Header home

浮気した彼女に復讐したい!復讐可能なケースまとめ

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

公開日:2018.9.27 更新日:2021.11.19
浮気した彼女に復讐したい!復讐可能なケースまとめ
Pixta 8079675 s
匿名・非通知OK!浮気に悩むあなたの声をお聞かせください

たった一人で悩んでいませんか?
浮気する人の心理や行動などを熟知した専門カウンセラーが無料相談であなたのお話を伺います。
しつこい電話勧誘はいたしません。何か解決策が見つかるかもしれませんので、お気軽にご相談ください。
相談するメリットや相談例などをまとめたこちらもご一読ください。
※法律相談は行なっておりません。
※浮気・不倫の確信がない方からの相談も受け付けています。
※テレビでもおなじみ、浮気・不倫調査のプロ、原一探偵事務所がこの相談窓口を運営しています。

 

付き合っている彼女に浮気された時、その子とのこれからの関係や、ここ最近の付き合い方を考えるかと思います。

しかし、何よりも、彼女を許せない!という気持ちが湧いているのではないでしょうか?
 
なんとかして見返してやりたい。復讐したい。
 
浮気した彼女に対してどんなことができるのでしょうか?
 
このような時に、彼女に対する暴力や殺人、リベンジポルノに走ってしまう人がいますが、絶対にしてはいけません。
 
この記事では浮気した彼女に対してできる、合法的な復讐について書かせていただきます。
 

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所では来店不要で無料面談・依頼まで行えるビデオトークもご好評いただいております。遠方の方、多忙な方、感染リスクを考慮し外出を控えたい方も、お気軽にお問い合わせください。

浮気調査を検討中の方におすすめのサービス・探偵社3選
※全国・24時間対応/相談無料

調査料金を抑えたい方へ

街角相談所|探偵社の無料紹介/オンライン見積もりサービス

30秒で完了する7つの質問に答えるだけで簡単に見積もりを依頼できます。
他社の見積もり書ご提示でさらに安く調査可能な探偵社を紹介。
※パートナーの浮気に関するご依頼の場合、クリック後に”浮気調査”をご選択下さい。

>>調査料金を抑えたい方はこちら


実績が多い、信頼ある探偵社に依頼したい方へ

原一探偵事務所|調査実績47年の老舗探偵事務所

年間相談実績5万人以上/調査実績47年の実績。
浮気調査後も前向きな人生を送っていただけるよう全力でサポート

>>信頼ある探偵社に依頼したい方はこちら


不倫相手を許せない!離婚慰謝料請求をしたい方へ

ベリーベスト法律事務所|離婚・不倫慰謝料の相談窓口

離婚問題や不倫の慰謝料問題に関する豊富な経験:実績を有する離婚専門チームがサポート。
安心の全国対応、男女弁護士を選択可能です。

>>離婚・不倫慰謝料の請求を弁護士に相談したい方はこちら

不倫・浮気慰謝料の請求はこちら
電話メールOK証拠の相談も可秘密厳守
慰謝料請求に強い弁護士を検索して無料相談可能

※姉妹サイトの不倫慰謝料弁護士ナビに移動します
北海道・東北    北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
この記事に記載の情報は2021年11月19日時点のものです

浮気した彼女に復讐として何ができるのか

信じていた彼女に裏切られたのだから、失望とともに何かしらの制裁を与えたいという気持ちが生まれることもあるかもしれません。

中にはその気持ちさえ非難する人もいるでしょうが、すぐに気持ちを落ち着けられない・切り替えられない人もいるでしょう。
 
強いて挙げられるとしたら、まずは慰謝料請求でしょうか。
 

彼女彼氏の関係で慰謝料請求はできるのか

夫婦には貞操義務というものがあって、これは配偶者以外の異性と性行為に及ぶことで貞操義務を守れなかったことになります。
貞操義務を守れないことは法定離婚事由の1つに数えられてもいるのです。
 
しかし、独身の男女の交際、単なるカップル(=自由恋愛関係)だと貞操義務は発生しませんので、彼氏以外の誰と浮気をしても、法的になにか違反しているわけではないのです。
 
【関連記事】
彼女に浮気慰謝料請求は可能か?請求可能な条件と慰謝料の相場

 

慰謝料請求ができるかもしれないケース

独身の男女同士の関係では、浮気そのものを理由に慰謝料請求はできません。
しかし、場合によって慰謝料請求ができるケースもあります。
 

事実婚状態の時

前述した通り、貞操義務が認められるのは夫婦のみです。

夫婦は婚姻届を提出している必要がありますが、未届であっても事実婚(内縁関係)としてみなされれば、二人の間には貞操義務が生じるのです。

事実婚とはどのような状態を言うか

それでは、どのような状態であれば、事実婚ということになるのでしょうか。
 
実はこの2つの条件を満たしていればよいのです。

 
  • 双方に婚姻の意思があること
  • 一緒に住んでいることや家計が共有であること
  

とはいえ、実際に相手が浮気をしていて、こちらが慰謝料請求をしているという状況の時、相手は事実婚を認めたがらないでしょう。

ですので、事実婚であるという証拠を提示できなければなりません。

 

事実婚と認められる証拠について

双方に婚姻の意思があること、共に暮らし、家計を共有していることを事実婚とお伝えしましたが、今回のように法的責任を問わせたい時、その2つの事実をどのように公的に認めさせられるのでしょうか。
 

住民票に未届の記入がされている

事実婚は一緒に生活している必要がありますが、住民票に「夫(未届)」や「妻(未届)」となっていれば、役所に婚姻届を出していなくとも、実質的な夫婦としての生活を営んでいるという証拠の1つになります。

現在もし事実婚状態で、正式に結婚するつもりはないと考えている方は、住民票を見直してみてはいかがでしょうか?
 

賃貸契約上の同居人欄や携帯電話の支払方法

マンションやアパートを借りているのであれば、賃貸契約書の同居人の欄に配偶者や内縁の妻などと記載しておきましょう。

また、携帯電話料金を同一の口座から引き落としているのならば、家計が一緒であると考えられやすくなります。

 
周囲の人の証言

友人や住まいの近所の人たちに、「あの2人は夫婦のような生活をしていた」というような証言をもらいましょう。
 
浮気における慰謝料請求に関する詳しいことは下記の記事をご覧ください。
【関連記事】
不倫慰謝料相場は50~300万|相場以上に請求するための証拠とは
 

貸した金が返ってこない時

浮気とは直接関係ありませんが、付き合っている時に貸したお金を、相手に逃げられるように別れたせいで返してもらえなかったなんてことがあります。


あなたとしては、彼女だからと信用して貸したのでしょう。しかし、相手はあなたから「借りた」のではなく「もらった」と主張する可能性があり、それに対して貸した証拠を提示できるようにしておかなければなりません。
 

ある程度大きな金額を貸す時は、貸す相手が自分とどんな関係であろうと書面にて貸借契約を結ぶことを記しておきましょう。
 
金銭トラブルのように、単なる浮気にとどまらない場合もあります。

妻ではない彼女の浮気そのものでは慰謝料請求は無理ですが、とりあえず相談してみるのはどうでしょうか?
 
【関連記事】
浮気調査の依頼から報告の流れ|あなたが真実を知るまでのスケジュール
 

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所では来店不要で無料面談・依頼まで行えるビデオトークもご好評いただいております。遠方の方、多忙な方、感染リスクを考慮し外出を控えたい方も、お気軽にお問い合わせください。

復讐よりも自分が幸せになることを考える


ただのカップルで、浮気以外これといって彼女に落ち度がない場合、彼女に対して直接的にできる合法的な復讐方法はありません。

気の毒ですが、仕方ないのです。

切り替えができない中、それでも復讐したい、見返したいと思っている時に、何ができるでしょうか?
 
思い切って彼女から解放されるのもよいのではないでしょうか?

何もその子だけが女性ではないのです。

人によっては年齢や立場などを気にして、1人になるのを躊躇することもあるでしょう。
 
しかし、相手を貶めて不幸にさせるよりも、自らが新しい生活で幸せを手に入れられる方が、あなたにとって有益です。

今は受け入れられなくても、新しい幸せが見つかれば、彼女とのこれまでのことも案外どうでもよくなるものです。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
 
基本的に彼氏・彼女の関係では浮気されたとしても慰謝料請求はできません。
 
我慢をして交際を続けるか、これを期に別れを告げるかを選択する上で、以下の記事も参考にしてもらいたいと思います。
 
▶「浮気されたら許す?浮気されたら考える4つの選択肢
▶「女性が浮気を許せない心理4つと浮気された時に考えること
 
自分の気持ちと冷静に向き合い、あなたが幸せに暮らしていけることを祈ります。

不倫・浮気慰謝料の請求はこちら
電話メールOK証拠の相談も可秘密厳守
慰謝料請求に強い弁護士を検索して無料相談可能

※姉妹サイトの不倫慰謝料弁護士ナビに移動します
北海道・東北    北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所では来店不要で無料面談・依頼まで行えるビデオトークもご好評いただいております。遠方の方、多忙な方、感染リスクを考慮し外出を控えたい方も、お気軽にお問い合わせください。


編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気/不倫問題に関する新着コラム

浮気/不倫問題に関する人気のコラム


浮気/不倫問題 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
お急ぎの方はお電話が便利です