Header home
 > 
 > 
 > 
【旦那の浮気調査】徒歩・車などケース別調査法と料金を安くする方法

【旦那の浮気調査】徒歩・車などケース別調査法と料金を安くする方法

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

【旦那の浮気調査】徒歩・車などケース別調査法と料金を安くする方法
%e6%97%a6%e9%82%a3 %e6%b5%ae%e6%b0%97%e8%aa%bf%e6%9f%bb

この記事では自分で旦那の浮気調査をする方法について解説しますが、結論からお伝えすると、探偵に依頼して調査するほうがおすすめ です。
 

浮気調査の途中で本人にバレてしまい証拠を隠滅されると、慰謝料請求が難しくなるのはもちろんのこと、一方的に離婚を切り出されるリスクもあるからです。
 

自分でやみくもに調査をして事態を悪化させてしまう前に、ぜひこの記事を参考にしてください。
 

【関連記事】旦那の浮気チェック!

浮気を疑った時、怪しまれずに携帯をチェックする3つの方法

今から使える浮気の兆候を確かめるための13のチェックリスト

浮気をチェックする時に見るべき9のチェックポイント

 

旦那の浮気調査方法①|尾行して決定的瞬間をカメラに収める方法

尾行のための3つの準備

準備1:変装用の服を用意する

容姿でバレないように変装をしましょう。ここで紹介するポイントは2つあります。
 

1つ目は、周りの風景に溶け込めるよう、旦那の服装に似ていて、比較的控え目なデザインの服装を選ぶことです。旦那は目的の場所に適した服装をしているはずなので、似た服装にすることで、自然と周りに溶け込める可能性が高まりますし、控え目なデザインの服装をしていれば、目立つことも避けられます。
 

2つ目は、自分のシルエット(輪郭・体形など)を隠せる服装を選ぶことです。人間は、他人を認識するとき、シルエットで認識しています。例えば、友人を認識するときに「顔にほくろが4つあって、鼻の高さは3cmほどで…」などとは考えませんよね。

基本的に「身長はこんなもので、顔の形はこんな感じで…」といったようにシルエットから判断しています。だからこそ、マスクをつけたり、ロングスカートをはいたりして、うまくシルエットを隠して、あなたと認識できる情報を与えないことが大切なんです。
 

準備2:カメラを調達する

旦那が浮気している場合、のちに旦那や浮気相手に慰謝料請求をすることになるかもしれません。その際に重要になってくるのが“浮気の証拠”です。ただし、証拠には法的に認められにくいものがあります

例えば、あなたの証言です。あなたが「浮気をしているのを見たよ」と言ったとしても、裁判時にその発言を証拠として認めてもらえることはほとんどないでしょう。
 

対して、証拠として認めてもらいやすいものが“写真”です。浮気現場の写真を撮ってしまえば、言い逃れはできませんからね。そこで大切になってくるのがカメラです。できればカメラは2種類持っておくとよいでしょう。
 

  • 小型カメラ:尾行中に接近したときにさりげなく撮影できる(スマホの操作画面を撮影できるなど)。
  • 高性能カメラ:ホテルに入る瞬間など決定的瞬間を遠くから撮影するときに必要になる。


性能がよければよいほど高額になりますが、逆にこの出費を抑えると証拠としての質が劣悪になり、『裁判時に証拠として使用できない』ということが起きかねませんので、注意しましょう。
 

【関連記事】 探偵のカメラの秘密|最新鋭の調査機材による浮気激写テクまとめ
 

準備3:交通系電子マネーはチャージしておく

調査中に旦那が電車に乗ったり、タクシーに乗ったりすることも考えられます。ご自身の交通電子マネーがチャージされていないと、咄嗟に改札を通れなかったり、タクシーの支払いにもたついてしまったりして、旦那を見失う可能性があります。
 

しっかりとチャージしておき、スムーズに移動できるようにしておきましょう。
 

徒歩尾行における2つのポイント

徒歩尾行1:距離に注意する

探偵は尾行の際、調査対象と15メートル程度の距離を取ることが一般的ですが、
 

  • 周りにいる人が少なければ距離をあける
  • 周りにいる人が多ければ距離を詰める


と、ケースに応じて0~100メートルほど幅があります。(参考:プロが明かす探偵&調査完全マニュアル|日本探偵協会)
 

探偵は主に、“ルーステイル”と“クローステイル”という2種類の尾行方法を使います。
 

ルーステイル


とにかくバレないことが最優先の尾行方法。距離を空けつつ、遠くから調査対象を尾行します。


調査対象に接近する尾行方法です。バレる可能性は高いですが、見逃すリスクを下げることができます。ただ、夫婦の場合はバレるリスクがかなり高いので、クローステイルを行うのは難しいでしょう。
 

徒歩尾行2:『尾行の心配はない』と安心させる

遠くに出かけてくると伝えて、旦那の警戒心を解きましょう。妻が確実に近くにいない状況では、旦那は油断します。そして油断した旦那は、すぐに浮気相手のもとに出かけたり、自宅や近所に浮気相手を呼んだりします
 

「確実に妻は近くにいないだろう」と安心しきっているところを尾行することで、証拠獲得の可能性をぐっと高めることができます。
 

車尾行における3つのポイント

車尾行1:間に何台か車を挟む

同じ車にずっと張り付かれていたら、誰でも怪しいと感じます。あなたの車と旦那の車の間には、数台の車を挟むようにしてください
 

一般道路であれば、比較的遅い速度で車は進みます。そのため、対象車を見失いにくく、尾行しやすいでしょう。しかし、追跡に夢中になりすぎるあまり、思わぬ事故につながる可能性があります。事故には十分に気をつけましょう。友人や家族などの協力者を助手席に乗せておき、あなたは運転に専念できるようにすると安心です。
 

車尾行2:高速道路では助手席にパートナーを乗せる

高速道路での尾行も、基本的には一般道路と同様に行います。あなたの車と旦那の車の間に数台の車を挟み、事故にならないように気をつけて運転します。
 

ただし、高速道路の場合は助手席に必ず協力者を乗せてください。高速道路は車の速度が速いため、一瞬のミスが大事故につながってしまいます。安全なくして、尾行の成功はありません。サポートしてくれる人を探して、助手席に乗ってもらうようにしましょう。
 

車尾行3:対象車のミラーに映らないようする

調査対象に直接見られることはもちろん、対象車のミラーに映ることも避けてください
 

運転手は、曲がるときや車間距離を取るときなど、さまざまなタイミングでミラーを使います。それらのタイミングのたびに、ミラーに同じ車が映っていたらどうでしょうか。
 

旦那の印象に残ってしまったり、怪しまれたりしてしまいますよね。くれぐれも気をつけるようにしましょう。
 

電車尾行における3つのポイント

電車尾行1:空いている場合は隣の車両から監視する

空いているのに同じ車両にいては簡単にバレてしまいます。隣の車両から監視するようにしましょう。また、もしシートに座るようなら、同じ向きのシートに座るようにしてください。向かい側のシートに座ると、あなたの顔がよく見えてしまうので危険です。
 

電車尾行2:混雑している場合は近くで尾行する

車内が混んでいるのに隣の車両にいたら旦那を見失ってしまいます。混雑状態ならバレる可能性が低いので、ある程度近くに行って監視するようにしましょう。
 

とは言っても、あまりにも近くから凝視するのは危険です。視界の端に入れつつ、たまに何をしているのかチェックするくらいにしておきましょう。
 

カメラで証拠を押さえるための2つのポイント

カメラ1:よく玄関が見える場所を確保する

浮気の証拠として重要な役割を果たすのが、ラブホテルや浮気相手の家に出入りをする瞬間を捉えた写真です。出入りの瞬間を撮影するためには、玄関がよく見える場所を確保する必要があります。
 

カメラ2:男性と協力して受付での写真を撮る

入る瞬間の写真を捉えられなかったり、さらに証拠が欲しかったりするときは、受付で部屋を選んでいる旦那と浮気相手の写真を撮るのも1つの方法です。その場合、男性に協力してもらってあなたも受付に入り、別の利用客を装いつつ小型カメラで撮影するとよいでしょう。

 

旦那の浮気調査方法②|アプリを活用して居場所や時間などを特定する方法

旦那の浮気を調査する方法は尾行だけではありません。スマホのアプリを利用して調査することも可能なんです。
 

  • 位置情報の把握|いまどこにいるのか
  • 位置情報の把握|どこに行っていたのか
  • 通話履歴の閲覧
  • SNS履歴閲覧
  • 保存された画像や動画の閲覧
  • 強制的なカメラ起動
  • 強制的な録音機能起動


アプリを利用すればこれらを遠隔で行なえます。ただ、アプリをダウンロードするのはご自身のスマホではなく、旦那のスマホです。そのため、無断でアプリをインストールし、ウィルス感染してしまった場合は刑法168条で処罰される可能性もありますので、十分注意が必要です
 

(不正指令電磁的記録作成等)

第一六八条の二 正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、 三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

一 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録

二 前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録

(引用:刑法)


浮気調査に利用できるアプリのリスクをしっかりと押さえてさえいれば、高い効果を発揮してくれるものばかりです。以下の記事にてリスクやアプリ紹介など詳細事項をお伝えしていますので、ぜひご覧ください。
 

【おすすめ記事】
浮気調査アプリ6選と浮気調査アプリを使って調査するリスクまとめ

 

旦那の浮気は“自分で調査”せず“探偵に依頼”したほうがよい2つの理由

①法的に認められやすい証拠を集められるから

探偵は証拠集めに関する知識も経験もあるので、裁判時に証拠として認められやすい証拠を集めることが可能です。結果、慰謝料や離婚を請求する際にあなたを有利な立場にしてくれます。

たしかに、自分で証拠を集めた場合でも裁判時に有効な証拠として認められることもあります。しかし、実際にはそういったケースは多くはありません。
 

なぜなら、法律のプロではない人が浮気の証拠を集めても、有効な要件を満たすことができず、有効な証拠として認められないケースが多いからです。
 

  • ラブホテルに入った写真を撮った
  • 相手の家に2人きりで入ったところを見た


一般に、上記2つが証拠になると思っている方が多く見られます。しかし、法律的観点から見ると、上記は不貞行為(浮気)の証拠となりにくいのです。
 

  • 「ラブホテルに入ったのはたまたまトイレが近くになかっただけ」
  • 「相手の家に行ったのは相談に乗っていただけ」

 

などと言い訳をされたら、認めざるを得ないからです。
 

法的に有効な証拠を押さえるためには専門知識が必要です。探偵に依頼することによって、そういった法律的な問題を解決できる可能性がぐっと高まります。
 

仮にあなたが法律の専門知識を持っていたとしても、旦那の浮気を目の前にして、法律的に有効な証拠を押さえられるほど冷静に行動するのは難しいでしょう。感情を抑える難しさも考慮して、探偵に依頼することをおすすめします。
 

②調査対象に気づかれにくいから

あなたの顔を知る旦那はあなたに気づきやすいです。そして、一度バレてしまうと、相手の警戒心はかなり高まるので、調査の難易度が圧倒的に上がります。難易度が上がるだけならよいのですが、証拠隠滅に走る可能性も生まれます。
 

こうなってはあなた自身での調査はほぼ不可能です。そして、このタイミングで探偵に頼むことを検討する人もいますが、このタイミングでの依頼は料金が高額になります。相手がすでに警戒しているために調査に時間がかり、調査日数が伸びることが予想されるからです。
 

これらのことから、調査をするときは最初から探偵に依頼することをおすすめします。
 

この記事も読まれています

株式会社アシロ の取材班が実際に尾行を体験!

「撮られていることにまったく気づかなかった」

「改めて探偵の技を見せつけられてびっくり」

詳細▶ 【原一探偵事務所の無料相談窓口】浮気に悩む人が探偵に浮気調査を依頼するワケ

 

旦那の浮気調査を探偵に依頼した際の料金相場と計算方法

探偵への依頼料金相場

探偵への依頼料金の相場は『依頼日数×10万円』程度だと考えておきましょう。調査員1人当たりの時給は1万円程度が多く、浮気調査は大抵2人ペアで行います。そして、1日あたり5時間程度の調査になると仮定すると、上記の金額になります。
 

ただし、時給は探偵事務所によって異なりますし、成功報酬や着手金、経費などが加算され、より高額になる可能性も十分あります。はじめにしっかりと確認を取ってください。
 

浮気を調査する日数の目安とは?

浮気調査を依頼するときの日数は1~9日程度が目安と考えるとよいでしょう。実際に原一探偵事務所に依頼した方の浮気調査日数は以下の通りです。
 

(引用: 浮気調査の日数分布|原一探偵事務所 )


調査日数にばらつきがあるように思えますよね。これは“調査対象が浮気相手と会っている頻度”や“調査対象の警戒心の強さ”に差があるからです。旦那が警戒せずに浮気相手と頻繁に会っているなら、調査は短期間で終わる傾向にあります。

逆に警戒心が強く、集合場所を毎回変えたり、メッセージのやり取りなどを毎日消したりしている場合は、調査日数が長くなる傾向にあります。
 

探偵の依頼料金の計算方法

探偵依頼料金は上記のように、着手金・調査料金・経費・成功報酬金から計算できます。

探偵事務所によっては、着手金を取らないところや成功報酬金を取らないところ、逆に着手金と成功報酬金の両方を取る場所などさまざまです。気になった探偵事務所を見つけたら、料金ページを確認してみてくださいね。
 

ではそれぞれの料金の意味についてお伝えします。
 

①着手金

着手金とは、契約が完了したときに支払うお金のことをいいます。着手金の特徴は、浮気の有無、証拠取得の成功・失敗を問わず、返却されないことです。

②調査料金

調査料金とは、浮気調査するにあたって探偵が発揮する能力に対するお金です。人件費などが含まれます。

③経費

経費とは、浮気調査をするにあたって発生した能力以外のものに対するお金です。探偵が移動の際に使用した交通費などが含まれます。

④成功報酬金

成功報酬金とは、探偵が調査に成功し、証拠を獲得できたときに支払うお金です。

 

探偵の依頼料金を安くする3つの方法

①日にちをある程度絞っておく

探偵依頼料金のほとんどは、探偵に調査してもらった日数によって決まります。つまり、探偵の稼働日数を減らせば減らすほど、依頼料金が安くなるということです。
 

しかし、何も考えず日数を減らすだけでは浮気の証拠を押さえられなくなってしまいます。『料金を安くできたものの浮気の証拠を押さえられなかった』なんて本末転倒です。そこで効果的なのが、浮気をしていそうな日に絞って浮気調査をしてもらうという方法です。
 

  • 会社の飲み会だと言っている日
  • 金曜日の夜
  • 出張
  • 休日出勤
  • 習い事
  • ちょっとした外出


上記は浮気するときに使われやすい“ウソの用事”です。こういった日のみに絞って探偵に依頼すると、依頼料金を下げられる可能性があります。

②安全な範囲で探偵に協力する

探偵に協力すると浮気調査がスムーズに進みやすくなります。結果、調査日数が少なくなり、依頼料金が安くなる可能性があります。
 

  • 顔写真
  • 友人関係
  • かかりつけの病院
  • 趣味
  • 過去の恋愛歴


など、調査対象に関する情報を整理して探偵に提供するとよいでしょう。
 

ただし、出過ぎた協力は控えるようにしてください。例えば、探偵の浮気調査に同行したり、探偵に依頼していない日に自分で調査したりするなどです。
 

あなたの調査が旦那バレてしまうと、調査対象の警戒心が高くなってしまうため、探偵が調査を行いにくくなってしまいます。また、下手をすると浮気相手と一緒に撮った写真などの証拠を隠滅してしまう可能性もあります。出過ぎた協力はマイナスにしかならないので控えましょう。
 

あなたが現時点で知っている情報を整理して提供し、新しい情報が耳に入ったときに追加で探偵に報告する形がベストです。
 

③必要に応じて複数の拠点を持つ事務所を選ぶ

出張先で旦那の浮気調査を行うケースでは、交通費が高額になる可能性があります。現地の探偵に依頼するとあなたの交通費がかかりますし、地元の探偵に依頼するとなると、探偵たちの交通費がかかります。
 

なので、地元と現地の両方に支社がある探偵事務所を選択するとよいでしょう。そうすれば現地の探偵が調査し、あなたは地元で報告書を受け取ることができますので、交通費の分だけ浮気調査料が安くなります。
 

※もちろん、探偵社によって異なりますので、事前に確認を取っておきましょう。

 

探偵を選ぶときの注意点

探偵を選ぶときは慎重に選びましょう。腕の悪い探偵に依頼してしまった場合、尾行の途中で浮気調査に気づかれ、旦那に証拠隠滅のチャンスを与えてしまうかもしれません。悪質な探偵事務所に頼んでしまった場合、高額な料金の支払いを求められる可能性もあります
 

探偵は毎日利用するようなものではないため、選び方を知っている人はほとんどいません。だからこそ、選び方を知ってから探偵を選ぶべきなのです。
 

以下の記事に、探偵を選ぶ際のチェックリストをまとめましたので、
 

  • 「探偵選びなんてしたことないからわからない…」
  • 「以前選んだ探偵より良い探偵に依頼したい」


という方はぜひご覧ください。

【おすすめ記事】
探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト
悪徳探偵の実態|実際に起きた悪徳探偵による被害と対処法

 

浮気調査を頼む人の気持ち|「やり直したい」が63%

浮気調査を探偵に依頼する理由として一番多いのが“やり直したい”というものです。浮気している証拠を押さえて、旦那にしっかりと向き合ってもらうためですね。
 

(引用: 原一探偵事務所)


旦那とやり直したいがために浮気調査をする人はたくさんいます。以下の記事にて、旦那とやり直すためにすべきことをまとめました。記事を参考にして、旦那と向き合い始めた方、向き合い方を変えた方はたくさんいらっしゃいます。
 

結婚したばかりの旦那を取り戻し、夫婦生活をやり直したい方はぜひご覧ください。
 

【おすすめ記事】
【無料・電話OK】夫や妻の浮気・不倫相談窓口|妻・夫との関係を修復させる秘訣
離婚したくない人のための相談先一覧|離婚を回避するポイントまとめ


「早く浮気の証拠を集めて、いち早く離婚・復縁したい」という場合はすぐに探偵に依頼したほうがよいですが、すべての人がそんなに早く決心がつくとは限らないでしょう。


あなたに合ったペースで進めばよいと思いますし、相談するとしても、探偵ではない人が望ましいかもしれません。以下の記事では、離婚したくない人が相談できる場所について紹介しています。よろしければご覧ください。
 

【おすすめ記事】
離婚したくない人のための相談先一覧|離婚を回避するポイントまとめ


また、「探偵に興味があるけど、いきなり探偵に電話は怖い…」と思う人もいるでしょう。そういった方に探偵を知ってもらうため、原一探偵事務所によくある質問を以下の記事にまとめました。興味のある方はぜひご覧ください。


【おすすめ記事】
浮気調査でよくある相談事例と無料相談可能なおすすめ相談先

 

まとめ

  • 尾行にはさまざまなスキルが必要
  • 自力で調査するより探偵に依頼するほうがおすすめ
  • 探偵依頼料金を安くする方法はある


この記事では主に以上3点についてお伝えしました。浮気した旦那にうやむやにされたり、浮気に気づけなかったりしたために、何十年もの間浮気されて絶望している女性は数知れません。


浮気している旦那と離婚するかどうか、または慰謝料を請求するかどうかなど、早い段階ではっきりさせておかないと、数年後に後悔することになるかもしれません。


浮気調査についてお悩みの方はぜひご相談ください。無料にてアドバイスさせていただきます。

旦那や妻の浮気でお悩みの方/無料相談受付中

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

14時56分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

夫の浮気・不倫に関する新着コラム

夫の浮気・不倫に関する人気のコラム


夫の浮気・不倫 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております