Header home

クリスマス不倫|妻より不倫相手を優先する夫の真実と予防策

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

公開日:2019.11.6 更新日:2021.4.8
クリスマス不倫|妻より不倫相手を優先する夫の真実と予防策
2

クリスマス不倫には注意しないといけません。このクリスマス不倫の多くは、用意周到にクリスマス前からバレないための種がまかれ、男女が愛を確かめ合うクリスマス当日または前後に開花してしまうのです。


クリスマス不倫に気づかない、または放置したままでいると、金欠・離婚・家庭崩壊といったリスクが生じます。「あの人に限って、クリスマスに不倫なんか」と思われるかもしれませんが、押しに弱い男性は、特にクリスマス不倫に至りやすい傾向にあると言っても過言ではありません。今回はこのクリスマスの不倫にテーマを絞り、クリスマス不倫の実態や特徴、予防策についても解説していきたいと思います。

浮気調査を検討中の方におすすめのサービス・探偵社5選
※全国・24時間対応/相談無料

調査料金を抑えたい方へ

街角相談所|探偵社の無料紹介/オンライン見積もりサービス

30秒で完了する7つの質問に答えるだけで簡単に見積もりを依頼できます。
他社の見積もり書ご提示でさらに安く調査可能な探偵社を紹介。
※パートナーの浮気に関するご依頼の場合、クリック後に”浮気調査”をご選択下さい。

>>調査料金を抑えたい方はこちら


複数の探偵社を比較したい方へ

探偵さがしのタントくん|お近くのおすすめ探偵社の無料紹介サービス
探偵さがしのプロが、優良探偵事務所(※1)の中から最適な探偵をご提案
※1:①探偵業の届出がある ②年間解決実績500件以上 ③調査員数15名以上

>>複数の探偵社を比較したい方はこちら


実績が多い、信頼ある探偵社に依頼したい方へ

原一探偵事務所|調査実績46年の老舗探偵事務所

年間相談実績5万人以上/調査実績46年の実績。
浮気調査後も前向きな人生を送っていただけるよう全力でサポート

>>信頼ある探偵社に依頼したい方はこちら


浮気されて辛い...誰かに話しを聞いてほしい方へ

探偵さがしのタントくん|不倫・浮気のお悩み電話相談窓口

利用料・通話料無料/お電話でパートナーの浮気に関するお悩みやご相談を受付中


不倫相手を許せない!離婚慰謝料請求をしたい方へ

ベリーベスト法律事務所|離婚・不倫慰謝料の相談窓口

離婚問題や不倫の慰謝料問題に関する豊富な経験:実績を有する離婚専門チームがサポート。
安心の全国対応、男女弁護士を選択可能です。

>>離婚・不倫慰謝料の請求を弁護士に相談したい方はこちら

この記事に記載の情報は2021年04月08日時点のものです

クリスマスに不倫相手にプレゼントが贈られる現実

大切なパートナーに不倫をしてほしくないと考えるのであれば、まずは、クリスマスに不倫が行なわれているという現実から目を背けないことです。

 

不倫相手へのクリスマスプレゼント第1位は「アクセサリー」

デートコミュニティSNSサイト『アシュレイ・マディソン』が現在不倫中の既婚男性ユーザーを対象に行なった「クリスマスに不倫相手、妻に贈るプレゼントについてお答え下さい」というアンケートによると、以下のような結果になりました。
 

愛人へのプレゼント
1位:アクセサリー 34.7%
2位:宝石 31.6%
3位:下着 20.4%
4位:旅行 17.6%
5位:電化製品 15.6%
 

妻へのプレゼント
1位:インテリア 31.9%
2位:香水 26.5%
3位:アクセサリー 17.8%
4位:キッチン用品 13.3%
5位:電化製品 12.8%
 

【参考:不倫中の日本人男性の3割以上が、不倫相手と過ごすのは「クリスマス」or「クリスマスイブ」-Avid Life Media調べ

多くの不倫中の男性が不倫相手にプレゼントを贈る傾向にあり、比較的高級なものが上位にランクインしています。

 

不倫相手へのプレゼントの方が高い

同調査で行なわれた「相手へのクリスマスプレゼントの価格」についてのアンケートによると、双方へのプレゼントの平均価格は、以下となりました。
 

不倫相手へのプレゼント平均価格:17万円
妻へのプレゼント平均価格:3万6千円

 

不倫相手へのプレゼントには既婚男性全体の約3割が30万円以上使っており、最も多かった意見は5~10万円ですが、平均を取ると約17万円という結果になりました。一方で、妻へのプレゼント価格は、1~3万円という意見が最も多く、平均価格は約3万6千円となりました。なんと、妻へのプレゼントよりも不倫相手へのプレゼントの方が4倍以上も高額という、妻からすれば何とも悲しい結果となりました。

【参考:不倫中の日本人男性の3割以上が、不倫相手と過ごすのは「クリスマス」or「クリスマスイブ」-Avid Life Media調べ

 

クリスマスだからこそ優先順位が変わりやすい

今現在不倫をしていない人は、クリスマスはしっかりと家族のための時間を過ごそうとするかもしれません。しかし、すでに不倫をしている男性の場合は、「クリスマスだから家族と過ごそう」「クリスマスには妻に特別な愛を伝えよう」と考える男性は意外にも少ないのが現実です。
 

なぜなら、結婚したパートナー=いつでも一緒に過ごせる人であり、日々常に優先しているために、クリスマスのたった一日くらいは不倫相手を優先してあげたいという気持ちになるからです。不倫相手がクリスマスの逢瀬を強く望む場合はなおさらです。

 

12月・クリスマスは不倫をするのにうってつけの時期

クリスマスシーズンは忘年会シーズンでもあり、また仕事面でも年末の多忙期と重なる人が多くいます。そのために、クリスマス当日やクリスマス前後であっても、不倫のための口実は作りやすいと言われています。また、婚姻関係にある夫婦は、同居していることを前提に考えると、クリスマスはいつもより遅く帰宅したとしても、結果的には家族と過ごすというアクションに変わりはありません。
 

一方、不倫相手にとっては、しっかりと予定を組まなければ一緒に過ごすことはできないわけですから、事前から躍起になってしまう心理もあるかもしれません。この不倫相手の心理については、「不倫相手のクリスマスに対する心理」でも解説していきます。

 

クリスマス不倫の特徴

ここでは、クリスマスに起きる不倫の特徴について述べていきましょう。

 

言い訳は「忘年会」「忙しい」

前述したように、クリスマスシーズンは会社の忘年会や多忙期と重なるため、「忘年会」「忙しい」が言い訳であっても、信ぴょう性が増します。早くから不倫相手との予定が組まれた場合、事前からクリスマスに早く帰宅するのは難しそうな素振りを見せてくるでしょう。

 

デートコースは事前予約

クリスマスは、カップルが行きそうな場所はどこも混雑します。食事するにせよセックスするにせよ、当日に行ったのでは待ち時間があり、すぐに入れない・人が多過ぎて入店拒否といったことが起こり得ます。不倫デートはタイムリミットにはシビアですから、限られた時間の中で有意義に過ごすために、事前によくリサーチをして予約を取っておかねばなりません。

 

金欠に悩まされる

不倫をしている人の多くが、クリスマスにはパートナーと不倫相手、2つ分のプレゼントを購入しています。したがって、12月にパートナーが金欠そうであったり、欲しかったものを我慢したりしている場合は、「怪しい」と考えて良いでしょう。また、後からクレジットカードで高額の請求が来る場合もあります。

 

不倫相手のクリスマスに対する心理

夫婦にとって特別な日は、不倫相手の女性にとっても特別な日です。クリスマスともなればなおさら、イベント好きな女性は特別な日という感覚を持つことでしょう。そんな不倫相手の、クリスマスに対する心理を以下にまとめていきましょう。

 

奥さんとは過ごすのに私と過ごせないのは許せない

「どうせ家族とは過ごすのだから、少しくらい私のために時間を割いてくれてもいいのではないか?」という嫉妬心が少なからずあります。奥さんがクリスマス料理を用意して待っている家に帰らせたくない、クリスマスをきっかけに家族の円満度を高めて欲しくない、早く別れて欲しいのに。割り切りの関係ではなく、本気で好意を抱いている人ほど、クリスマスはこのようなブラックな気持ちになりやすくなります。

 

プレゼントが欲しい

クリスマス=プレゼントというイメージは多くの人が抱いているかと思いますが、これは不倫相手にも同様に言えることです。ずっと欲しかったけれど自分ではなかなか手が出せなかったもの、それをクリスマスに不倫関係にある男性からもらえるのではないかという期待を抱きます。中には事前にリクエストを出す不倫相手もいるかもしれません。

 

一人でクリスマスを過ごすのが嫌(あなたと一緒にいたい)

街はクリスマス一色で、きらびやかに輝くイルミネーションはさらにロマンチックなムードを漂わせ、『1年に1回の恋人のための日』という印象や、『好きな人の隣で歩きたい』という欲求を多くの女性に抱かせます。そのため、その恋が本気であっても浮気(不倫)であっても関係なく、自分が好きだと思う人と一緒に過ごしたいという気持ちが特に強まる傾向にあります。

 

一人でクリスマスを過ごすのが嫌(誰でもいい)

中には、とにかく一人でクリスマスを過ごすことを回避できれば、一緒に過ごすのは誰でもいいという人もいます。こうした心理により、特に好意がなくても突発的に体の関係を持つという割り切り不倫が発生します。
 

