Header home
 > 
 > 
 > 
不倫の慰謝料が増額するケース|慰謝料請求・増額に必要な証拠の解説

不倫の慰謝料が増額するケース|慰謝料請求・増額に必要な証拠の解説

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

不倫の慰謝料が増額するケース|慰謝料請求・増額に必要な証拠の解説
虎ノ門法律経済事務所 池袋支店
齋藤健博
監修記事
%e3%81%86%e3%81%a7%e3%81%ae%e3%81%b0%e3%81%97
旦那と旦那の浮気相手に復讐したい時は
探偵事務所での浮気調査が有効です
 
慰謝料を請求したい時、パートナーの浮気の再発防止をしたい時には、浮気調査で確実な証拠を手に入れることが非常に有効です。

【浮気の証拠を用いた浮気対策について無料相談する】【証拠の活用方法や証拠入手の効果について詳しく知る】
 
 

不倫の事実が発覚したとき、パートナーや不倫相手に慰謝料請求が可能です。

慰謝料はあなたの精神的な苦痛をお金で補償するものです。できるだけ増額させたいと思うのは当然のことでしょう。

ただ、慰謝料額は夫婦関係(円満だったかどうか)や不倫の内容(期間)などを総合的に判断して決まります。不倫の悪質性が高ければ、その分、慰謝料額も高くなるのです

つまり、慰謝料を増額させるためには、不倫が悪質である証拠を集めなければなりません。

また、そもそも慰謝料を請求するには、不倫の事実を相手に認めさせるため、不倫があったこと自体の証拠も集めておく必要があります。

不倫の証拠は、決定的な証拠を1つ提示するだけでも構いませんが、それが困難な場合には、複数の証拠を組み合わせる方法もあります。

そのため、第三者の証言を得たり、浮気期間中の行動を時系列で押さえたりすることも、有効な手段です。

この記事では、慰謝料額が増額する『要素』と、不倫の証拠として有力なものについて解説します。

不倫の慰謝料が増額する要素

前述したとおり、慰謝料の金額は不倫の期間や子供の有無、不倫相手の年収など、さまざまな要素をもとに、総合的に判断して決まります。

増額の要素

内容・説明

離婚

不倫を原因として離婚に至った場合、増額する傾向にあります

別居

不倫を原因として別居に至った場合、増額する傾向にあります

夫婦関係

夫婦関係が円満だったにもかかわらず、不倫が発覚して関係が破たんした場合、不倫が原因として増額する場合があります

婚姻期間

新たなスタートが困難なことや心情を配慮し、婚姻期間が長い場合、増額する傾向にあります

不倫の期間・回数

不倫が長期にわたっていたり、回数が多かったりする場合には増額する傾向にあります

子供の有無

夫婦に子供がいる場合、不倫の影響があるとして、増額する可能性があります

主導者

不倫相手が不倫の主導者だった場合、増額の可能性があります

反省・謝罪

不倫相手が反省していない、謝罪がない場合には、心情を配慮して増額する可能性があります

意図・認識

不倫相手が、あなたのパートナーを既婚者だと知っていて、夫婦関係を破たんさせようとした場合には悪質だと判断されて増額する傾向にあります

同棲

不倫相手とパートナーが同棲していた場合、増額の可能性があります

妊娠・出産

不倫によって妊娠・出産した場合、夫婦関係に大きな影響を与えたとして増額する傾向にあります

不倫の否認

不倫していることが客観的に明らかであるにも関わらず、不倫の事実を認めなかった場合、増額の可能性があります

約束違反

不倫しないと約束したにも関わらず、不倫を継続していた場合、増額の可能性があります

金銭の授与

不倫相手にお金を渡していた・貢いでいた場合、増額の可能性があります

精神的苦痛

不倫を知ったことによりうつ病になるなど、精神的な苦痛を受けた場合、増額する傾向にあります

年齢差

不倫相手の方が年上で年齢に差があるほど、浮気の主導性や思慮分別などが考慮され、増額する可能性があります

地位・資力

浮気相手が高い地位にあったり、年収が高かったりする場合増額の可能性があります

不倫の慰謝料を確実に請求するなら裁判でも使える証拠を集める

不倫の慰謝料を請求する、もしくは増額させるためには、それぞれの事実があったことを、証拠をもって証明しなければなりません。

話し合いで慰謝料を請求する場合には、証拠がなければ取り合ってもらえないことも考えられますし、裁判で請求するには、証拠能力が高いものを提出しなければなりません。

いずれにせよ、慰謝料を請求する場合には、裁判でも使えるような証拠を集める必要があるのです。

【関連記事】
不貞行為の証拠になるものは?自白・Line・写真は証拠になるのか
不倫の証拠はこう掴む!裁判で使える証拠と掴んだ証拠の活用方法

証拠写真

  • ラブホテルに2人で入るところと出るところの写真(普通のホテルでは×)
  • どちらかの家に2人で入るところの写真


など

「これは絶対にセックスしてる!」と思われる写真であれば、高い証拠能力があると認められます。

また、複数回以上の場面を写真におさめることが重要です。もちろん、何回であれば決定的だという基準はありませんが、複数回の証拠があるのであれば、その関係は継続して行われているものであると見ることができ、貞操権侵害への悪影響が強いものであると主張しやすいでしょう。

ラブホテルに入っても5分以上の滞在時間が必要

また、日付と時間の入った写真として残すことも重要です。

例えば、2人がラブホテルに入るところと出るところを撮ったとしても、それが入ってから出るまでに5分しか経っていなかったとしたら、セックスしていたことが推測できません。

つまり、セックスが行われるような場所で、一定時間2人が一緒にいることを証明する写真があれば有力だということです。これがあれば、相手は反論がまず無理でしょう。

確実な証拠写真を撮るならプロに相談

このような写真は尾行や待ち伏せが必要になるでしょう。そのためご自身で撮ることはかなり難易度が高いといえます。

その場合に活用できるのが探偵です。

探偵に依頼すれば、ラブホテルへ入っているところや出てくるところの2人の顔がはっきり認識できる写真など、裁判で使える有力な証拠を撮ってくれます

もし、探偵選びに困っている、悩んでいるという場合は 無料相談窓口 からお問い合わせください。

自白書面や自白録音

相手に不倫していたこと(他の異性と常習的に性行為をしていたこと)を認めさせ、書面や録音で記録しておくことも有力な証拠です。

この方法は写真と違い、パートナーに不倫を認めさせなければいけないので、困難かもしれません。

そのため、不倫現場を写真におさめる方が、時間も労力もかかりません。

写真か書面・録音で迷った場合には、不倫写真の確保をおすすめしたいと思います。写真の存在は、ある意味で動かぬ証拠ですが、それがいつ撮影されたものであってどこで撮影されたのか、他の証拠などとあいまって有利な証拠になっていくことが多いのです。

不倫をされた方は「何としても訴えたい」という気持ちが強いでしょう。

しかし、不倫があったという事実を証明することが難しいようであれば、慰謝料請求が認められる可能性も低いです。

まずは、どうにかして不倫をしている証拠を集められないか考えてみて下さい。

内容証明郵便で不倫を認めさせる

もし不倫の証拠がない場合には、内容証明郵便で不倫の証拠を握っていると思わせ、相手からの謝罪や示談を求め、不倫の事実だけを認めさせる方法が考えられます。

不倫の事実さえ書面上で認めさせてしまえば、不倫の決定的な証拠はなくとも、この内容が重要な証拠となり、実際に慰謝料を獲得することが可能となります。

まとめ

不倫の慰謝料を請求したり、増額させたりするためには、証拠を押さえておくことが重要です。

証拠はあなた自身で集めることも不可能ではありませんが、もし難しそうであるなら探偵に依頼するようにしましょう。

なお、慰謝料の相場や、慰謝料の具体的な請求方法を知りたい人は、以下の関連記事を参考にしてください。

【関連記事】
不倫慰謝料の相場は50万~300万|慰謝料が増減する要素の解説
【全3種】不倫慰謝料を請求する方法とは【1からわかりやすく解説】

浮気の慰謝料を引き上げたい方/無料相談

・夫、妻の浮気に耐えられない
・慰謝料請求したいが証拠がない
・できるだけ慰謝料を多くとりたい

そんなお悩みを抱えているなら、
無料相談をご利用ください。

相談カウンセラーが豊富な経験で
あなたの浮気問題を解決します。

08時18分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

この記事の監修者
虎ノ門法律経済事務所 池袋支店
齋藤健博 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

夫の浮気・不倫に関する新着コラム

夫の浮気・不倫に関する人気のコラム


夫の浮気・不倫 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております