Header home

【婚活プロが語る】今さら聞けない多様な性!LGBT・aセク・ノンセクとは

~いざという時の備えに~浮気調査マガジン

【婚活プロが語る】今さら聞けない多様な性!LGBT・aセク・ノンセクとは
Pixta 41069099 s

結婚相談所主催のセミナー講師を務めております、YOSHI-TAKA(♂)です。

最近様々なところでトピックスにあがっている「LGBT」ですが、「多様な性のあり方云々」と言われるように、性のあり方はこれだけにとどまらず本当に多様なんです。

【婚活プロが語る】「性行為はできない」のに婚活する人の実態とは」のコラムでも触れましたね。

浮気のコラムで真面目に性について語らうのも変ですが、知っておくと浮気に直面したときに役に立つかもしれません。
 

LGBTをおさらい


まず、LGBTについておさらいをしておきましょう。これは一般常識として知っておいてください。

●L:レズビアン
女性同性愛者です。女性として女性が好きな人になります。

●G:ゲイ
男性同性愛者です。男性として男性が好きな人になります。

●B:バイセクシャル
両性愛者です。いわゆる「両刀使い」。男女どっちもOKの人です。男性も女性もどちら恋愛の対象になる人を言います。

●T:トランスジェンダー
性同一性障害に代表される、「こころの性と体の性が一致しない人」を言います。自分は男性だと思っているのに、身体は女性であるなど、著しい精神的苦痛があります。

「オカマ」「オナベ」と言われる人は、ゲイやレズではなくトランスジェンダーです。

男装しているのではなく、心が男性なのだから女性のスカートなど着られません。性転換手術をするのもトランスジェンダーの人が多いです。
 

LGBTの範疇に入らない「多様な性」


多様な性はLGBTに限りません。現実の人間ではなく2次元キャラしか愛せない人もいますし、枯れ専、ジジ専など年齢が高い人しか愛せない人もいます。

ロリコンは糾弾されますが、17歳の女子高校生と真摯な恋愛感情があり、親も認めるならば、40歳のオヤジが今の日本の法律では結婚してセックスすることも合法です。

筆者の知人に「男性として生まれたが、心の性は女性で、女性として女性が好き」という人がいます。男女のカップルではなく、この場合、女装男子と女子のカップリングということです。

このようなことから、性は「オトコ」「オンナ」という絶対的な二分法ではなく、文化や風習も関係する極めて相対的な概念であることがわかります。
 

性愛、性欲を求めない、求められない人たち「aセク」「ノンセク」

今回覚えていただきたいのが「aセク」「ノンセク」という人たちです。セクシャルマイノリティは13人に1人(つまりAB型より少し少ないくらい)いると言われていますが、「aセク」「ノンセク」も1%~2%くらいいると言われています。

彼らはこういう性的志向をしています。

●aセク(アセクシャル)
異性性にも同性にも恋愛感情も性的欲求も抱かない人たちで「無性愛」と呼びます。LOVEの感情を持つことがありません。

嫌いというわけではなく、家族愛など「LIKE」の感情は持ちますが、そもそもなぜ人を好きになりたいのか、セックスしたいのか、そういう気持ちが初めからないんです。
 
●ノンセク(ノンセクシャル)
同性または異性に対して恋愛感情が沸くが、性的欲求がない人たちで「非性愛」と呼びます。LOVEの感情は持ちますが、セックスしたいという感情がありません。

超草食の人はこれかもしれません。手をつなぐのでも無理(だけど好き)という人から、セックス以外なら全部OK(ディープキスもOK)という人もいます。

いずれにせよ子づくりセックスができない人たちですが、自慰はできます。「aセク」の女性以外は、オナニー率はノーマルな男女と変わらないという統計もあります。
 

「aセク」「ノンセク」と浮気について

つまり、aセクの人はそもそも交際したいという気持ちがなく、ノンセクの人は体の関係お断りなんです。ということは、そういう人たちと浮気することができません。

だって、浮気したい側が求めるセックスを彼ら、彼女らは提供できないからです。

一方、彼らの浮気願望はどうかというと、「aセク」の人にはありませんが、「ノンセク」の人は浮気したい(結婚だけではなく交際相手がいる場合)欲求はあります。

しかし、セックスは求めないということです。

モーションをかけてきた相手がノンセクの人だったら、セックスはさせてくれないという「おあずけ状態」を食らい続けることになります。そうなると、余計欲求不満が溜まり、別の人と浮気、という泥沼に嵌ってしまうかもしれませんね。

浮気に求めるものは、すべての人がセックスではないということをぜひ知っていただければと思います。

 

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─


YOSHI-TAKA
丸の内企業に在職中、心を病んで退職。その後、病気を回復させ、婚活分野でライター業を始める。自身も婚活によって結婚。現在は結婚相談所主催のセミナー講師、経営や納税関係の講師なども務める。

様々な人間場面をこの目で見てきています。自分の経験を生かして、人前で話す機会も増えてきました。
ブログ「うつ病喪男の結婚日記!~婚活偏差値底辺からの結婚成功の軌跡
私の婚活体験記です。現在更新中で結婚までの経緯や、過去の婚活について書いています。


浮気・不倫の豆知識に関する新着マガジン

浮気・不倫の豆知識に関する人気のマガジン


浮気・不倫の豆知識 マガジン一覧へ戻る
Magazine keyword title