Header home
 > 
 > 
 > 
浮気調査の相場は10~90万円|探偵依頼すべき理由と料金を安くする方法

浮気調査の相場は10~90万円|探偵依頼すべき理由と料金を安くする方法

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

浮気調査の相場は10~90万円|探偵依頼すべき理由と料金を安くする方法
Fghjk

「旦那が浮気してる気がする。探偵に浮気調査を頼みたいんだけど、浮気調査ってどのくらいのお金がかかるんだろう?」
 

パートナーの浮気の証拠を押さえるために、探偵に依頼して浮気調査を行う人は少なくありません。相模ゴム株式会社の調査によると、結婚相手・交際相手がいる人のうち、 21.4%もの人がパートナー以外とセックスしていることがわかりました。
 

(引用: ニッポンのセックス|相模ゴム工業株式会社 )


これだけの人が浮気をしていれば、浮気調査を依頼する人が多いのも納得です。

結論からお伝えすると、浮気調査の相場は10~90万円程度 です。浮気調査1日あたりの相場が10万円であり、調査日数の大多数は1~9日に収まるため、こちらの金額を相場としました。
 

とはいっても、浮気調査の料金を下げる方法もあります。正しい方法で探偵に協力したり、怪しい日をピックアップしたりしておく方法です。この詳細については『料金を安くするためにできること』でお伝えしますね。
 

浮気の証拠を集めて慰謝料請求をした場合、50~300万円程度 のお金を支払わせることができるので、おそらく探偵への依頼料は慰謝料でまかなえるでしょう。また、慰謝料を請求せず、2人でまたやり直す道を選んだ場合でも、証拠はパートナーを反省させるよい材料になります。
 

浮気調査の料金

浮気調査の料金の相場

浮気調査の相場は【調査日数×10万円】です。大半の浮気調査では、調査員を2名用意します。探偵1名の人件費は1時間当たりおおよそ1万円が相場だと報告されています。(参考: 行動調査料金の平均像|一般社団法人東京と調査業協会 )
 

そして、調査1回に要する時間が5時間程度と仮定すると、1日当たり10万円程度になるということです。もちろん、車を使ったり、さらに人員を増やしたりした場合には、より高額になるケースもあります
 

浮気調査をする日数の目安とは?

浮気調査をする日数の目安は1日~9日程度と考えておきましょう。こちらの日数は原一探偵事務所の過去の調査記録からわかったデータです。
 

(引用: 浮気調査データ|原一探偵事務所 )


日数に幅がある理由は、調査対象者に警戒心がなく、すぐに証拠を収集できてしまった人もいれば、警戒心が強く、時間がかかってしまった人もいるからです。
 

基本的な料金の計算方法


基本的に探偵の依頼料金は以下の4つの料金を合計したものです。
 

着手金

着手金とは、探偵に依頼するときに支払うお金のことをいいます。探偵が調査に失敗したり、浮気の事実がなかったと分かったりしても、基本的にお金は返却されません。

調査料金

調査料金とは、探偵の能力に対して支払うお金のことをいいます。人件費なども含まれます。

経費

経費とは、探偵の能力以外に対して支払うお金のことをいいます。電車や車を使ったときの交通費や、カフェで調査したときのコーヒー代などが含まれます。

成功報酬金

成功報酬金とは、調査に成功し、証拠を押さえることができたときに支払うお金のことをいいます。
 

料金を安くするためにできること

怪しい日だけ調査する

探偵に調査依頼する場合、調査日が多ければ多いほど、依頼料金は高額になります。逆に言えば、調査日を減らすことで、その分依頼料金を安くできるということです。
 

しかし、ただ調査日を減らすだけでは、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。『調査依頼料金を安くするために調査日を減らしたら、証拠を掴めなかった』なんて本末転倒ですよね。
 

ですので、予測を立てて、調査をしてもらう日を絞りましょう
 

  • 飲み会
  • 出張
  • 休日出勤
  • 急な残業
  • 友達と急に会った
  • 友達との旅行


上記は浮気をするための口実として使われやすい予定です。パートナーが「今週末に休日出勤しなくちゃいけなくなったんだよね…」なんて言い出したら怪しいかもしれません。探偵に調査してもらうならその日を候補日にしましょう。
 

やりすぎない範囲で探偵に協力する

探偵に協力すると浮気調査がスムーズに進む可能性が高まります。例えば、パートナーの友人関係は浮気調査をする上で重要な情報です。探偵がゼロから調べ上げるのと、あなたから前もって伝えておくのとでは、調査の効率が大きく高まるでしょう。
 

とはいっても、本人に無理に詮索したり、友人たちから情報収集しに回ったりなどするのはやめましょう。浮気調査していることを察知され、相手に警戒されてしまう可能性があるからです。
 

警戒されて調査しにくくなってしまうと、かえって調査の日にちが伸びてしまう恐れがあります。その場合、探偵料金が高額になることも十分考えられますので、協力しようとやりすぎるのは控えましょう。
 

よい協力例

悪い協力例

・もともと自分が知っているパートナーの友人情報を探偵に伝える

・新しい情報が耳に入ったら探偵に伝える

・浮気していそうな日を探偵に伝える

・探偵に依頼していない日に自分で尾行する

・パートナーのスマホデータを探す

・会話中で探りを入れてみる

 

複数の支社がある探偵社に依頼する

複数の支社がある探偵社に依頼すると交通費を削減できます
 

例えば、あなたが東京に住んでいて、パートナーがよく大阪に出張するとしましょう。大阪での調査を依頼したいと考えますが、東京の探偵に調査依頼をすると、探偵たちの交通費が経費としてかかってしまいますし、大阪の探偵に頼むと、あなたの交通費がかかってしまいます。
 

理想的なのは、東京と大阪の両方に支社があり、東京で依頼して、大阪の現地の探偵に調査をしてもらうことです。複数の支社があればこういったことが可能になりますよね。
 

実際に全国に支社を持っている探偵社があるので、そういった探偵社に依頼することで、交通費を削減し、調査費用を安くできます。
 

探偵に浮気調査を依頼すべき3つの理由

望ましい証拠の知識と経験を持っているから

1つ目の理由は、探偵は法律に関する知識と経験を持っているので、裁判で認められやすい証拠を集めることができるからです。そういった証拠を持っていれば、慰謝料や離婚を請求したいときに、あなたの要求が通りやすくなります。
 

対して、法律のプロではない人が証拠収集をした場合、裁判で認められる証拠が集められるとは言い難いです。なぜなら、不貞行為(浮気)を証明するための条件が複雑で難しいため、裁判で認められるために必要な要件をすべて満たせるとは考えにくいからです。
 

  • ラブホテルに入っていく2人の写真を撮った
  • 相手の家に入っていく写真を撮った


これらは、裁判で認められるように思えますが、実は不貞行為の証拠として認められにくいものです。
 

  • 「近くにトイレがなかったからラブホテルのトイレを使っただけ」
  • 「家に入ったけど、仕事の相談を受けただけ」


などの言い訳を認めざるを得ないからです。浮気していることが分かっているのに、証拠不足であなたの要求が通らないことほど悔しく悲しいことはありません
 

そうならないためにも、浮気調査は探偵に依頼するのが望ましいと言えます。
 

複数人での連携尾行スキルがあるから

2つ目の理由は、探偵は複数人で尾行するスキルがあり、対象者にバレにくいからです。
 

例えば、
 

  • 電車尾行の際に、先回りした尾行係がさりげなくバトンタッチ
  • 路上での尾行の際に、1人がわき道に消えていくタイミングで、もう1人が違う道から現れる


などのテクニックが挙げられます。とても素人にはできない連携尾行技術です。
 

対して、自分で尾行するとなるとバレるリスクがかなり高いです。あなた1人で尾行すれば、「怪しい人がずっとつけてくる…」と警戒されてしまうでしょう。
 

また、あなたが知り合いに尾行の協力を頼んだとしても、尾行に慣れていない人同士では連携をとるのは難しいため、『怪しい2人組』と警戒されるでしょう。
 

尾行には2人以上は必要ですし、連携尾行スキルを持っている必要もあります。この点からも探偵をおすすめします。
 

調査用の専門用具を駆使しているから

3つめの理由は、探偵は専門の機材を駆使して、証拠を集めるからです。
 

  • 高性能小型カメラ
  • 望遠タイプのカメラ
  • ボイスレコーダー
  • 複数の車
  • 双眼鏡
  • 単眼鏡
  • GPS発信機
  • 業務用無線機材


探偵はさまざまな専門機材を使って浮気調査をしますが、それぞれすごく高価なものばかりです。ご自身でパートナーの浮気調査をする場合には、こういった機材をある程度揃えなくてはいけません。クオリティの低い証拠は裁判で認められないケースが多々あるからです。
 

浮気調査のために高額なお金を出して機材を揃えるのは大変ですよね。しかも、それらをうまく使いこなせなければ、証拠として使えないリスクもあります
 

しかし、探偵事務所はもともとそういった専門機材を備えているので、探偵に依頼してもご自身ですべての機材を揃えるほどのお金はかからないでしょう。しかも、探偵ならそれをフル活用できるので、裁判で認められやすい証拠を集めることができます
 

これが探偵への依頼をおすすめする3つ目の理由です。
 

浮気調査結果の具体例

事例①|テニスコーチと不倫

<きっかけ>

週に3回、ファミリーレストランでパート勤務していた妻だが、半年ほど前から夕方のシフトの日が増え、店が混んでいた、欠勤者が出たなどの理由で、帰宅時間が遅くなる事も。

また、近頃は服装や髪形などに気を使っている様子で「浮気」??と一瞬思う事はあったが、そんな訳ないと自分を言い聞かせてきていたという。

しかし、ひょんな所から、浮気を疑い始めた。

それは、息子とのたわいもない会話の中で

「通っているテニススクールのコーチと終わった後に、一緒にご飯食べた」

「家まで送ってもらった」

いくらテニススクールのコーチとはいえ、深入りしすぎじゃないだろうか・

最近の妻の変化も考えると、ますます妻の浮気は確実なように思えてきた。
 

<調査結果>

妻のパート勤務日に調査日を絞り、素行調査を実施する事とした。

1日目、パート先に出社し、定時に終わり、まっすぐ帰宅。

3日目、パート先に出社し、定時で退勤。その後、近くで再び、コーチの乗用車に乗車。自宅近くの人通りのない空き地に車をとめ、約1時間ほど経過した後、妻の身が降車し、帰宅。

空き地の環境により、車内の様子は確認できなかったものの、同日にコーチの自宅が港南区****203号室と判明した。

自宅の様子から、コーチは単身、居住している様子である。

二人が不倫関係にあることは確実で調査を継続すれば必ず、ホテルに出入する事は間違いないと判断し、当初の予定を超えて、調査を継続する事となった。

4日目、いつもの通りパートだと言って自宅を出たが、コーチと合流。コンビニによって、飲食物を購入した後、直ぐにラブホテルに入館した。

後は浮気の証拠として、チェックアウトの撮影をと準備をしていたところ、依頼者より「現場に乗り込む」との申し出があった。

覚悟はしていたものの、いざ、その場になればそうした心情になり、押さえられなくなる気持ちはわかるが、ほぼ間違いなく、依頼人にとって良い結果とならない事は過去の例で明らかなため、調査員の必死の説得に理解を示して調査を継続する事となった。

(引用: 渚探偵事務所 )


事例②|自営業の夫が従業員と不倫

<きっかけ>

3カ月前に、夫から、離婚を言い出された。10カ月前位から帰宅が遅くなり、半年前から外泊が増え、近頃では帰宅する事は少なくなった。…

夫の仕事は、個人で小料理店を経営していたので、仕事時間は夕方から深夜や早朝だった。ただ、2人目の子供が生まれて半年位経った頃、店の定休日前の日は朝になっても帰宅しない日が増えていった。店の改装や料理の仕込み等、様々な理由をつけていたが、子供も生れたばかりで忙しい事もあって、そのままの日々が過ぎるにつれ夫婦関係は悪化していった。

夫から3カ月前に離婚を切り出され、夫の留守中に鞄の中を見てみるとラブホテルのスタンプカードと避妊具が見つかった。今までの事を思い返すと、女性がいる兆候や思い当たる節もあった。

子供も小さく、専業主婦という立場と直ぐに仕事をさがせる状況ではない為、経済的な事も考慮すると今は離婚に合意できないという思いと、仮に離婚にとなった場合、前の子供にも養育費を支払っていない夫なので証拠をそろえて、慰謝料と養育費はきちんと支払って貰わなければと思い至り、調査依頼にいたった。
 

<調査結果>

調査は夫の店の営業終了時間から開始した。

夫曰く、いつも常連客が帰るのは営業終了時間をとっくに過ぎた時間で、その後、片付けや仕込み等すると朝になると言っていた。

しかし、営業終了時間前に従業員スタッフが数名出てきた。その後、営業終了時間間もなくして夫が店の戸締りをして自分の車に乗車した。

その後、近くのファミリーレストランに入り、先程、店から出てきた従業員の1人の女性スタッフと合流した。

その後、コンビニエンスストア買い物をした後、ラブホテルに入る。

宿泊したので、翌日、別れた後、調査対象を夫から不倫相手の女性に切り替え帰宅先を判明させ調査を終了した。

(引用: 渚探偵事務所 )

 

浮気調査するべきかの判断材料

人は浮気をしていると、相手に会うために無理やり時間を作ったり、相手の影響を受けて自分の趣味が変わったりします。逆に言えば、そういった変化を見逃さなければ、浮気しているかの判断がつくということです。この章では、その判断材料をお伝えします。
 

普段の行動から判断する

・帰宅時間がだんだん遅くなってきている

・何かと外出することが増えた

・趣味が変わった

・お金の使い方が荒くなった

・あなたとの会話や行動に興味関心を持たなくなった

・ファッションに興味を持つようになった
 

職場環境から判断する

・異性が多い職場で仕事をしている

・職場の飲み会が多い

・上司・部下・同僚の仲がよい

・残業が多い
 

異性関係から判断する

・浮気経験がある

・異性に対して優しい

・異性の友達が多い
 

恋人のコミュニケーションから判断する

・相手がセックスを求めてこなくなった

・あなたがセックスを求めても断られる

・スタイルについて文句を言われるようになった

 

自家用車から判断する

・車の掃除をこまめにするようになった

・ガソリンの給油量が多くなった

・車内に置いてあるCDの趣味が変わった

・助手席の位置が変わっていることがある
 

スマートフォンから判断する

・常にスマホを手放さない

・スマホにロックをかけている

・スマホをトイレや風呂にまで持ち込む

・電話がかかってきてもその場ではとらず、1人になってから電話する

・着信履歴やトーク履歴などを頻繁に消している

・電話をしてもマナーモードが通話中のことが多い
 

PCから判断する

・パソコンにパスワードがかかっている

・パソコンをいじっているときに近くにいると嫌がる

・パソコンを貸してくれない

・少し離れるだけでもパスワードをかける
 

浮気調査を依頼する探偵社の選び方~3つの確認~

所在地の確認

不都合なときにきちんと責任を取ってくれる探偵社かどうかを確認しなくてはいけません。そこで最低でも確認したいのが“オフィスの所在地”です。万が一問題が起きた場合、住所がわからなくては裁判を起こせないからです。
 

「打ち合わせは近くのカフェでしよう」と言われるかもしれませんが、基本的には相手のオフィスに行って、ちゃんとオフィスがあるかどうかを確認するようにしましょう。
 

調査費用の確認

基本的には「浮気の証拠を押さえて〇〇円」と言い切る探偵を利用するようにしましょう。
 

探偵社によっては、「見失わなければ成功。証拠を収集するなら別途で〇〇円」といったように、尾行と証拠収集を分けてくる会社があります。また、「基本的に○○円くらいで、あとは状況に応じます」といったように初期の依頼料金を曖昧な表現で濁し、のちに延長料金などと理由をつけて高額な料金を請求してくる会社もあります
 

そうならないために、
 

  • 調査のゴールはどこか
  • 全部でいくらかかるのか


以上の2点を明確にしてくれる探偵社を選ぶようにしましょう。
 

調査能力の確認

探偵事務所の料金だけでなく、調査能力も確認するようにしましょう。
 

調査能力が低いと、途中で調査対象にバレてしまって証拠を得られなかったり、掴んだ証拠が低クオリティなために裁判で認められなかったりします。成果が上がらないにもかかわらず、依頼料だけ支払うハメになりかねません。調査能力を確認するためには過去の実績を見たり、口コミを調べたりなどしておきましょう。
 

【おすすめ記事】
探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト
 

浮気調査に関するよくあるQ&A

浮気調査に関するよくあるQ&Aをまとめましたので、ぜひご覧ください。
 

どのような証拠が裁判で認められやすいのでしょうか?

基本的に不貞行為(セックスやオーラルセックスなど)があることがわかる証拠が裁判で認められやすいです。
 

浮気の証拠が掴めた後はどうすればよいのですか?

離婚したい場合は、弁護士に相談して慰謝料・離婚請求に動くとよいでしょう。離婚したくないならば、証拠をもって話し合いになります。
 

確証がなくても浮気調査依頼できますか?

→できます。「確証はないけど、浮気しているのではないか?」と思っている人による調査が多いです。浮気の兆候については、 今から使える浮気の兆候を確かめるための13のチェックリスト をご覧ください。
 

浮気していたとしても離婚はしたくありません。どうすればよいですか?

→「浮気されていたとしても離婚したくない」という人は多いです。原一探偵事務所に依頼する人のうち、6割以上が復縁を望んでいます。離婚をしたくない方は 【無料・電話OK】夫や妻の浮気・不倫相談窓口|妻・夫との関係を修復させる秘訣 をぜひ一度ご覧ください。
 

自分で浮気調査を行うことは可能ですか?

一応可能です。しかし、バレてしまうリスクが高いですし、バレた後に探偵に依頼すると、調査対象の警戒心が高まっているため、調査期間が延び、依頼料金が高額になる可能性も高いです。
 

離婚の慰謝料ってどのくらいになりますか?

→不倫された場合の慰謝料金額の相場は50~300万円程度です。慰謝料相場に幅があるのは、不倫の内容によって、料金が高くなったり、低くなったりするからです。慰謝料金額が左右される要素を 不倫慰謝料の相場は50万~300万|慰謝料が増減する要素の解説 にまとめていますので、ぜひご覧ください。

旦那や妻の浮気でお悩みの方/無料相談受付中

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

11時05分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気・不倫調査に関する新着コラム

浮気・不倫調査に関する人気のコラム


浮気・不倫調査 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております