Header home
 > 
 > 
 > 
夫婦喧嘩に疲れた…夫との関係を取り戻すための効果的な方法まとめ

夫婦喧嘩に疲れた…夫との関係を取り戻すための効果的な方法まとめ

~いざという時の備えに~浮気調査コラム

2018.6.29
夫婦喧嘩に疲れた…夫との関係を取り戻すための効果的な方法まとめ
浮気調査ナビ編集部
監修記事
%e7%96%b2%e3%82%8c%e3%82%8b

「夫婦喧嘩に疲れた…。前のようなラブラブ夫婦に戻りたい。」

こんな風に考えてはいませんか? または、「こんな状況が続くようならいっそ離婚したい。」と考えている方もいるかもしれません。

この記事では、夫婦喧嘩疲れから解放されるために試してほしいことをくわしくお伝えします。

夫婦は夫婦喧嘩をして当たり前

夫婦喧嘩をしていると、自分たちだけが仲が悪いような気がしてくるものです。

周りを見渡せば仲のいい夫婦ばかりに思えて、「どうしてウチだけ喧嘩ばかりでうまくいかないのか」と悩んでしまいます。

けれども実は、夫婦喧嘩をしている夫婦は多くいます。

夫婦喧嘩の事実を周りに言わなかったり、知られないようにしたりしているだけなのです。

そもそも、夫婦とはいえ他人であることに変わりはありません。

生まれも育ちも性別も違う人間なので、価値観が細かいところまで全てが同じというわけにはいかないでしょう。

夫と自分は違う人間なので、ときには衝突して当たり前です。

喧嘩をしていることに対し、自己嫌悪に陥る必要は微塵もありません。

夫婦喧嘩をしても、これからいくらでも関係は修復していけるので安心しましょう。

結婚して本性が見えたのではなく自分の受け止め方が変化した可能性もある

夫婦喧嘩をしていると、結婚してから夫が悪い方向に変わったと感じ、悲観してしまうことがあります。

けれどもこれは夫が変わったのではなく、自分の受け止め方が変化したのかもしれません。

もちろん結婚したことによって夫がDVや浮気、モラハラ、金銭的トラブルなどの耐えがたい変化を遂げた場合は例外です。

さて、受け止め方の変化についてですが、そもそも性格の不一致を感じて結婚する人はあまりいないはずです。

性格や価値観の違いを感じたとしても、それでも恋人を好きだと思ったので結婚したのではないでしょうか。

たとえば、ある女性は夫に対し、交際時には優しい男性だと言っていたけれど、籍を入れてしばらく経ったときに話を聞くと、「優柔不断な夫だ」と愚痴をこぼしました。

このことから考えると、以前は許せていた夫の言動が、自分のストレスや環境の変化によって大きな欠点に思えてしまっていると言えるでしょう。

始めから価値観が違っていたのに、夫や結婚生活に対する不満が大きくなることで、夫の変化がすべて悪いもののような気がしてしまうのです。

そして実は、夫は何も変化していないということが少なくありません。

ただ単に、夫に対する自分の受け止め方が変わっただけなのです。

このことも、夫婦喧嘩になる原因のひとつです。

夫婦喧嘩に疲れたと感じたら試したい5つのこと

夫婦喧嘩が疲れた…と感じたら、試したい5つのことをご紹介します。

どれも簡単な方法なので、ぜひ試してみましょう。

夫婦が冷静に話し合う時間を作る

夫婦喧嘩に疲れたのであれば、夫婦が冷静に話し合う時間を作りましょう。

夫婦喧嘩をしているときは、話し合っているようで話をしているとは限りません。

何度も夫婦喧嘩を繰り返してしまうときは、ただ互いに衝突しているだけで身にならない時間を過ごしている可能性が大きいのです。

そして、感情的になっているときは相手の感情を逆なでしてしまう言動が増え、自分の主張だけを認めさせようとしたり、相手を言い負かそうとしたりしてしまいます。

これでは根本的な解決にならないので、また夫婦喧嘩が繰り返されてしまうでしょう。

自分の意見を聞いてもらいたいのであれば、まずは相手の話を聞くことが大切です。

お互いに伝えたいことがあるはずなので、自分自身が折れ、受け入れ態勢をとりましょう。感情的になっても疲れるだけで、何も得るものはありません。

夫と距離を置いて自分の時間を作る

夫婦喧嘩を繰り返していることに疲れたなら、夫と一緒にいる時間を減らしてみるといいかもしれません。

可能であれば友達と旅行に行ったり、実家に帰ったりして夫と顔を合わせないようにするのです。泊りがけが難しければ、少しだけ夜に出かけてもいいでしょう。

家事や育児、仕事を一生懸命しているからこそ、ストレスを夫にぶつけてしまうことがあります。

真面目な人ほど自分を追い込み、気を許した夫に感情の矛先を向けてしまうものかもしれません。

また、頻繁に夫の何気ない一言に対し過剰に反応したり、イライラしたりする時は精神的に疲れている状態とも言えます。このように心の余裕がない状態の時は、夫に対して寛容に接することができません。

どうしても悪いところだけが目についてしまうものなので、一時的に夫と離れ、心の回復をさせましょう。そして、頑張っている自分にご褒美を与えるのです。精神状態が安定すると、夫に対し大きな心で接することができるでしょう。

夫に対し自分の意見や願望を押しつけない

知らずしらずのうちに夫に対し、自分の要求が増えていないでしょうか。

無意識のうちに夫を理想の旦那像に当てはめてしまい、それが叶わないことでイライラし衝突してしまうことがあります。

どうして自分の気持ちを分かってくれないのか、どうしてそんな言い方をするのか、どうしてそんな態度なのかなど、頭の中で疑問符ばかりになってしまうのです。

冷静に考えるとそれらの全ては、夫が自分の言うことを聞いてくれないことへの不満ばかりです。

しかし、それは間違った考え方と言えます。夫は自分の所有物ではありません。妻にも考えがあるように、夫にも考えがあるのです。

気持ちを分かってもらいたいのであれば、察して欲しいと思わずに素直に言葉にしましょう。

いくら夫婦だとしても、何も伝えていないのに妻の気持ちを理解し、尊重してほしいというのは傲慢ではないでしょうか。

それから自分だけの意見を押し付けるのではなく、夫の気持ちも理解するのです。

夫の言い方や態度が嫌だと思うこともあるかもしれませんが、それは自分の態度が引き金になっているのかもしれません。

夫を責める前に、自分の間違いに気づくことも大切です。

それから、少しずつ歩みよりましょう。

きっと夫婦喧嘩に疲れた…と、悩むことが減るはずです。

夫を改善させるよりも自分の考え方を見直す

夫婦喧嘩が多くて疲れているとき、夫に対する不満が次から次へと湧いて出てきます。

妻が思う夫の不満が全てなくなれば、夫婦喧嘩をせずに済むような気がしてくるものです。

しかし、夫を改善させるのは簡単なことではありません。ましてや夫に対してイライラしているときは、たとえ夫が改心しても多少の変化では満足することができないでしょう。

理想の夫の型にはめてしまったり、他人の夫と比べてしまったりすると、いつまで経っても夫への不満は消えないのです。

夫にしても、妻からいきなり改善しろと言われてもすぐに治せることと難しいことがあるでしょう。

それに直したい気持ちがあっても、妻に認めてもらえないとストレスを感じるものです。

夫婦円満で暮らしたいのであれば、夫に改善を求める前に自分が持っている夫の理想像を消しましょう。

夫に対し、こうしてほしいという願望は誰しも持っているものですが、妻自身も夫に言われて受け入れられないことがあるはずですよね。

相手を変化させるよりも、自分自身の考え方を変えた方が簡単にできます。

夫に感謝する

夫婦喧嘩で疲れた…と感じる時は、夫の欠点ばかりが目につくものです。

そして、夫がしてくれたことは当たり前に感じて、夫がしなかったことは重罪に思えるでしょう。しかし、これは自分勝手な解釈の仕方です。

夫婦喧嘩を繰り返すことに疲れたのであれば、日常生活から見直してみましょう。

そして、夫がしてくれたことがどれだけ小さいことだと思っても、素直に感謝の言葉を伝えるのです。

ありがとうと言葉にするだけで、夫の態度にも変化が見られるはずです。

夫は自分を映し出す鏡のようなものかもしれません。

傍若無人に振る舞えば、そのまま夫も同じような態度になりますが、愛情を持って優しく接すれば優しくしてもらえるでしょう。

このように、相手を大切にすることは自分が大切にされることにも繋がるのです。

まとめ

夫婦喧嘩が繰り返されると、関係性が壊れて修復できないような気がしてきますよね。感情的になって、夫と衝突することに疲れたと感じる人は多くいます。夫婦生活が長くなると、夫に対し要求が増えてしまうものです。

してくれないことばかりが目につき、不満が溜まってしまうのです。

夫婦喧嘩を辞めて仲良く過ごしたいのであれば、まずは自分の言動を見直すことから始めましょう。

実は、夫の不満は自分の態度が引き金になっていたり、受け止め方が変化していたりすることが原因かもしれません。

求めてばかりいると、本質を見失ってしまうので、冷静に自分と向き合ってみましょう。

【関連記事】

夫婦関係を修復したい人が読むべき関係修復の為の心得と7つのポイント

不倫後の再構築を考えている人に読んでほしい再構築の心得と解決方法

浮気調査の無料相談窓口

もし、あなたが

夫、妻の浮気に悩んでいる
浮気したパートナーがどうしても許せない
浮気調査に興味があるが高額なお金は出したくない

そんなお悩みを抱えているなら、無料相談をご利用ください。
相談カウンセラーがあなたと一緒になって、浮気の対策・解決方法を考え、あなたの疑問や不安にお答えします。


この記事の監修者
浮気調査ナビ編集部
本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。
編集部

本記事は浮気調査ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※浮気調査ナビに掲載される記事は探偵が執筆したものではありません。

夫婦関係に関する新着コラム

夫婦関係に関する人気のコラム


夫婦関係 コラム一覧へ戻る
Column keyword title
現在お電話が繋がりやすくなっております