Header home
 > 
 > 
旦那が帰ってこない理由と居場所 | 夫の心理を利用する妻がすべき対処法

旦那が帰ってこない理由と居場所 | 夫の心理を利用する妻がすべき対処法

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

2018.9.28
旦那が帰ってこない理由と居場所 | 夫の心理を利用する妻がすべき対処法
浮気調査ナビ編集部
監修記事
%e3%83%86%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88

旦那が家に帰ってこない…。これをショックだと感じる妻もいれば、清々しいと感じる妻もいます。

旦那が帰ってこない頻度や連絡の有無によっても待つ側の心理は異なりますが、いずれにしても、何も対応しないままでいるのは得策ではありません。

「どうせいつものプチ家出でしょ」と思って放置していたら、実は事件に巻き込まれていた、自殺していたというケースもゼロではないからです。
 
この記事では旦那が帰ってこない理由や、どこにいる可能性が高いのか、また、妻としてどのような対応を行うのが適切なのかという点についてまとめました。現在、旦那が帰宅せずに頭を抱えている方はぜひ参考にお読みください。​

夫婦/恋愛 今すぐ相談できます。

相手の気持ちが知りたい、誰かにこの悩みを聞いてもらいたい!という時は電話占いなどもおすすめです。経験豊富な占い師は様々な観点からアドバイスをすることが可能です。

 

【無料ポイントあり】

おすすめの電話占いランキング

旦那が家に帰ってこないのを「よくあること」にしてはいけない

警察庁によると、平成25年の家出による捜索願の受理件数は8万件にものぼっており、男女別で見ると、男性のほうが女性の2倍の比率で家出をしていることがわかります。
 
《年次別 全国における家出人捜索願受理状況》

 

平成24年

平成25年

平成26年

平成27年

平成28年

52,187

53,916

52,736

53,319

54,664

28,924

30,032

28,457

28,716

30,186

合計

81,111

83,948

81,193

82,035

84,850

参考:警察庁

また、家出と自殺は密接に関係していると言われています。自殺は家出直後に行われるケースが多く、当人が帰ってこなくなってからどれだけの時間が経過したかに比例して、死亡率も高まります。
 
関連:家出調査とは|自分で行う捜索方法と見つかりやすい方法

旦那が帰ってこない原因として主に考えられるもの4つ


何が原因で、本来帰らなければならない場所に帰ってこなくなったのでしょうか?主に考えられるものを4つ、以下にまとめました。
 

浮気

妻以外の女性に心を奪われてしまったとなると、確かに妻のいる家庭よりも浮気相手と共に過ごしたほうが居心地が良いと感じるでしょう。

そんな浮気相手との時間を優先したために家に帰らないという場合、「今日は同僚との付き合いで朝まで飲む」「仕事でトラブルがあって朝まで帰れない」などと、一応の連絡は入れて不自然に思われることを回避しようとするケースが多くあります。
 
以下の記事では旦那の浮気の兆候をみつける方法についてご確認いただけます。

【関連】
今から使える浮気の兆候を確かめるための13のチェックリスト
浮気を見破るための3つの質問と浮気している男女の6つの特徴
男性・女性別!浮気しているか簡単に見抜く5つの方法
 
また浮気癖のある旦那に関する記事も!
【関連】浮気癖は治らない?浮気を繰り返す原因と4つの治し方

浮気調査の無料相談窓口

・1ヶ月に何日か帰らない日がある
・帰らない日に浮気しているかもしれない
・浮気調査すべきか相談したい
・本当に浮気しているかたしかめたい
・浮気しているならやめてほしい

もしあなたがそんなお悩みをお持ちなら、無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが一緒に浮気の対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えします。

創業44年/解決実績110,000件
原一探偵事務所カウンセラーの
無料相談窓口

帰ってこない原因が浮気かどうか確認する方法

旦那本人と電話が繋がれば、その際の口ぶりから焦りが感じられたり女性の気配があったりすれば浮気の可能性は高いです。

しかし残念ですが、メールは返してくれても電話に応じないことが多く、浮気相手とベッドインしている時は特に、妻からの連絡は何であろうとほとんど無視をされてしまうでしょう。
 
また、普段から怪しい行動が多ければ当然帰ってこない原因も浮気である可能性が高いです。日頃の行動から浮気の兆候をチェックする方法はコチラを参考にしてみて下さい。帰宅の際にケーキやプレゼントなどを購入してきたりでもしたら、ほぼ浮気をしていたと考えて間違いないでしょう。いずれにせよ、脇の甘い旦那であれば何かしらの浮気の痕跡を残しているはずです。
 

事件・事故・災害

通勤途中や勤務中、帰宅途中に何らかの事件や事故や災害に巻き込まれてしまい帰ってこられなくなることも当然考えられます。

覚えておかなくてはならないのが、大事であればあるほど個人の特定よりも混乱した状況の収拾を優先されるため、家族に連絡が回ってくるのは遅くなるということです。
 
普段絶対に連絡を欠かさない旦那がまったく連絡をくれなくなって長時間が経過している、という場合は捜索することも視野に入れたほうが良いでしょう。
 

家事ハラ

「洗濯物のたたみ方が汚い」「料理がおいしくない」「すみずみまで掃除が行き届いてない」など、旦那に対する家事についてのダメ出しを家事ハラスメントと言います。
 
この家事ハラが原因で家出するケースはごく稀であるとは言え、ストレスを受けたという事実に変わりはありません。その結果、「うるさく言われるから家事はもうやりたくない」→「家にいなければいい」という思考に陥ってしまうのでしょう。
 

仕事関係

仕事で大きなミスをして降格・減給された時や、突然解雇を通告された時にも、一家の主として家族への申しわけなさから家に帰ることができなくなることがあります。

これは特に責任感が強い人やプライドが高い人が陥りやすい傾向にあります。帰りたいけれど帰れない、という心境であり、いずれ帰宅した際には優しく迎え入れてあげることが大変重要です。

また、突然の飲み会で連絡を忘れてしまっているケースも考えられます。飲み会については以下の記事もご覧ください。
 
【関連】旦那が飲み会中に考えている事と旦那を早く帰宅させる方法

旦那が帰ってこない場合に取るべき行動


帰ってきて欲しいのに帰ってこない…。不安に押しつぶされそうになりますよね。冒頭でも述べたように、何らかのトラブルに巻き込まれている可能性もあるわけですから、「おかしいな」と思ったらとにかく初動が肝心になります。
 

本人に連絡を取る

まずは旦那本人に電話でもメールでも構わないので早急に連絡を試みましょう。連絡がつき、「今どこにいて、いつになったら戻るのか」を本人の口から聞くことが出来れば安心できるはずです。
 

身内や知人に連絡する

本人に連絡を取っても、意図的に無視される場合があります。そんな時は、何か事情を知っていそうな共通の知人や、身内に連絡を入れてみましょう。

旦那のご両親に電話したら案外すんなり”見つかった”というケースもあります。
 
仕事に行ったきり連絡がつかないということであれば、職場に電話連絡を入れて、事態や安否の確認をしましょう。もしもここで連絡がついたら、「無事で安心した。待っているから早く帰ってきて欲しい。」という旨だけ伝えて電話を切るようにしましょう。仕事中の身としては、長電話になりそうな話は避けたいはずです。
 

家の中の旦那の物をチェックする

本人の持ち物で何がなくなっているのか、つまり何を持って出かけたのかを確認することで、帰ってこないのが意図的であるのか、または帰りたくても帰れない状況であるのかが判明することもあります。

通帳や印鑑や常備薬などがなくなっている場合、長期的に帰らないことが予測されますので、計画的な家出の可能性があります。必需品がそっくりそのまま部屋に残されていて長期的に帰らない場合は、何らかのトラブルの可能性があると判断して良いでしょう。
 
あまりにも長期に渡り帰ってこない場合、クレジットカードの明細を確認してみるのも有効な手段です。使用履歴があればその時点で無事であることが判明しますし、どこで何にいくら使っているかも確認することが出来ます。

事件性があるかもしれない時は

事が深刻であると判断した場合は、すぐに警察へ「行方不明者届」という書類を書いて届け出を行いましょう。

しかし、行方不明者届を出した後にすぐに捜索が行われるわけではなく、警察が事件性のある特異行方不明者であると判断した場合のみ捜索が行われます。何かあってから、もしくは何かあったという根拠に乏しいと警察は動いてくれないということになります。
 
一方、探偵であれば調査依頼を行った直後に捜索を開始してくれます。最近では警察犬を導入して警察顔負けの捜索を行ってくれる探偵事務所も増えてきており、全国に拠点を持つ探偵事務所であれば、全国規模で捜索することも可能です。
 

浮気しているかもしれない時は

まずは白黒ハッキリさせるため浮気調査を検討しましょう。確実なことがわからないままでは、その先どうするかも明確になりません。

浮気調査によって、旦那が浮気相手の自宅やラブホテルに出入りしているのかどうかを判明させることも可能ですし、その場合の”法的に認められる証拠”を入手することが出来れば、離婚する際に高額な慰謝料請求も可能になります。

突発的なだけかもしれない時は

喧嘩後の冷却期間の可能性

旦那が帰ってこない原因が夫婦喧嘩であると予測できて、すぐにでも帰ってきてほしい時は、例え自分が悪くなくても自分から謝るという行動に出ましょう。

謝りつつ帰宅をうながし、旦那が帰ってきたらきちんと面と向かった状態で、これが悪かった・もっとこうするべきだ、と冷静に話して解決に向かわせれば良いのです。
 
旦那側としても、決してあなたが嫌だから帰らないというわけではなく、自分自身が冷静さを取り戻すために、一時的に距離を置いているだけの可能性もあります。

なお、夫婦喧嘩に関するこちらの記事「夫婦喧嘩の原因ランキング|仲直りの方法と喧嘩からの離婚を防ぐコツ」もぜひ目を通してみて下さい。
 

一時的な現実逃避の可能性

人間誰しも、何かから逃げたくなる時があります。特にこれといった理由がなくたって、ふらっと現実逃避したくなることがあります。

もちろん、何らかが原因で自殺を考えてしまうほど追い込まれていたということであれば事態は深刻ですが、特にそういうわけではない場合は、連絡だけ取り合って、旦那自ら帰宅するのを温かい心で待ちましょう。
 
この際、妻側から「夕飯はあなたの好きなこれを作って待っているから」「今日は一緒の布団で寝よう」「週末はゆっくり映画を見に行こう」などのメッセージを伝えてあげるとさらに早期の帰宅が見込めるでしょう。
 

思い当たる場所に出向く

家に帰ってこない原因を考えても全く見当がつかないという場合は、自宅と会社を結ぶルートや、旦那がよく立ち寄る飲み屋、施設、遊びに出掛ける可能性のある場所等をじっくり歩いて調べてみるのも有効な手段です。

そこで発見できればそれに越したことはありませんし、本人がいなくても、何らかの痕跡が残されている場合もあります。

帰ってこない旦那が身を寄せている場所として多いもの5つ

意図的に帰ってこない場合、その間旦那は一体どこに身を寄せているのでしょうか?
 

ネットカフェ

24時間営業しており、比較的安価で仮眠や軽食やシャワーも済ませることができるネットカフェは、足を運びやすい場所の一つです。

ネットカフェの中には長期滞在するほど安く泊まれるプラン(半年以上の利用で一日\2000程度)もあり、人によってはネットカフェから出勤、ネットカフェへ帰宅という生活を1年以上も続けています。
 
狭さや、完全に仕切られていない空間に慣れてしまえば、意外にも快適なのかもしれません。
 

車の中

お金をかけずに寝泊りできる個室を確保する手段として、車中泊があります。

この場合はそこまで深刻ではなく、すぐに帰ってきてくれると考えて良いでしょう。

なぜなら長期的に車中泊をするとなると、シャワーもトイレもないために公共のものを借りなければならず、寝心地も決して良いとは言えないからです。
 
とはいえ、それでも妻がいる自宅と比較して車の中のほうがよっぽど居心地がいいと判断されれば、ずっと帰ってこない可能性もありますが…。
 

浮気相手の家|ラブホテル

深刻なケースの一つとして、浮気相手の家やラブホテルに寝泊りしていることがあります。

満足いく衣食住があり、かつ意中の女性と共に楽しい時間を過ごしているわけですから、家に帰りたいと思えるわけがありません。

ましてや、浮気相手と共に過ごす時間が長ければ長いほど、ばつが悪くなって、帰ることがさらに億劫になってしまいます。
 
帰ってくるまでかなりの時間がかかってしまう可能性があることもそうですが、浮気相手との争いも長期戦になるかもしれません。

 

実家

妻が家出した場合に行き着く先として多いものとして実家が挙げられますが、旦那の場合でも、妻ほどではありませんが実家に身を寄せていることは多くあります。

参考:妻が家出した本当の理由と今後家出されないための4つの予防策
 
両親はいくつになっても我が子がかわいいものですし、実家=自分が肯定される場所であるとすれば、やはり居心地も良いのでしょう。

 
友人の家

気の知れた友人宅にお世話になっている可能性も大いにあり得ます。特に、日ごろから妻との関係や妻の愚痴を吐いているような間柄で、独身の友人であれば可能性はさらに高くなります。

友人との時間を過ごすことでストレス解消になり、一泊程度で帰ってくればそれに越したことはないのですが、注意しなければならないのは”友人男性と一緒に風俗に行ってしまうこと”です。
 
男性同士の場合、女性とは違って「まぁパーッと風俗でも行こうぜ!」という結果に至ってしまう可能性があることは頭に入れておきましょう。

関連:風俗通いは浮気なのか?|男が風俗に行く理由と3つの予防策
 

併せて覚えておきたい「帰宅恐怖症」

旦那が帰ってこない理由の可能性の一つとして、「帰宅恐怖症」が挙げられます。ここでは帰宅恐怖症の概要や、陥りやすい特徴について記述していきましょう。

帰宅恐怖症とは?

帰宅恐怖症とは、仕事が終わって早くに帰れることを喜ぶどころか、パートナーの待つ自宅に帰ることが苦痛に感じたり、憂鬱になってしまったりする症状のことです。この症状が悪化すると、漫画喫茶や映画館、ファーストフード店、知人宅などでむやみにやたらに時間を潰すなどして著しく帰宅時間を遅らせる行為が頻発します。
 
本来ならば安らぎの場所である自宅に帰りたくなくなる理由、それは夫婦同士の性格の相性や、性格の特徴にあると言われています。

帰宅恐怖症になりやすい旦那のタイプ
 

生真面目

真面目すぎる夫は、家庭に問題が起きてうまくいかない原因は自分にあるのではないかと考え込んでしまいます。

また、妻に対して気を使いすぎるために自分が疲れ切ってしまう傾向にあります。完璧主義であるにも関わらず改善されない状況に対し、迷惑をかけたくないという心が生む一種の防衛反応として家に帰らないという選択肢が生まれます

争うことが嫌い

頻繁に争いが生まれる家庭環境だと、争うことに益を感じていない夫にとっては、争いのない場所のほうが気が楽に感じます。当然、家に帰るよりも外に出ていたほうが気が休まりますし、争いが激しくそれが恐怖を感じるレベルになると、長期的な現実逃避行動として全く帰宅しなくなります。
 

気が弱い

人に対して何も主張できないほど気が弱い夫は、気の強い妻に対しては主張できずに嘆くというよりも主張意欲がなくなってしまいます。

こうなると家庭で自分の存在意義を見出すことが出来ず、自分の居場所を意図的に家の外にすることがあります。
 

旦那を帰宅恐怖症にさせやすい嫁のタイプ

1つのことに対し倍で言い返す

小言に対してその何倍にも口うるさく対応する妻に対して、夫はほとほと疲弊してしまいます。

何を話しても口喧嘩のようになってしまうのであれば、もう何も話さない・家にも帰らないという思考に至ってしまいます。そもそもとして、ペラペラと話すことが好きな女性が多いのに対し、生産性がなく脈絡のない会話を延々と行うのは嫌だという心理が多くの男性にはあります。
 

必ず否定語で返す

夫としては、仕事に関してももちろんですが普段の行い一つとっても妻には肯定する姿勢でいてもらえたほうが、自尊心が保たれます。しかし、長年夫婦生活を共にすると「〇〇だからだめなのよ」「そうじゃなくて、〇〇なのよ」というような否定語を発する癖が妻に出てくるケースが多くあります。家=自尊心が傷つく場所と認識すると、家に帰るのも苦痛になってしまいます。
 

馬鹿にしたような態度をとる

負けず嫌いで、常に夫に対して勝ち負け思考でいる妻は要注意です。

意見が食い違った時や、夫の一挙手一投足を馬鹿にして自分が上に位置しないと気が済まないタイプは、夫からすれば常に受け入れてもらえないのと同じですから、いずれ顏も見たくないという気持ちになって当然なのです。
 

大きな声で怒鳴る

たまの喧嘩でお互いに大きな声を出し合うということはあっても、頻繁に罵声を浴びせられたら、これはもう言葉の暴力だと言っても過言ではないでしょう。

暴力は男性が振るうものというイメージがありましたが、近年はこうして妻が夫に対して精神的なダメージを与える”モラハラ”が急増しているようです。
 

家事をしない

室内が清潔で綺麗に保たれていて、妻の作る美味しいごはんが待っていれば、旦那としては気持ちよく帰れるものです。

しかし嫁がこうした家事を一切しないとなると、もはや帰宅後に安らぎを感じることが出来なくなってしまいます。家の中の環境も、そこにいたいと思えるかどうかに大きく影響してきます。

旦那が3年以上も連絡なく帰ってこない場合は離婚請求が可能になる

もしも3年以上旦那が家に帰ってこない場合は、法廷で定められる離婚事由の一つである「3年以上の生死不明」に該当する場合があります。

法廷離婚事由

1:不貞行為(浮気)

2:悪意の遺棄

3:3年以上の生死不明

4:回復の見込みのない強度の精神病

5:婚姻を継続し難い重大な事由

 

 離婚事由『3年以上の生死不明』に該当するケース

  • 最後に連絡のあった時から起算して3年が経過していること
  • 生死不明であるという証拠があること

 
上記を満たしていれば、妻側は離婚の請求が可能になります。
 

生死不明の証拠とは

警察への捜索願いを出したが見つからなかった、思いつく範囲で知人や勤務先の人間から情報を収集したなど、考えられる捜索法を全て試みたが見つけられなかった、ということを証明する必要があります。
 

生死不明期間が3年未満の場合でも離婚請求は可能

十分な捜索を行ったことを証明した上で、法廷離婚事由である「悪意の遺棄」を理由に離婚を請求することも可能です。

悪意の遺棄とは、夫婦の義務である同居・協力・扶助に対して違反をした場合には離婚を請求できるというもので、一方的に家を出て夫婦関係破たんの原因を作った場合もこのケースに該当します。
 
 【関連】
離婚の準備|最高の離婚のためにあなたがすべき7つのこと
旦那の浮気が発覚!?離婚を決断しきれない妻がすべき7つのこと
離婚の慰謝料相場一覧と慰謝料を引き上げる重要な証拠

 

円満な家庭を築くための秘訣


「家に帰りたくない」という人間の思考や行動を制限することは出来ませんが、限りなく最小限に抑えるための秘訣はあります。家庭を居心地の良いものにして、旦那に「早く帰りたい」と、常に思わせれば良いのです。
 

言いたいことは言ってもきちんと謝る

言いたいことを我慢して爆発してとんでもない行動に出てしまうよりかは、お互いに意見交換をきちんとして常に意思の疎通を図れるようにしておくのがベストです。

意見交換がヒートアップして、少しきつい言葉づかいになってしまったな、という時は早めに謝るようにして、その際に「でもちゃんと意見を聞いてくれて嬉しかった」という旨も伝えるようにしましょう。
 

息抜きをする・させる

旦那が働いている家庭であれば、自宅=休息の場所にしてあげることがベストです。疲れている様子がうかがえればマッサージをしてあげるのも良いですし、旦那の趣味につきあってあげる時間を設けてみても良いでしょう。
 
「いつもゴロゴロしてないで!」というような発言は、居心地が悪いと感じる原因になってしまいます。あまりにもだらしない場合は別ですが、普段仕事をがんばっている分、バランスをとる意味でも少しくらいの堕落は許容できるようにしましょう。
 

上手な許し方を身に付ける

息抜きとも少し似てきますが、人間は自分を認めてくれる人や自分のことを許してくれる人や自分を甘えさせてくれる人のことを好意的に感じる心理があります。

ですから、仮に旦那の嫌な部分を発見しても、まずはそれを許すことにチャレンジしてみましょう。
 
旦那が気持ちよく自分の非を認められるような言葉づかいを選んだり、旦那の何かを許したぶんだけ、例えば料理の手を抜いたり旦那の部屋だけ掃除を怠ってみたり、一時的に自分の何かを許してみるのも”自分がストレスをためないための方法”としては上手な許し方の一つです。
 

夫婦=運命共同体としてのルールを設ける

用事があって帰宅が遅くなる時には必ずその旨を連絡する、夫婦としての共同作業をサボったぶんだけ何かで埋め合わせする、自分の趣味に使うための時間を決めてその間は没頭させてもらうなど、話し合いの上で最低限のルールを設けて共有することも、良好な夫婦関係を持続する上では大切なことです。
 
ルールがあるからこそ人は「やってはいけないこと」を認識するものですし、そういった取り決めなく暗黙の了解の中で過ごしていても、どうしても自分の価値観と相手の価値観に差異は生じてしまうのです。
 

労いの言葉や感謝の言葉を手紙にする

「お疲れさま」「ありがとう」これらは、言語でコミュニケーションをはかる人間にとっては魔法の言葉です。言った側も言われた側も気持ちよくなれますし、ポジティブな姿勢を保つことが出来ます。

時にこうした言葉を手紙にしたためて渡してみるのも、聴覚ではなく視覚から想いが伝わるので刺激的に感じられますし、とても効果的な方法です。

また悪化した夫婦関係を改善するためには夫婦カウンセリングや裁判所の手続きを利用する円満調停というものがあります。
 
以下の記事ではそれらについて解説していますので、よろしければご一読ください。
 
【関連】
夫婦カウンセリング:夫婦カウンセリングのメリットと料金相場|お悩み例・解決例まとめ
円満調停記事:円満調停の流れと必要書類 | 夫婦関係を修復するための知識まとめ 

まとめ

最悪のケースを回避するのも、妻としての重要な仕事のひとつです。

旦那が未だに帰らずに不安であるという方は、記事中に書いた方法を実践してみることを推奨します。
 
「どうすれば良いかわからない」「プロの意見を聞いてみたい」という方は無料相談窓口から旦那が帰ってこないことに対する対策についてご相談下さい。

浮気調査の無料相談窓口

・1ヶ月に何日か帰らない日がある
・帰らない日に浮気しているかもしれない
・浮気調査すべきか相談したい
・本当に浮気しているかたしかめたい
・浮気しているならやめてほしい

もしあなたがそんなお悩みをお持ちなら、無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが一緒に浮気の対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えします。

創業44年/解決実績110,000件
原一探偵事務所カウンセラーの
無料相談窓口


この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております