Header home
 > 
 > 
 > 
浮気をされても別れたくないなら冷却期間を置くとうまくいく!

浮気をされても別れたくないなら冷却期間を置くとうまくいく!

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

浮気をされても別れたくないなら冷却期間を置くとうまくいく!
浮気調査ナビ編集部
監修記事
New pixta 27605412 s
匿名・非通知OK!浮気に悩むあなたの声をお聞かせください

たった一人で悩んでいませんか?
浮気する人の心理や行動などを熟知した専門相談員が無料相談であなたのお話をうかがいます。
しつこい電話勧誘はいたしません。何か解決策が見つかるかもしれませんので、お気軽にご相談ください。
※法律相談は行っておりません。
※浮気・不倫の確信がない方からの相談も受け付けています。
※テレビでもおなじみ、浮気・不倫調査のプロ、原一探偵事務所がこの相談窓口を運営しています。

浮気をされても嫌いになれない複雑な想いがある

浮気をされても、恋人を嫌いになれないという人も多いのではないでしょうか。裏切られたのに、悔しいという思いはあるものの、相手のことを好きな気持ちは簡単に変えられるものではありませんよね。だからこそ、大切な人が浮気をした事実は耐えがたいことです。

大切な人を失いたくない気持ちがあっても、浮気したことをなかったことにして付き合い続けるのは難しいでしょう。何をしていても恋人がした浮気を思い出したり、また裏切られるかもしれないと疑心暗鬼になってしまったりするものです。このように、恋人のことは好きだけれども、顔を見るのは辛い…という日々が続きます。

やはり、1度関係にヒビが入ってしまうと、お互いにこれまで通りとはいかないものかもしれません。恋人に浮気をされた後、これからどうしたらいいのか分からず、悩む人が少なくないのです。
 

冷却期間を置く時は2人できちんと話し合う

恋人に浮気をされたときの心情として多いのが「恋人を失いたくないけれども、これまで通りの関係を平然と続けるのも無理」という複雑なものではないでしょうか。

浮気をされて心が傷ついている状態では、これからどうしたらいいのかという答えを出すことは難しいものです。それなら、一旦距離を置いてみることをおすすめします。つまり、冷却期間を置くのです。この先で詳しくご説明しますが、冷却期間を置くと2人の関係を修復しやすくなるでしょう。

冷却期間を置く時に注意したいのは、2人できちんと話し合うことが大切 だということです。冷却期間を置くことで2人の関係が再構築されやすくなるのですが、何も言わずに勝手に距離を置き、相手の気持ちを置いてきぼりの状態にしていては、関係修復は難しくなります。

冷却期間はあくまでも2人の関係を見直し、これから新しい関係を作るために必要な期間 だということを忘れてはいけません。つまり、たとえ一旦離れたとしても、前向きな距離の置き方だということをお互いに一致させる必要があるのです。
 

冷却期間を置くメリット

冷却期間を設けることで気持ちを落ちつかせられる

冷却期間を置くことのメリットは、気持ちを落ちつかせることができるということです。浮気発覚直後は、とても冷静な気持ちとは言えません。きっと裏切られたことで、悲しくて辛くて心がボロボロの状態のはずです。

このような時は、何をしていても前向きになれないものでしょう。恋人のことを考えるだけで、胸がギュッと締めつけられるほど辛くなります。動揺して取り乱している状態の時は、浮気をした恋人を過剰に責めてしまいがちです。

裏切ったのは恋人なので、責められても文句は言えないものですが、あまりに罵倒されたり悲しい顔をされ続けると、自分のしたことを棚にあげ、嫌気がさしてしまうことがあります。これでは、たとえ別れたくなくても、再構築は難しくなりますよね。これらのことを防ぐためにも、冷却期間が必要なのです。

浮気をされた後に冷却期間を置くと、時間の経過と共に気持ちが落ち着いてきます。笑い飛ばせるくらいまで回復するのは難しくても、冷却期間後に恋人に再会した時、情緒不安定にならずに接することができるくらいにはなるでしょう。傷ついた心が回復し、前向きに考えることができるようになると、関係も再構築しやすい精神状態になるのです。

恋人に反省させることができる

浮気をされた後に冷却期間を置くと、恋人に浮気をしたことを反省させることができます。もし、冷却期間を置かずにそのまま恋人を許してしまうと、浮気をした側は自分のしたことの罪深さに気づきません。そのため、裏切ってもまた許してもらえるような気になってしまい、浮気を繰り返してしまうのです。

このようなことにならないように、そして、恋人の意識を変えるためにも冷却期間を置き、大切な人を失う悲しみ、傷つけたことの後悔を痛感させる必要があります。浮気をした恋人に対して冷却期間という反省させる期間を与えることで、再発を防止させることができるのです。

相手に対する負の感情が和らぐ

浮気が発覚した時は、喧嘩になるカップルが多いでしょう。大切な人に裏切られた悲しみと怒りで感情的になり、暴言を吐くこともあるはずです。それだけ浮気は罪深いものなので、取り乱すのは仕方のないことかもしれません。

喧嘩をした時、暴言を吐いた方は覚えていないことが多いのですが、言われた方は深く傷つき、簡単に忘れることができないものです。たとえ一時的に取り乱し、感情的になっているだけだと分かっていても、言われた言葉は心に刺さります。

また、浮気をされた側としても、裏切った恋人に対し不信感が残るものです。このように、相手に対する負の感情がある状態では、たとえ付き合ってもうまくいかないでしょう。そのため、冷却期間を置くことが必要になってくるのです。

冷却期間を置くことで、相手に対する負の感情を和らげることができます。喧嘩をした直後に持った、相手への嫌な気持ちを忘れさせてくれるのです。

お互いに自分を見つめ直すことができる

冷却期間を置くことで、お互いに自分を見つめ直すことができるというメリットもあります。どのようなことにも、原因があります。もちろん浮気をした側に非があるのですが、もしかしたら自分自身にも、恋人が他の異性に気持ちが傾いた原因があるかもしれません。

例えば、恋人に対して束縛をしすぎたり、相手の気持ちを無視して自分勝手に行動したり、傷つけるような発言を繰り返していた場合、たとえ関係をやり直しても交際は長続きしないのではないでしょうか。

冷却期間は、浮気の原因を探るためにも必要な期間 です。自分の言動を振り返り、見つめ直すと、これからどのように付き合っていくべきなのか答えが見えてくるはずです。
 

ベストな冷却の期間

反省したり、自分を見つめ直すのに必要な時間には個人差があるのですが、浮気をされて冷却期間を置く時は、1~3ヶ月くらいがよいのではないでしょうか。もし、完全に別れた相手と復縁を望むのであれば、それよりももっと長い時間をかける必要があります。

けれども、浮気をされた後の冷却期間があまりに長すぎると、恋人に「もう復縁はできないのかもしれない…」という諦めの気持ちを持たせてしまい、浮気心に火をつける危険性が出てくるのです。それに加え、恋人に好意がある浮気相手であれば、冷却期間をチャンスとばかりにアプローチしてくることもあるでしょう。

このようにならないためにも、浮気をした側に、「恋人を失うかもしれない…」と、裏切ったことを後悔させるくらいの冷却期間を置く必要があるのです。
 

冷却期間を置くなら連絡はとらない

浮気をされても再構築を望む人は、恋人のことが好きな気持ちが強いはずですから、恋人と離れる期間は不安に感じるものですよね。このまま一生会えないかもしれない、もしかして浮気をしているかもしれない、というようなネガティブな気持ちが強くなるでしょう。

しかしこのとき、今まで通り連絡をとってしまうと冷却期間を置いている意味がなくなってしまいます。冷却期間は、2人がやり直すために必要な期間だということを再度心に留めましょう

とはいえ、浮気をした恋人から連絡がくることがあるかもしれません。このときは、すぐに返信をせず、何回かに1度の割合で連絡を送るといいでしょう。もし、音信不通にしてしまうと、恋人に諦める気持ちを持たせてしまい、反省するどころか自然消滅に繋がりかねません。

浮気をされた後に置く冷却期間は、完全に別れた2人が復縁するのとは目的が違うので、返信の頻度を落とすことがポイントなのです。
 

冷却期間を置いた後の付き合い方

長かった冷却期間を終え、再構築をするときは、恋人がした浮気については掘り返してはいけません。もちろん、再会した時はもう二度と同じ過ちを繰り返さないように話し合うことが大切です。

しかし、話し合いで恋人が反省し、関係をやり直すと決めたのであれば、たとえ浮気を思い出すことがあっても口に出さないようにしましょう。浮気を過去のものにし、恋人ときちんと向き合い、前を向いて新しい関係を作っていくのです。

疑うことは簡単です。浮気をされた側としては、簡単には信用することができないかもしれません。それでも、恋人を信じる強さを持つ と、関係がうまくいくのです。
 

まとめ

恋人に浮気をされたけれども別れたくない、でも何もなかったような顔をして付き合い続けるのは無理だという場合は、冷却期間を置きましょう。冷却期間を置くと、時間の経過と共に気持ちが落ちつき、相手に対する負の感情が緩和されます。

また、浮気をした側にも反省させる期間を与えることができるのです。しかし、一時的なものだとしても、好きな人と離れるのは辛いはずです。さまざまな心配事も尽きないものですが、冷却期間は別れのカウントダウンではなく、これから新しい関係を作っていく前向きなものだということを心に留めましょう。きっと、2人の未来は明るいはずです。

【関連記事】
不倫後の再構築を考えている人に読んでほしい再構築の心得と解決方法
夫婦が再構築する前に心得るべき事と再構築を成功に導く4つのポイント

浮気調査の無料相談窓口

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。


この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気/不倫問題に関する新着コラム

浮気/不倫問題に関する人気のコラム


浮気/不倫問題 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております