Header home

浮気を認めないどころか逆ギレする心理|浮気を認めさせる3つの下準備

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

公開日:2018.5.8 更新日:2021.3.30
浮気を認めないどころか逆ギレする心理|浮気を認めさせる3つの下準備
%e6%b5%ae%e6%b0%97%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%9d%e3%81%a3%e3%81%bd%e5%90%91%e3%81%8f2

浮気をしていることに気が付き、勇気を出して聞いてみると、認めないどころか、なんと逆ギレされてしまった…!

浮気の事実を認めようとせず、よくわからない言い訳を始めたり、逆ギレしたりされると、対処に困ってしまいますよね。

今回は、浮気を問い詰めたときに逆ギレする心理や、逆ギレされずにしっかりと浮気を認めさせる方法について見ていきます。

相手の逆ギレに圧倒されてしまって泣き寝入りすることのないよう、しっかりと対策を練っておきましょう。
 

浮気調査を検討中の方におすすめのサービス・探偵社5選
※全国・24時間対応/相談無料

調査料金を抑えたい方へ

街角相談所|探偵社の無料紹介/オンライン見積もりサービス

30秒で完了する7つの質問に答えるだけで簡単に見積もりを依頼できます。
他社の見積もり書ご提示でさらに安く調査可能な探偵社を紹介。
※パートナーの浮気に関するご依頼の場合、クリック後に”浮気調査”をご選択下さい。

>>調査料金を抑えたい方はこちら


複数の探偵社を比較したい方へ

探偵さがしのタントくん|お近くのおすすめ探偵社の無料紹介サービス
探偵さがしのプロが、優良探偵事務所(※1)の中から最適な探偵をご提案
※1:①探偵業の届出がある ②年間解決実績500件以上 ③調査員数15名以上

>>複数の探偵社を比較したい方はこちら


実績が多い、信頼ある探偵社に依頼したい方へ

原一探偵事務所|調査実績46年の老舗探偵事務所

年間相談実績5万人以上/調査実績46年の実績。
浮気調査後も前向きな人生を送っていただけるよう全力でサポート

>>信頼ある探偵社に依頼したい方はこちら


浮気されて辛い...誰かに話しを聞いてほしい方へ

探偵さがしのタントくん|不倫・浮気のお悩み電話相談窓口

利用料・通話料無料/お電話でパートナーの浮気に関するお悩みやご相談を受付中


不倫相手を許せない!離婚慰謝料請求をしたい方へ

ベリーベスト法律事務所|離婚・不倫慰謝料の相談窓口

離婚問題や不倫の慰謝料問題に関する豊富な経験:実績を有する離婚専門チームがサポート。
安心の全国対応、男女弁護士を選択可能です。

>>離婚・不倫慰謝料の請求を弁護士に相談したい方はこちら

この記事に記載の情報は2021年03月30日時点のものです

浮気を認めないどころか逆ギレする心理

まずは、浮気を認めず逆ギレする心理について見ていきます。
 

浮気をどうにかしてごまかしたい

逆ギレをすることで相手をびっくりさせ、意識を浮気についての追求からそらしたいという心理が考えられます。

つまり、浮気の事実をどうにかしてごまかそうとしているのです。

そのため、逆ギレしている人のほとんどは、支離滅裂なことを言ったり、言い訳に一貫性がなかったりします。

このような場合はほとんどのケースで黒ですので、後程紹介する方法でしっかりと浮気の事実を認めさせ、反省させましょう。
 

悪いことをしている気にさせて追及を逃れたい

ごまかそうとする心理と似ていますが、とにかくその場を逃れたいがために逆ギレするケースもあります。

逆ギレされると、一瞬、問い詰めている方が怒られているような錯覚に陥ります。

浮気をしている方が明かに悪いはずなのに、逆ギレされることによって、浮気を問い詰めている方が悪いことをしている感覚になるので、一瞬ひるんでしまいます。そのスキに追求から逃れようとしているのです。
 

口論では勝てないとわかっているから

男性に多くみられるのですが、言葉による言い争いでは妻に負けてしまうとわかっているので、逆ギレすることで議論にならない状況を作り出そうとしている心理が考えられます。

逆ギレしている人と冷静に話し合いができると考える人は皆無に等しいでしょう。

問い詰められて浮気を認めさせられる状況をなんとか回避しようと、逆ギレすることに逃げているのです。
 

本当に浮気していないのに疑われて不快に思っている

浮気を問い詰められて逆ギレする人の中で本当に浮気していない人はかなり少ないと考えていいと思いますが、中には本当に浮気をしていないケースももちろんあります。

本当に浮気をしておらず、誠実に夫婦の関係を築いているのに、しつこく浮気について問い詰められたり、疑いをかけられたりした結果、我慢の限界でキレてしまうということもあります。

本当に浮気していないかどうかは、相手の反論の内容に矛盾点がないかどうか、浮気について問い詰めてからすぐに逆ギレしていないかどうか、聞いたことにちゃんと返答しているかどうかなどの受け答えから判断できます。

もし本当にこちら側の勘違いだった場合、しっかりと謝罪しましょう。

ちゃんと謝罪しないと「どうせ疑われるんだったら浮気してやろう」と思ってしまいかねません。
 

逆ギレされるのは問い詰め方に問題あり|逆ギレされやすい行為

「浮気をする方が悪いのに、認めないどころか逆ギレするなんてひどい!」と思う気持ちはよくわかりますが、もしかしたら逆ギレされてしまうのは問い詰め方に問題があるのかもしれません。

この章では、相手の逆ギレを誘発してしまうような、NGな問い詰め方について確認していきましょう。
 

証拠もなく問い詰めること

「浮気していることは女のカンでわかった」のように、確固たる証拠もなく問い詰めてしまっては逆ギレされても仕方がありません。

なぜなら、証拠がないなら逃げ切れると考えられてしまうからです。

また、「女のカン」ほどではなくても、

・LINEのやり取りを見た
・浮気しているという噂を聞いた
・女の人と腕を組んで歩いているのを見た

などでも言い逃れされ、逆ギレでごまかされてしまう可能性が高いです。

浮気相手と肉体関係があったという確固たる証拠を突きつけない限り、認めようとせず、法的にも認めさせることは困難なのです。
 

感情的に責め立てること

浮気されているとわかると、普段冷静な人でも感情的になってしまうことは往々にしてあるでしょう。ショックが大きければ大きいほど、仕方のないことです。

しかし、浮気について認めさせたいのであれば、感情的になった状態のまま問い詰めるのは絶対にNGです。

感情的な人間に対して、逆ギレという感情的な行動を取ることで冷静な話し合いを回避しようと考えられてしまうからです。

浮気を知った直後は感情的になってしまっても仕方のないことですが、浮気についての話し合いをするときには冷静になり、論理的に話すように心がけましょう。


 

確実に浮気を認めさせ、逆ギレされないためにやっておくべきこと

この記事を読んでくださっている方のほとんどは、相手にしっかりと浮気について認めさせたいと考えているでしょう。

相手の逆ギレを防いで、しっかりと浮気の事実を認めさせるために事前にやっておくべきことをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。
 

言い逃れできない確固たる証拠を集めておく

逆ギレされてしまうNG行為の部分でも少し触れましたが、確固たる証拠があるかどうかで状況は大きく変わります。

法的にも効力がある確固たる証拠を集めておくことで、かなり有利に話し合いを進めることができます。

万が一、自分一人では認めさせることができなかったとしても、証拠さえあれば第三者を交えて話し合いをすることでしっかりと認めさせることができるでしょう。

具体的にどのような証拠が法的にも効力を持つのかについてはこちらの記事を参考にしてください。

【関連記事】不倫の証拠はこう掴む!|裁判で使える証拠と掴んだ証拠の活用方法
 

論理的に問い詰められるよう事前にイメージしておく

感情的にまくしたてるように相手を問い詰めても、相手を感情的にさせ、逆ギレされるのは目に見えています。あくまでこちらは冷静に、論理的に話し合いを進めましょう。

そのために、いきなり問い詰めるのではなく、

・何と言って席に着かせるのか
・最初に何から話すのか
・浮気の証拠についてはどのタイミングで提示するのか

など、事前にイメージしておくと落ち着いて論理的に話し合いを進めることができ、逆ギレされて言い逃れされるのを防げます。
 

離婚や慰謝料請求について考えをまとめておく

逆ギレされてしまうのは、「ただ浮気を疑って騒いでいるだけ」と軽く考えられてしまっているからということもありえます。

軽く考えているわけではなく、真剣に覚悟を持って問い詰めていることを示すために、離婚や慰謝料請求についても検討しているということをアピールしましょう。

話し合いの途中でいきなり離婚や慰謝料請求の話題になって、あなた自身があたふたしてしまわないように、問い詰める前にしっかりと自分の考えをまとめておくことが大切です。
 

まとめ|浮気を認めさせることにはリスクもあることを知っておく

いかがでしたでしょうか。浮気を認めさせるのは決して簡単ではありません。逆ギレや言い訳でかわされてしまわないよう、しっかりと証拠確保などの準備をしてから問い詰めるようにしましょう。

ただし、浮気を認めさせるにはリスクも伴います。

「絶対に離婚したくない」「元通りに仲良く夫婦生活を送りたい」という場合は浮気を問い詰め、認めさせることが裏目に出てしまうこともあり得ますので、しっかりと考えてから行動に移すようにしてくださいね。

また、浮気の証拠をつかむことについても自力で行うのは失敗する可能性が高くなってしまいます。心配な方はプロに依頼した方が賢明です。

浮気の証拠確保を探偵などのプロに頼めば、証拠を使っての話し合いの方法についてもアドバイスしてくれますので、うまく活用してみてくださいね。

浮気調査の無料相談窓口

原一探偵事務所が運営する当サイトの相談窓口では、24時間無料で浮気に関するご相談を受付中!

原一探偵事務所では来店不要で無料面談・依頼まで行えるビデオトークもご好評いただいております。遠方の方、多忙な方、感染リスクを考慮し外出を控えたい方も、お気軽にお問い合わせください。


編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気/不倫問題に関する新着コラム

浮気/不倫問題に関する人気のコラム


浮気/不倫問題 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
お急ぎの方はお電話が便利です