Header home

「浮気は文化」という言葉が流行した理由の考察|浮気の定義まとめ

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

「浮気は文化」という言葉が流行した理由の考察|浮気の定義まとめ
浮気調査ナビ編集部
監修記事
%e6%96%87%e5%8c%96

みなさんは「浮気は文化」というフレーズをご存知でしょうか。石田純一さんの浮気が発覚した際に、言ったフレーズとして浸透しています。

では、なぜ「浮気は文化」が流行ったのか。そもそも何をすると浮気なのか、などをこの記事ではご紹介します。

「浮気は文化」というフレーズが流行った理由

まず、「浮気は文化」がなぜ流行ったのかからご紹介していきますが、実は「浮気は文化」という言葉は、石田純一さんは発言していません。石田純一さんは、正しくは下記のように発言しています。

「文化や芸術といったものが不倫という恋愛から生まれることもある」

この発言を受けて、新聞社が不倫は文化と見出しを付けたことで、そのように発言したとイメージが定着してしまったのではないでしょうか。

以上の流れから、連日テレビで放送されてしまい「不倫は文化」が流行ってしまったのではないかと考えられます。では、浮気ってどこからが浮気に入るのでしょうか。次項で解説します。

浮気の定義は人それぞれ

これといった浮気の定義があるわけではありません。しかし、下記の2つについては、浮気と定義していいのではないでしょうか。

  • 内緒で2人で出かけたら浮気
  • 肉体関係を持ったら浮気

 

【関連記事】 【浮気はどこから?】男女別・浮気の境界線アンケート結果発表!

内緒で2人で出かけたら浮気

「〇〇くん(〇〇ちゃん)と、遊びに行ってくるね」と行っているうちは浮気に入らないと考えられます。恋人に報告をしていますし、もしダメなら止めることもできるわけですからね。

ただ、恋人に報告をせず密会していたとしたら、浮気といえるのではないでしょうか。

やましい気持ちがあるから、恋人に報告をせずに2人で出かけようとしているんですよね。それは、浮気と捉えて良いといえるでしょう。

肉体関係を持ったら浮気

日本古来の考え方から、男女の一線を越えたら浮気と定義されています。肉体関係を持つのはどんな人でしょうか。水商売でもしていなければ、ほとんどの人は異性と肉体関係を持つことはありませんよね。

肉体関係を持つということは、それだけ相手の異性に好意を抱いている証拠です。つまり、恋人以外の異性と肉体関係を持ってしまったら、浮気といえるのではないでしょうか。

【関連記事】 不貞行為とは|不貞行為に該当する・しないの境界線と具体例の紹介

浮気をする割合と主な原因

あまり知られていないことですが、男性では3人に1人、女性では4人に1人が浮気をしているデータが挙げられています。この浮気比率に意外だと感じた人も多いのではないでしょうか。

実に7人に1人が異性と浮気をしていることになるのです。恋人がいるのに浮気をする考えが理解できない人も、いるのではないでしょうか。

では、なぜ恋人が浮気をすると思いますか?よほどの事情があれば話は変わってきますが、ほとんどの場合はセックスレスによる浮気がいえるでしょう。

変な話ですが、恋人が容姿端麗だけどセックスに対して興味がなかった場合、あなたは耐えられますか。

子作りをして以来、夫婦生活がなかったとしたら、よほどの賢者でない限りは性欲の捌け口を探して浮気をしてしまいますよね。では、浮気の文化をなくすためにはどうすればいいのでしょうか?

【関連記事】

数字でみる男女別不倫の割合|不倫をする心理と疑った時の対処法まとめ

セックスレスで離婚を考えている方必見!離婚方法と慰謝料の知識

『浮気の文化』などと言わない安心して付き合える人の特徴

なぜ浮気をしたくなるのか、もしくは浮気をしてしまうのか。

それは、日本が性に対してオープンではないからです。

世界の性事情と比較してみても、日本はセックスレス大国だといえるでしょう。

浮気が起きるのは、日本の性教育的な問題で自然なことなのかもしれません。

では、「浮気なんてこりごり…」と感じている方のために、ここでは安心して付き合える人の特徴についてご紹介します。

【関連記事】

浮気しない男の13の特徴と浮気しない男の見つけ方

結婚後も浮気をしない人の見分け方と浮気させない5つのコツ

過去に浮気をされてつらい目にあった人

浮気をされた経験がある人を見つけると、浮気のつらさをお互いに分かっているので浮気の心配は減ります。

過去に浮気をされて辛つらい目にあっているのに、せっかく同じ境遇の人に会えたからといって、浮気をしようと考える人はいないはずです。

もし浮気をされた後に、しばらく恋愛ができないと思うほど落ち込んでしまった経験がある人は、同じような境遇の人を見つけるといいかもしれません。

浮気の心配もいらなくなるので、充実した恋愛ができるのではないでしょうか。

1度だけ浮気をしてしまった人

逆転の発想ですが、浮気をした側の人を見つけるのもアリかもしれません。

「なんで、1度浮気をした人を見つけなくてはいけないの」と考える人も多いと思います。

ここでのポイントは、何回も浮気をしている人ではなく、1度だけ浮気をしてしまった人です。

何回も浮気をしている人は、どんな修羅場になっても、いつものことのように済ませてしまうことが多いでしょう。

しかし、1度だけ浮気をしている人の場合、罪悪感が生まれることが多く「次からは絶対に浮気なんてしない!」と考えを改め直す人もいます。

つまり、過去に1度だけ浮気をしてしまった人を見つければ、浮気をされるリスクは減ると考えられます。

もしその人がまた浮気をするようなことがあれば、すぐに別れて新しい出会いに期待しましょう。

【関連記事】 浮気に罪悪感がない人の特徴と浮気をやめさせるための接し方・NG行為

「浮気は文化」の概念がない人

「浮気は文化」の概念がない人を見つけることも、1つの手段です。

日本は、一夫多妻制ではなく、一夫一妻制です。

複数の異性と関係を持つと、浮気とみなされます。

言い換えれば、浮気をしたことがないほど一途な異性を見つけることができれば、幸せな恋愛ができるかもしれません。

「浮気は文化」だと言い張るような異性を選ばず、「この先の人生には、あなたが必要です」と言ってくれるような異性を選ぶようにしましょう。

パートナーを家族ではなく『異性』として見られる人

家族愛に満ち溢れていることは素晴らしいことです。

しかし、裏を返せば、奥さんや旦那さんに対して恋人感覚がなくなってしまっているといえます。

つまり、子供を作るとき以外の目的で営むことが、減ってきているのです。

恋人に対しての恋愛感情は、約2年で消えてしまうといわれています。

2年から先はみなさんもご存知の通り、家族愛に変わっています。

日本人がよりよい性生活を送るためには、子供ができた後でも、恋人だった頃のようにお互いを愛せるように工夫してみることが、大切なことではないでしょうか。

今一度、現在の夫婦生活を見直してみてもいいのかもしれません。

そうすれば、夫婦共に浮気をしようという考えは出てこないはずですから。

【関連記事】 産後の夫婦生活の再開時期|セックスに対する夫婦の本音

まとめ

今回は、過去に「浮気は文化」というフレーズが流行ったので、浮気について考察してみました。

なんで浮気をしてしまうかを考えたところ、やはり問題点は夫婦生活が減ってきていることではないでしょうか。

浮気は、恋人がいる状態にもかかわらず、他の異性が魅力的に見えてしまうことで起こります。

つまり、浮気を防ぐためには、恋人同士の性格の一致と性生活の一致が大切だといえるのではないでしょうか。

日本の性教育が遅れてしまっていることも原因ですが、浮気はしてはいけないことを、改めて学ぶ必要があるのかもしれません。

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

《よくあるご相談》
・とにかく安く調査したい
・他の探偵事務所の調査で失敗した
・浮気調査が本当に必要かどうかわからない

まずはお気軽にお問い合わせください。
来店不要で面談まで行えるビデオトークもご好評いただいております。


この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
調査実績44年、解決実績11万件以上を誇る「原一探偵事務所」公式パートナーの「浮気調査ナビ編集部」です。
浮気に悩むあなたをサポート。確かな情報をお届けします。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気/不倫問題に関する新着コラム

浮気/不倫問題に関する人気のコラム


浮気/不倫問題 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
お急ぎの方はお電話が便利です