特定の相手がいない女性を対象に行なった「あなたは一人で過ごすクリスマスに耐えられますか?」というアンケートによれば、一人きりでクリスマスを過ごすことに抵抗があるという女性が4割近くという結果になりました。
 

【あなたはお一人さまのクリスマスに耐えられますか?】

はい :61.5%

いいえ:38.5%

▶「マイナビウーマン

 

クリスマス不倫の見破り方

不穏な動きかないかどうか?見破る方法が全くないわけではありません。クリスマスの不倫に関わらず、イベント時の不倫も、以下の方法を実践すれば尻尾が掴めるかもしれません。

  • クリスマス(前後)に誰と過ごすのかを聞く
  • クレジットカードの利用履歴を見る
  • 体型が急激に変わっているかを見る
  • カーナビの履歴を見る
  • インターネットの検索履歴を見る

詳細は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

▶「クリスマス浮気の傾向と対策|浮気者の性なる夜の実態
 

クリスマス不倫の証拠を入手できれば
「別れたくない」 「慰謝料請求したい」
あなたの主張が認められやすくなります
 
当サイトでご紹介している探偵事務所では、訓練指揮官のもと、厳しい訓練をクリアした精鋭による質の高い浮気調査を行い、法廷に提出可能な調査報告書を作成し、あなたの「浮気相手と別れさせたい」「離婚慰謝料を請求したい」という思いの実現をサポート致します。
クリスマス不倫の証拠を掴むには、クリスマス前から入念な準備を行なっておく必要があります。
まずは浮気調査をすべきかどうなのかも含め、探偵事務所のベテラン相談員がお話しを伺います。
 
【浮気/浮気調査 無料相談窓口】へ進む

 

クリスマスに不倫させないための予防策

現在、パートナーに不倫の兆候は全くないという方も、クリスマスまでの期間に不倫の芽が全く出ないとは言い切れません。以下の方法を実践して、最大限の不倫予防に努めてもらいたいと思います。

 

こまめに連絡を取る

夫婦で同居していた場合でも、電話でもメールでもこまめに連絡を取り合い、「あなたのことを待っている人間がいるよ」ということをアピールしましょう。ただし、「今何しているの?」「不倫してないよね?」という旨を何度も何度も連絡してしまうと逆効果になることもあり得るので、効果的なタイミングや頻度は見計らうようにしましょう。
 

こまめに連絡が来ることで愛されている実感が沸けば、本来のパートナーの元に早く向かいたいという気持ちが強くなります。この気持ちがクリスマス不倫に走りたい気持ちに歯止めをかけてくれます。

 

クリスマスに二人で過ごしたいという旨を事前に伝えておく

事前に、今年のクリスマスは一緒にいたいという気持ちを伝えておきましょう。早ければ早いほど効果的です。「クリスマスは当然二人で過ごせるんだよね?もう行きたいところを決めてあるんだけど」というような言い方をしておいても良いかもしれません。とにかくパートナーのクリスマスの行動を不倫相手よりも早くに前もってリザーブしておくことが重要です。

 

プレゼントを用意してあるという素振りを見せる

予めプレゼントを用意しておき、「今年のクリスマスはちょっと頑張っちゃった」とだけ伝えておきましょう。これを聞いたパートナー側も、自分のためにクリスマスプレゼントを用意してくれているのではないか?特別な演出を考えてくれているのではないか?と期待しやすくなります。

 

二人で事前に下着を買いに行く

クリスマス前から、二人で下着を新調しに行きましょう。ここでのポイントは、お互いがお互いのために、普段着用しないような派手でセクシーなタイプの下着を選ぶようにすることです。パートナーは、セクシーな下着に包まれたいつもとは違うあなたを早く見たいと思うはずです。これに対し、「いつも着用するわけにはいかないから、お楽しみはクリスマスに」と放っておけば、パートナーも性なる夜に胸を馳せるはずです。

セックスレスの場合や、産後から夫婦生活がストップしているという場合も、クリスマスをきっかけに再開してみるのも良いかもしれません。

▶「産後の夫婦生活の再開時期|セックスに対する夫婦の本音
▶「【慰謝料請求可能】セックスレス原因での浮気は違法なのか

 

まとめ

今回のクリスマスと不倫をテーマにした記事はいかがだったでしょうか?「うちの旦那に限って」と思い込むのは危険です。既に不倫の兆候が見られ、クリスマス当日の動きも疑わしいという場合は、思い切って調査を検討してみてはいかがでしょうか?

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所では来店不要で無料面談・依頼まで行えるビデオトークもご好評いただいております。遠方の方、多忙な方、感染リスクを考慮し外出を控えたい方も、お気軽にお問い合わせください。


編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気/不倫問題に関する新着コラム

浮気/不倫問題に関する人気のコラム


浮気/不倫問題 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
お急ぎの方はお電話が便利です