Header home
 > 
 > 
結婚調査とは|探偵の結婚調査で判明する内容と結婚調査の費用相場

結婚調査とは|探偵の結婚調査で判明する内容と結婚調査の費用相場

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

2019.9.11
結婚調査とは|探偵の結婚調査で判明する内容と結婚調査の費用相場
浮気調査ナビ編集部
監修記事
%e3%83%90%e3%83%a9

結婚調査(けっこんちょうさ)とは、結婚を約束した相手の素性を探偵などに調査してもらうことをいいます。
 
「結婚相手に借金があるかもしれない。」
「結婚相手の経歴が立派だけれど、本当だろうか。」
「結婚相手に浮気癖があったらどうしよう…。」
 
など、結婚を約束した相手がいる人であれば、一度はこんな不安を抱いたことがあるのではないでしょうか。
 
「愛する人を疑うなんて…。」と思う方もいるかもしれませんが、結婚は人生の一大イベント。失敗したくないのは当たり前です。婚約相手の年収や交友関係、浮気の有無などを事前に調べておくのは、結婚後、幸せな生活を送るための手段の一つといえましょう。
 
場合によっては、結婚後、毎日相手から暴力をふるわれる、実は無職だったことが判明して生活費のために借金を背負うことになる、など結婚を後悔してしまうことになりかねません。
 
この記事では、結婚調査で判明する内容や、結婚調査を探偵に依頼した際の費用相場を紹介します。
 

結婚調査で判明する内容


SNSや婚活イベントが盛んに行われるようになった最近では、今までまったく付き合いのなかった相手と交際を始めるというケースも増えています。結婚をして、人生を共にするならば、探偵に依頼して相手のことをもう少し知っておいた方がよいかもしれません。
 
相手の素性を調べるくらいのことであれば自分の力だけでも人脈を辿って何とかなることもあるでしょう。ただし、自力で調査するには手間がかかりますし、限界もあります。何より相手にバレたときのリスクも伴うため、やはり調査のプロである探偵に依頼を行うことが得策です。
 
ここでは、結婚調査を行うことで判明する、主なポイントを紹介します。
 

浮気の有無

過去や現在の交際状況をチェックし、浮気性でないか、もしくは現在浮気をしていないかを調査します。
 

風俗・中絶・過去の離婚歴

あなたに隠れて風俗通いをしている可能性もありますし、過去に交際相手を妊娠させ、中絶させている、未婚であるといいながら離婚歴がある可能性もあります。
 
今までの貞操関連についての調査を行います。
 

借金・ギャンブルなどの金銭関連

一定期間尾行をし、主に日常生活をチェックすることによって、 パチンコや競馬などギャンブルをしていないか、依存性がないか、また、借金などがないかを調査します。
 

学歴・保有資格・職歴

相手から聞いている学歴や保有資格、の真偽のほか、過去や現在の職業を調べます。
 
さらに、会社内での本人の立場や出世しそうか否か、勤務先自体に将来性があるか、ということを調査可能です。
 

病気の有無

病気には遺伝性のものもあり、子供へその病気が遺伝することを懸念する人もいます。
 
遺伝性の病気や精神病の有無など、結婚後に知ると問題となるような病気を患っていないかのチェックをします。
 

宗教・性格

特定の宗教にこだわりがないかの調査をします。
 
また、対象の友人に聞き込み調査を行い、どのような性格・評判かの調査も行います。
 

家族の詳細

親族に暴力団関係者がいないか、寝たきりなどですぐに介護の必要な人がいないか、嫁姑問題に発展する要素がないかなどの調査をします。
 
なお、出身地については、非常にデリケートな問題で(部落差別など)あり、探偵業法に触れる可能性があるため、一般的に探偵事務所では行いません
 

浮気調査の無料相談窓口

・最近、婚約者の言動が怪しい
・結婚後の異性関係が不安…
・婚約者の浮気をやめさせたい
・婚約解消して慰謝料を請求したい

そんなお悩みを抱えているなら、
まずは無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

結婚調査の費用相場


結婚調査は複数の調査を同時に行う場合が多く、探偵社によって料金体系がばらばらであるため、費用はおよそ30100万円と大きな開きがあります。
 
100万円と聞くと高額な料金に思えてきますが、これは多くの調査を一度に行った場合に発生する料金です。調査する項目を選別したり、いくつかの探偵社を比較して料金を検討することで、費用を抑えることができます。
 
ここでは、結婚調査の内容別の費用相場について紹介します。
 
なお、探偵事務所はたくさんあって、どこを選べばよいか迷われる方もいるのではないでしょうか。以下の記事では、探偵事務所の選び方を紹介していますので、興味のある方は参考にしてください。
 
【関連記事】結婚調査を検討中の方は必見|探偵を選ぶポイントと調査開始までの流れ
 

経歴や戸籍を扱う身元調査の費用相場

極端な話、相手の個人情報に関わる調査については、該当する書類に目を通してしまえば終わってしまう調査です。特別に人件費や手間がかかるものではないため、調査料金は安めです。
 
調査の相場は探偵2名で稼働時間1時間につき2万円~3万円程度です。
 

普段の行動に関する調査の費用相場

異性関係や勤務先の人間関係に関する調査、普段の行動を調べる素行調査には、探偵や調査員が張り込んだり、車や電車を使う必要が出てきます。ほとんどのケースで調査人数が2人以上になるため、料金は割高。
 
探偵や興信所は公安委員会から『探偵業届出番号』を受け取って活動している調査のプロです。彼らに調査を依頼するにはある程度の資金が必要になりますが、目的に合わせて調整すると、現実的な金額で調査することができます。
 
なお、調査内容にもよりますが、1日あたりの稼働で10万円前後が調査費用の相場です。

調査の相場料金を確認する。
 

結婚調査費用を安く抑える方法

料金が安い探偵がよい探偵というわけではありませんが、できれば費用を抑えたいですよね。
 
以下でいくつか、結婚調査費用を安く抑える術についてご紹介していきます。
 

日記をつける|メモをとる

探偵は、あらかじめ得た対象者の情報をもとに、調査の難易度や、必要な調査日数などのプランを決めます。そのため、あらかじめ探偵が得た情報が多ければ多いほど、調査費用が安く済む傾向にあります。日記をつける、気になった点をメモするなどして相手の特徴や行動の記録を取っておくとよいでしょう。
 

出没する場所の目星をつける

個人で使用可能なGPSであらかじめ足取りを調べて出没場所に目星をつけておけば、探偵もその場所をピンポイントで調査でき、調査時間も短縮されます。
 

調査員の人数を減らしてもらう

例えば調査員3名で行っているところを1名で行ってもらえないかお願いしてみるなどして、人件費を削減できれば費用も抑えることができます。
 
しかし、通常のマニュアルに沿わない行動をさせることで、調査に失敗するリスクが高まったり、かえって調査効率が悪くなって時間がかかったりする場合もあることは念頭に置いておきましょう。
 

無料相談を利用する

探偵事務所によっては無料で相談を受け付けているところがあります。正式な依頼前に有料相談でお金をかけるよりも、無料で相談できるのであればそれに越したことはありません。
 

結婚調査をすべき人の特徴


ここでは具体的にどんなケースにおいて結婚調査をするべきなのかまとめています。あなたに当てはまるものがあれば、調査を検討してみてはいかがでしょうか?
 

①相手が親族のことを話さない

親族の誰かが莫大な借金を抱えているなどの場合があります。巻き込まれる可能性があるため、どうしても結婚したい場合は弁護士などの専門家に相談するなどの対応が必要です。
 

離婚トラブルを解決したい方

最短で解決するために、離婚トラブルの解決が得意なお近くの弁護士にまずは無料相談してみませんか?

 

 

②普段の生活をあまり知らない

婚約者が予定のないときに何をしているか分からない場合は、調査することをおすすめします。1人になった途端、ギャンブルに出かけたなんてケースもあります。
 

③相手の経歴が本物かどうか気になる

会ってから日が浅い場合や、共通の知り合いがいない場合は、相手の経歴が難しいでしょう。結婚詐欺に巻き込まれる可能性もあるので、比較的安価な身元調査を行って、経歴くらいは把握しておきたいものです。
 

④相手が以前離婚を経験しているが、理由を知らない

本人の口から聞くことがベストですが、どうしても口を割らない場合は調査してみましょう。DVや異性関係でのトラブルを隠しているのかもしれません。
 

⑤交際相手から金を要求されている

「どうせ結婚するんだし、お金貸して欲しい。」などと言い寄られている場合は要注意です。相手が行方をくらませたら貸したお金を取り戻せる可能性は低いでしょう。また、ギャンブル癖を持っていて、あなただけでなく友人などにも借金をしている場合もあるでしょう。
 

⑥街コン・出会い系サイトで知り合った相手と交際している

これは共通の知り合いがいないケースがほとんどでしょう。経歴の真偽が分からないばかりか、あなたと同じように出会った複数の異性と交際しているかもしれません。結婚を考えている場合は調査することを強くおすすめします。
 

⑦普段から相手の言動に矛盾を感じることがある

少しでも気になることがあれば、誰かに相談してみましょう。自身は盲目になっていて気づけずにいるかもしれませんが、客観的に見たら「絶対結婚詐欺だよ!」なんて言われることもあるかもしれません。そにょうな人に結婚を迫られているなら、一度待ってもらって調査してみましょう。
 
結婚調査、浮気調査の相場料金については「浮気調査の料金・費用相場|費用を安く抑える唯一の方法」で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。 
 

浮気調査の無料相談窓口

・最近、婚約者の言動が怪しい
・結婚後の異性関係が不安…
・婚約者の浮気をやめさせたい
・婚約解消して慰謝料を請求したい

そんなお悩みを抱えているなら、
まずは無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

結婚調査を探偵に依頼するべき理由

結婚調査はご自身で行うこともできます。しかし、探偵に依頼した方がよいでしょう。

ここでは、結婚調査を探偵に依頼することで得られるメリットを紹介します。
 

①調査対象にバレない

親が子供の婚約者を調査する場合は、相手にバレても結婚が破たんになるほど深刻な事態にはならないかもしれません。しかし、婚約者をあなた自身が調査する際には大きなリスクが伴います。探偵に依頼すればまず、調査対象にバレることはないでしょう。
 

②当事者・身内という主観がなくなる

自力や身内だけで調査した場合、調査した側の主観が入ってしまい、特に気にする必要のないようなことでも、過度に反応して結婚へブレーキをかけてしまいかねません。探偵は第三者なのでフラットな目線で調査してくれますし、調査結果に対してプロの視点からアドバイスを得ることもできます。
 

③異性関係や交友関係は探偵に依頼した方が効率的

コミュニケーション能力に長けた人であれば、上手く立ちまわって自力で情報を集めることができるかもしれません。しかし、結婚を控えているカップルにとっては、限られた時間の中で一定の成果を出してくれる探偵に依頼した方が効率的でしょう。
 
特に身元に関する調査では、バレることなく、あなたが期待しているよりもずっと詳しい内容まで調査してくれます。
 

④浮気調査と比べて費用と失敗数が少ない

結婚してから「この人じゃなかった…。」となっては元も子もありません。夫婦の仲が悪化した際に行う『浮気調査』は、結婚調査と比べて費用が高く、調査の失敗というリスクも伴います。結婚相手の見極めが不十分で、後に高い料金を払って浮気調査を行うくらいなら、結婚前に比較的安い費用で相手の身元を調査した方がよいでしょう。
 

実際に起きた結婚相手とのトラブル事例

結婚調査をしなかった場合に起こり得る問題には以下の4つが挙げられます。
 

  • 異性関係でのトラブル(浮気)
  • 家族間のトラブル
  • 借金の発覚
  • 結婚詐欺

 
特に異性関係でのトラブルと家族間のトラブルは離婚の原因でも上位に入ってくる項目です。
 
以下にはこのトラブルの事例をまとめていきますが、結婚調査によって人間関係や家族の情報について調査しておけば未然に防げる可能性が高いでしょう。
 

結婚後にすぐに不倫された

いざ結婚してみたら、趣味や趣向がまったく合わなかった、実は元恋人と縁が切れていなかったなどのさまざまな理由からすぐに不倫や二重生活がスタートしてしまったケースもあります。
 
結婚は一大イベント。相手のことがよくわからないまま結婚してしまうと、離婚するリスクが高くなってしまいます。慎重に相手選びを行うに越したことはないのです。
 

家族と相性が悪かった

知り合って間もなくして家族間の付き合いもないまま結婚してしまうと、『配偶者と自身の家族の相性が悪い』『配偶者の家族と自身の相性が悪い』『自身の家族と配偶者の家族との相性が悪い』といったことが起きかねません。
 
もちろん人間ですから、相性の良し悪しがあって当然です。しかし、結婚をするということは家族になるということですから、極力お互い同士理解し合いたいものです。
 
「だからあんな男と結婚するの、反対したんだよ!」と両親が娘に言うシーンをドラマでよく見ますが、こんな言葉が飛び交っても誰も気持ちちよくないですよね。
 

借金を背負わされた

結婚前は借金があることなど一言も知らされていなかったのに、結婚後になって返済を手伝って欲しいと言われるケースや、夫婦の貯蓄から抜き取られていくケースが懸念されます。
 

結婚詐欺に遭った

結婚詐欺師は、巧みな話術で異性の心を掴み「この人と結婚すれば幸せになれる!」と勘違いさせておき、大金を巻き上げたあとに姿を消します。
 
自分は絶対結婚詐欺には遭わないと思っていても、結婚詐欺師はあの手この手で夢見心地にさせてくれるので、結婚するリスクなどマイナス面に対して盲目になりがちです。
 
とある結婚詐欺師は「10年間でたくさんの女性から計1,500~1,800万円をだまし取った。」との供述をしています。
 
お見合い結婚など、関係の浅い人間と結婚をする際に、当人の意思とは関係なく親が事前に探偵に調査を依頼するケースも多くあります。
 
(引用:「探偵の行う信用調査とは|個人信用調査の実態と調査法」) 
 

まとめ

いかがでしたか? 
 
今まで述べたことについてもう一度整理します。
 
・若年層の離婚率が高まっている今、結婚調査の必要性も高まっている。
・バレるリスクがなく、時間の短縮にもなるので、セルフ調査よりも探偵に依頼する方がいい。
・調査料金は、調査する項目や手段によって調整することができる。
 
もう少し詳細を知りたいという場合はこちらのフォームからお問い合わせください。

婚約者を調査する必要性について少しでもご理解頂ければ幸いです。

浮気調査の無料相談窓口

・最近、婚約者の言動が怪しい
・結婚後の異性関係が不安…
・婚約者の浮気をやめさせたい
・婚約解消して慰謝料を請求したい

そんなお悩みを抱えているなら、
まずは無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。


この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

探偵事務所に関する新着コラム

探偵事務所に関する人気のコラム


探偵事務所 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております