによると、男女全体の離婚の理由のトップは「価値観の違い」でした。男女別の結果は以下のとおりです。
 

 

男性

女性

1位

価値観の違い(39.6%)

価値観の違い(53.2%)

2位

人生観の違い(37%)

金銭感覚の違い(46.2%)

3位

性格の不一致(33.6%)

人生観の違い(44.8%)

4位

金銭感覚の違い(26.6%)

性格の不一致(43.8%)

5位

夫婦の会話がない(26.4%)

相手の借金(28.4%)

(参考:ブライダル総研
 
歴史随筆集である、磯田道史著:江戸の備忘録には「平和な時代は女が強くなり、戦乱の時代は男が強くなる」と書かれていますが、確かに時代の移り変わりとともに、ずっと定着していた「結婚は一生のもの」という概念は少しずつ薄れてきました。
 
インターネット技術が発達し、いつでもどこでも気軽に異性とコミュニケーションが取れ、女性に対しても男性同様のポジションが与えられるようになり、出会いの数も不倫のきっかけもだいぶ増えたことで、「折り合いが合わなければ結婚相手とは別れて自分が楽しいと思える人生を歩めば良い」という新たな結婚観が定着してきたのです。
 
そんな現代の男女にとって、離婚カウンセラーはまさに第二の人生のサポーターとして認知されつつあります。もし相談しようかどうしようか、と今もし迷われているのであれば、以下を参考にご検討下さい。
 

離婚カウンセラーになるまでの流れ

離婚カウンセラーは無資格でも行えますが、主に以下の流れで離婚カウンセラーになることが出来ます。
 
①  離婚カウンセラー養成講座を受ける
②  NPO認定離婚カウンセラー試験を受ける
③  試験に合格する
 
 

優秀な離婚カウンセラーを選ぶ時のポイント

離婚カウンセラーと言っても、その人柄や経験値は様々です。上記で説明したように、資格も特にいらないので、離婚に詳しい一般人と言ってしまっても問題がない方も中にはいらっしゃいます。
 
相談に行く以上、できれば優秀な方に相談にのってほしいのは当然のことだと思います。それでは、一体どのような離婚カウンセラーに相談を行うべきか以下でまとめていきましょう。
 

経験が豊富であるか

ホームページを持つ離婚カウンセラーもたくさんいますので、そこに記載されている情報にも注目してみましょう。過去、どのような離婚問題をどのように対応したかという点が記載されていれば、参考にすべきです。
 
また、法律に関する記述も、素人が見てわかりやすく記述されているかどうかに注目しながらよく読んでみると良いでしょう。
 
表記がわかりやすいと感じられるところは、悩みを抱えて不安に感じている相談者側の目線にも立ってくれており、とても気が利いています。離婚カウンセラーは悩みを抱えた相談者の目線に立ってアドバイスをするのが仕事ですから、こういうところでその器量を図ってみるのも一つのポイントです。
 

他業種とのネットワークがあるか

離婚カウンセラーは、相談を聞いた後にその相談の解決に適切な人材を紹介するのも仕事の一つになります。
 
したがって、弁護士や行政書士といった、実際に法律の手続きを行える業種とのコネクションが全くない離婚カウンセラーに相談をしても、話だけして終わりになってしまい兼ねません。
 
話を聞いてくれるだけで満足だという場合はそれでも良いですが、根本的な解決を目指すのであれば、相談後のサポートもしっかりと行える、専門家と提携している離婚カウンセラーへ相談を行うようにしましょう。
 

適切な料金設定であるか

相談料は30分~5000円程度が相場となっていますが、相談料は無料で実際に専門家を紹介した時に仲介手数料が発生するという料金設定のところもあります。
 
相談のみで数万円の料金がかかったり、ホームページに掲載されている料金とは全く異なる高額な料金が発生したりする場合は、悪質な業者である可能性もあるので注意が必要です。
 

広告は誇張されていないか

中には、「離婚問題100%解決」というような謳い文句で営業を行う離婚カウンセラーもいますが、前述した通り、離婚問題を抱えた人が100人いれば100通りの解決法があり、時には円満解決に至るにはとても困難なケースもあります。
 
営業利益だけを求めている業者はこのような誇大広告を出しがちですから、引っかかってしまわないようにしましょう。
 

自分との相性は良いか

無料相談を活用してみて、その時のフィーリングが良いと感じられるかどうかも重要なポイントです。離婚カウンセラーは悩みや愚痴をきくのは当然ですが、ただ話をきくだけではなくカウンセラー側から質問をしてくるかどうかをよく聞いておくべきでしょう。
 
よく話を掘り下げて聞いてくれるカウンセラーは、”そのケースに沿ったオーダーメイド”のアドバイスをしてくれていることになります。
 
逆に、具体的な話を聞かずに過去の事例はこうだからという理由でアドバイスをされた場合には、あくまでもそのアドバイスは一般論でしかないということになります。
 
 
 

離婚の相談は内容に応じて適切な専門家のサポートを受けるのが有効

ここまで離婚カウンセラーについてまとめてきましたが、抱えているお悩みによっては、離婚カウンセラー以外の専門家に相談したほうが早く問題が解決する場合があります。いくつかここでご紹介しましょう。
 

話を聞いて欲しい人は離婚カウンセラーに相談

抱えている離婚問題の解決のために、今何が必要なのか(重要なのか)を知りたいという方は、離婚カウンセラーへの相談を活用してみましょう。ある程度、知識のある第三者の意見を踏まえて、改めて自分自身で考えることが重要になります。
 

離婚の法的手続きをしたい人は離婚弁護士に相談

離婚する方向性が定まっており、手続きや書類の作成に入りたいという方は、弁護士への相談がオススメです。まずは無料相談から、相性の良い弁護士を探してみましょう。
 

離婚弁護士ナビで近くの弁護士を探す

 

真実を確かめてから動きたい人は探偵に相談

パートナーに浮気の兆候があるが事実確認がまだであるという方は、何も判明しないままでは適切な解決法を模索することが出来ないため、まずはしっかりと調査を行うことが先決です。
 
原一探偵事務所では弁護士と提携しているため、もしも浮気の証拠が取れた場合は、アフターサービスも行うことが出来ます。また、夫婦関係修復カウンセリングも可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

原一探偵事務所の
浮気に関する無料相談・カウンセリング
 
あなたの現在の状況をうかがいながら、有利な形で離婚するにはどうしいたらいいのか、そもそも浮気調査が必要かどうかも含めて親身にアドバイスいたします。

【浮気の証拠入手について無料相談する】【証拠の活用方法や証拠入手の効果について詳しく知る】
 

 


 

まとめ

離婚カウンセラーも、弁護士も、探偵も、業務内容に少々の差はあっても、相談者様の立場に立ち、一緒に悩み、考え、より良い解決策を見出していくという点は共通です。
 
夫婦間の問題を人に相談するのはとても勇気のいることだと思いますが、冷静に判断をして早期解決を図るという意味ではとてもメリットがあるものになります。大切なのは、一人だけで悩まないことです。
 

一刻も早くに離婚問題を解決したい方

・浮気が黒であれば離婚したい
・有力な不倫の証拠を掴んできてほしい
・良心的な価格で調査して欲しい
・調査後にカウンセリングを受けたい
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料診断をご利用ください。

11時04分、現在お電話が繋がりやすくなっております

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております