Header_home
 > 
 > 
 > 
不倫の慰謝料を請求された時に慰謝料請求を回避・減額する全知識

不倫の慰謝料を請求された時に慰謝料請求を回避・減額する全知識

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

不倫の慰謝料を請求された時に慰謝料請求を回避・減額する全知識

%e7%9c%bc%e9%8f%a1%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%9f%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3

パートナーから不倫の慰謝料を請求された場合、慰謝料の支払いを回避する方法や慰謝料を減額するために、どのような対応をすれば良いのでしょうか。
 
そもそも、不倫慰謝料は離婚をする・しないに関わらず、不倫をして離婚の原因(または離婚の危機)を作ったほうが相手に対して支払うものです。被害者、加害者とは一般的には言われませんが、裁判においては同様の扱いとなり、慰謝料額が増額になるケースや、減額になるケース、または慰謝料の請求そのものが認められないケースなどがあります。
 
そこで今回は、不倫の慰謝料を請求されてしまった場合に、慰謝料の請求を回避、あるいは減額させるための方法をご紹介していきます。

【目次】
不倫で請求される慰謝料の相場は200万円前後
不倫が原因だが離婚はしなかった場合の慰謝料相場:50~100万円
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料相場:200万前後
不倫が原因で別居に至った場合の慰謝料相場:100~200万円
不倫慰謝料額を左右するポイント
超高額な慰謝料を請求された事例
不倫の慰謝料を請求されたらすぐに確認すべき3つのポイント
不倫慰謝料請求を減額・回避するための手段
もし不倫慰謝料の請求が回避できなかった場合は減額交渉
まとめ

不倫で請求される慰謝料の相場は200万円前後

不倫慰謝料の金額にはこれという決まりがありません。そのためにケースによって金額は異なり、請求する側とされる側双方が納得すれば、それが請求額になります。また、話し合いでは問題の早期解決や精神的損害などを考慮して金額が決まることが多く、そのため離婚が決まっていなくても離婚した場合と同様の慰謝料で和解に至るケースもあります。ここではそんな不倫慰謝料の相場についてある程度の目安を解説していきます。
 
《離婚原因慰謝料相場》

離婚の原因

慰謝料相場

不倫

100~500万円

DV・モラハラ

50~500万円

悪意の遺棄(意図的に夫婦関係を破たんさせる行為)

50~300万円

セックスレス

100万円程度

※離婚裁判の過去の判例を参考
 

不倫が原因だが離婚はしなかった場合の慰謝料相場:50~100万円

離婚も別居もせずに夫婦関係を継続する場合でも、不貞行為を知ってから3年以内であれば慰謝料を請求することは出来ます。離婚しない場合は、離婚するよりも慰謝料額の相場がぐっと下がります。
 

不倫が原因で離婚した場合の慰謝料相場:200万前後

不貞行為や暴力行為などの有責行為が明確になっている場合で、300~500万離婚を継続し難い重大な事由の場合で50~200万円が相場と言えます。これらを安いと取るか高いと取るかは個人差がありますが、当事者同士の話し合いによって出される金額は、これよりも低くなる傾向があります。
 

不倫が原因で別居に至った場合の慰謝料相場:100~200万円

離婚はしないが別居をして夫婦関係を一旦凍結するという場合は、夫婦関係を継続する場合と離婚する場合の中間程度である100~200万円が相場になります。しかし、先に別居があって不倫に至ったケースでは、もともと夫婦関係は破綻していたと判断され、慰謝料額もかなり下がります。
 
▶「別居は離婚への近道|別居から離婚する5つのメリットと注意点
 

不倫慰謝料額を左右するポイント

慰謝料の金額や査定基準は明確ではないので、主に以下のような様々な要素を金額に換算して出すことになります。
 

婚姻期間

婚姻期間が長ければ長いほど被害額は大きいと評価され、慰謝料額が増額となります

年齢

例として、50代の男性が20代の女子学生と不倫をしたことが原因である場合は、男性側の責任が大きいとみなされます

不倫前の結婚状況

もともとの夫婦仲が悪ければ、不倫した者の責任は軽くなります

不倫期間

不倫をしていた期間が長ければ長いほど被害状況は酷いと推定されます

積極性

積極的に不倫関係になることを誘ったほうの責任が重くなります

修復の可能性

夫婦関係が修復できるかどうかも慰謝料の判断材料となります

子供への影響

夫婦の子供が幼ければ幼いほど精神的に不安になりやすいので、被害が大きいと推定されます

離婚後の経済状況

母親が親権を取る場合は経済困窮になりやすいため、慰謝料の増額が考慮されます

関係の継続

不倫の相手が「別れる」と言ったにも関わらず、その後も密会するなど関係を継続していた場合は増額となります

夫婦の別居

年収が高い、資産が多い人の場合は慰謝料支払い額が増額となります

年収や資産の状況

不倫相手が子供を作り、夫婦関係を破たんさせようとした場合は慰謝料が増額となります

掠奪婚を狙っている

不倫相手が子供を作り、夫婦関係を破たんさせようとした場合は慰謝料が増額となります

暴力、虐待

暴力、虐待行為があった場合は、慰謝料は増額となります

 

さらに高額な慰謝料請求が出来るケース

以下の場合、慰謝料の大幅な増額が見込めることもあります。
 
・相手が高額な財産を持っている
・相手の不貞行為に暴力など複数行為による精神的苦痛を受けた
・子供のいる前で不貞行為をするなど子供に悪影響が及ぶと想定される
・相手の浮気の証拠がある
 

超高額な慰謝料を請求された事例

【例】
夫の浮気を問い詰めたところ、夫は家を出て愛人宅に入り浸るようになり、たまに必要なものを取りに帰宅しても口論の連続で、夫の両親からは「妻であるお前が悪い」と罵られ、ついには夫の暴力により全治一ヶ月の怪我を負って離婚した。

 
このケースでは、不倫、DV、悪意の遺棄など複数の原因が重なっていたために、慰謝料額1.500万円の判決が出ました。
 
 

不倫の慰謝料を請求されたらすぐに確認すべき3つのポイント

パートナーから不倫慰謝料されたら誰でもまずは冷静さを欠いてしまいますが、まずは何から行うべきなのでしょうか?それは『確認』です。以下の3点は、冷静に早急に確認するようにしましょう。
 

内容証明の差出人を確認する

一般的には内容証明郵便(いつ誰が誰宛てに出したものかが証明できる郵便)で不倫慰謝料請求されることが多いです。その際は差出人が誰であるのかを確認しましょう。
 

個人名義の場合

専門家ではなく個人として不倫慰謝料を請求された場合、すぐにでも弁護士に相談し、どのように対応すべきかを協議しましょう。相手が目的のためには手段を選ばないというようなタイプの場合は、不倫の有無に関わらず、自身に危険が及んでしまうことも頭に入れ、そのような場合いつでも法的な措置が取れるようにしておくべきです。
 

弁護士名義の場合

差出人が弁護士や司法書士など法の専門家であれば、合法的な手段しか使わないために、相手が専門家の抑止を押し切って暴走しない限りは自身に危険が及ぶ可能性はかなり少ないですが、放置していると本当に調停や訴訟などの法的措置を取られる可能性は高いです。
 

事実の確認をする

内容証明郵便には、なぜ慰謝料を請求するのかという点が記載されているはずです。例えば「あなたが○月○日から今に至るまで不倫を継続しているため」というような内容であれば、それが事実であるのかそうでないのかを確認しましょう。不倫は全くの事実無根ということはなくても、不倫期間や頻度については相手の思い込みの場合もあります。
 
尚、以下の点を確認し、全て「いいえ」であれば、慰謝料は支払う必要がありません。どれか一つでも該当しないものがあれば、不倫慰謝料の請求に応じる必要はなくても、それを相手に理解してもらう必要があります。理解してもらうという行為を怠ると、調停や訴訟に進んでしまう可能性が高まります。
 
・不貞行為は実際にあったのか
・不倫相手が既婚者だということを知っていたか
・不倫相手の婚姻関係は破たんしていなかったか
・自由な意思で肉体関係を持ったか
 
全て「はい」の場合は、慰謝料の請求に応じざるを得ませんが、減額することは不可能ではありません。
 

相手が証拠を提出きている場合は有効なものであるかを確認する

もし不倫をしていた場合であっても、それが原因での慰謝料請求が認められるためには、相手が不倫の証拠を持っていることが大前提になります。したがって、相手が不倫の証拠を提出できないのであれば、慰謝料の支払いを拒むことができる可能性も出てきます。
 

裁判で不貞行為であると認められる証拠

少なくとも以下の証拠を相手が掴んでいた場合。裁判では不倫とみなされます。(参考:「浮気の証拠|やり直しでも離婚でも使える3つの証拠と集め方」)
 
・1:3回以上のラブホテルへの出入り写真
・2:ラブホテルでの40分以上の滞在
・3:5回以上の浮気相手宅への出入りの写真
 
 

不倫慰謝料請求を減額・回避するための手段

いくら自分に非があっても、「払いたくない」と思うのは当然のことです。しかし、何もアクションをせずに慰謝料が減額になったり、支払い義務から逃れられるということはありません。
 

不倫慰謝料請求をしてきた相手への返答は必ず行う

慰謝料を請求され、仮にそれを無視したところで逮捕されることはありません。しかし、そのままでは何も解決しないどころか、法的措置に至った際、裁判官のあなたへの印象がとても悪くなり、減額を認めてもらうことが困難になります。
 

相手も不倫していないかを探る

法律上、夫婦のどちらか一方ではなくどちらも不倫していた場合は、原則的に喧嘩両成敗として一方からのみの慰謝料の請求が認められません。したがって、相手の不倫の証拠が掴めれば、例え自分のほうが先に不倫をしていたとしても、慰謝料の支払いを回避することが出来ます。
 

相手も不倫しているのに
自分だけ慰謝料を支払うなんておかしい!
そんな時には探偵への相談がオススメです

 
不倫調査で相手の不倫の証拠を掴めれば
例え自分の不倫を理由に慰謝料を請求されても
「支払わない」と言う主張が認められやすくなります

 
解決実績8万件以上を誇る
原一探偵事務所の相談員が
不倫調査すべきか否かも含め
無料で診断致します
 

 無料診断スタート

 

相手の起こしたトラブルと相殺する

相手が不倫をしていない場合でも、暴力行為や悪意の遺棄などがあった場合は自身の不倫と相殺して慰謝料請求を減額、またはチャラにすることが出来ます。そのため、”あえて相手を激昂させるような物言いをして暴力を振るわせ、それを理由に慰謝料の支払い義務から逃れられた”というケースも多数存在します。
 

不倫慰謝料請求をするデメリットを相手に理解させる

誰だって周囲に不倫沙汰を知られたくないものですが、訴訟ともなれば事実関係をハッキリさせるために何度も詳しい証言をしなければなりません。互いの両親も遅かれ早かれ不倫の事実を把握することになるでしょうし、自分が誰に話さなくても次第に周囲に知れ渡ってしまうリスクはあります。
 
また、訴訟ともなれば当然、時間もお金もかかります。こうした点は不倫慰謝料を請求する側にとってもデメリットであり、デメリットと慰謝料請求を天秤にかけた場合に最終的に不倫慰謝料の請求を取り下げるということもあり得ます。
 

誠心誠意謝る

心の底からの謝罪をして誠意が伝われば、相手も改心して慰謝料請求を取り下げてくれるかもしれません。自分に非があるにも関わらず真っ向から向かっては相手も真っ向から向かってくるのは当然ですが、しっかりと頭を下げた場合は少なからず慰謝料を支払わなくても良い可能性が出てくるのです。
 

収入がないことを伝える

「ない袖は振れない」という言葉がありますが、慰謝料を支払えるだけの能力がない者からは、慰謝料を取ろうとしても無理があるのです。本当に収入がない場合はそれを主張し、理解してもらう以外にありません。しかし、本当は支払えるだけの余裕があるにも関わらず「仕事をしていない」などという嘘をついてしまうと、財産調査などにより嘘が発覚した時点でかなり立場が悪くなりますので控えましょう。
 

証拠がなければ慰謝料の請求は回避できる

相手が不倫だといくら主張しても、それを裏付けるだけの証拠も同時に提示してこなければ、いくらでもシラを切り通すことが出来ます。また、証拠を提出してきたとしても、前述したような”法的に不倫だと認められる証拠”を提出してこない限りは、認めることなく「していないから支払う義務はない」の一点張りでも意外にその主張が通ってしまうことはよくあります。
 

弁護士に相談する

不倫慰謝料を請求された時、一番協力な依頼先なのが弁護士です。弁護士が代理人として本人のかわりの窓口になるので交渉のわずらわしさからは解放され、訴えられた場合であっても全て弁護士が対応してくれます。弁護士は法の専門家であり、主張する力もズバ抜けているので、前述してきたような条件さえ揃えば、慰謝料の支払いを回避・減額できる可能性も高くなります。
 

慰謝料問題
離婚問題の解決が得意な
弁護士に相談する

 

司法書士の場合

簡易裁判所の代理兼を持っている司法書士は、140万円以下の請求に限り代理人として相手型と交渉してくれます。しかしもともと司法書士は登記などの書類を作成する仕事がメインであるため、法廷などでの主張や交渉に長けているというわけではありません。
 
 

もし不倫慰謝料の請求が回避できなかった場合は減額交渉

相手が不倫の証拠を揃えていて弁護士を立てて慰謝料請求をしてきたら、残念ながら慰謝料の支払いを免れることはできません。そのような時にはどうしたら良いかを以下で解説していきましょう。
 

慰謝料の減額を交渉する

せめて慰謝料を減額してもらえないか交渉をしてみましょう。以下のケースに該当していれば、減額が可能になる場合があります。
 
《慰謝料が減額できるケース》
・慰謝料の相場とはかけ離れた金額を請求された場合
・不倫相手からしつこく誘われていた場合
・収入が少なく慰謝料を支払うとなると生活が困窮する場合
・不倫したことを心から反省している場合
 

弁護士に代理人になってもらう

話し合いでの解決を求めたり、支払いが困難な旨を主張したり、無理なく支払える方法を提案したりと、交渉のプロである弁護士に代理人になってもらうことであなたの主張が受け入れてもらえる可能性があります。
 
 

まとめ

不倫は人を裏切り傷つける行為ですから、悪いことであるのは当たり前です。しかし、誰だって支払いたくないものは支払いたくありませんよね。記事内でも述べたように、不倫慰謝料が請求された時には探偵や弁護士の力を借りて対応にあたるものが最も適切であり、特に【不倫の証拠の有無】が争点の鍵になってくるという点をくれぐれも忘れないようにしましょう。
 
不倫慰謝料に関するこちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい。
▶「不倫・浮気の慰謝料相場|増額請求と請求された際の対処法
▶「離婚の慰謝料相場一覧と慰謝料を引き上げる重要な証拠
 
 

絶対に慰謝料を請求したい!とお考えの方/無料診断

・どうすれば浮気の慰謝料を請求できる?
・慰謝料をさらに高額に引き上げるには?
・相手の行動○○は浮気の証拠として有力?
・もう時効を迎えてしまっていないか不安…
もしあなたがそんなお悩みを抱えているなら、無料診断をご利用ください。

02時18分、現在お電話が繋がりやすくなっております

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他コラム一覧へ戻る
Column_keyword_title
現在お電話が繋がりやすくなっております