Header home

彼をドキドキさせるちょっぴりオトナなLINEテクニック

~いざという時の備えに~浮気調査マガジン

彼をドキドキさせるちょっぴりオトナなLINEテクニック
New pixta 40670127 s

彼とのコミュニケーションに、LINEを使っている人も多いはず。

でも、「いつも同じパターンでつまらない」と思うことはありませんか?

「せっかく付き合ってるんだから、もっとオトナな会話をしてみたい…」なんて人も。

気になる彼はもちろん、付き合いの長い彼までもドキドキさせる、“オトナ”なLINEテクニックをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください!
 

まだ付き合っていない彼には?

気になるけれど、まだなんの関係もない彼をLINEでドキドキさせてみたいですよね。

そんな男性の心を動かすならば、女性らしさと好意をそれとなく伝えるのが有効です。

例えば、彼が「疲れた」なんて言ってきた日には、軽く流さずに「体大丈夫?心配だよ」と真面目モードで返してあげるのがおすすめです。

自分を心配してくれる女子がいるというのは嬉しいもの。

「もしかして俺のこと好き?」

と思わせる一言で、彼をキューンさせることができます。

基本的に、長い文章は男性から好まれません。今日あったことを日記のようにダラダラと打つ、なんていう幼いLINEをしていませんか?

大人は簡潔に、端的に伝えましょう!
 

オトナなワードでドキドキさせる!

もっとドキドキさせたいのなら、少しだけ性的な雰囲気を出すのもOK。

「返信遅れてゴメン、長風呂してた」なんて文章でも、彼をドキドキさせてしまいます。

こちらは普通に返しただけなのに、勝手に性的なことをイメージさせてしまう、オトナなワードを使ってみましょう。

他には、「○○君の手って、大きくて触り心地が良さそう」なんて言ってみるのも○。さりげなく褒めながらも、「触って欲しい」というメッセージを込めたLINEを送ってみてください。

「して欲しい」とは言っていないのに、彼も「それって、触っても良いってこと!?」と思ってしまいますよね。

ダイレクトに言わずに、彼にそう思わせて期待させる。これもオトナならではのテクニックです。

何度かのLINEでほどよく親しくなってみたら、ぜひ使ってみてくださいね♪
 

すぐに既読がつく女にはときめかない!?


まだ付き合っていない気になる彼ほど、すぐに返事を返してしまうもの。でもそれって、男性にしてみればドキドキできない状況です。

「すぐに返してくれるなんて優しい!」
「もしかして俺のこと好きなのかな?」

最初はそんなふうに思わせることができますが、常に最速で返信していると

「この子、いつも暇なんだな」

と途端につまらない女認定されてしまうことも。

付き合っていない状況なら、ミステリアスなところを見せたほうが男性の気を引くことができます。

いつでも即既読という状況を作らず、ときどき未読、ときどき既読スルーという状態も作ってみましょう。

常に未読や既読スルーでは、脈ナシと勘違いされてしまうため、ときどきで大丈夫です。

大人女子は、なにかと忙しいもの。1人の男性に縛られない、余裕のあるところを見せることで優位に立ち、男性の気を引くことができます!
 

すでに付き合っている彼をドキドキさせるなら?


さまざまなLINEをし尽くした相手をドキドキさせるのは、ちょっと難しいものです。

すでにお互いのパターンが読めてしまうから、マンネリ化してしまうこともありますよね。

そんな相手には、口では言わずにLINEだけで伝えてみる方法を試してみてください。

「この前は言えなかったけれど、久しぶりに会ったらカッコいいって思っちゃった」など、普段は言わないことを言ってみると、彼をドキドキさせることができます。

あえて口には出さず、LINEで文字として残すことで、より記憶に残りやすくするテクニックです。

特に褒められると嬉しくなります。褒め言葉を使ってみてください。

とっておきのワードは、あえてLINEで伝えてみると、彼の心に深く残るでしょう。

付き合っているからこそ、ちょっとエッチなLINEもおすすめです。

会う前に「今日新しい下着買っちゃった!ちょっとエロいかも?」なんて、彼氏にしか言えないことをLINEするのもOK。

デートの間中、彼はそわそわしてしまうかも…。服を脱いでから口で伝えるよりも、会う前にLINEで伝えられると、より妄想度は増しますよね。

マンネリデートも、こんな一言のあとには盛り上がってしまうかもしれません。

デートの後には、「昨日の…すごく良かったよ」なんてLINEを送れば、さらにドキドキさせられるでしょう。

あえてワードを省いて、2人にしか分からないように伝えるオトナな方法。

彼も“昨日の”を思い出してしまいますね…!
 

まとめ

気になる彼には好きと言わず、勘違いかも?と思わせて揺さぶってみましょう。ストレートな言葉をLINEにのせないことで、彼をドキドキさせるオトナのやり方です。ちょっとだけ女っぽさを想像させて、気を引いてくださいね。

付き合っている彼にはドキドキさせるLINEを送って、二人の仲に刺激を与えてみるのもいいかも?

マメに連絡をしやすいLINEですが、そのぶんマンネリになりがち。

飽きられないよう工夫することで、楽しく思ってもらえることもあります。

ぜひ、試してみてくださいね。


浮気・不倫の小ネタに関する新着マガジン

浮気・不倫の小ネタに関する人気のマガジン


浮気・不倫の小ネタ マガジン一覧へ戻る
Magazine keyword title