Header home
 > 
 > 
 > 
浮気調査費用の見積もりと悪質な探偵事務所に騙されないための知識

浮気調査費用の見積もりと悪質な探偵事務所に騙されないための知識

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

2018.9.25
浮気調査費用の見積もりと悪質な探偵事務所に騙されないための知識
浮気調査ナビ編集部
監修記事
Pixta 63448 s
匿名・非通知OK!浮気に悩むあなたの声をお聞かせください

たった一人で悩んでいませんか?
浮気する人の心理や行動などを熟知した専門カウンセラーが無料相談であなたのお話をうかがいます。
しつこい電話勧誘はいたしません。何か解決策が見つかるかもしれませんので、お気軽にご相談ください。
相談するメリットや相談例などをまとめたこちらもご一読ください。
※法律相談は行っておりません。
※浮気・不倫の確信がない方からの相談も受け付けています。
※テレビでもおなじみ、浮気・不倫調査のプロ、原一探偵事務所がこの相談窓口を運営しています。

夫・妻が浮気しているかどうか知りたい!証拠が欲しい!と思う人は多いと思います。確実に証拠をつかみたい場合は探偵に調査依頼することがおすすめです。しかし、普段慣れない「探偵」に調査を依頼するのはハードルが高いと感じてしまいますよね。調査費用もが気になるのではないのでしょうか。
 
優良な探偵に調査を依頼するためには、費用の見積もりをすることはとても大切になります。費用の相場や、依頼して損しない探偵を見つけるためのチェックポイントをまとめました。
 

浮気調査の無料相談窓口

・今の状況で調査すべきか知りたい
・具体的に費用がどれくらいか確認したい
・信頼できる探偵社に依頼したい

まずは資格を持つカウンセラーがあなたの悩みをお聞きします。

創業44年/解決実績110,000件
原一探偵事務所カウンセラーの
無料相談窓口

 

浮気調査費用の相場

浮気調査費用は、各探偵事務所によってピンキリです。一般社団法人東京都調査業協会が調査したところ、1時間当たりの費用は以下のようになりました。

(参考:一般社団法人東京都調査業協会)
1番高い2万円以上~2.5万円未満が1番多いという結果になりました。調査能力が高く、集中力、責任感があるという優秀な人材に依頼するには、それなりの費用が必要になるということがわかります。

しかし、あまりにも高額すぎる料金や、追加金はなしといったにも関わらずに費用を請求してくるというような場合は注意が必要です。
 
また、料金が安いところが悪いという訳ではありません。安くても、自分が欲しい証拠を合法的に入手できれば、それが1番いいことだと思います。
 
調査料金は安いけど、他の料金が高かったり、追加金が高かったりして、合計金額が高額になってしまったということになる可能性もありますので、見積もりでいくつかの事務所を比較して決めるようにしましょう。

 料金形態別|見積もりシミュレーション

探偵には料金形態が3つあります。ここでは、料金形態の簡単な説明と形態別で料金をシミュレーションしてみました。それぞれ特徴があり、必ずしもこれがいいというのはありませんが、目安にしてみてください。
 
また、比較するにあたり下記のことを条件とします。

  • 1日の稼働時間は6時間とする
  • 調査員は2人組で調査料金を1時間2万円とする
  • 調査期間は5日で、4人体制で調査しているとする
  • 基本料金は40,000円で機材費等はすべて込みとする

 探偵の料金体系

探偵の料金体系は基本的に3つです。
時間料金制:調査員の稼働時間に対応した料金形態で、調査が長引けば追加料金が必要になる。
パック料金制:探偵が提供するサービスをあらかじめまとめ買いしておく方法。時間料金が割安になるが、短時間で調査が終わると割高になる。
成功報酬制:着手金を支払い、調査が成功した際に成功報酬として料金を支払う方法。成功しなかった際は報酬金の支払いが不要になりますが、「成功」の定義のズレからトラブルに発展しやすい。

時間料金制の場合

5日の調査を4人で行っているので以下のような式ができます。
 
5(日)×6(時間)×4(人)=120
調査員は1人当たり1万円なので、120万円になります。それに基本料4万を足すと124万円です。
 
時間料金制の場合は124万円になります。

 パック料金制の場合

パック料金は基本的に、3時間、6時間、10時間、30時間と言った風になっています。今回5日間を条件としているので、1日の稼働時間が6時間だとすると30時間のパックを買うのと同じことになります。
 
30時間のパック料金は27万円(参考:ソマリ探偵事務所)になっているので、そこに基本料金の4万を足すと以下のような式ができます。
 
270,000+40,000=310,000
 
パック料金制の場合31万円になります。

 成功報酬制の場合

成功報酬が契約金額の80%とすると、契約金は時間料金制で出した124になりますので、以下のような式ができます。
 
1240,000×0.8=992,000
 
992000に基本料を足すので、成功報酬制は成功した場合2,232,000円になります。 

相場より費用が安い理由

そもそもなぜ相場より格安の探偵事務所があるのでしょうか。ネットなどで調べると1時間数千円で依頼を引き受ける探偵事務所もあります。

相場から見るとかなりの格安費用になりますね。安く調査できるのは以下のような要因があるからです。 

  • 調査を1人で行っているため人件費がかからない
  • バイトスタッフが調査しているなどの理由から、基本の人件費が低い
  • 実際に調査していなかったり、稼働している時間が契約時のものより少ない

(参考:調査費用・料金の安さだけで探偵社を選ぶのはNG
このような理由があるため、調査してもらっても証拠を取れなかったり、対応が良くなかったりなど全く無駄になる可能性もあるのです。
 
また、このような探偵事務所に依頼してもらうと後々トラブルに発展する場合もあるので、調査中でも早々に消費者センター一般社団法人東京都調査業協会などに無料相談をすることをおすすめします。

 悪質な探偵事務所に騙されない!優良な探偵事務所を選ぶ7つのポイント

実際に悪徳探偵事務所に騙されたという相談が消費者センターに寄せられています。下の表をご覧ください。

年度

2015

2016

2017年(6月30日までの件数)

相談件数(件)

4,308

7,660

746

(参考:興信所|国民生活センター)
件数を見ればわかるかもしれませんが決して少ない数ではありません。では、このように悪徳探偵事務所に騙されないためにはどのようなことに気を付けて探偵を選べばいいのでしょうか。

 広告は誇大広告ではないか

調査成功率100%」や「必ず成功します」ということをうたっている広告には注意が必要です調査の成功の基準は依頼人によって様々で、またきちんと調査を行っても期間内に依頼人が希望している証拠を見つけられない可能性があります。

このようなことを考慮せず、調査力の高さを強調する者は誇大広告の可能性が高いので注意が必要です。

 費用の説明がしっかりしているか

費用はトラブルになる大きな要因の1つです。自分たちで、探偵の調査内容を実際に見ている訳ではなく、仕事内容も知らないことが多いので、高くても安くても不安になります。
 
こちらの早く問題解決したいという気持ちを利用し、「すぐに調査をしないと手遅れになる」や「証拠を早くつかむには今調査を始めた方がいい」などと言う言葉で契約の締結や着手金の支払いを急かしてくる探偵事務所も存在します。
 
このような言葉に惑わされて、他の探偵事務所に相談せずに決めてしまうと、思っていたような結果が得られなかった、高額な費用を請求されたなど後悔をする原因になりますので、早く解決したい、手間をかけたくないという気持ちはわかりますが、慎重に選ぶことが大切です。

 探偵業届出証明書がしっかりあるか

探偵業届出証明書とは、探偵業者が公安委員会に探偵業をしている旨を届け出たという証明書のことです。この届出は探偵法第4条で定められており、これを違反した場合6ヶ月以下の懲役又は、30万円以下の罰金に処せられます。
 
このように重要な届出になり、HPなどでは「探偵業届出番号」というものから届出の有無を確認できます。そのためこの番号が公表されていない事務所には絶対相談・依頼してはいけません。

 行政処分を受けていないか

探偵業法では、探偵業法を違反した場合や適正な業務の運営を害する恐れがあると認めた場合は6ヶ月以内の営業停止処分が行われます(参考:探偵業法第15条)。
 
営業の再開が認められている場合でも、処分を受けている事務所はできるだけ避けることをおすすめ済ます。これらの事務所は警視庁のHPから確認できます。
 

探偵業法に基づく行政処分|警視庁

 

所在地や事務所が確認できるか

個人営業をしている場合、必ずしも事務所があるという訳ではありません。また、「転送電話」や「電話代行サービス」を利用している事務所もあります。

このようなサービスが悪いという訳ではありませんが、本当の所在地が分からないと、トラブルや何らかの事情で連絡しようと思った時に都合がよくないこともあるのです。
 
また、事務所がないから悪いという訳ではありませんが、事務所があった方が、規模や雰囲気がわかりやすいのです。また、あまりにも規模が小さすぎると調査不足から、思うような結果が出なかったりします。
 
事務所がない場合、広告で集客のみ行い相談や調査は下請けに丸投げしている可能性もありますので注意が必要です。 

業界団体に所属しているか

業界団体はいくつかありますが、探偵業務の適正・適法化を目指したセミナーや講義などを実施しています。そのため、このような団体に加入している探偵は1つの安心要素になるのです。
 
この団体に所属しているのであれば、万が一トラブルになった場合にも団体が弁護士等の紹介を行い調停などのサポートを行ってくれるのです。

 探偵との相性があっているか

1番重要なのは、探偵との相性です。こちらの相談をよく聞いてくれない、料金などの分からないところの質問にしっかり答えてくれないという可能性もあります。このような場合は、担当の人を変えてもらうか事務所を変えることが必要です。

まとめ

いかがでしょうか。ネット上では多くの探偵事務所がありますが、適当に選んでしまうとトラブルのもとになる他、期待していた結果が得られないということになってしまいます。選び方や見積もりで悩んだ場合は「浮気調査ナビ」で無料相談することが可能ですので、1度相談することを強くおすすめします。

【関連サイト】
探偵が行う浮気調査の料金・費用相場|費用を安く抑える唯一の方法
探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト
探偵の調査料金相場|探偵社の料金比較と費用安く抑える方法
身辺調査の実態|身辺の調査で浮気も素性も明確になる理由
探偵への依頼料金相場|費用を抑えて優良探偵に依頼する方法

浮気調査の無料相談窓口

・今の状況で調査すべきか知りたい
・具体的に費用がどれくらいか確認したい
・信頼できる探偵社に依頼したい

まずは資格を持つカウンセラーがあなたの悩みをお聞きします。

創業44年/解決実績110,000件
原一探偵事務所カウンセラーの
無料相談窓口


この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気調査に関する新着コラム

浮気調査に関する人気のコラム


浮気調査 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております