Header_home
 > 
 > 
 > 
浮気調査のためメールを転送・復元する行為は危険|合法と違法の境界線

浮気調査のためメールを転送・復元する行為は危険|合法と違法の境界線

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

浮気調査のためメールを転送・復元する行為は危険|合法と違法の境界線
Pixta_24424632_s

もしかして浮気されてる!?
パートナーの浮気度チェック!

簡単1分!無料!
浮気確率を診断できます。

【浮気度チェッカー】

メールの盗み見などから浮気が発覚するケースは多く、携帯電話は浮気に関する情報の宝庫であることは間違いありません。
 
確かにメールは裁判で有力な証拠となりますが、盗み見という行為自体のリスクも高いです。
 
今回の記事は、浮気調査のためにパートナーの携帯メールを個人的に調査しようと考えている方向けに、メール調査の何が違法で何が合法になるのかをくわしくお伝えします。
 

怪しいメールを発見してしまった…/無料相談受付中

・夫(妻)のスマホに浮気の証拠が残っている
・浮気が事実なら慰謝料を取れるだけ取りたい
・浮気相手とナニをしているのかまではわからない
・浮気調査が高額にならないか不安
・浮気しているなら自分が有利な形で離婚したい
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

16時20分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

 【目次】
必読|浮気調査のためメールから証拠を得る行為にはリスクがある
「違法」になりかねないリスキーな浮気調査行為
①パートナーの怪しいメールを自分のアドレスに転送する行為
②パートナーが消去したメールを復元する行為
③パートナーがキャリアに預けたデータを勝手に復元する行為
本人の許可を得て行う浮気調査(メールチェック)は合法
もしもメールから浮気の証拠が掴めたらできるコト
離婚拒否の理由となる
自分に有利な形で離婚を主張できる
浮気相手を近づけさせないようにできる
自分で行う浮気調査にはバレるリスクがある
関係が悪化する
本格的な浮気調査がやりにくくなる
まとめ

 

必読|浮気調査のためメールから証拠を得る行為にはリスクがある


冒頭でもお伝えしたように、パートナーの携帯電話から勝手にメールや写真などの個人情報を引き出すことは、プライバシーの侵害行為にあたります。

また、携帯電話がパスワードでロックされている場合、これを無許可で解読して内容を見る行為は不正アクセス行為として犯罪です。
 
つまり、いくら浮気を探るためとは言え、盗み見る側に大きなリスクがあるということです。
 
たとえ、結婚している夫婦間であっても、両名のプライバシーは当然尊重されますし、夫婦であるから不正アクセス禁止法の適用除外となるわけではありません。

そのため、夫婦だから、財産共有だからという安易な理由で他人の携帯電話を盗み見ることは、全くおすすめしません。
 
「浮気をされているのかもしれない…」と不安になる気持ちはわかりますが、こういう時こそ“もしも裁判に発展した場合に自分が不利になるような行動は取るべきではない”と肝に銘じておく必要があります。
 

メールを盗み見る方法について書かれてあるサイトもありますが、こうしたトラブルの元になる行為は絶対にオススメできません。

 

 

「違法」になりかねないリスキーな浮気調査行為


ここでご紹介する行為は、パートナーのメールの内容を盗み見ることはできても、後になってトラブルになりかねないリスキーな方法です。実践しないでください。
 

①パートナーの怪しいメールを自分のアドレスに転送する行為

メールには「転送」の機能がついています。本来は携帯の所有者本人が受信メールを転送するための機能ですが、勝手に自動転送設定(パートナーと浮気相手のやりとりが自分の携帯に自動的に送られてくる設定)をすることは、相手のプライバシーを無差別に侵害する行為ですし、パートナーとの信頼関係を大きく既存する可能性もあります。

また、携帯電話を仕事で利用している場合、そのような行為が会社に対して負う機密保持義務違反となる可能性もあり、パートナーの仕事に支障を生じさせる可能性も否定できません。
 

②パートナーが消去したメールを復元する行為

パートナーが浮気の証拠隠滅のために削除したメールを復元したくて、PCの「ごみ箱」の中をあさったり、ファイルのインポート(※)をしたり、勝手にデータ復旧センターなどの業者に依頼して盗み見る行為も、上記と同様、プライバシー侵害等の問題がありますし、パスワードの解錠を伴う場合は不正アクセス行為となります。

いずれにせよ、パートナーとの間でのトラブル原因になりかねません。
 

インポート
現在編集中のファイル、あるいは新しいファイルに対して、既存のファイルからデータを読み込むことです。主に、他のソフトで作成したファイルを読み込み側で扱えるデータ形式に変換して読み込む用途で行われます。
(引用元:コトバンク

 

③パートナーがキャリアに預けたデータを勝手に復元する行為

docomoは「ケータイデータお預かりサービス」、auは「Eメールヘッダ情報表示機能」、Softbankは「Eメールヘッダ情報の閲覧」などで携帯のデータを預かってもらうことができますが、本人以外が預けてあるデータを勝手に復元して抜き取る行為はプライバシーの侵害になります。

また、当該データがパスワードでロックされていた場合にこれを解析して解錠する行為は不正アクセス行為に該当します。
 
こういった行為を防止するために、各携帯キャリアではデータの復元の際には個人認証を設けてありますので、基本的に他人がアクセスできるものではないと理解して下さい。

 

本人の許可なく盗み見のためにシステムを変更する行為は危険です。本人が盗み見に気づき“あなたが勝手にシステムを変更した証拠”を提示して訴えたら、あなたの立場はかなり不利になります。

 
 

本人の許可を得て行う浮気調査(メールチェック)は合法


例えば、「自分の携帯の調子が悪くて友達に連絡がとれないからケータイ貸して」と本人に言い、きちんと許可を得てからメール画面を開くのであれば何の問題もありません。
 
この際に有効なのが、予測変換チェックです。
 
携帯電話のメールには予測変換機能があり、メールの作成画面でひらがなを1文字打つだけで、最近使用された文章が予測変換で自動で出てきます。この機能を活用すれば、うまくいけばメール文を概ね復元することも可能です。
 
この際、を入力時に以下の予測変換が出てきたら、浮気をしているかもしれません。

 
※「あ」⇒「愛してる」「会いたい」
※「す」⇒「好きだよ」
※「か」⇒「かわいいね」

 
詳細は、以下の記事をご覧ください。
 
参考▶「浮気を疑った時、怪しまれずに携帯をチェックする3つの方法

 
ただし、何の抵抗もなく、データを消去するような素振りもなく携帯電話を渡してくるようなら“浮気をしていない”ことも考慮してメールチェックをしなければなりません。
 
 

もしもメールから浮気の証拠が掴めたらできるコト


浮気相手とセックスしたことがわかる”ようなメールのやりとりを発見できた場合、裁判に持ち込んで有力な証拠であると判断されれば、以下のようなあなたの主張を通すことができます。

 
参考
▶「浮気・不倫の証拠|やり直しでも離婚でも使える3つの証拠と集め方
▶「浮気調査の2つの目的と浮気の証拠を活用する浮気解決方法

 

離婚拒否の理由となる

仮にパートナーがあなたと「離婚したい」と主張した場合でも、法律上、浮気をした側の主張は拒絶できるために、あなたは「絶対に離婚しない(離婚したいという主張は受け入れられない)」という主張を通すことができるかもしれません。

しかし、あなたが浮気の事実に固執し続け、相手を非難し続けた結果、夫婦関係が破綻した場合は、相手の離婚請求が認められる可能性は否定できません。
 
参考▶「離婚回避マニュアル|離婚したくない方必見の回避法13選
 

自分に有利な形で離婚を主張できる

あなたが離婚したい場合は、「離婚したい」という主張に加えて、パートナーと浮気相手に対して離婚慰謝料請求も可能になります

 

浮気相手を近づけさせないようにできる

確固たる証拠があれば、浮気相手に対し、「二度と私の彼に近づかないで!」という主張を強く行えます。
 
 

自分で行う浮気調査にはバレるリスクがある


ここまで自分でパートナーの携帯電話をチェックして浮気調査をする方法についてお伝えしましたが、このメール調査を含め、素人が調査をする行為には“本人にバレてしまう”というリスクがあります。
 
そうなってしまった場合に、以下の点には要注意です。
 
参考▶「自分で浮気調査する方法とよくある失敗|探偵に依頼すべき理由

 

関係が悪化する

勝手に携帯電話を見られたと知られたら、誰であってもよい気持ちにはならないでしょう。調査をして浮気の証拠が発見できようができまいが、あなたの信用度は下がってしまいます。

夫婦関係を円満に保ちたいのであれば、相手のプライバシーや秘密に過度に干渉する行為は控えるほうが賢明でしょう。
 

本格的な浮気調査がやりにくくなる

一度バレたことにより本人が警戒したり、さまざまな証拠を抹消しに動くことが考えられます。

このような状態でもしも探偵に本格的な浮気調査をお願いしても、証拠がとりにくくなってしまったり、調査に時間がかかりすぎて料金が高額になってしまったりします。
 
 

怪しいメールを発見してしまった…/無料相談受付中

・夫(妻)のスマホに浮気の証拠が残っている
・浮気が事実なら慰謝料を取れるだけ取りたい
・浮気相手とナニをしているのかまではわからない
・浮気調査が高額にならないか不安
・浮気しているなら自分が有利な形で離婚したい
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

16時20分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

 
 

まとめ


今の時代はメールではなくLINEを使ってやりとりをしている方のほうが多いかもしれません。そのため、メールではなくLINEのほうに決定的な証拠が残されている場合もあります。
 

参考▶「LINE(ライン)で浮気は加速する|LINEから浮気を見破る裏技
 
いずれにしても、人の個人情報を勝手に覗き見る行為は度が過ぎれば自分の首を絞めることにつながるということは頭に入れておくようにしましょう。

 

いきなりメールのチェックをせずに
まずは浮気診断を

浮気中の嘘のつき方|よく用いられる嘘と見破る方法まとめ

浮気性の人間の10の特徴と浮気性の治し方

5つの浮気診断|パートナーの浮気度と浮気傾向を徹底診断

こういう旦那は浮気する|浮気旦那のチェック方法とその対処法

男性・女性別!浮気しているか簡単に見抜く5つの方法

浮気をチェックする時に見るべき9つのポイント

 

現在自分が得ている浮気の証拠は証拠として有力なのかや、もしも探偵に浮気調査を依頼した場合はいくらかかるのかなど、お気軽に無料相談窓口からお問い合わせください。

怪しいメールを発見してしまった…/無料相談受付中

・夫(妻)のスマホに浮気の証拠が残っている
・浮気が事実なら慰謝料を取れるだけ取りたい
・浮気相手とナニをしているのかまではわからない
・浮気調査が高額にならないか不安
・浮気しているなら自分が有利な形で離婚したい
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

16時20分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

浮気・不倫の証拠に関する新着コラム

浮気・不倫の証拠に関する人気のコラム


浮気・不倫の証拠 コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております