Header home
 > 
 > 
 > 
不倫慰謝料の相場は50万~300万|慰謝料が増減する要素の解説

不倫慰謝料の相場は50万~300万|慰謝料が増減する要素の解説

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

不倫慰謝料の相場は50万~300万|慰謝料が増減する要素の解説
虎ノ門法律経済事務所 池袋支店
齋藤健博
監修記事
Dwfegthyj

不倫が発覚し、不倫相手に慰謝料を請求するときに気になるのが、相場ではないでしょうか?


不倫慰謝料の相場は、不倫後に夫婦関係がどうなるかによって大まかに分けられます。

 
状況 金額相場

結婚生活を続ける場合

50万円~100万円

不倫が原因で別居する場合

100万円~200万円

不倫が原因で離婚する場合

200万円~300万円


注意してほしいのは、不倫慰謝料の相場は明確に決まっておらず、ケースバイケースだということです。 


慰謝料とは、精神的な苦痛をお金で補償するために支払われるお金のことをいい、不倫慰謝料額は夫婦の関係性や不倫の状況によって個別に判断されます。


また、上記表の金額は裁判例をもとに算出した数字です。あくまで目安として理解するようにしてください。 


この記事では、それぞれのケースでの不倫慰謝料の詳細と、慰謝料が増額・減額する要素について解説します。

 

結婚生活を続ける場合(離婚も別居もしない)

パートナーの不倫が発覚しても離婚や別居をしない場合、慰謝料の相場は50万円〜100万円という低い金額です。 


これは、離婚や別居に至っていない場合、精神的な苦痛は比較的少なかったとみなされるからです。


50万円~100万円という金額は、不倫された苦痛のみを補償する金額だといえるでしょう。
 

パートナーの不倫が原因で別居する場合

不倫が別居の引き金になった場合の慰謝料の相場は100万円〜200万円です。
 

別居しない場合より増額されているのは、不倫が原因となって、これまでの良好な夫婦関係を壊したことを考慮してのことでしょう。
 

パートナーの不倫が原因で離婚する場合

不倫が原因で離婚に至った場合の慰謝料相場は、200万円〜300万円です。
 

パートナーと離婚することが、裁判では最も精神的苦痛が大きいと判断されるようです。 
 

慰謝料の増減を左右する要素

不倫後の夫婦関係別に、慰謝料額の相場を紹介しました。
 

ただ、それぞれのケースごとにも幅があるのは、前述の通り、夫婦の関係性や不倫の内容などによって慰謝料額は変わるからです。 
 

ここでは、慰謝料額を増減させる代表的な要素について、簡単に紹介します。

 

婚姻期間

婚姻期間が長い

慰謝料額:増

婚姻期間が短い

慰謝料額:減

不倫の期間

不倫の期間が長い

慰謝料額:増

不倫の期間が短い

慰謝料額:減

夫婦関係の状況

不倫発覚前の夫婦関係は円満だった

慰謝料額:増

不倫発覚前から夫婦関係が崩壊していた

慰謝料額:減

慰謝料請求相手の社会的地位や年収

地位・年収が高い

慰謝料額:増

地位・年収が低い

慰謝料額:減

子供の有無

夫婦に子供がいる

慰謝料額:増

夫婦に子供がいない

慰謝料額:減

反省の度合い

不倫相手からの謝罪がある

慰謝料額:増

不倫相手からの謝罪がない

慰謝料額:減

不倫の主導者

パートナーの方が不倫に積極的だった

慰謝料額:増

不倫相手の方が不倫に積極的だった

慰謝料額:減

不倫による妊娠

不倫相手が妊娠した

慰謝料額:

不倫を原因とした苦痛

不倫が原因でうつ病になるなど苦痛を受けた

慰謝料額:

浮気の否認

不倫が明らかな状況で否認を続けた

慰謝料額:

約束の保護

不倫しないと約束したのに不倫関係を継続していた

慰謝料額:

落ち度

パートナーとのセックスを拒むなどあなたに不倫の落ち度がある

慰謝料額:

浮気相手の社会的制裁

浮気相手が退職など社会的制裁を受けた

慰謝料額:

 

まとめ

慰謝料額はいろいろな要素によって変わります。
 

できるだけ高い金額を請求したいと思うかもしれませんが、そのためには、事実を証明する証拠が必要です。
 

ただし、そういった証拠をあなた自身で集めるのは困難なケースが多いでしょう。
 

そのため、不倫慰謝料を請求する場合、1度探偵に相談することをおすすめします。
 

また、不倫の慰謝料請求は必ずしも裁判を通じて行なう、といったことはありません。
 

あなたと不倫相手が話し合い、双方が慰謝料額に納得すればそれでも問題ないのです。 
 

ただし、あまりにも高い金額を請求しても現実的ではありませんので、相場を目安に請求するようにしてください。
 

以下の記事では、不倫慰謝料に関するその他の内容をお伝えしています。
 

あわせて参考にしてください。 
 

【関連記事】
不倫慰謝料相場は50~300万|相場以上に請求するための証拠とは
不倫の慰謝料が請求できない9つのケース
【全3種】不倫慰謝料を請求する方法とは【1からわかりやすく解説】

旦那や妻の浮気でお悩みの方/無料相談受付中

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。

08時18分、現在お電話が繋がりやすくなっております。

この記事の監修者
虎ノ門法律経済事務所 池袋支店
齋藤健博 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

浮気・不倫の慰謝料に関する新着コラム

浮気・不倫の慰謝料に関する人気のコラム


浮気・不倫の慰謝料 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております