Header home

携帯電話から浮気を発見する方法!注意点や取るべき行動についても紹介

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

2020.4.28
携帯電話から浮気を発見する方法!注意点や取るべき行動についても紹介
浮気調査ナビ編集部
監修記事
Pixta 56699561 m

パートナーの浮気を疑っている方の中には「携帯を手放さなくなった」「携帯電話を使うときコソコソしている」などの行動に心当たりのある方もいるかもしれません。

携帯電話は利便性が高く暗証番号などを設定することでプライバシーを守る方法が確立されているため、浮気相手と隠れて連絡を取るには最適なアイテムとも言えます。そのため、携帯電話から浮気が発覚するケースは多く存在するのかもしれません。

ネット上には携帯電話から浮気を疑っている方が多く見受けられます。

携帯電話からパートナーの浮気の証拠を入手しようと考えている方もいるかもしれません。しかし、携帯電話から浮気の情報を集めていたことが露見すると、逆に相手から訴えられるリスクもあります。そういったリスクを抑えるために、携帯電話への浮気調査は可能な限り慎重に行いたいものですね。

以下、携帯電話を使って浮気を特定するためのポイント、浮気調査に失敗しないためのポイントなどをご紹介します。携帯電話から浮気を特定したいと考えている方は参考にしてください。

※この記事は2020年4月時点の情報を記載しています。
※携帯電話の調査にはリスクが生じる場合がありますのでご注意ください。

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所ではトライアル調査(49,800円~)も可能です。来店不要で面談まで行えるビデオトークもご好評いただいております。まずはお気軽にお問い合わせください。

携帯電話から浮気を特定する上での注意点

携帯電話で浮気を特定する場合の注意点をご紹介します。

携帯電話には浮気の証拠となり得る「メッセージの履歴」や「ツーショット写真」などが保存されているケースが多いようですが、浮気調査を行ったことがパートナーに知られてしまった場合には、更なる関係悪化のリスクがあることを留意しておきましょう。

また、ご自身がパートナーの携帯電話に浮気調査を仕掛けることで、不正アクセス禁止法に触れる可能性も否定できず、逆に訴えられるリスクもあります。

パートナーの携帯電話から浮気を特定する場合にはそれらのリスクを踏まえて、浮気調査を行うか否かの判断を下すようにしましょう。

【関連記事】

浮気調査の「失敗」とは?|浮気調査が失敗する原因と失敗後のリスク

携帯電話の情報は浮気の決定的な証拠にならないケースが大半

携帯電話から得られる情報は、浮気の決定的な証拠と認められないケースが大半です。

法的には「浮気相手と肉体関係を持ったことを示す証拠」が浮気の証拠として認められます。単なるデートの約束や日常的な会話、電話の履歴などだけでは法的には浮気の証拠として認められません。

携帯電話から取得できる証拠の中で法的に認められるものには以下のようなものがあります。

  • 裸のツーショット写真
  • 性行為の動画
  • 肉体関係がうかがえるやりとり など

なお、肉体関係が直接うかがえるもの以外でも、状況によっては証拠として認められる場合があるようです。ご自身が取得した浮気の証拠が法的に認められるか否かは、浮気・不倫調査に詳しい探偵や離婚問題を多く扱う弁護士に相談してみると良いかもしれません。

ご自身で肉体関係が認められる有効な証拠を携帯電話から集めることは非常に難しいことですので、有効な証拠を確実に手に入れたい場合は探偵へ依頼することを検討しましょう。

【関連記事】

浮気の証拠になる写真とは?自分で撮りたい場合に知っておくべき注意点

浮気(不倫)の証拠とは?慰謝料請求&離婚回避のための証拠の集め方

勝手にログインすると不正アクセス禁止法にあたる

「LINE」は日本で誰もが利用している人気のメッセージ交換アプリです。LINEから浮気を特定しようと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、パートナーのLINEにご自身のスマホやパソコンなどの端末からログインすることは不正アクセス禁止法に当たるため、LINEの調査には注意が必要となるでしょう。

(目的)

第一条 この法律は、不正アクセス行為を禁止するとともに、これについての罰則及びその再発防止のための都道府県公安委員会による援助措置等を定めることにより、電気通信回線を通じて行われる電子計算機に係る犯罪の防止及びアクセス制御機能により実現される電気通信に関する秩序の維持を図り、もって高度情報通信社会の健全な発展に寄与することを目的とする。

引用:不正アクセス行為の禁止等に関する法律

なお、パートナーの端末からLINEを無断で見ることや、パスワードを予め覚えてLINEの内容を見ることは違法とはなりませんが、プライバシーの侵害にあたります。浮気による離婚の場合には該当しませんので、プライバシーの侵害で罰せられることはありません。

「ご自身のスマホ」や「ご自身のパソコン」からパートナーのLINEに無断でログインすることは違法となりますので留意しておきましょう。

【関連記事】

浮気調査のためメールを転送・復元する行為は危険|合法と違法の境界線

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所ではトライアル調査(49,800円~)も可能です。来店不要で面談まで行えるビデオトークもご好評いただいております。まずはお気軽にお問い合わせください。

携帯電話の普段の使い方から浮気を疑う

携帯電話の使い方でパートナーの浮気を特定する方法をご紹介します。携帯電話の中身を覗けなくとも「携帯電話の扱い方」で浮気を特定することができる可能性があります。

  • トイレに携帯電話を持っていくようになった
  • 近づくと急いで画面を伏せるようになった
  • 複雑なパスワードを設定するようになった など

上記のような怪しい行動があれば特に意識してみましょう。

なお、あくまで浮気を疑う目安となり得るものですので、参考程度に留めておくと良いかもしれません。

【関連記事】

今から使える浮気の兆候を確かめるための13のチェックリスト

一緒にいるときに携帯電話を見ない

一緒にいる時に携帯電話を一切見ない場合には注意が必要です。

浮気をしている人は「バレたくない」と少なからず警戒心を抱いています。一緒にいる時に携帯電話をいじり、「誰からのメール?」「仕事の連絡?」などと詮索されることを嫌がる傾向があるようです。

普段から携帯電話を見ることが少ない方もいるかもしれませんが、「着信があっても携帯電話を確認しない」「携帯電話を見ることを不自然に避けている」といった場合には浮気を疑ってもよいかもしれません。

折り返し電話が増える

折り返し電話が増えた場合、浮気を疑ってみてもよいかもしれません。

特に折り返し電話をするときに外に出る場合は注意が必要です。外に出て電話をする理由には「仕事の電話なので落ち着いて話したい」など仕事関係の理由もありますが、「浮気相手との電話なので外で話したい」という場合もあるでしょう。

浮気相手が浮気であることを知っていれば休日や夜間に電話がくることはありませんが、パートナーが「独身である」と偽って浮気している場合には通常の恋人同士の感覚で連絡が来ますから折り返し電話の頻度も高くなるでしょう。

携帯電話を常に手放さない

パートナーが携帯電話を常に手放さない場合には浮気を疑ってもよいでしょう。例えば、「トイレに携帯電話を持ち込む」「入浴中も手近な場所に置く」などの場合は特に注意が必要です。

浮気をしている方は「携帯電話を覗かれるかもしれない」「パスワードを知られているかもしれない」などと警戒している場合が多いため、携帯電話を常に自分の手元に置いておきたいと考えるようです。

家にいる際にも携帯電話をポケットに入れて手放さない場合や、入浴中にも携帯電話を気にかけている場合には浮気の可能性が高いでしょう。

携帯電話の中を見る際に確認したいこと

パートナーの携帯電話を覗く際にチェックしておくべきポイントをご紹介します。

携帯電話を無断で覗き見するには高いリスクが生じます。同意のもとにパートナーの携帯電話を使用するための口実を作っておくとよいかもしれません

  • 携帯の調子が悪いから
  • バッテリーが切れたから
  • 特定のアプリを使わせてもらいたいから など

【関連記事】

iphoneで浮気調査する方法|本体でできること・アプリの紹介【無料相談OK】

【19年最新版!】使える浮気調査アプリ9選とアプリで調査するリスク

LINE

浮気相手とLINEで連絡をとっているケースは多いのではないでしょうか。LINEは手軽に利用できるため、浮気相手との連絡手段としては最適です。

場合によってはLINEで浮気相手とのやりとりを確認することができるかもしれません。怪しそうな友だちやチャットを確認してみるとよいかもしれません。

なお、浮気相手とのトークルームを非表示にしている場合やチャット内容を適宜削除している場合もあります。巧妙に浮気相手の存在を隠している場合もありますので、時間をかけて調査する必要があります。

しかし、パートナーのLINEを調査する場合には不正アクセス禁止法やプライバシーの侵害の罪に問われるおそれもあります。ご自身でLINEを調査するにはリスクが伴うため、推奨はできません

【関連記事】

リスクなし!LINEで浮気を見破る裏ワザ10選【無料相談窓口】

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所ではトライアル調査(49,800円~)も可能です。来店不要で面談まで行えるビデオトークもご好評いただいております。まずはお気軽にお問い合わせください。

SNS

最近ではSNSを通して浮気するケースもあるようです。

FacebookやツイッターインスタなどのSNSアプリのメッセージ機能を使ってやりとりしている可能性もありますので、それらのSNSアプリは一度確認してみましょう。

マッチングアプリ

携帯電話にマッチングアプリがインストールされていないかを確認してみましょう。インストールされている場合、マッチングアプリは異性との出会いを目的としているものが大半ですので、パートナーが浮気をしているまたは浮気相手を探していることが想定できます。

もしかすると、今の二人の関係に満足していない可能性もあります。マッチングアプリの話を持ちかけてみるなど、それなりに確認してみるとよいかもしれません。

インターネットの履歴

携帯電話を確認する際にはインターネットの履歴も確かめてみましょう。ラブホテルの場所を検索していたり、出会い系サイトへの登録をしていたりするかを確認してみるとよいかもしれません。

また、風俗店の利用も「性行為」をしたことにみなされますので、風俗店の検索履歴があるか否かも確認しておくとよいでしょう。離婚の条件または慰謝料の請求要件になり得ます。

予測変換

携帯電話の予測変換機能を調べることも浮気を確かめる方法の一つとなります。メモ帳機能などから「あ」から順番に打っていき、女性の名前や恋愛関係を示唆する文言が出てくるかを確認してみましょう。

※例

」→愛してる会いたい

」→かわいい など

予測変換機能をオフにしている方は滅多にいませんから、比較的簡単にチェックすることができそうです。

浮気を発見したら取るべき行動!

多くの場合「浮気を発見したけどどうしよう…」と次の行動に悩むのではないでしょうか。以下、浮気を発見してから取るべき行動をご紹介します。

【関連記事】

彼氏の浮気調査で有効な手段は?|浮気の兆候を見抜くポイントと質問

彼女の浮気調査をする方法|浮気をされた彼氏側が取るべき行動は?

証拠を集め、話し合いをする

裁判など法的な措置を取らず、浮気の証拠を集めてから話し合いの場を設けてみましょう。浮気について話し合うことは楽しいことではありませんが、平和的な解決を期待できます。

浮気をしたパートナーと浮気相手を呼び出し、3人で話し合うことも検討してみましょう。

話し合いが上手く進めばその場で浮気に対する謝罪を引き出せる可能性もあります。また、二度と会わないことを約束させることもできるかもしれません。

浮気の話し合いでは感情的になってしまう場面があるかもしれませんが、修羅場にならないよう、冷静に対応することが重要です

探偵事務所に相談する

探偵事務所に相談することも一つの手段となり得ます。探偵事務所には浮気・不倫の事例を多く扱ってきたカウンセラーが在籍していますので、有益なアドバイスをくれるでしょう。

また、浮気発覚後に再構築をする場合であっても裁判を検討する場合にも、浮気の明確な証拠が必要になります。証拠がなければ「勘違いだよ」「言いがかりだよ」などとお相手に言い逃れをされてしまいます。

明確な浮気の証拠は話し合いを進める際の要点にもなります。確実に浮気の証拠を収集したい場合には探偵に相談してみるとよいでしょう。

【関連記事】

浮気調査の依頼から報告の流れ|あなたが真実を知るまでのスケジュール

浮気調査の比較ポイントまとめ|安さだけで選ばないほうがいい理由

携帯電話からの浮気特定はリスクあり|まとめ

携帯電話から決定的な浮気の証拠を集められる可能性は低いこと、携帯電話の自己調査にはリスクが伴うことを覚えておきましょう。

確実に有効な証拠を得たい場合には探偵事務所へ調査を依頼することをお勧めします。

探偵事務所は浮気・不倫の事例を多く扱っていますので、有益なアドバイスをもらえるでしょう。

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所ではトライアル調査(49,800円~)も可能です。来店不要で面談まで行えるビデオトークもご好評いただいております。まずはお気軽にお問い合わせください。


この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
調査実績44年、解決実績11万件以上を誇る「原一探偵事務所」公式パートナーの「浮気調査ナビ編集部」です。
浮気に悩むあなたをサポート。確かな情報をお届けします。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気調査に関する新着コラム

浮気調査に関する人気のコラム


浮気調査 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
お急ぎの方はお電話が便利です