Header_home
 > 
 > 
 > 
旦那の浮気への慰謝料相場と慰謝料の増額が可能なケース

旦那の浮気への慰謝料相場と慰謝料の増額が可能なケース

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

旦那の浮気への慰謝料相場と慰謝料の増額が可能なケース
Pixta_22874136_m
浮気した旦那に慰謝料請求したい場合は
浮気の証拠入手がおすすめです。
 
浮気をやめさせ関係を修復する場合も、浮気を追求して別れる場合も、浮気対策には浮気調査で確実な証拠を手に入れることが非常に有効です。

【浮気の証拠入手について無料相談する】【証拠の活用方法や証拠入手の効果について詳しく知る】


旦那の浮気に対して慰謝料を請求する時の相場はどれくらいか気になる方は多いでしょう。自分が浮気されたことに対する精神的苦痛、またそれ以外の要素を金額に換算したものですから、より多くの慰謝料を請求したいものです。
 
今回の記事では、旦那に対して妻が請求できる慰謝料額の相場、また、慰謝料額を可能な限り増額させる方法についてまとめていきましょう。
 

絶対に慰謝料を請求したい!/無料相談受付中

・旦那の浮気に耐えられない
・慰謝料請求したいが証拠がない
・できるだけ慰謝料を多くとりたい

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

15時43分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

もしかして浮気されてる!?
パートナーの浮気度チェック!

簡単1分!無料!
浮気確率を診断できます。

【浮気度チェッカー】

旦那への浮気慰謝料の相場は50万~300万円

慰謝料の相場は様々な要素を考慮して換算されます。多いと感じる方もいれば少ないと感じる方もいるでしょうが、ここではあくまでも相場はいくらかについて解説していきましょう。
 

旦那の浮気が原因で離婚する場合の慰謝料相場は200万円前後

自分に一切の非はなく、旦那が一方的に浮気をした場合、その浮気の証拠を掴むことが出来ていれば、離婚する場合でおよそ200万円の慰謝料請求が可能になります。
 

旦那の浮気が原因だが離婚しない場合の慰謝料相場は50万~100万円前後

婚姻関係を継続する場合でも、旦那が浮気をしたことが事実であるならば、それに対する精神的苦痛として50万円~100万円の慰謝料請求が可能になります。
 

慰謝料を算出する要素

浮気をしたから慰謝料はいくらと定められているわけではありません。原則として、双方が納得すれば慰謝料額はいくらであっても構わないことにはなっていますが、裁判で決定する場合には、以下が慰謝料換算の際の要素になります。
 

婚姻期間

婚姻期間が長ければ長いほど被害額は大きいと判断され、慰謝料額が増額されます。

不倫期間

不倫をしていた期間が長ければ長いほど被害状況は酷いと推定され、慰謝料額が増額されます。

不倫前の結婚状況

もともとの夫婦仲が悪ければ、不倫した者の責任は軽くなり、慰謝料額が減額されます。

年齢

例えば50代の男性が20代の女子学生と不倫をしたことが原因である場合は、男性側の責任が大きいとみなされ慰謝料額が増額されます。

不倫への積極性

積極的に不倫関係になることを誘ったほうの責任が重くなり、支払う慰謝料額が増額されます。

修復の可能性

夫婦関係が修復できるかどうかも慰謝料の判断材料となり、修復が不可能とみなされた場合は慰謝料額が増額されます。

子供への影響

夫婦の子供が幼ければ幼いほど精神的に不安になりやすいので、被害が大きいと推定され、慰謝料額が増額されます。

離婚後の経済状況

母親が親権を取る場合は経済的に困窮しやすいため、慰謝料額が増額されます。

関係の継続

「もう浮気はしない」と約束したにも関わらず、その後も密会するなど関係を継続していた場合は慰謝料額が増額されます。

夫婦の別居

不倫前から夫婦が別居している場合、別居期間が長ければ長いほど不倫した側の責任は軽くなり、慰謝料額が減額されます。

年収や資産の状況

年収が高い、資産が多い人の場合は慰謝料額が増額されます。

掠奪婚を狙っている

不倫相手が子供を作り、夫婦関係を破たんさせようとした場合は慰謝料が増額となります。

暴力、虐待

暴力、虐待行為があった場合は、慰謝料は増額となります。

 
慰謝料を細かく計算したいという方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

参考▶「離婚慰謝料の計算基準|慰謝料の相場と自分で計算する方法
 
 

旦那への浮気慰謝料を増額させる方法

慰謝料額に一定の決まりがないということは、増額の条件を満たし、それ以外にもポイントを抑えることでかなりの増額が見込めるということになります。
 
できる限り高額な慰謝料額をもらいたいという場合は、以下の慰謝料増額のための知識を頭に入れておきましょう。
 

浮気の証拠をつかむ

誰がどう見てもこの二人は浮気関係にある、と認められるだけの証拠を得ておくことが、スムーズに高額な慰謝料請求を可能にする絶対条件となります。というのも、”一般的に浮気と言われる行為”と、”慰謝料請求が可能になる浮気行為”は意味合いが少し異なります。
 
慰謝料請求が認められるには、旦那と浮気相手の浮気、というよりも不貞行為を立証しなければなりません。この不貞行為とは、セックスまたはセックスに類似する行為(射精を伴う行為・口淫など)を示します。
 
参考▶「不貞行為とは|法律で定める不貞行為の定義と浮気の違い
 
その証拠として具体的には、以下の3点のうちいずれかを得ておくのが望ましいでしょう。
 
・3回以上のラブホテルへの出入りを証明できるもの
・40分以上のラブホテルでの滞在時間を証明できるもの
・5回以上の相手宅への出入りを証明できるもの
 
もちろん、旦那と旦那の浮気相手の顔や、背景やその行為がなされた時間帯などがわかるものがベストです。自分一人でも浮気の証拠を掴めないことはないですが、労力と時間と費用がかかるというデメリットがありますので、浮気調査のプロである探偵への依頼を検討してみましょう。
 
参考
▶「浮気の証拠|やり直しでも離婚でも使える3つの証拠と集め方
▶「自分で浮気調査する方法とよくある失敗|探偵に依頼すべき理由
 
キスをした写メが見つかった、二人きりでよくデートに行く、程度のことでは不貞行為を立証することは出来ず、慰謝料請求も認めてもらえない可能性が高いので注意しましょう。
 
 

浮気の証拠入手のための無料相談窓口
 
明確な浮気の証拠を入手するには探偵事務所での浮気調査が確実です。 下記の相談窓口では当サイトが厳選した信頼できる探偵事務所のベテラン相談員に離婚に向けた証拠入手や証拠入手後の動き方に関して、ご相談いただけます。
相談料は無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

証拠の入手や今後の動き方について無料相談する

 

浮気の期間や頻度を調べる

どのくらい前から浮気関係にあったのかや、どのくらいのぺースで浮気が行われていたのかなどを調べるのも有効です。一度や二度の疑わしい行為では、旦那にシラを切られてしまう可能性もあるので、なるべく「怪しい」と感じた時から時系列付きで旦那の動向を記録しておくのが良いでしょう。またその際には、旦那の持ち物や行先を入念にチェックして裏を取っておく必要があります。
 
こちらも自分一人で調査するのはリスクがないわけではないので、すぐにでも確実に白黒ハッキリさせたいという場合には探偵に依頼を検討してみるべきでしょう。怪しい日が事前にわかっている場合は、すぐに裏が取れて浮気調査費用も高額にならない可能性があります。
 

浮気によって婚姻関係を破たんさせられたという証明する

旦那の浮気が原因で離婚する場合には、その浮気行為が原因でこれまでの夫婦関係に終止符が打たれたのだということをアピールする必要があります。夫婦には円満、穏便に家庭を築き上げていく権利が与えられていますから、それを浮気というアクションによって壊されたとなれば、浮気をされた妻側の主張は認められやすくなります。
 

精神的、身体的に影響があったことを証明する

旦那の浮気によって拒食症や過食症になった、頭痛や吐き気がするようになったという場合は、それだけ精神的な苦痛がひどかったのだと考慮され、慰謝料がぐんと増額する可能性があります。
 
この際ですが、病院にかかった際の領収書を取っておいたり、医師にどのような診断をされたのかがわかるようにしておいたりすることで、苦痛の程度を表明することが出来ます。
 

他者の証言を得る

浮気をした者・浮気をされた者が、やった・やってないという話をしても事は進展しません。こんな時、浮気は事実であるという第三者の証言があると、法廷で妻側はかなり優位な立場になれます。
 
浮気現場の目撃者がいればそれに越したことはありませんが、二人でこの時間によく一緒にいるのを見かける、こんな怪しい動きをしていた、というような証言でも優勢を得ることが出来るでしょう。
 
 

旦那への慰謝料請求が可能なケース・不可能なケース

旦那に浮気をされた場合は、原則として慰謝料の請求は可能になりますが、中には不貞行為があっても慰謝料請求が認められないケースもあります。
 

慰謝料請求が可能なケース

前述したように、旦那と浮気相手の間に不貞行為があり、その証拠を掴んでいる場合には慰謝料請求が可能になります。
 

慰謝料請求が不可能なケース

以下の場合では、例え体の関係があったとしても法的に慰謝料の請求が認められない可能性があります。
 
・夫の浮気行為が明確に立証できていない
・夫が浮気相手の同意を得ずに、半ば強姦まがいに性的交渉をした
・夫に精神疾患や痴呆があり判断能力に欠ける
・妻である自分も浮気をしていた
・夫に浮気をさせたそもそもの原因が妻にある
・長らく別居状態が続き既に夫婦関係が破たんしていた
・既に慰謝料請求の時効が成立している
 
参考
▶「不倫による慰謝料請求の時効|知っておくべき時効の中断方法
▶「別居は離婚への近道|別居から離婚する5つのメリットと注意点
 
 

旦那への慰謝料請求方法

実際に、浮気をした旦那に対して慰謝料を請求する場合はどのようなアクションを取ったら良いのでしょうか。以下に記述しましょう。
 

口頭で請求する場合

旦那に対して、不貞行為の証拠を提示しながら
 
・精神的な苦痛を受けた事実
・請求する慰謝料の希望額
・いつまでにどのような形で支払ってくれるのか
・離婚をしたいのか婚姻関係を継続したいのか
 
などを記載し、くれぐれも冷静によく話し合うようにしましょう。この時、自分の発言もそうですが、旦那の発言を記録しておくためのボイスレコーダーを活用すると、後になって言った・言ってないというトラブルへの発展を防ぐことが出来ます。
 

書面で請求する場合

旦那に対して
 
・精神的な苦痛を受けた事実
・不貞行為となる証拠
・請求する慰謝料の希望額
・離婚をしたいのか婚姻関係を継続したいのか
 
などを記述し、その文面が証拠として残る手紙やメールを用いて請求しましょう。これに対して返事が来ない場合は内容証明郵便(誰が誰に対して、いつ、どのような内容の書面を出したかを証明する郵便)を用いて請求しましょう。
 

裁判で請求する場合

裁判所に対して
 
・精神的な苦痛を受けた事実
・不貞行為となる証拠
・請求する慰謝料の希望額
 
上記を記載した訴状を提出し、法定での口頭弁論によって慰謝料請求が進められます。浮気した・された当事者に直接質問される機会もあるため、ここには浮気相手も呼ばれます。
 
裁判所から打診される和解や合意に至らなかった場合は、最終的に過去の判例や慰謝料相場などから裁判官が判断し、正式な慰謝料額の判決が下されることになります。
 
 

旦那の浮気相手にも慰謝料請求は可能

ここまで、浮気された対価として慰謝料を請求する方法について記述してきましたが、くれぐれも慰謝料請求以外の方法で復讐しようとは考えないようにしましょう。
 
暴言、暴力はもちろんのこと、脅迫する行為や自殺をほのめかすような行為も、せっかく優位な立場が逆転してしまいかねません。稀なですが、中には浮気した側が不利な立場を逆転させるために、あえて冷静さを欠くアクションを起こさせようと罠を仕掛けてくるケースもあります。
 
法を順守した適切な対処をすることで、浮気された側の主張は通りやすくなることを絶対に忘れないようにしましょう。
 
以下は旦那の浮気に対する慰謝料請求、リベンジに関連する記事リンク集となりますので、参考にしてみて下さい。
 
参考
▶「旦那と旦那の浮気相手へ行う復讐一覧と復讐時の注意点
▶「浮気相手への復讐|復讐の成功・失敗事例と注意点
▶「浮気相手との戦い|浮気相手への黒い本音と合法的な制裁方法
▶「浮気されたら許す?浮気されたら考える4つの選択肢
▶「浮気を許せない理由と浮気を許せない人が知るべき制裁の知識
 
 

まとめ

浮気をされた側は、不貞行為を立証するための証拠さえあれば、慰謝料の請求はもちろん、配偶者の権利として離婚をしたい・したくないといった主張をすることも可能になります。今回の記事が、旦那に対して慰謝料請求をお考えの方のために少しでも役立ったのであれば幸いです。


 

絶対に慰謝料を請求したい!/無料相談受付中

・旦那の浮気に耐えられない
・慰謝料請求したいが証拠がない
・できるだけ慰謝料を多くとりたい

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

15時43分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

夫の浮気・不倫に関する新着コラム

夫の浮気・不倫に関する人気のコラム


夫の浮気・不倫 コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております