Header home

「出会いがない…」諦めないで!出会いを増やす超簡単な4つの方法

~いざという時の備えに~浮気調査マガジン

「出会いがない…」諦めないで!出会いを増やす超簡単な4つの方法
Hgfc s

「忙しすぎて異性と出会う機会が少ない…」と、嘆いている人は少なくありません。たしかに、時間がなければ異性と出会うことは難しいでしょう。

社会人になると、勤務先と家との往復になりがちで、勤務時間によっては昼夜逆転の生活になっている人もいるはずです。

けれども、365日24時間、勤務先にいるわけではありませんよね。どれだけ忙しくても、どこかで必ず自由な時間があるはず。

何とか時間を作り、その時間を有効活用するのが異性と出会う最大のポイントですよ。
 

出会いを増やす4つの方法

それでは、出会いを増やす為の簡単な方法をご紹介します。思い立ったら即行動ですよ。
 

①アルコールの席で出会う

 

プライベートでの合コン・飲み会に行く

合コンや飲み会は、大人の出会いの定番かもしれません。もともと異性との出会いをメインにしているものなので、恋愛関係に発展しやすいのは必然と言えるでしょう。

もし、参加メンバーの中に気になる異性がいなくても、気を抜かないようにしましょうね。

合コンは、参加メンバーから別の異性との出会いへと広げていくことができるので、可能性は無限大です。

繋がりを大切にすると、その時は不発に終わっても、その次に開かれた合コンでは運命の相手と巡り合えるかもしれません。
 

会社の飲み会に行く

実は、仕事が忙しい人ほど、社内恋愛をしていることが多いのです。
 

  • 会社という同じ空間に長時間いる
  • 悩みを共有できる
  • 成功した時の達成感や喜びを分かち合える


こういったことから自然と距離が縮まるのかもしれませんね。

社内恋愛が始まるきっかけで1番多いのが飲み会です。その場のワイワイとした雰囲気やお酒の力によって打ち解けやすくなり、相手の知らなかった一面を知ることで親近感を持つようになるのでしょう。
 

一人でBARに行く

お酒が好きなら、一人でBARへ足を運ぶのもおすすめです。新しいお店を開拓し、雰囲気が良ければ常連になりましょう。お店のスタッフやお客さんと親しくなれるので、出会いが一気に広がりますよ。

それに、普段出会うことがなかった幅広い層の人と仲良くなることは出会いを広げるだけではなく人生経験にもなり、有意義な時間を過ごすことができるのも嬉しいポイントです。
 

②友人の紹介で出会う


友人であれば紹介することに責任感を持つものなので、難ありの異性を紹介されることはないでしょう。だからこそとても“安心感のある出会いかた”といえますね。

それに、性格を把握していることや、好きなタイプを理解していることで、自分に合った人を紹介してくれるメリットも。

異性と出会いたいことを普段からアピールしておくとスムーズに話が進みますよ。
 

③習い事で出会う


習い事を始めるのも、異性と出会いを増やすきっかけになります。同じ分野を一緒に学ぶこと、体験することで、親近感が湧きやすくなるでしょう。

挨拶から世間話をするまでそう時間はかからないので、奥手な人でも自然な流れで異性と親しくなることができるはず。

また、習い事はスキルアップにもなり、自分に自信を持つことにも繋がります。内面を磨くことで、更に素敵な出会いを引き寄せることでしょう。
 

④同窓会で出会う


同窓会の案内が来たら、ぜひ積極的に、いつもよりおしゃれをして参加してみましょう。

学生時代はあまり目立たなかった人が色々な経験を積み、見違えるほど素敵な異性になっている可能性があるので、「クラスに気になる人はいなかったから…」と消極的になってしまうのはもったいないですよ。

同窓会という非日常的な空間から少し大胆に、そして同じ学生時代を過ごしたという親近感が影響して話しやすくなるので、そこから恋愛関係に発展するのは、珍しいことではありません。
 

まとめ|行動あるのみ!

異性との出会いを増やしたいなら、とにかく行動あるのみです。今日より若い日はありません。よほどの強運でなければ待っているだけで運命の人が現れ、恋愛に発展することはないでしょう。奇跡を待つよりも、積極的に行動していくことが大切です。

そして、少しでも気になる人が現れた時は、速やかに行動を起こしましょう。アクションを起こさなければ気になる異性とは一生会えなくなるかもしれません。

失敗するのは誰でも怖いもの。けれども、勇気を出して踏み出したその一歩が、恋愛のきっかけになる可能性があるのです。


浮気・不倫の小ネタに関する新着マガジン

浮気・不倫の小ネタに関する人気のマガジン


浮気・不倫の小ネタ マガジン一覧へ戻る
Magazine keyword title