Header home
 > 
 > 
 > 
浮気調査とは|探偵が行う浮気調査の全貌(写真付)と料金・メリット

浮気調査とは|探偵が行う浮気調査の全貌(写真付)と料金・メリット

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

浮気調査とは|探偵が行う浮気調査の全貌(写真付)と料金・メリット
Pixta 27626598 s

浮気調査を探偵に依頼することで、あなたの大切な人が浮気をしているのかどうかがはっきりします。と、言われても、いまいちピンと来ないかもしれません。
 
「探偵はどんな浮気調査をしてくれるのか?」
「中には怪しい探偵もいるの?」
「浮気調査の料金は高いのでは?」
「本当に浮気していたらどうしたらいいの?」
「浮気の証拠があると離婚慰謝料を増額できるって本当?」
 
具体的に何がどうなるのか?という点があまり公になることがないので、多くの方がこうした疑問を感じているかもしれません。

そういった方に参考にしていただけるように、今回の記事で浮気調査について詳しく解説していきます。
 

浮気調査を依頼するか迷っているあなたへ/無料相談受付中

・調査力のある探偵社に依頼したい
・具体的に費用だけ聞きたい
・しつこく勧誘されたくない

相談カウンセラーがあなたの疑問や不安にお答えします。

創業44年/解決実績110,000件
原一探偵事務所カウンセラーの
無料相談窓口

14時54分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

 

探偵事務所は浮気調査も行える調査機関


ドラマやアニメの影響から探偵をイメージする人は多いかと思いますが、実際の探偵は殺人事件現場に出向いたり、名推理を繰り広げたりはしません。ここではまず探偵という職業についてや、その探偵が行っている浮気調査という業務について解説していきましょう。
 

そもそも探偵とは?

探偵業法によれば、探偵とは、「他人の依頼を受け、特定の人物の行動について調査する職業である」とされていて、探偵と呼ばれることもあれば調査員と呼ばれることもあります。
 

浮気調査の概要

浮気調査とは呼んで字の如くですが、対象者が浮気をしているのか、していないのかを調べるものです。探偵事務所に寄せられる調査依頼の多くはほぼこの浮気調査であると言っても過言ではありません。

事実、全国展開している大手の探偵事務所に寄せられる問い合わせの60%以上が浮気・浮気調査に関するものです。


 

浮気の定義とは?

浮気は「愛情や興味の対象が本来のパートナーではなく他者へと移ること」全般を示しますが、結婚をしている者が配偶者以外の異性と性的交渉があった場合は浮気であると、法律では定められています。

正しくは「不貞行為」(ふていこうい)と呼ばれます。
 
参考▶「不貞行為とは|法律で定める不貞行為の定義と浮気との違い
 

浮気調査に注力している探偵が行えること

パートナーの浮気の証拠を掴む

浮気調査を行うことで、対象者がどのような行動を取っているのかを探り、結果的にこの調査から浮気の有無が判明します。

本来のパートナー以外の異性と前述した「不貞行為」が行われていた場合は、浮気がされていた、とみなされます。
 

調査機材のレンタル

探偵事務所では、探偵事務所の調査員ではなく依頼主がセルフ調査を行えるように、最新鋭の機材のレンタルを行っていることもあります。

対象者がどこにいるのかを把握することが出来るGPSや、スマートフォンのアプリと連動して行動を監視できるものもあります。
 

裁判で使える浮気の報告書の作成

浮気があった場合は、その証拠をもとに裁判を起こし、自分の主張(慰謝料を請求したい、浮気相手との関係を断ってほしい…など)を行うことが出来ます。その上で、探偵事務所では調査結果をもとに調査報告書を作成します。
 
調査報告書は対象者の顔が見える証拠写真や動画の添付が行われ、「○月○日○時○分に浮気相手と〇〇ホテルを利用」などと明確に記載されるのが一般的です。

《浮気調査報告書例①》


《浮気調査報告書例②》

 

浮気相手の判別

浮気の事実が発覚した場合、依頼主が気になるのは「浮気相手は誰なのか?」という点でしょう。

探偵はこの点もぬかりなく調査し、浮気相手が調査対象者とどのような関係であるのか?何歳であるのか?といった素性も明らかに出来ます。
 

カウンセラーや弁護士によるアフターケア

浮気調査後、場合によっては依頼主はひどく傷心してしまう場合があります。こうした場合に、カウンセリングのサービスを実施してくれることもあります。

事実を調査するだけでなく、依頼主の心に寄り添うことも探偵として重要な仕事の一つになります。
 
参考
▶「離婚カウンセラーができる事と離婚カウンセラーへの相談事例
▶「夫婦カウンセリングで夫婦が円満になる理由と過程
 
また、浮気調査報告書を裁判所に提出して裁判を起こす際には、さらに自身の主張が通りやすくなるように弁護士をつけたいと望む人もいます。

そういった人のために、探偵は弁護士の仲介を行うこともあります。大手探偵事務所は特に、離婚問題に注力している弁護士と連携を取っています。
 
 

浮気調査を探偵に依頼する目的|浮気調査で自分が優位に立てる

どのような目的で浮気調査を依頼しているのでしょうか?以下で見ていきましょう。

参考
▶「浮気調査の2つの目的と浮気の証拠を解決する浮気解決方法
▶「浮気に悩む人が探偵に浮気調査を依頼するワケ
 

パートナーに浮気の事実はなかったと安心したい

パートナー本人に「浮気してる?」と訊いたところで、もちろん正直な答えが返ってくるわけありませんよね。
 
日頃パートナーの行動に疑わしい点があるが、特に仲が悪いわけでもないので浮気をしているとも言い難い…。そんな時、安心するための一つの手段として、浮気調査は有効です。

プロによる浮気調査の結果、浮気の事実はなかったと知ることが出来れば、今後も安心してお付き合いしていくことや、婚姻関係を継続することが出来ます。
 

浮気があったら結婚を取りやめにしたい

大切な人との結婚を目前に控えている場合も、浮気調査は有効です。これから結婚しようという相手が信用できるのかできないのかが判明しますからね。
 

浮気があったら慰謝料をもらって離婚したい

浮気調査を依頼する最大の利点は、浮気の事実をつきつけることで浮気をされた側の立場が優位になるということです。

パートナーが浮気をしていた場合、最終的には浮気の証拠をもとに裁判や話し合いの機会を持つことになるので、実な証拠がなければ反論の余地を与えてしまうことになります。
 
また、浮気をしていた人の大半は、浮気をしていたとしても「浮気はしていない」とシラを切る傾向にあります。

しかし浮気の証拠が揃っていれば、”依頼者の言うことが正しいもの”として裁判で認められますから、「深く傷ついたのでもっと多くの慰謝料をもらいたい」という主張も通りやすくなります。
 

離婚しないことも出来る

「私は好きだったのに一方的に浮気をされた、でも、絶対に離婚したくない」という主張も通りやすくなります。

また、浮気相手に対し「もう二度と近づかないでほしい」という主張も正当なものとして認められます。
 

いつか自分の主張を通す時のために浮気の証拠を保管しておきたい

子供が小さいために今すぐに裁判を起こして離婚することは出来ないが、いつか子供に手がかからなくなり晴れて離婚を決意した時に、パートナーの過去の浮気の事実を持ち出して自分の主張を通したいという人にとっても浮気調査は有効です。

浮気の事実を示す証拠は、浮気をされた側の最大の武器であるということを覚えておきましょう。
 

浮気調査を探偵に依頼すると得られる浮気の証拠例

具体的には、どのようなものが証拠として入手でき、どのようなものが裁判上「浮気があった」としてみなされるのでしょうか?ここではそんな浮気の証拠について詳しく解説していきましょう。
 
参考▶「浮気の証拠|やり直しでも離婚でも使える3つの証拠と集め方
 

ラブホテルへ行ったか?

調査対象者とその浮気相手とみられる者が、ラブホテルを利用したのかどうかを判明させることが出来ます。具体的には、2人がラブホテルに入る瞬間や出てくる瞬間の写真や動画を撮影する必要があります。

 これがビジネスホテルだった場合は「商談のためにホテルを利用した」と言い訳されてしまうケースがありますが、ラブホテルは”性交渉を行うための場所”であることが一般人にも認識されているので、いくら「ラブホテルには入っていない」とシラを切っても言い逃れは出来ません。
 

ラブホテルの滞在時間はどのくらいか?

探偵がカメラ機器を用いてラブホテルの出入りの瞬間を激写する際には、現在時刻が記されることが一般的です。このラブホテル利用前と利用後の時刻から何分間ラブホテルを利用したのかが判明します。
 
たった数分では男女が性交渉を済ませることは出来ませんから、ラブホテルにはある程度(40分程度)の滞在時間がないと、不貞行為があったとはみなされにくくなります。

 

ラブホテルに何度滞在したか?

1回きりではなく、何度もラブホテルへ出入りしていたという点が浮気の証拠を決定づける上で重要になります。

もちろん一回の利用であってもかなり浮気は濃厚と言えますが、稀に、一夜限りの関係では不貞行為であると認めてもらえないケースがあります。
 

浮気相手の部屋に行ったか?

対象者がラブホテルではなく浮気相手の自宅に出入りしている瞬間も浮気の証拠としてカメラにおさめます。

しかしこの場合は、「守秘義務を順守する都合上、重要な話は個室でするようにしていただけ」などと言い訳をされる可能性もあり、肉体関係があるとはみなされにくくなります。
 
ただし最低でも5回以上の自宅への出入りが証明出来れば、裁判で「二人はより親密な関係である」と判断してもらいやすくなります。
 
 

浮気調査はどのようにして行われるのか?

ここでは、浮気調査がどのようにして行われるのかについて見ていきましょう。
 

尾行・張り込み

車で尾行するパターンや徒歩で尾行するパターンなど、対象者の移動手段にあわせて探偵も移動手段を変えて後をつけます。

対象者が長時間場所を移動することがなければ、その間ずっとその場で張り込むことになります。状況に応じて、現場に溶け込むために軽い変装を行うこともあります。

【例】平日、朝8時に家を出た夫の尾行調査スケジュール

 
尾行や張り込みについての詳しい解説は、以下の記事を参考にしてみて下さい。
 
参考
▶「尾行の全知識|対象にバレない尾行テクと尾行を見抜く全手順
▶「浮気調査の内容|証拠を掴むために探偵がしている3つのこと
 

撮影

浮気の決定的な瞬間をしっかりと写真や動画におさめるためには、一見ボールペンにしか見えない超小型やカメラや眼鏡にレンズが仕込んであるカメラなど、最新鋭の機材を用いることになります。
 
対象者の顔がはっきりと見えていない写真や、現場がラブホテルであるかどうかがわからない写真などは法的な証拠能力に乏しいため、探偵事務所によっては、こうした機材に徹底的にこだわり、開発そのものに携わることもあります。

参考▶「探偵のカメラの秘密|最新鋭の調査機材による浮気激写テクまとめ
 

調査報告書の作成

浮気の現場をカメラにおさめた後は、その浮気の事実を調査報告書におこすことは前述したとおりです。

この調査報告書は、第三者が客観的に見ても「浮気している」と思えるものではなければならないため、優良な探偵事務所では多くの写真を添えてかなり丁寧に、時間をかけて作られることになります。

探偵事務所によって調査報告書の作成方法は若干異なるため、どのような形式の報告書になるのか気になる方は、各探偵事務所から報告書のサンプルを見せてもらうのが良いでしょう。

直接事務所に行かなくても、取り寄せればサンプルを発送してくれることもあります。

 

浮気調査を探偵に依頼した時の費用

浮気調査の依頼を検討されている方が一番気になるのが、浮気調査費用でしょう。以下ではそんな浮気調査費用について、相場や、浮気調査費用が高額になる理由についても解説していきます。
 

浮気調査費用の相場

各探偵事務所によって費用体系が異なり、また、どれだけの時間をかけて調査を行うかが依頼主の希望も関与してくるため、これといった相場はありません。

しかし一般社団法人東京都調査業協会が東京都内の業者を対象に行ったアンケート(2005年実施)によると調査費用の平均は1.5万~2万(1時間、調査員2名)となっています。


 
参考▶「東京都調査業協会
 

探偵事務所の主な料金体系3つ


探偵事務所によって料金体系は様々ですが、大きく分けると
 

  • 調査員が実際に稼働した時間をもとに料金を決定する「時間料金制
  • 調査員の稼働時間や経費、書類作成などを全て含めて一律の料金を設定する「パック料金制
  • 調査の結果が出てから報酬が発生する「成功報酬制

 
の3つがあります。
 
探偵事務所の浮気調査費用、「時間料金制」「パック料金制」「成功報酬制」などの詳しい説明はコチラ
 

浮気調査費用が高くなる理由

「浮気調査費用は高い」と思われている人が多いです。確かに金額だけ見ると決して安くはなく、複数の探偵事務所のパック料金を見てもウン十万円からという設定がされています。

なぜこうも浮気調査費用が高くなるのかというと、浮気調査費用のほとんどは人件費だからです。
 
どんななに悪天候でどんなに過酷な状況下でも、探偵は、どれだけ頑張ったかではなく、証拠を掴むことが出来たか否かの結果が問われます。

また、対象者本人にバレたらただではすみませんから、浮気調査には重い責任が問われます。

アルバイトや人材派遣には任せることは出来ないために必然的に“プロを育成する”ことが必要になってくるのです。
 
 

浮気調査費用をできるだけ安く抑えるコツ

浮気調査はどうしても高額になってしまうことは解説したとおりですが、ここでは限界まで安く抑えるためのコツをご紹介します。
 

調査目的やパートナーの情報を明確に伝えておく

浮気調査をして、その後どうしたいのかを予め明確にしておくと良いでしょう。(離婚慰謝料を請求する、浮気相手に対して別れてほしいと主張する…など)

調査対象者の移動手段、よく行く場所、交友関係などわかる範囲で探偵に伝えておきましょう。

このように事前情報があるだけで探偵は下調べの手間を短縮することが出来るので、そのぶんのコストダウンが見込めます。

目的が明確だと相談がスムーズに行われ、探偵も調査プランが練りやすくなり、短時間で調査成功する確率が高まります。このように物事がスムーズに運ぶことで必然的に人件費も抑えられるようになります。
 

浮気調査の日時を絞っておく

  • 飲み会で遅くなると伝えられている日
  • パートナーの手帳に謎のマークがつけられている日
  • 残業になる確率が高い曜日


など怪しい日をピックアップして予め探偵に伝えておけば、その日にピンポイントで浮気調査を行い、すぐに浮気の証拠を掴めるケースもあります。

このように調査日を絞ることで、無駄に調査に時間がかかってしまうことを回避できます。
 

調査員の人数を減らしてもらう

これは探偵事務所との交渉次第になりますが、お伝えしたように浮気調査費用の内訳はほぼ人件費になります。そのため、調査にあたる調査員の数を減らしてもらうことで、そのぶん調査費用を浮かせることが出来ます。

ただし、通常のマニュアルに沿わない行動をさせることで、対象者にばれるなど失敗するリスクが高まったり、かえって調査効率が悪くなって時間がかかったりする場合もあります。
 

ある程度の証拠を自分で揃えておく

前もって自分自身で出来る範囲での浮気調査をしておくのも良いでしょう。パートナーの所持品、インターネットの検索履歴などをチェックしておくことで、探偵が行う調査の手間を省くことが出来ます。

ただし、素人がやみくもに証拠を得ようとする行為にはリスクが伴うということも覚えておきましょう。
 

自分でできる浮気調査

浮気調査の難易度

ポケットや財布の中身をチェック

難易度☆

クレジットカードの明細を記録

難易度☆

ネットの履歴をチェック

難易度☆

車内をチェック

難易度☆

日記をつける

難易度☆☆

メールの履歴や通話記録のチェック

難易度☆☆

LINEなどのやりとりをチェック

難易度☆☆☆

GPSの設置

難易度☆☆☆

尾行

難易度☆☆☆☆

盗聴器の設置

難易度☆☆☆☆☆

撮影

難易度☆☆☆☆☆


各項目の詳細は以下の記事を参考にしてみて下さい。
▶「自分で浮気調査する方法とよくある失敗|探偵に依頼すべき理由


 

優良な探偵に依頼するための知識

信用できる」「明朗会計」「高い調査力」の3つを兼ね備えている探偵事務所こそ優良であると言われていますが、こうした優良事務所を選ぶための知識として、最低限以下のポイントは抑えておきましょう。
 

  • 事務所の場所は明確で遠すぎないか?
  • 予め調査費用の目安を教えてくれるか?
  • 必要以上の人数で調査しないか?
  • 調査報告書のサンプルは見せてくれるか?
  • 調査の方法は明確に話してくれるか?
  • ホームページに調査料金の詳細が具体的に記載されているか?
  • 強引にセールスを行ってこないか?

 
参考▶「浮気調査に強い興信所の費用と実態|興信所選びの全知識
 
また、中には優良ではないどころか、勝手に探偵を名乗り詐欺まがいな悪質な行為をしている業者もいるので注意が必要です。

以下の記事を参考にし、こういった悪徳業者にひっかからないようにしましょう。
 
参考▶「悪徳探偵の実態|実際に起きた悪徳探偵による被害と対処法
 
 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?浮気調査を探偵に依頼しようかどうかと迷われている方の参考に少しでもなれば幸いです。
 
浮気調査を正式に依頼する前に、自身でパートナーの浮気の兆候について診断を行ってみるのも良いかもしれません。その際は、ぜひ以下の浮気診断に関連する記事を参考にしてみて下さい。
 

浮 気 診 断

LINEで(ライン)で浮気は加速する|LINEから浮気を見破る裏技

今から使える浮気の兆候を確かめるための3つのチェックリスト

5つの浮気診断|パートナーの浮気度と浮気傾向を徹底診断

男女別チェック|浮気性の人間の特徴と浮気性の治し方

男性・女性別!浮気しているか簡単に見抜く5つの方法

浮気を疑った時、怪しまれずに携帯をチェックする3つの方法

妻の不倫を見破る5つのチェックリストと夫が取るべき対処法

浮気をチェックする時に見るべき9つのポイント

浮気調査を依頼するか迷っているあなたへ/無料相談受付中

・調査力のある探偵社に依頼したい
・具体的に費用だけ聞きたい
・しつこく勧誘されたくない

相談カウンセラーがあなたの疑問や不安にお答えします。

創業44年/解決実績110,000件
原一探偵事務所カウンセラーの
無料相談窓口

14時54分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

探偵事務所・興信所に関する新着コラム

探偵事務所・興信所に関する人気のコラム


探偵事務所・興信所 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております