Header home
 > 
 > 
 > 
自分で浮気調査するとバレる?バレにくい調査方法とバレたときの対処法

自分で浮気調査するとバレる?バレにくい調査方法とバレたときの対処法

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

2019.2.12
自分で浮気調査するとバレる?バレにくい調査方法とバレたときの対処法
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Img 1549939529

パートナーの浮気を自分で調査しようと考える人は少なくありません。しかし、自分で行う浮気調査は、バレる可能性が高く、リスクもありますので、おすすめはできません

とはいえ、素人調査でもバレにくいものもあります。そのため、自分の経済状況などを考慮して、『探偵へ依頼する部分』と『自分で調査する部分』を決定するとよいでしょう。

この記事では、

  • 自分で浮気調査したときの違法性
  • 自分でできる浮気調査
  • 自力調査がバレる場面とバレたときの対処法
  • 浮気調査は探偵への依頼がおすすめな理由

などについてお伝えします。
 

浮気調査の無料相談窓口

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

【結論】自分で浮気調査するのはバレる可能性が高いのでおすすめできません

結論からお伝えすると、自分で浮気調査することは可能です。しかし、バレやすいので基本的には控えたほうがいいです。

そもそも浮気調査は違法なのか

自分で調査する場合

尾行や張り込み

尾行や張り込みをしてしまうと、ストーカー規制法 に抵触し、犯罪者になってしまうのではないか?と考える人もいますが、犯罪者と見なされるケースは多くありません。

警視庁のHPによると、ストーカー規制法は、以下のような「つきまとい等」に規定される行為を禁止しているものです。

この法律では、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、その特定の者又はその家族等に対して行う以下のアからクを「つきまとい等」と規定し、規制しています。

( 引用: ストーカー規制法:警視庁 )

同居する配偶者の浮気調査のために、配偶者に対して尾行・張り込みを行うことはこれに該当しないため、ストーカー規制法に抵触する可能性は低いと思われます。

ただし、相手配偶者が別居中であるような場合や、すでに離婚した配偶者に対して尾行や張り込みを執拗に行うことについては、ストーカー規制法に抵触する可能性があり、実際にそう判断された裁判例もあります。
 

スマホやPCの覗き見

相手配偶者のスマホやPCを無断で閲覧する行為は、たとえ夫婦間であっても”プライバシー権の侵害に該当する可能性があるでしょう。

また、覗き見に関しては、事前に知っておかねばならないことあります。

まず、信書の開封による刑事罰です。

相手配偶者に送付された信書を無断で開封してしまうと、形式的には信書開封罪に該当します。

例えば、夫/妻に届いた郵便物を無断で開封する行為です。

もっとも、通常の夫婦間では郵便物の処理について包括的な承諾があるのが通常ですので、実際に違法な犯罪行為だと判断されるることは現実的には考えにくく、刑事責任を問われるケースはまずないでしょう

また、ここでいう「信書」とは文書によるものを指しますので、Emailなどの電子メールはこれに含まれないと考えられています。

したがって、相手のEmailアカウントに受信されたEmailを無断で開封したり、ラインのメッセージを無断で見たりする行為は信書開封罪には該当しません。

ただ、相手配偶者のアカウントに不正にアクセスする行為は、不正アクセス禁止法違反という別の罪が成立する可能性がありますので、注意しましょう。
 

GPS やICレコーダーの設置

GPSやICレコーダーを設置するとしたら、おおよそ家や車などご家庭の範囲内のどこかになるでしょう。このようなGPSによる追跡行為や盗聴行為を直ちに処罰する刑法規範はありませんので、このような行為に及んだだけで刑事責任に問われるということは、基本的にはありません

しかし、このような追跡・盗聴行為は、その態様によっては相手配偶者に対する違法なプライバシー侵害となる可能性があり、この場合は一定の民事責任を問われるリスクがあります。

また、そうでなくても、このような行為は相手に不信感を与えてしまい、信頼関係が壊れたり、無用なトラブルが誘発されたりするリスクもありますので、実際に行うべきかどうかは慎重に検討してください。
 

第三者に頼む場合

友人・知人への依頼

上記の通り、このような追跡や盗聴自体は、基本的に罪とはなりません

しかし、夫婦間であっても民事責任が発生したり、トラブルになったりしやすい行為であるため、友人・知人であればなおさらです。

少なくとも夫婦間の問題に無関係の第三者を巻き込むべきではないでしょう。

探偵への依頼

前述しましたが、友人や知人に依頼することはトラブルの種です。

やはり、このような追跡行為は、専門である探偵に依頼するとよいでしょう。探偵は自己の責任で追跡・録音行為を行って証拠を収集しますので、基本的に依頼者が責任を問われるリスクは低いです。

もっとも、悪質な探偵に依頼した場合、調査行為や調査費用の点でトラブルとなる可能性も否定できませんので、依頼先は慎重に吟味しましょう。

【関連記事】
浮気調査費用の見積もりと悪質な探偵事務所に騙されないための知識

第二条 (定義)

この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

( 引用: 探偵業の業務の適正化に関する法律:e-Gov )

自分で調査した場合、証拠を集めても裁判で認めてもらえない可能性がある

自分で浮気の証拠を集めても、結局証拠として弱いものでは不貞行為を立証できず、裁判で優位に立つことができない可能性があります

裁判に発展した場合は、主張だけを繰り返しても意味がなく、主張は証拠により裏付けられる必要があります。

民事裁判では証拠がすべてで、証拠のない主張を裁判所が認めることはありません。なお、民事裁判では、提出できる証拠には原則として制限はなく、不適切な方法(秘密録音や盗撮)によって収集した証拠であっても、証拠として排斥されるということはまずありません。

例えば、不貞行為の証拠としては以下のような証拠が考えられます。

  • 配偶者が他の異性とラブホテルに入っていく写真
  • 配偶者と他の異性との間の性的関係をうかがわせるメールのやり取り

逆に、以下のような証拠は浮気をしていることをうかがわせる事情の一つにはなり得ますが、不貞の立証としては弱いです。

  • 配偶者が他の異性と手を繋いで歩いている写真
  • 配偶者が無断で旅行に行ったときのクレジットカードの明細・配偶者のラブホテルの利用明細

以下の記事では“浮気の証拠”について詳しく解説しています。興味のある方はぜひご覧ください。

【おすすめ記事】
不貞行為の証拠になるものは?自白・Line・写真は証拠になるのか
 

自分で浮気調査をしてバレたときのリスク

1:ターゲットに警戒心を持たれ証拠の入手が難しくなる

浮気を調査しているのがバレた場合、当然相手は警戒心を強めます。浮気相手との待ち合わせ場所を毎回変えたり、尾行に気を付けながら浮気相手のもとへ向かったりするでしょう。それまでの浮気相手とのやりとりを消去してしまうことも考えられます。結果、不貞行為の証拠を入手しづらくなります。

探偵に調査を依頼しても難航し料金が高くなる

自分で浮気調査を行い、夫/妻にバレてしまってから探偵に依頼する場合、料金が高額になる可能性があります

上でお伝えしたように、浮気調査がバレてしまうと、相手の警戒心は強まります。その結果、調査が大変難しくなってしまうため、探偵社は、調査員を増員したり、勘づかれないように日数をかけて慎重に調査したりする必要が出てきます。

探偵社にもよりますが、基本的に調査費用は『調査員人数×調査日数・時間』で決まるので、増員・日数延長することによって、調査費用が高くなってしまうということです。

【おすすめ記事】
興信所の料金相場は40~60万円|料金プラン4種と安くする方法まとめ

2:夫婦仲が悪くなる

自分が浮気調査をしているのがバレた場合、夫婦仲が悪化すると考えられます

「私のこと疑ってんの⁉ 最低!」

「俺のことを信じられないのか? 夫婦なのに!」

そんなことを言われたとしても、証拠がなければ何も言い返せないので、話し合いで穏便に解決することなどできず、夫婦仲が悪くなってしまいます。

もし、「夫/妻とやり直したい」「浮気相手と別れさせたい」と思っているのなら、一番避けたい事態です。

【おすすめ記事】
離婚したくない人のための相談先一覧|離婚を回避するポイントまとめ
 

浮気調査がバレやすいケースとバレたときの対処法

1:尾行に気づかれてバレるケース

尾行や張り込みがバレた場合には、「たまたま見かけたからついてきた。見間違いだと嫌だからしっかりと確信したら声をかけようと思っていた」と言ってその場を切り抜けましょう

尾行・張り込みしていたことは絶対に認めてはいけません。先ほどもお伝えしたように、 浮気調査をしていたことがバレると自分の立場が悪くなってしまうからです。

浮気のことを棚に上げて怒りをぶつけてくる夫/妻にイライラするかもしれません。しかし、中途半端な証拠しか集まっていない場合には、その場で浮気について問い詰めるのはやめましょう。

言い逃れをしてくるでしょうし、警戒心をますます強めてしまって、証拠獲得がさらに難しくなるだけです。

その場は平和にやり過ごして次の調査に繋げるようにしましょう。

2:携帯チェックの痕跡を残してしまいバレるケース

スマホやPCを覗いているのがバレてしまった場合、「あ、ごめん。すぐ撮りたい写真があって…」「少し調べものをしたくて借りちゃった」などといってその場を切り抜けましょう。

ただ、その後からスマホをトイレやお風呂に持ち運ぶようになったり、パスワードを厳重にしたりする可能性は十分あります。そのような場合は、しばらく放置して、警戒心が和らいでいくのを待つのがよいでしょう。

3:会話・態度から気づかれてバレるケース

相手のことを疑っていると、普段の会話や態度からその懐疑心が相手に伝わってしまい、浮気調査に勘づかれるケースがあります

人間誰しも感情があるので仕方ないことではありますが、できるだけ察されないように、普段通りに接するように努力しましょう。日頃、運動をするなどしてストレスを発散しておくのがおすすめです。

ただ、それでも懐疑心が伝わってしまうときもあります。その際には、

「実は最近、家事をやってくれないことに腹を立てていた」

「自分から性行為を求めても拒否されて悲しかった」

など、『浮気を疑っているのではなく、他のことについて不満を感じている』といった流れにするとよいでしょう。すると相手は「最近様子がおかしかったのは、そういうことか」と納得する可能性が高いです。

もし、自分の普段の様子から相手に浮気調査が勘づかれていそうだったら、こういった『他のことについての不満』をぶつけてみるとよいです。

4:第三者を経由してバレるケース

第三者に聞き込みしているのがバレてしまった場合は、心配している素振りを見せましょう

「最近、私のことをいろいろ聞きまわっているみたいだけど、何がしたいの?」

「俺に隠れて何かこそこそ調べてないか?」

と言われたら、「最近帰りが遅い日が多くて、私はあなたの愚痴とか身の回りの話を聞けてないから、どこかでちゃんと吐き出せているのか心配だった」というように心配している方向に話を持っていきましょう。

こうしたら、夫/妻の最近の事情を第三者から聞き出しているのも自然に映ります。

5:GPSやICレコーダーの設置がバレるケース

夫/妻の車に取り付けたGPSや自宅に設置したICレコーダーがバレてしまう場合もあるでしょう。そのときも、絶対に自分が設置したものだと認めないようにしてください

GPSがバレたときは、「誰か知らない人が取り付けたんじゃないか?」と言うとよいかもしれません。GPSは発見されたとしても、そのGPSから持ち主を特定するのは相当難しいようです。そのため、しらを切り通せる可能性があります。

ICレコーダーの場合は、自分が仕事や自治会で使っているものが紛れてしまったなどの言い訳をすればよいでしょう。この言い訳を使うときは、自然に紛れてしまいそうで、かつバレなさそうな場所に設置しなくてはいけません。

ベッドの下やタンスの引き出しなどは、そういった場所の候補として有力ですね。
 

バレないための浮気調査のポイント

レンタカーを利用する

夫/妻が自家用車やタクシーでの移動を頻繁にする場合、自分も車を使う必要があります。

家に1台しか自動車がなく、夫/妻にそれを使われてしまう場合には、レンタカーを利用して追跡するしかありませんが、もし、家の自動車を活用できるとしても、夫/妻が知っている車を使うのは避け、レンタカーを利用するようにしましょう。

人は見慣れたものに対して、敏感に反応します。尾行中にあなたが運転する自動車がサイドミラーやフロントミラーに移ってしまったら、すぐに気づかれる可能性があります。

そのため、浮気調査に自動車を使いたいときは、レンタカーを利用するようにしましょう。

平日の昼間に浮気調査について勉強する

自分で浮気調査するならば、平日の昼間に浮気調査について勉強しなくてはいけません。

  • 尾行スキル
  • 証拠の獲得方法
  • 必要なアイテム

など、浮気調査をする際には、浮気調査に関することをたくさん頭に入れなくてはいけません。中途半端な勉強では、調査の質が落ちて、尾行がバレる可能性がありますし、証拠を獲得しても、不貞行為を立証するための要件を満たせなかったりします。

また、平日の昼間に勉強するというのは、浮気調査の準備をしていることを夫/妻に察知されないようにするためです。

休日や夜に自宅で勉強するのは論外ですが、ファミレスや喫茶店などで勉強したとしても、長く家を留守にすることになるので、怪しまれる可能性があります。平日の昼間ならば、夫/妻と長時間別行動をしていても怪しまれにくいため、このタイミングでしっかりと勉強する必要があります。

高性能の機材を買う

浮気調査を成功させるためには、ある程度性能の高い機材が重要です。

ラブホテルの出入りの様子を撮影する際には、夫/妻の顔がしっかりと判別できなくてはいけません。性能の低いカメラを使用していると、せっかく撮影しても、顔の判別ができず、不貞行為を立証できない可能性があります。

また、音声に関しても同様です。ICレコーダーを自宅に隠しておき、不貞行為の様子を録音しようとしても、音質が悪くノイズが入ってしまっている場合には、不貞行為を立証できる可能性が低くなってしまうでしょう。

このように浮気調査には、証拠の獲得に必要なだけの性能を持った機材が重要になります
 

探偵の浮気調査がおすすめな7つの理由

1:顔がバレていないから

探偵に依頼する理由として“探偵は顔がバレていないため、調査がしやすいから”というのは非常に大きいです。

やはり、浮気調査において最重要なことは、“調査がバレないこと”です。

そう考えたときに、顔を知られている状態での調査はあまりにリスキーです。探偵の顔は知られていないので、うまく調査してくれるでしょう。

2:証拠収集の知識が豊富だから

すべての証拠が裁判で認められるわけではなく、法的要件を満たしてなくてはいけません。

ただ、法律に普段から関わっていない人にとっては、その要件を満たすのは難しいです。

探偵は証拠収集に精通しているため、法的効力のある証拠を取得してくれる可能性が高いでしょう。

証拠収集能力の高さという観点からも、探偵に依頼するのがおすすめです。

【おすすめ記事】
探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト
探偵が行う浮気調査の料金・費用相場|まずは無料相談を活用しよう

3:洗練されたスキル・テクニックがあるから

探偵は浮気調査のプロなので、浮気調査に特化したスキルを保有しています。

  • 探偵社で訓練して身につけた尾行・張り込みスキル
  • 高性能な機材を使いこなすスキル
  • 複数人での連携テクニック

などを活かして日々調査をしているため、経験も豊富です。臨機応変に依頼主の要望に応えてくれるでしょう。

4:専門的な調査設備があるから

  • 望遠カメラ
  • 集音マイク
  • トランシーバー
  • GPS
  • 自社車両

など、探偵は高性能かつ専門的な調査設備を揃えています。

浮気で離婚裁判・慰謝料裁判になった場合、証拠は重要な役割を果たします。そのときに、「画質が悪くて顔が判別できない」などクオリティの低いものでは、証拠として認められないケースもあります。

高性能な調査設備があることが良質な証拠につながり、自分の立場を一層優位にしてくれます。

5:探偵は探偵業法による規制があるから

正式な探偵は探偵業法で規制されています。

もし、知人に頼んだり、自分で浮気調査をしたりした場合、何ら規制のない状態でやってはいけないことをしてしまい、大きなトラブルになるリスクがあります。

探偵は探偵業法の規制の枠内で活動しており、一定の制約がありますので、このようなリスクを抑えることができます。

また、きちんと業法上の届け出を行っているかどうかで、悪質な探偵かどうかを見分けることもできますので、この点も重要でしょう。

6:浮気の証拠入手までの期間が早いから

探偵に依頼する場合と、自分で調査する場合とを比較して、短期間で浮気調査が完了する可能性が高いです。

その理由としては、『浮気調査への慣れ』、『調査のレパートリー』、『高性能な調査機材・移動手段』が挙げられます。

理由1:浮気調査への慣れ 

探偵は毎日のように浮気調査を行っています。勉強もしていますし、実践的知識・経験も豊富です。浮気調査をしたことがない人と比較すると、その勉強量・経験量の差は明白でしょう。

探偵のなかには数十年も浮気調査をしている人がいます。そういった人は浮気調査に慣れていて、スムーズに調査を完了できるでしょう。

理由2:調査のレパートリー

探偵は豊富なレパートリーのなかから最適な調査方法を選択して調査するため、短期間で調査が終わる傾向にあります。

自力での調査と探偵の調査の違いを見てみましょう。

 

自力

探偵

人数

1人

2人以上

調査テクニック

本やネット上のテクニック

代々受け継がれてきたプロのテクニック

相手に顔が知バレているかどうか

バレている

バレていない

まず、探偵は2人以上で調査するのが一般的なので、さまざまな連携テクニックを使いつつ、調査対象に近づくことができます。そして、その際の調査テクニックは、探偵社で代々受け継がれてきた成功率の高い調査方法です。

そして、相手に顔がバレていないため、近くから尾行できるので撮影チャンスも多く、質の高い証拠を取得しやすくなります。その分調査期間は短くなりやすいでしょう。

理由3:高性能な調査機材・移動手段

どうしても調査対象に近寄れないときは、遠くから撮影する必要があります。また、普段は電車移動なのに、突然タクシーを使いだしたときには、自動車が必要になります。タクシーで追いかけては、尾行がバレてしまうかもしれないですからね。

探偵は、高性能な調査機材を常に所持していたり、どんな移動があっても尾行を続けられるように、車やバイクなどを近くに待機させたりしているので、そういった緊急事態に対応することができます。

7:アフターケアも行ってくれるから

探偵社には、アフターケアを行ってくれる会社もあるので、不貞行為の証拠を獲得した後はどうすればよいのかわからない人に優しいです。

  • 話し合い
  • 和解
  • 協議離婚
  • 離婚調停
  • 離婚裁判

など、不貞行為の証拠を集めた後にすることは少なくないですし、法律が絡んでくるものが多く、自力で行うのは大変かもしれません。

探偵社によっては、信頼できる弁護士やカウンセラーを紹介してくれるため、上記のような手続きや話し合いでの悩みを減らしてくれるでしょう。
 

まとめ

この記事では、

  • 自分で調査をすることは可能だが、できれば控えたほうがいいこと
  • 自分で調査をして相手にバレた際は、絶対に調査していると認めてはいけないこと
  • 犯罪に巻き込まれず、効果の高い証拠が欲しい場合には探偵に依頼すべきこと

などをお伝えしました。

スマホが普及した現代、ますます浮気しやすい、そして、浮気していることを隠しやすい世の中になってきました。

「いつの間にか夫/妻が10年以上浮気していた」なんてケースも少なくありません。

夫/妻に浮気の疑惑・確証がある場合には、浮気の証拠を集めて、相手に向き合ってもらうなり、離婚を求めるなりして、自分の今後の人生をよりよいものにできる選択肢を選んでいきましょう。

【関連記事】
浮気調査を興信所に依頼したときの費用と期間|代表的な調査方法
探偵の調査料金相場|探偵社の料金比較と費用安く抑える方法

浮気調査の無料相談窓口

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。


この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気調査に関する新着コラム

浮気調査に関する人気のコラム


浮気調査 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております