Header_home
 > 
 > 
 > 
不倫相手と別れたいときに使える7つの方法

不倫相手と別れたいときに使える7つの方法

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

不倫相手と別れたいときに使える7つの方法
F33bcf7b7cb819e763c134b2ffa9872b_s

20代、30代になってくると素敵な異性にはパートナーがおり、すでに結婚している異性に惹かれることも少なくありません。しかし、不倫は報われることが少なく、つらい思いをすることも多いです。場合によっては慰謝料を請求されることもありリスクも大きいです。

 

「辛い不倫を終わらせるために、不倫相手と別れたい」そう思っているあなたのために、ここでは不倫相手と別れたい時に使える方法をご紹介します。中には別れを切り出しても別れてくれない時もありますが、そういった際の対処法もご紹介します。
参考:自分で浮気調査する方法

 

 

まだ不倫相手を好きだけど別れたい時に使える4つの方法

「不倫をやめたい」と思っても、惚れてしまった不倫相手を嫌いになることは難しいと思います。ここでは、まだ不倫相手のことが好きなときに別れることのできる方法をご紹介します。

 

「不倫はいけないこと!別れるんだ!」と心に誓う

まず、はじめに強い意思を持って不倫相手と別れることを決意しましょう。まずは自分の意思がなければ別れられるものも別れられません。これから独身で素敵な人と出会うためには、まずは今の不倫を断ち切らなければなりません。

 

不倫相手と付き合い続けたとしても将来幸せになれる可能性は低く、不倫に時間を費やすよりは早めに別れて独身かつ良い人とお付き合いをすることがベストです。

 

言葉は口に出すとより意志が強くなりますので、友達や相談相手に「不倫はやめる」と宣言すると意思を固めることができます。宣言する相手がいないときは1人で口に出してみるのも効果があります。

 

不倫がバレた際のデメリットを考える

不倫相手がどんなに素敵な人だったとしても、不倫がバレた際のデメリットは非常に大きいです。不倫相手の奥さんや旦那さんに不倫がバレた際のデメリットを考えてみると不倫相手と別れる覚悟ができると思います。では、不倫がバレた際にはどのようなデメリットがあるかいくつかご紹介していきます。

 

①慰謝料を請求される

不倫をした場合に不倫相手の奥様または旦那様から慰謝料を請求される可能性があります。実際に慰謝料を請求されるかどうか、またどれくらい慰謝料を請求されるかは状況によって異なってきます。婚姻期間であったり、年齢差であったり様々な要因が考慮されます。

 

過去の判例を見てみると50万~300万の間の慰謝料が多いようです。不倫は高額の慰謝料を請求されるリスクを伴っております。多くの方、特に女性は仮に300万の請求をされてしまうと支払うことが難しい方が多いと思います。

 

参考:http://www.adire-isharyou.jp/special/01/

 

②むりやり別れさせられる

不倫相手の奥様、旦那様に不倫がばれると無理やり別れさせられる可能性があります。まだ好きな状態で他人から引導を渡されたのでは相手のことを忘れにくいことでしょう。他人に引導を渡されるくらいなら、自分で別れる決断をして自ら引導を渡す方が後々未練も残りにくいです。

 

③解雇のリスクがある

職場での不倫だった場合「依願退職」もしくは「解雇」に追いやられる可能性があります。多くの会社は就業規則などで、プライベートな行為についても懲戒処分になると定めています。

 

仮に「依願退職」や「解雇」に追いやられなかったとしても社内で不倫がバレると周りからのバッシングなどが有り仕事に打ち込めない状況となることが予想されます。結果として職を失う可能性が高いです。

 

不倫相手と別れたいなら不倫相手の本性を見抜く

不倫相手は余裕があって、あなたのことを大切にしてくれてとても魅力的に見えると思います。しかし、不倫というのは人の倫(みち)に反する行為です。人の倫に反する行為をしている人は本当に素晴らしい人なのでしょうか。

 

その男性はあなたと関係を持つことで奥様を裏切っています。その女性があなたに優しく甘えて見せるのは自分の寂しさを埋めるために利用しているだけかもしれません。恋は盲目とは言いますが、不倫相手の本性をしっかり見抜きましょう。

 

不倫相手と別れたいなら別に好きな人をつくる

恋を終わらせるにはやはり他に好きな人を作ることが1番手っ取り早いです。他に夢中になれる人ができれば今の不倫の恋も終わらせることができるでしょう。好きな人をつくるにはやはり出会いがなければいけませんので以下のことを是非実践してみてください。

 

①友達との飲み会に積極的に参加する

友達同士の飲み会であっても友達の友達との出会いや飲み屋さんでの出会いが期待できます。飲み会などがあったときは積極的に参加するようにしてみましょう。

 

②合コン、街コンに参加する

自然な出会いが期待できないときは合コンを開いてもらいましょう。周りが既婚者ばかりで合コンを開催できない場合には街コンという手段があります。自然な出会いが期待できない場合には合コンや街コンはとても効率的です。積極的に参加してみてください。

 

③SNSで友達を増やす

最近ではTwitterやFacebookなどのSNSで同じ趣味を持った仲間を探しやすくなっています。趣味の仲間など新しい友達を作ることで出会いが広がっていきます。最近ではオフ会というものも存在しており、出会いの幅が広がっています。


 

不倫相手と別れたいのに受け入れてくれないときの3つの対処法

あなたがどんなに強く不倫相手と別れたいと思っていてもそもそも別れてくれない場合もあります。都合のいい相手がいなくなることが嫌なのか本当に好きなのかは相手によるとは思いますが、ここでは相手が分かれてくれない際の対処法をご紹介していきます。

 

だんだんと連絡をフェードアウトしていく

相手が別れてくれない場合、無理に別れる必要はありません。徐々にフェードアウトしていき自然消滅を狙ってください。いきなり連絡を絶ってしまうと返って相手があなたのことを気にしてしまい、しつこく連絡してきたり、家に押しかけてきたりする可能性があります。

 

2日に1回、1週間に1回、2週間に1回のように徐々に連絡を少なくしていってください。「最近連絡くれないね」のようなことをいわれたら、魔法の言葉「忙しい」を使いましょう。

 

別れずにキープしておく

別れてくれないのであれば別れずにそのままキープしておく方法があります。出会いを増やして次の彼氏・彼女をみつけようと思っても中々簡単には見つからないものです。

 

次の相手が見つかるまでのキープとして不倫相手と別れずにいるのも1つの手段です。次の相手が見つかった際には自然消滅を狙ってフェードアウトしていくか、はっきりと「別に好きな人ができた」と言って別れましょう。

 

引越しをして電話番号も変える

どうしても別れてくれず、自然消滅も難しい場合は引越しをして携帯電話番号もかえましょう。引越しや電話番号の変更にはお金も手間もかかりますが、勉強代だと思ってあきらめるしかありません。

 

不倫相手が知り合いでつながる場合、知人から引越し先や連絡先がばれてしまう可能性があります。そうならないために共通の知人には不倫相手を避けて住所や電話番号を変えたと伝えておく必要があります。


 

まとめ

いかがでしたか?不倫相手と別れるにはまず強い意思と覚悟をもちましょう。うまく別れられずズルズルと関係を引きずったり、相手がストーカーになったりすることがないよう気をつけたいものです。今回ご紹介した内容を参考にしながら不倫を断ち切ってくださいね。

 

不倫調査に関するご相談受付中

・夫、妻の浮気の相談がしたい
・良い探偵の選び方がわからない
・信頼できる探偵にお願いしたい
・浮気調査の料金が高すぎないか不安…
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料診断をご利用ください。

05時46分、現在お電話が繋がりやすくなっております

妻の浮気・不倫に関する新着コラム

妻の浮気・不倫に関する人気のコラム


妻の浮気・不倫コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております